米国民の約3分の2、現在が住宅購入の好期と認識=調査

May 04 [Tue], 2010, 3:10
 [ニューヨーク 6日 ロイター] 米国民のおよそ3分の2が今が住宅購入に適切な時期と考えており、多くは住宅価格が今後1年間にわたって横ばいまたは上昇すると予想している。米連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)<FNM.N>が6日発表した調査で明らかになった。 3451人を対象に実施された調査では、64%が今は住宅購入に良い時期であると回答し、住宅市場が上昇基調にあった2003年調査時の66%に迫った。 ただ、回答者の大部分は親の世代よりも融資を受けにくくなると答えた。 ファニーメイは、米国民は自身の経済的な責任能力を引き続き「強く信じている」と指摘する一方、ひとたび知り合いが債務不履行に陥るとその決意は弱まるとした。 知り合いが債務不履行に陥った人は、そうでない人と比べて住宅ローン返済をあきらめることを真剣に検討する確率が2倍以上としている。【関連記事】? 米印、世界経済の成長に向け緊密に協力すべき=米財務長官 ? ドル/円下落、7カ月ぶり高値から利益確定売り=NY市場 ? 米住宅市場の弱さ、インフレ指標ゆがめず=連銀エコノミスト ? 米ISM非製造業指数:識者はこうみる ? ドル一時7カ月ぶり高値の94.78円まで上昇、その後反落



引用元:http://www.info-rmt.com/RMTの総合サイト【INFO-RMT】
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tammy2698/index1_0.rdf