しょうじょう

January 09 [Sat], 2010, 23:16
 中国の伝説上の生き物に『猖々(下の「日」が「土」に変わります):しょうじょう』というのがいます。

 お酒が好きで、人間に近い知能をもち、顔もおしりも真っ赤な生き物だそうです。
 オランウータンの和名の一つに、この『しょうじょう』というのがあるそうです。


 さて、このしょうじょう、道から見える草むらの中に罠を仕掛け、そのそばにお酒を置いておくと、簡単に捕まるそうです。
 頭の良い、頭脳明晰な猿類。

「おっ! あんなところにお酒が。・・・待てよ、あのそばには罠があるかもしれない」
「ううむ。誘いにのってはいけないが、どうしたものか」
「そうか! 道の近くには罠をはらないだろうから、道に近い草むらならば大丈夫だろう」
「道に近い草むらに入ってきたが、どうやら安全なようだ。もう少し近づいてみよう」
「お酒に辿り着いたが、罠があるかもしれない。まぁ、お酒を舐めるぐらいならば良いだろう」
「うまい酒だ! お酒を飲むと踊りたくなる・・・。しかし、お酒を飲んでも、踊らなければいいんだ」
「ううむ、いい酒だ。なんか気持ちが良くなって、踊りたくなってきたぞ! ・・・待て待て。罠があるだろうから、軽く踊ろう♪」
「♪♪♪ ・・・ギャー!」

といって、罠に引っ掛かってしまうそうです。
(独り言は創作ですが、あらすじはそのままです)


 頭ではわかっているのに「これぐらいならいいだろう」ということを重ねていった結果、罠にはまる。
 小さな罪悪感の積み重ねってのは、怖いものです。


 今から約一年前(2009年2月)、道行くトラックの側面に書かれていた言葉を思い出します。
『降り積もる 人の心と降る雪は 積もるにつれて 道を失う』


気をつけたいものです。
(この内容は、半年前に書いた内容です)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tamitamin
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-武道(カテゴリがなかったので)
読者になる
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tamitamin/index1_0.rdf