うわきものの覚悟 

July 29 [Wed], 2009, 22:00
悔しくて、いつかぎゃふんと言わせてやりたいけどそんな相手じゃないのは分かってる。


彼女とうまくいってないなんて言って実はラブラブかもしれないし、
結婚の話だってどこまで進んでるかも知れない。

でも会えば抱きしめてくれるしキスしてくれるし。


もしかしたらあたしはそれで十分なのかもしれない。



だってそこには愛が0なわけでもない。


自分が2番手だって分かってつき合えば、楽なのかもしれない。
あたしも、好きじゃないケド嫌いでもない、それぐらいの気持ちでいられれば、
寂しい時はかまってもらって、他に好きな人できたらそれでイイし、仕事にそこまで支障を来さないだろうし、同業者だし、なんか気楽かも。

お互い都合よく。

ただ一つ、隠し事せずになんでも話してほしい。
彼女のことも、何もかも。


それでもやっぱり、あたしは彼女を1番に考えることを忘れずいたい。かつて同じ痛みを味わったものとして、せめてもの詫びの気持ちで。


それでもいつか、こっち向いてくれる日が来たらいいななんて・・・

待てども待てども 

July 29 [Wed], 2009, 19:21
かかってくるはずないのに


また今日も眺めてボーっとしてる


今頃何してるんだろ・・・




昨日ヒドい事言っちゃった

会いに来てくれたのに

嬉しかったのに



でもなんか悲しくて



「帰って」


って。





自分に素直になると

先に大きなリスクを負って

知らない誰かを傷つけるかもしれない





ここで我慢したなら

寂しい日々が続いたとしても

誰もこれ以上の傷を負う事はない





胸が痛くて仕方ない



どうすれば良いのか分からない




沈んだ体はもはや涙を流す力も無く

あたしは止まったまま

空っぽの時間だけが

過ぎていく




本当は会いたい

声聞きたい





お願い神様


お願い神様°・(ノД`)・°・

サミシクテ 

December 03 [Wed], 2008, 21:54
夜がこわぃ


1人の夜がね


疲れてるのになかなか寝付けない・・・




誰かぁぁ



そんな切ない季節なの

lab 

January 28 [Sun], 2007, 2:36
彼以上に自分に合う人が現れる自信なんてやっぱないし、あたしは彼を愛してるし、今のあたしには彼が絶対必要だってことも分かってる。この先あたしがどうなってしまうかなんて分からない。彼の穴を、日々精進することを生きがいとして埋めるしかないだろう。ただ今は、絶対。絶対彼なしではあたしはいない。ただの寂しがり屋なのかな。でも誰もがこの寂しさを癒せるワケジャナインダ。

写真タテと家族の写真 

November 09 [Thu], 2006, 21:25
小学校のころの話。

ある年の誕生日、母親から写真立てをもらった。

幸せそうに暮らす7人の小人がいる、陶器の写真立て。

かわいくてかなり気に入った。


「何の写真入れる?」

「家族の写真〜」

「お父さんも一緒に写ってるやつ?」

「うん」

「ふーん」

「・・・・・・・・・・・。」



結局その写真立てには髪型が憧れだった広末涼子の切抜が入れられる事になった。
そしてあまり目につかない場所にヒッソリ安置された。


十数年経った今、相変わらず広末涼子が中に閉じ込められたまま、それは押入の奥にヒッソリ安置されている。

アイツ 

October 25 [Wed], 2006, 1:02
ヤツが大阪から帰ってきた。

ヤツはしばらくヒマしてるらしぃ。


1っめのメィルで感づいた。
次の休み、ヤツと遊びたがってるかも。

2っめのメィルで確信に変わった。
ヤツと遊びたいんだ。


こんな時強引に引っ張るコトができなぃアタシ。

じゃああたしとは今度遊ぼうか(^O^)(^O^)




ホントはフテくされて身を引いた。

かわぃくなぃアタシ。

他に遊んでくれる人探そう。

ハピバ 

October 20 [Fri], 2006, 2:40
22歳になった。

始めてアタシがこの世の空気に触れ、父母にであった日から22年。

22年。



そして20歳になったとはしゃぎまくったあの日から2年。

もう2年。



19歳から22歳に。10代から20代に。10の位が変わるだけじゃなくて、ホントに大きな成長を遂げようとする時期。10代って、日々成長の塊。


そんな大事な時期にいつもアタシのコト包み込んでくれてたアナタに感謝☆


傷つけ、傷つきながらも一緒に歩んでくれたアナタに感謝☆


アタシに甘えるコト教えてくれたアナタに感謝☆

愛別離苦 

October 12 [Thu], 2006, 16:08
意味は「愛するものと別れなければならない苦しみ」。

仏教用語で四苦と呼ばれ、人間の苦しみを大きく4つに分けたもののうちの1つ。



数ヵ月後にはこの苦しみを身を以って体験することになる。

いや、もう始まってるのかもしれない。



そんなコトばっか考えてたら涙が溢れてきた。


いけない、ここはcafeだった・・・・・・

ヒトギライ 

September 20 [Wed], 2006, 22:58
なのかな??

最近は極度に人と話すコトが面倒くさく感じる。

別に誰と話しなくたってジャーリンいてくれるからイイってコトなの?


久しぶりに喋ってみてもカミカミで、別れてから話損ねたこといっぱい思い出す。


ヤバ費・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジブンノミチ 

September 10 [Sun], 2006, 13:08
不安になる。

あんなに仲良かった人たちだケド、もうあの輪の中に入ってくことはできない。

連絡もとらない。


みんな留学行ったり海外旅行行ったりしてる。

でも英語に興味ないあたしと、一緒に行きたい、いける人がいない現状。



あたしって、何もしないで生きてる。



そんな不安。



心から仲イイって思える人が、近くにいないかもって孤独感。




昔は全くそんなこと思わなかったのにな。





でも気にすることはないん。

動くことなんていつだってできるんだ。

ただ今のあたしにはたいして必要の無いことなんだ。





自分が進むべき道を、見失わないコトが大切。


いつも結局なにかのせいにしてイライラしてる。

違う。

これがあたしの人生。

あたしはあたしを満たしてくれるものを見つめていればイイ。

例えそれが周りの人と違うものでも。






信じて進めば おのずと道は開けてくる。


信じるのみなん。


P R
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
Yapme!一覧
読者になる