伊豆修善寺温泉旅行 湯煙旅情警部補は出てきません 

May 03 [Tue], 2011, 21:59
 ちょっと間が空いちゃいましたけど、何事も無かったかのように伊豆修善寺旅行記の続き。高橋秀樹も湯煙も旅情もとにかくバスターミナルにお昼の時間に到着しましたが、駅弁食べすぎでおなかが空いていないので、ちょっと散策することに
 修善寺教会にいってみました。外から見ると大変かわいらしい教会ですが、中に入ってみると小さな庭もあり、とても風情のある建物です。
 正確には「修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂」というそうです。意匠もなかなか趣き深い教会です。小さいながらも白い教会が青空にとても似合います。
 建立(って言うのかな)は明治時代の大変歴史のある古い建物で、正教会の教会です。窓や屋根の意匠もなかなか見事です。場所はここで、ちょうど温泉街の東の外れに位置してます。

  YUTORIAN 修善寺ホテル www.shuzenjihotel.com
  岩窟手掘り風呂と自然の恵み豊かな夕食でゆったりリラックス


  修善寺温泉 ねの湯対山荘 www.taizanso.com
  デザイナーの香山眞二が演出する「とっておきの大人の隠れ家」


  修善寺登録文化財の宿「新井旅館」www.arairyokan.net/
  源泉掛け流し♪貸切風呂無料利用OK

特急踊り子 〜湯煙旅情テツの旅〜 後編 

March 05 [Sat], 2011, 20:50
 前回の記事に続き、踊り子特急でテツの旅。乗りテツ気取りです。東海道を温泉特急十津川警部踊り子は西へ西へ。熱海で前後の車両を分離します。前の方の車両はここで伊豆急でメジャーな東伊豆に向かいます。後ろの方の車両はこのまま三島まで東海道をさらに西に向かいます。三島駅で伊豆箱根鉄道に入ります。運転手交代をぼんやり眺めていると、河津桜が咲いていました。

 東京から2時間チョイで到着。駅前が既にのんびりしてていいですね。改札を出ると駅前はバスターミナルです。近くのコンビニで旅館に持ち込むお酒とかおやつとかを買い込みます。ワルなので。

 駅前から温泉町へはかなり距離があり、バスの利用がオススメです。日曜日でも、昼間は、頻繁にバスが出てます。オレンジ色が温かみのある東海バスに乗り込み、修善寺温泉へ向かいます。


  修善寺温泉 ホテル滝亭 takitei.jp
  1200年の伝統を持つ伊豆の古湯修善寺温泉


  修善寺温泉 湯回廊菊屋 hotespa.net
  ‘湯回廊’で繋がる2つの大浴場と4つの貸切風呂


  サンシャイン修善寺 sunshine-shuzenji.jp
  24時間温泉で23時迄夜食ルームサービスが大好評

温泉電車があるんです 〜湯煙十津川警部旅〜 前編 

February 15 [Tue], 2011, 23:16
温泉電車があるんですっ!
と書くと「露天温泉でできた特急」みたいですね。
全裸で温泉につかりながら時速200kmで水平移動します。

ちがいました。
日本には温泉に行く為の特急がいくつもあります。
凄いのだと温泉が好き過ぎて温泉地の名前とかついてます。「きぬ」とか。

今回は特急踊り子で行く湯煙旅情十津川警部の旅です。
アリバイは不要ですが、東京から電車で行くのも面白いかなと。
伊豆急にも伊豆箱根鉄道にも直通です!得意げ。

という訳で修善寺に特急踊り子で行きます。
ただし修善寺にいけるのは本数が限られてますので注意してください。
必ずJRのWEBサイトでダイヤを確認し、窓口でJR職員に念押しして切符を買いましょう。
券売機で買えるけど。
※ちなみに某駅窓口のJR職員の方は修善寺行き踊り子特急の券が出てこなくて
 物凄いモタモタしてました。浅草橋。

さてそんな訳で東京駅です。
とっても快晴。


ホームにスルスルと特急踊り子です。
全席高橋秀樹指定です。もしくは愛川欣也指定です。


隣でうちの旦那が鯵と炙り鯛の寿司を食べてます。
ビールまで呑んでます。デヴなのに。


列車は東海道を西に向かって走り出します。
ウウウゥゥゥンとちょっと古めかしいモータ音で。
修善寺駅まで2時間です。

修善寺温泉 宙SORA渡月荘金龍 kinryu.net
客室風呂からも景色が一望。月替りの会席は人気の絶品です。

修善寺温泉 ねの湯対山荘 taizanso.com
デザイナーの香山眞二が演出する「とっておきの大人の隠れ家」

修善寺温泉 国登録文化財の宿「新井旅館」arairyokan.net/
源泉掛け流し♪貸切風呂無料利用OK

ミルーノ君ストラップ! 

December 18 [Sat], 2010, 11:39
もみちゃんから先行入手〓
なかなかよく出来てるわぁこれ。


来週ヤクルトレディーのさんがジョアセット購入の方にくれるんだって〓
道行くレディーさんに声かけちゃってください〓

私は元気です 

August 31 [Tue], 2010, 21:57
また唐突にストップして、唐突に始まりますが何があったわけでもなく・・・テヘ

ちなみに前回の旅行、駄々こねて帰りに苺狩りに連れて行ってもらいました!
練乳も無く、苺は一種類、GW後で荒らされた後、時間も短く・・・記録は60個位と不本意な結果に終わりました。
来年こそは100個越えたいです。

画像は水族館のトンネルの天井。
窓があって、ちょっと建物じたいが海の中のようななんだかよい感じだったので撮ってみたんだけど、暗くてよく分からんねww



老神温泉「金龍園」 

May 21 [Fri], 2010, 20:10
今回の旅行でお世話になったお宿です。
金龍園

お風呂は有料貸切露天風呂と混浴露天風呂と混浴大?浴場、あと女風呂(露天風呂無し)。
↓混浴露天風呂。
車のちょうど上部分・・・ほぼ丸見えです、遮るものは柵のみ。道行くおばちゃんと余裕で会話できるレベル。
湯浴みの貸し出しがあるとはいえオープン過ぎるのもなんかもにゃもにゃする・・・
すでに混浴の時点で大いに尻込みはしているわけですが・・・なんせ他人と風呂入るなんて落ち着かない状況は全くもって苦手すぎるうえに性別関係無しな訳ですから。
んな訳で露天風呂は一回しか入りに行かなかった。良いお湯だったのにもったいなかったけども。

温度はぬるめでのんびり入っていられます。


お風呂の後はちょっとそこらを散歩。
お散歩にゃんこに数回遭遇したくらいで何にもなかったけど、二人でぶらぶらっていうのはとても良いものです。
もう老人気分です。

部屋でだらっとそれぞれ携帯でゲームしたりしてるうちにご飯の時間。

ざっくりいきますが、全体的にとても美味しゅうございました。
とても丁寧なお料理達、こういうご飯に必ず付いてくる茶碗蒸しも中のエビがぷりぷり鶏肉がしっとりでちょっと感動。



天ぷらの盛り合わせの中に入っていた紫のもの。
始めましての紫人参です、甘くて全く人参臭くないって噂のやつです。
ほっこりしゃくっとやわらかくて、蓮根の天ぷらに似た感じで本当に人参は感じられなかった!




最初に食事のスピードを聞かれたので
「ちょっぱやです」
って言ったら、本当につぎつぎお料理を運んできてくれてテーブルの上がてんこ盛りに!
期待に背いちゃいけないと思ってもりもり食べましたよ。後でお腹がぱんぱんになりましたけどもね。

吹割の滝 

May 19 [Wed], 2010, 17:26
続きは明日といいつつうっかりずいぶんたっちゃった。テヘ


吹割の滝。
東洋のナイアガラ・・・言ったもん勝ちだよねぇ、まぁ。
でも滝じたいは凄かった!だって次の日も又見に行っちゃったもの。
大きな岩や川面をただ眺める事にそうとう長い時間を費やした。

前の日が雨だったせいで水量が多くて轟々と流れる水をじっと見てるとそのままひっぱられそうな物凄さ・・・なのに河と歩道を遮るものは白線のみ。
しかも歩道の幅1メートルほどで相互通行。

かなり絶対年に何人か落ちてるって・・・
小学生以下は手を離しちゃいけないよこれ








滝近くの道路沿いにあるお土産屋さんのおばちゃん達が
「駐車場無料だよ!」
って呼び込みしてるんだけど・・・気をつけて!!ずるい御商売してるとこがあるから!!!

「駐車券を千円と取り替えて、その駐車券を使ってそこの売店でお買い物してって。」

って、それ無料じゃないよね。
一回そこに入れちゃったんだけど、ぶち切れて車出しましたよふんとにもう。
他の本当に無料のとこに入れました。
そこも駐車券をもらうんだけどとても控えめで、

「帰りにそこの売店にこの駐車券を返してって下さい。
駐車場が無料なので、出来ればなんかお買い物してって下さい。」

そんなん言われたらはい素直にお買い物しちゃいます。
そんでソフトクリームと吹割の滝の水(ペットボトル入り飲用水)いただきました。


尾瀬市場 

May 12 [Wed], 2010, 20:18
ゴールデンウィークは特に遠出はせず、9日10日と月曜日にお休みいただいて旅行してきました。

いつもよりも早めに・・・といっても案の定功ちゃんが起きられず予定よりも一時間遅れの10時出発で、まず目指したのは「尾瀬市場」。十割そばがおいしいそうで、売り切れちゃうと困るっていう功ちゃん判断で車中から電話でお取り置きのお願いを。

電話して正解でした!おそば売り切れてた。
功ちゃんの食いしん坊ゴーストは今日もうまいこと囁いてくれた!!
十割って久しぶりに食べたけど、ああおそばってこんな香りだったんだってアホな事考えながらいっきにすすり込みました。


タラの芽の天ぷら。
大きくてほくほく!大人になってから美味しさを知りました。
子供の頃は大人の食べ物だって思ってたから、苦いとかえぐいとか勝手に思い込んで敬遠していたし好んで食べようとしなければ口に入るようなものでもないからタラの芽の美味しさを知るまでにずいぶんかかってしまったのよ。
ごめんね!タラの芽。


ご飯後は市場内をぶらぶら。
素敵なお野菜・山菜がいっぱいで、必ず明日も来てごっそり買い込もうと誓い次の目的地「吹割の滝」へ・・・の前にソフトクリームを買いに。
ちょうどこの時観光バスが何台か到着してて、店内・足湯ともにおばちゃん・おばあちゃんで満杯に・・・わぁって思いつつ売店へ向かいバニラソフトを注文。待っている間に目に付いた「山菜(行者ニンニク・こごみ・と後なんだったか忘れた)の天ぷら三種盛200円」も注文。
天ぷらを揚げている所が売店内ではなく直ぐ目の前に別で場所が作ってあったのでそこで並んで待つ。
私の前に待っている人一組、そこに興味しんしんでのぞきにきた中年夫婦一組、天ぷらについての質問しつつなんとなく並んで待ち始める・・・嫌な予感がしたけどオーダーは伝えてあるしお代はもう払ってあるし大丈夫かな?って思いながらソフト食べ食べ待ってたら、案の定先に天ぷら奪われた!

先に待ってる事や、お金払ってあることを訴えてもダメだった。
お客さんの多さに揚げてるおばちゃんも盛り付けて品物渡してるおじちゃんもテンパってた上に、代金払う場所を定めてなかったせいで余計に混乱していた様子。

諦めてさらに待ちました。

できあがってきた天ぷらはとても美味しかったけどもやもやした。
ふんとにもうっ

明日につづく。



司令のお仕事 

April 30 [Fri], 2010, 18:04
今日も良いお天気で温かく、義母さんとお昼がてら浅草をちょいと散歩してきました。
浅草温泉の廃墟っぽさがたまらなくわくわくしましたよ、なんか普通に楽しかったw功ちゃんと今年で結婚10年目なのと同じく義母さんとも親子になって10年だからなぁ。
いかに人見知りの私とはいえさすがに打ち解ける年月なんだろう。

さて一昨日の4/28、秋葉原の山ちゃんで入隊式兼飲み会(主に飲み会)をしてきました。

初めて世界の山ちゃん行ったのですが、言ってしまえば美味しいって噂のものにつられて行ったのですが、辛いけどおいしいね!箸袋に書いてある食べ方したら気持ちいいほどお肉がするっと取れて感激した。
しかし店員がちょっと酷くて2個頼んだものが1個しか来ないのが3回ほど、頼んだものが来ないのがこれまた3回ほど・・・伝票を見ながら運んできてるのにそりゃあないだろwww
外国の方だったせいかもしれないけど回数重なるとちょっとイラッとしました。テヘ

一応酔っ払ってしまう前にベレーやバラクラバなどの授与を行いましたが、ベレーをかぶったスーツの方々がいる光景はなかなかに異様なものでしたwいやぁ嫌いじゃないww
そのあとは楽しかったのもあってけっこう飲んだのであんまりよく覚えてないけど、皆非常に楽しそうで功ちゃんに趣味のお友達がたくさんできる事はとても喜ばしい事だと思った夜でした。皆様これからもよろしくお願いいたします!



魚攻め 

April 17 [Sat], 2010, 22:54
功ちゃんがかっときてお魚をたくさん買いました。
通販で一万円分お魚を買いました。



いっぺんに届きました・・・

一部が冷凍ものなのが少しだけ救いです。

生が、
・しろばい貝
・イサキ
・ホタルイカ
・ノドグロ

冷凍が、
・モサエビ
・とこぶし
・ホタルイカの干物
・干物の詰め合わせ

多いです、生のホタルイカは一キログラムあり・・・まし・・・た・・・・・・がくり。
他もそれなりに量があります。
しかも間の悪い事に昨日の仕事帰りに干物を二種類ほど買ってきちゃったんだよねぇ。
だってこんなに早く届くなんて知らないし!自分の馬鹿。
もちろん速攻冷凍庫行ですよ!ふんとにもう!!

そんなわけで昨日今日とお魚攻めです。
美味しいけど処理が大変だね、初めてばい貝とか扱ったよ。
取り出し方が分かんなくて功ちゃんに調べてもらったんだけど、キリで貝殻部分にがっつりガキッと穴開けてグリグリやってから身を取り出すのね。大変だけどちょっと面白かったwww

しかしインターネット様々です。
まだまだ知らない事だらけでコレがなくてはなんともならないことばかり。


追伸:妹達よ干物いりますか?

P R
■プロフィール■
■たまこ
■ぐうたらだらだら大好き
日記までぐうたらにならないようにがんばりますです。
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
〜〜〜
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/tamayome/index1_0.rdf