サザエさんの話。 

2005年04月09日(土) 21時44分
私がまだ小さい頃、サザエさんは週に2回放送がありました。

確か日曜日が本放送で、火曜日が再放送だったと思います。
その火曜日の放送のOPだったかEDだったかの歌で、
「♪明るい話題を振りまいて〜」
で始まる歌がありました。

で、その歌の中ほどに
「♪時にはしくじる事もあり〜」
という節があるのですが、
その歌を聴くたび
「サザエさんは時にはちゃうやろ〜。毎日やろ〜。」
って思ってました。

でも最近ふと思いました。

サザエさんにはサザエさんの毎日の生活がある。
私が知っているサザエさんの生活はほんの一部分。

本当のサザエさんの姿も知らずにほんの一部分見ただけで
サザエさんは毎日しくじりっぱなしのように決め付けるのはどうなんだろうか。

何だかサザエさんにとても悪い事をしたような気がしてきました。

サザエさん、あなたは立派な人です。
こんなにしっかりした24歳、あんまりいません。

サザエさんの見る目が少し変わりそうです。

ふと足を止めてみたら。 

2005年04月06日(水) 22時10分
今日は朝から忙しかった。

2人分の保育園の準備をして、何とか家を出る。
アオは今日が初めての登園だから、なにかと荷物も多い。

保育園で用事を済ます。
こういう日に限って、保育園での用事も多い。

マサがアオを見てくれてたおかげで、
アオに泣き付かれる事なく園を出られた。

本当は感謝すべき事なんだけど、
「感謝」の気持ちに気付くほど心に余裕は無い。

職場に向かう。
いつもより数分遅れ。
前の車が遅いとか、信号が赤だとか。
そんな些細な事でイライラする。

駐車場から職場まで歩いて約10分。
残された時間も後10分。

走る、走る、走る。

ふと目に飛び込んだ緑の草花。
見上げると青い空。
暖かい風。

仕事中は室内に閉じこもりっきりだから、
本当に貴重な「外を歩く」時間。
慌ただしく、心貧しく通り過ぎるのはあまりにも寂しすぎる。

ちょっと急ぐ足を止めて、
青い空を見上げ、暖かい風を感じたら、
さっきよりずっと良い気分で走り出せた。

春空 

2005年04月05日(火) 22時02分
昨日は冬に戻ったかと思うような肌寒さだったけど、
今日は一転、春らしい穏やかな一日でした。

アオが保育園に入園しました。

本来なら来年から3年保育で通う予定だったんだけど、
上手く仕事も見つかったし、1年早く行く事になりました。

まあね。
確かにまだ小さいから、
保育園に通わすのはちょっとかわいそうなのかもしれない。

でもね保育園に通う事で、
家にいるより何倍もいろんな経験が出来るかもしれない。

集団生活の中で、
アオの持ってる良いところはうんと伸びるかもしれない。
アオの持ってる悪いところはうんと少なくなるかもしれない。

今はアオの持ってる未知数の力を信じてみようと思っています。

人の振り見て我が振り直そうかなぁ。 

2005年04月02日(土) 23時24分
今日は大学時代の先輩の結婚式に出席して来ました。

今日の主役である先輩、
そしてその主役を祝福するために集まった先輩。
みんな久しぶりに会ったけど、
みんな変わってなくてよかった。

今日の主役の先輩は、奥さんと「ベタベタのあまあま」。
新婚だからコレが当たり前なんだろうけど、
何だかうらやましいやら、恥ずかしいやら。

早いもので、私もこの4月の終りで結婚丸6年。
もう新婚とは呼べる年数じゃないし、
新婚の頃の記憶は正直随分薄くなってる。
でも、新婚当事はこんなだったんだろうなぁ。

久しぶりに新婚気分を味わいたい〜。
久しぶりに新婚当時の新鮮な気持ちを思い出したい〜。

人の振り見て我が振り直しますか。
ねぇ、CHU−TAくん?

このところのあたし。 

2005年03月29日(火) 22時04分
オツカレサマデス。

2週間前に仕事を始めてから生活が一変、
「私にしては」忙しい毎日を送っています。

とはいえ、かなり充実した毎日である事も確か。
楽しい日々を過ごしています。

良い人に囲まれて、憧れの仕事が出来て、
今年の春は良い春になりそうです。

いいこといっぱい「このところのあたし」。

小春日和 

2005年03月27日(日) 23時55分
今日は朝から良い天気。

本当なら朝から何処かに出掛けたいほどの天気だったけど、
残念ながら用事で室内に閉じこもったきり。

冬の日本海側はびっくりするほど晴れた日が少なくて、
薄暗い日がホント多いけど、
今日は太陽の光が家の中にも入ってきて、ものすごく明るかった。
外より室内のほうが寒いなんて、どのくらい振りかなぁ。

子供たちはみんな外に出て、キャーキャー走り回ってる。
太陽の下走り回るのは、
やっぱり気持ちの良い事なんだなぁ。

そのうち、2人の男の子が何かを持って家の中に入ってきた。
その手に握られているものは「つくし」。

あぁ。春はそこまで来てるんだなぁ。

そう言えば、
子供が産まれてから季節に敏感になった。
子供がこの「つくし」みたいに、いろんな季節を教えてくれるからだ。

そうか、春はすぐそこ。
今日は小春日和。



 

