プロローグ 

2006年08月18日(金) 10時25分
『いやだ』と言いながら、私は心を開く。
『やめて』と言いながら、私は体を開く。

世間一般では、不純なんだと思う。
むしろ、訴えられたら、確実に私は負ける。
そんな道を私は歩もうとしていた。

後ろめたいなら、彼からの連絡を絶てばいい。
会わなければいいんだ・・・・そう答えはでている。
けれど・・・会いたい。声が聞きたい。触れたい。
そう自覚したとき、私は恋をしていると知った。

私には彼氏がいる。
彼氏に不誠実。そう自覚している。
けれど、別れたくない。つまり浮気状態。
自分が大嫌い。甘い・・・・・・自分に甘い。
けれど、好きなものは仕方ない。

私は・・・自分を正当化するつもりはない。

私が恋した相手。ミタさん。
2人で会っているとき、ふと彼の携帯が鳴る。
奥さんからの電話。待ちうけには生後数ヶ月のあどけない赤ちゃん。
彼には帰らなきゃいけない家庭と
守らなきゃいけない命がある。

いっそこの気持ちごと、死んでしまいたい。
足があるから、駆け出したくなる。
耳があるから、声が聞きたくなる。
手があるから、触れたくなる。
目があるから、姿を探してしまう。
感情があるから、愛したくなる・・・・。

けれど、私とミタさんの関係は
不倫の一言では済まされない。
もっともっと複雑な関係なんです。

それは・・・またの機会に書きますね☆
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tamayura-mine
読者になる
Yapme!一覧
読者になる