くりっく365のメリットとデメリット 

February 27 [Fri], 2009, 11:41
現在、非常に注目され始めた「くりっく365」ですが、取り扱う業者も増えてきましたので、業者同士の比較も出来るようになりました。くりっく365を扱う業者が増えるにつれて、それぞれの業者の独自カラーも出始めて投資する人が選べるようになりました。
くりっく365を扱うことが出来る業者は、厳しい金融商品取引法と取引所規則をクリアした信頼できる業者だと言えます。下記にくりっく365 メリット デメリットを大まかに記しました。
くりっく365のメリット
・税制上の優遇措置を受けられます。申告分離課税の扱いになり一律20%の税率となります。
・税制上、他の証券先物取引などの損益と通算出来ます。
・損失が出た場合は、3年間に渡って損失の繰越控除が出来ます。
・預ける証拠金は東京金融取引所に預けられるので、取り扱い業者が破綻しても証拠金は戻ってきます。
・どの業者と取引しても同じ価格になるのがくりっく365です。
くりっく365のデメリット
・以前は取扱える通貨ペアが少なかったのですが、現在では大幅に拡大されました。これはデメリットにならないかもしれません。
・取引の手数料が他のFXよりもかかります。

くりっく365のスワップに注目 

February 27 [Fri], 2009, 10:35
「くりっく365」の人気が上がってきているとよく耳にするようになりました。取引手数料がかかるということは避けられないとしても、少なかった通貨ペアの種類も多くなり、いまではなんの遜色もないほどです。レバレッジが低いから大きく儲けることが出来ないと言う方もいますが、これはレバレッジを大きくすればしただけリスクも高くなることを考えればやり方次第だろうと思われます。それよりも、税制の優遇が受けられたり、その安心の取引きや信頼性の方がこれからFX取引をするには不安感が少ないだろうと思われます。
特に、くりっく365で注目されているスワップポイントは金融取引所が決定しますので、受取る側も支払う側も同じスワップポイントになります。くりっく365では、よく言われている鞘抜きが出来ない公正な取引が提供されているということです。これからは、くりっく365 スワップ 注目です。

はじめてのFXはくりっく365で 

February 26 [Thu], 2009, 10:27
はじめてのFXの取引きには不安が付き物です。いろいろな資料を取り寄せたり、FX業者のホームページを見たり、書店でFX関連の書籍を買ってみたりしても、不安というものはなかなか消えないものです。
FX業者も多いので、どの会社と取引きしていいのかとても迷う訳です。例えば、普通に言われているFXは取引市場というものを持たないで、FX業者を通して行われるのでその取引は不鮮明だと言われています。その点、「くりっく365」は、東京金融先物取引所を介して取引きが行われるので、金融商品取引法と取引所規則に基づいた資格を持った業者のみが取引き出来るFXですので安心して初心者も参入出来ると注目されています。はじめて FX くりっく365のキーワードは見逃せません。
気になるのはリスクですが、くりっく365のリスクはかなり軽減されていると言われています。例えば、くりっく365ではないFXの「証拠金」はFXの会社に預けられてしまいます。もしその会社が経営破たんすると預けられた証拠金は最悪の場合、まったく戻って来ないこともあります。くりっく365の場合は、会社が預かった証拠金をそのまま東京金融先物取引所に預けられますので、取引会社が破綻した場合もその証拠金は取引所から全額返還されます。