ナヤミドコロ 

2005年03月26日(土) 22時03分
大人ばっかりの生活に
子供が増えたら、みんな戸惑わないのかなぁ。

子供はかわいい。ものすごくかわいい。
とても良い子に育ってると思う。
そして本当に、すごく大切に思う。

でもここ最近、毎日毎日怒ってるような気がするよ。
ここ最近、1日中ずっと怒ってるような気がするよ。

小さい頃の経験って、結構覚えてるものだよね。
毎日こんなじゃ、
大きくなって怒られた思い出しかない子になるかなぁ。

小さい頃の経験が大きくなった時の性格とかに影響を及ぼすんだよね。
毎日いっぱい怒られた経験が、
成長に悪い影響を与えないかなぁ。

そして何より、
私の育て方が悪くて
散々な人生を歩む羽目になったりするんじゃないかと
時々本当に怖くなる。

どうやったら子供を育てる事が出来るんだろう?
ご飯を食べさせれば、体は大きくなるよ。
でも心まで大きくするにはどうしたら良いのかなぁ?

怒る事が自分にも子供にも負担になるんだったら、
怒らなければ良い。
わかってるけど出来ない。子供だな。

子供を大きくするって難しいね。
やっとわかった。

親は偉大だ。ホント、思う。

万博公園に行って来ました。 

2005年03月22日(火) 22時30分
昨日の事ですが、
万博公園に行って来ました。

この公園は、
今月25日から愛知県で開催される愛知万博の、
35年前に行われた大阪万博の会場となった公園です。

万博公園に行ったのは、ある目的があったからなんだけど、
それは我が相棒CHU−TAくんに任せるとして、
私は私の目線でお話を。

万博公園と言えば、
私がまだ小さい頃連れていってもらった記憶があるんだけど、
他には何も覚えてないのに、
太陽の塔がすごく怖かった事だけは覚えてる。

その太陽の塔は、昔と変わらずじっと立っていました。

でも不思議と、昔と比べて少し優しい顔に見えた。
今度会うときにはもっと優しい顔になってるのかなぁ。

ところで万博公園は広さが甲子園球場83個分。
そういう例えは正直ピンとこないけど、
自分の足で歩いてその広さを実感した。

歩いている時、道端に石で出来たプレートを見つけた。
これは万博開催中のパビリオンの位置を示すもの。
置かれたプレートの間隔がとても広くてびっくりした。

ここにこんな大きなものがいくつも並んでいたんだなぁ。
ここにたくさんの国の人が来たんだなぁ。

そう思うとうれしくて、
でも今はプレートだけになってしまったその現実を見て少し寂しくなった。

今も当時の建物の解体が行われているとか。
それは寂しい事だけど、
あの賑やかだった時から随分時間が経ってしまったんだなぁと思う。

今回はあんまりゆっくりお散歩できなかったから、
次はゆっくりお散歩しに来よう。
新しい発見はまた今度。



太田朋さん 

2005年03月20日(日) 22時28分
私の大好きな絵描きさんのお話です。

その絵描きさん、
名前を「太田朋さん」といいます。

私が太田朋さんの絵と初めて会ったのは、
もう10年も前になります。

優しい絵と優しい言葉。
とてもシンプルな絵と言葉なんだけど、
心が癒される思いがしました。

言葉に力強さは無いのかもしれないけれど、
私にはそれが心地よい。
ココロとカラダに暖かい暖かい何かが
少しずつ満ちてくるようなそんな気がします。

今思えば、
あの出会いが今の私の何かの元になっているのかなぁ。

いつか、機会があれば直接お会いしてみたいなぁと
お話してみたいなぁと思います。

一五一会を弾いてみました。 

2005年03月18日(金) 21時34分
我が家には「一五一会」という楽器があります。

これは、BEGIN(ミュージシャン)が作った楽器で、
見た目は普通のギターぽいんだけど、
ギターが6本弦なのに対して、
一五一会は4本弦で出来ています。
コードもギターみたいに難しい押さえ方をしなくても、
指一本で押さえられるから初心者でも簡単に弾けるのですよ。これが。

その一五一会にうちのCHU−TAくんがはまりまして。

実は彼はですね、
ギターに挑戦しては失敗しを繰り返した経歴を持っています。
そして超が付くほど不器用です。

そのCHU−TAくんが弾けるようになった楽器です。
私に出来ないはずがない。

・・・ということで、私も挑戦してみました。
しかも弾き語りです。

一五一会が我が家に来たのは、去年の10月。
その時はCHU−TAくんの一五一会熱が高すぎて、
私はちょっと引きぎみでした。
夢中になっている人とか必死になっている人を見ると、
冷めちゃう癖が私にはありましてね。

最近やっと熱が落ち着いてきたので、
弾いてみたいなぁという気になりつつあったのです。

弾いてみた感想は、
「ものすごく簡単〜。」

超初心者なので、本当の一五一会の音は出ていないかもしれません。
でも、ちゃんと音が出せて、ちゃんと音も変えられる。
自己満足ですが、自我自賛ですが、

「やるやん、私」

私も一五一会はまってしまいそうです。
こんにちは(^−^)
*名前* たみ
*性格* おっとり
北陸地方在住で2児の母をやってます。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/tamiko/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tamiko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる