2005.7.28 

2005年12月15日(木) 15時50分
「時計の半円をいくつも数えているうちに日があけるような 独りの手は空気に溶け、私の体は次第に消える
彼ら彼女らがうまくいくように 転ばないように祈りながら
私の涙は彼らの心臓に落ちる まだ涙の温かいうちに

私の心臓は最愛のあの人に まだ血が流れているうちに温かいうちに きっと私がいなくなったら寂しくて子供のようになってしまうから

次に会うときは幸せな赤子として生まれる 母親である彼女のあたたかい涙が私の心臓に落ち、再びこの世の生を繰り返すだろう」

(無題) 

2005年12月15日(木) 15時26分
一本の長い道を歩いているうちに
朝になり、夜になり、夏になり、秋になり、冬になり
当然何も考えなくなるだろう
忘れてしまうのももっともな話で
最後に通話をしたのは他愛もない会話で
特に仲がよいわけでもない女の子だ
名前も思い出せない
新宿南口ですれ違ったナイフを持った少年とは
私とは住む世界が違うのだ
目が合った瞬間くらいがちょうどいい
彼のいる世界はネオン色のゆがんだ輪郭と顔のない人々やビルの風景 なんて変な世界だと思った
エンドレスで聴いている曲はなんて俗世的で
私が本当に聴きたい曲は桜の花びらが私の上に舞い落ちるようなギターの曲
何度同じような日々を繰り返しても二度と赤い夜空はなく、ただ最後に横たわる日に見ることができれば、
もうこれでいいのかなぁと思っていた
「手を繋いで二人の間に赤い星
夕方に一つだけ」

(無題) 

2005年07月20日(水) 21時34分
try



Save the earth

(無題) 

2005年07月20日(水) 21時24分

try

 



Save the earth

(無題) 

2005年07月20日(水) 21時17分
try



Save the earth

(無題) 

2005年07月20日(水) 21時14分



Save the earth

(無題) 

2005年07月20日(水) 21時07分
try



Save the earth

non stop 

2004年10月07日(木) 3時13分
寂しくて寂しくて寂しくて・・・・・お腹へったよぅ。

10月7日(土) 

2004年10月07日(木) 3時12分
柿 解禁です♪

creature 

2004年07月08日(木) 23時59分
踊って歌って酔って切って色々飲んで腰振って面白おかしい狂気

そうか  君は弱虫なんだね
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる