田中大鉄のソフトボール練習方法@小学

July 29 [Wed], 2015, 7:55

強い打球を打とうと思ったらどうしても動作が大きくなるので、選手にバレてしまい効果が半減していたとしても、
実力が拮抗しているライバルチームに粘り勝ちできる達成感を味わえる練習法がこちら



あなたも、試合に勝てない言い訳ばかり考えるのは今日で終わりにして、下のようになりたいと思いませんか?


選手の動作が機敏になる

適切なバント処理がわかる

ノックでゴロとフライそしてライナーを打ち分けられる

守備力が劇的に向上する


試合に勝とうと思ったら、まずは練習です。練習していないチームより練習しているチームの方が強いのは当たり前。練習なしで試合に勝つなんて不可能です。
とにかく熱心に練習に取り組んでこそ、試合に勝てる実力を身に着けることが出来るわけだし、上級者になればなるほど、練習の質にこだわるようになります。

普段の練習からきちんと実戦を想定したメニューで体動かしていれば、本番でも無意識のうちに体を動かせます。ボールへの反応が速くなり、より多くのアウトを取れるようになります
どれだけ練習を頑張ったか?の差が、1点を争うような厳しい試合に勝てるだけの底力につながりますし、ピンチをチャンスに変える本物の実力につながっていきます。


逆に言うと、練習の質を特に意識することなく、ダラダラといつも通りの練習をただ消化しているうちは、練習時間を無駄に過ごしていると言わざるを得ません。
とてもじゃありませんが、試合に勝てるチーム作りなんてできるわけもなく、下のような悩みが解消できる見込みはゼロと言っても良いくらいです。


エラーのせいで負けることも多い

ノックはダラダラと消化しているだけ

今のやり方で良いのか不安を感じている

自分はノックはあまりやりたくない


ソフトボールの上手い選手であれば、どんなに練習の質が低くても、何かしらの学びを得たりするものです。こういう選手は放っておいても勝手に実力が伸びていきます。
ただそんな選手はごくわずかです。たいていの選手は、練習の質に比例するように学習します。つまり練習の質が高ければ多くのことを学ぶし、質が悪ければほとんど学ぶことはありません。

だらだらと何時間も練習をするよりも、結果として中身の詰まった濃密な練習をしたほうが、結果として選手の伸びしろをどんどん増やしてあげることは可能です。
練習時間があまり取れなかったとしても、練習メニューをきちんと組み立ててあげることで、ソフトボール上達に欠かせない動作をきちんと身に着けさせてあげることが出来ます。




田中大鉄の勝利の基本 守備力をアップさせるノック術では、ノックを中心に守備練習のノウハウが紹介されているマニュアルです。
現在の実力が高いかどうかに関係なく、選手の持っている能力を引っ張り出せるのが特徴で、さまざまな打球を再現する簡単なコツがいくつも紹介されています。

練習中のノックは、あなたの知らないうちに意外と単調になっているものです。ゴロの時のスイング、フライの時のスイングみたいに、打ちたいボールによってスイング軌道が違っていたりするものです。
そうすると選手にとってはバレバレ。次にどこにボールが飛んでくるのか、悟られてしまうので、必ずしも良い練習とはいえません。


田中大鉄の勝利の基本 守備力をアップさせるノック術ではそこで、同じようにバットを振っているのに、打球をいろいろに変化させることが出来ます。
ゴロはもちろん、ボテボテの打ち損じだって再現できるようになり、選手にとっても、より集中してノック練習に取り組まざるを得なくなります。

実際の試合で起きうることを練習の段階できちんと学習しておくことが出来れば、試合で慌てることがなくなり、エラーだって激減していきます。
どんな形にしても、打者を塁に出すことも、走者を前に進めることも減っていき、相手の得点チャンスをことごとくつぶしていけるようになりますよ。

→→守備では負けない自信をもたらしてくれる田中大鉄の勝利のノック術でオフシーズン中の3つのポイントとは?


http://chelseaenglish.indiesj.com/
http://funkychinese.cocolog-nifty.com/

田中大鉄とソフトボール 守備 フォーメーション

July 29 [Wed], 2015, 7:44


ソフトボールに限った話ではありませんが、スポーツの世界で実力を高めようと思ったらとにかく基礎が重要です。
どんなに才能がある選手でも、自分のセンスだけをを頼りにして、基礎をおろそかにしていると、いつかはスキルアップが頭打ちになってしまいます。

基礎がどれだけ充実しているか?でその後の伸びしろには大きな違いが生まれますし、上達のスピードにも明らかな差が出てくるものです。
普段の練習の中で、できるだけ基礎の徹底反復こそが、遠回りに見えて実は最も効果的にスキルを高めていくことができるわけですが、話しはそんなにとんとん拍子に進むわけがありません。


基礎練習と言えば、非常に地味な動作を延々と繰り返すことになります。しんどいうえに単調な作業をこれでもか!と続けることになるので、モチベーションは下がる一方です。
練習の成果が目に見えて見えてくれば、やる気の維持はそれほど難しくはないのでしょうが、実際には基礎の反復練習によって、1日で急激に実力が上がることは期待できません。

基礎を練習することは確かに大切なことではあるけれど、練習のやり方を工夫しなければ、選手がついてくることはありません。選手の気持ちはあなたからどんどん離れていく危険だってあります。
本当の意味でチーム力を高めていくためには、小手先の練習を断片的に見直すだけではだめで、トータル的にやり方を抜本的に変えていく必要があります。




田中大鉄の勝利の基本 守備力をアップさせるノック術は、最小限の練習で最大限の成果を生み出せるように配慮されているものの、裏技的なノウハウがまとめられているわけではありません。
結局は、地味な練習をどれだけ丁寧に取り組めるか?が重要。ソフトボール上達に欠かせない動作を徹底して覚えることがスキルアップの近道になります。

田中大鉄の勝利の基本 守備力をアップさせるノック術を使っても、1回の練習で目に見えた変化を感じるのはさすがに難しいとは思いますが、練習を重ねるごとに着実にレベルアップしていきます。
なによりも選手を驚かせるのはおそらく、試合本番で今までよりもずっと楽に体を動かせること。ボールへの反応が明らかに速くなっていることに、自分自身が驚くはずです。


練習の段階できちんと実戦を想定していれば、試合で起きる様々な状況にも柔軟に対応できるようになります。


試合に直結しない守備練習を続けて、大会で上位入賞できる可能性を自ら握りつぶしてしまう前に、
ノックの悪い癖を取り除いて、試合に勝てる守備力を身に着けさせてあげませんか?

狙ったところにボールを出せないもどかしさは今日で終わりにして、選手が嫌がるノックをバンバン打てるようになるにはこちら






http://www.nurcihankesim.com/


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング


PVランキング
http://yaplog.jp/tanakadaitetu/index1_0.rdf
P R