英会話はヒアリング力を鍛えるのが大切

November 04 [Mon], 2013, 17:17
ヒアリングにおける効果を日々実証していくようにすることで、自分自身にとっての英語の理想の勉強法が見えていくものになっていくと言えるでしょう。教育として英語に本格的に力を入れているところも出てきたようですが、今後の状況をしっかりと考えるようにした対策もぜひ見てほしいものです。私が体験したものとして言えることは、日々少しずつでもよいので、ヒアリングは継続していくようにしてください。これが成功への第一歩でもあるのです。
英会話は、読んで字のごとく英語を用いての会話であることは言うまでもありません。ですが、英語を勉強するとき、どうしても英文や英単語を書いてばかりになってしまいませんか。それはきっと、書く勉強が場所を選ばないのに対して、声を出してする勉強は、公共の施設等の人が集まる場所ではしにくいからです。というか、しない人のほうが多いでしょう。ですが、音を聞かなければ会話はできるようにはなりません。そこで、おすすめしたいのがリスニング学習です。イヤホンを使えばどんな場所でも聴くことが出来ますから、空いた時間にどんどん英語を聴きましょう。実際の会話と同じように音を聞くことで、英会話力は飛躍的に伸びるものですよ。

英会話を学習するコツはとにかく続ける事です。まとめて時間を取って学習しても時間が経てば忘れてしまったりします。毎日少しずつでも良いので途切れる事なく続けましょう。教材等を利用するのも良いですし、スマートフォンなどでニュースや音楽を聴くのでも良いです。寝る前や通勤、通学途中などの空き時間を利用しましょう。半年くらい続けますと、聞き取れなかった単語が聞き取れるようになったり、自然と口から出てくるようになります。楽しみながら英会話の上達をめざしましょう。
中学から勉強していたのにしゃべれないまま大人になり、つきあっていた彼氏が海外出張したときに泊まっているホテルに電話したら全く通じず、その時に「ヤバい」と感じ、急遽英会話教室に通いだしました。先生は優しくてしばらくすると自分の英語もそこそこ通じるように感じて、なにを思ったか海外にホームステイしに行ってしまいました。現地で感じたのは、「やっぱり通じない」でした。日本では、私の英語が上達したのではなく、先生が私の発音に「慣れた」んだと思います。それでも現地でなんとか話すように努力していると、少しずつですが会話出来るようになり、やっぱり現地でなまの発音を聞いて自分も話すことが一番だと感じました。

私は幼い頃からアメリカへ旅行に行きたいと考えていました。なぜならメジャーリーグを生で観戦したかったからです。社会人になる前に訪れたいと考え、そのためには英会話が必要なので英会話スクールに通いました。実のところ英語は苦手なのでかなり時間が掛ると思っていましたが、英会話スクールでの授業は本当に面白く、気づけば簡単な英会話を出来るようになっていました。大学三年の夏休みに無事目的を果たすことが出来まして、良い思い出になりました。
現在、私は仕事の取引先で英語が必要になる機会が増えました。英語の苦手な同僚も何人かグループになって、昼休み時間に英語のリスニングの勉強をしています。しかし、実際に効果があるか聞いてみた所なかなか上達していませんでした。そこで、私が学生時代に効果があった英会話の勉強法のアドバイスをしました。同僚に評判が良かったので、その方法をお教えします。リスニングをするにあたって、一度英語を聞いたらその英文を繰り返し声に出し覚えるという方法です。もちろん、意味もちゃんと理解した上で喋ります。誰かに向かってジェスチャーを使いながら役になりきり話すのも効果があります。自然に身に付くのでおススメです。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/tanakakiiti/index1_0.rdf