ペレス・プラード(4)

March 17 [Thu], 2016, 17:41
 ペレス・プラードのアメリカで発売されたシングル盤のリスト。
ペレス・プラードのアメリカで最初に発売されたレコードは
「エル・マンボ」と「マンボNo.5」を組み合わせたSP盤とした
説があるということだが、これは「20-3782」というレコードを指し、
「20」シリーズで最初に登場するペレス・プラードのレコードの
ためだと思われる。発売は1950年とされる。しかし、
ペレス・プラードは別のシリーズでも発売されている。
その中に RCA International Series があり、「23」の
記号で発売されている。こちらのシリーズでの
ペレス・プラードは「年」ははっきりはしないが、
1940年代には発売されている。
 というわけで「23」シリーズから始めることにする。

● RCA International Series (SP盤)
RCA 23-0813
 Suavecito Pollito (vocal : Orlando Guerra)
 Rumbambo
RCA 23-1220 (1949年発売)
 José
 Macome
RCA 23-1243 (1949年発売)
 Pachuca
 La Comparsa
RCA 23-1266 (1949年発売)
 Mangolele
 Sera La Negra
  (Beny Moré with Pérez Prado)
RCA 23-1274 (1949年発売)
 Tacuba
 El Manicero
RCA 23-1301 (1949年発売)
 Timba Timba
 Agony
RCA 23-1380 (1949年発売)
 Kuba Mambo
 Rica
RCA 23-1412 (1950年発売)
 Yo No Sé
 Rabo Y Oreja
  (Beny Moré with Pérez Prado)
RCA 23-1444 (1950年発売)
 Tu Sòlo Tu
 La Culebra
RCA 23-1462 (1950年発売)
 Mambo En Sax
 Oh Caballo

 RCA 23-1301 の「Agony」「Timba, Timba」および
RCA 23-1380 の「Rica」「Kuba Mambo」は
ペレス・プラードのRCAにおける初録音から(於:キューバ)。





ビリー・ヴォーン(17)

March 17 [Thu], 2016, 16:14
 今回も1964年発売のアルバムの紹介。新旧の佳曲で構成。
いつものように安らぎを与える演奏。特に "Pearly Shells" は
ビートルズ旋風吹き荒れる当時、ビリー・ヴォーン楽団に
とっては久しぶりの大ヒットとなり、全米のアルバム・チャート
では18位を記録した。

●Another Hit Album! - DLP-3593 / 25593
People
Sixteen Tons
Chatanoogie Shoe Shine Boy
Memphis
The World I Used To Know
Burning Memories
Tears And Roses
Just A Closer Walk With Thee
Peace In The Valley
Four Walls
I'm Movin' On
The French Song

●Pearly Shells, Dot DLP-3605 / 25605
Pearly Shells
Peg O' My Heart
I Cried For You
Everybody Loves Somebody
A Taste Of Honey
Girl From Ipanema
Maybe
For Me And My Gal
Caravan
Moonlight And Shadows
Over The Rainbow
Again


ビリー・ヴォーン(16)

March 13 [Sun], 2016, 20:19
 今回は1964年に発売した2枚のアルバムの紹介。
1964年には5枚のアルバムを出している。なかなか精力的。
1枚は当時のヒット曲のカヴァー。日本ではあまり知られて
いない曲もあるが、全米ではいずれもチャート上位を
賑わせた曲。そしてもう1枚は「名曲集」という企画。
この手の作品はビリー・ヴォーン楽団では安心して
楽しめる感じがする。
 「Blue Velvet And 1963's Great Hits」は51位、
「Forever」は144位まで上がった。

●Blue Velvet And 1963's Great Hits, Dot DLP-3559 / 25559
1 Blue Velvet
2 Painted, Tainted Rose
3 Danke Schoen
4 I'm Leaving It Up To You
5 Washington Square
6 More
7 Dominique
8 Popsicles And Icicles
9 (Down At) Papa Joes
10 Cuando Calienta El Ssol
11 Busted
12 Out Of Limits

●Forever, Dot DLP-3578 / 25578
1 Shangri- La
2 Meditation
3 Lucky Duck
4 Love Me With All Your Heart
5 Forever
6 The One Rose
7 There's A Long, Long Trail
8 Silver Threads Among The Gold
9 Love's Old Sweet Song
10 Dear Old Girl
11 In The Gloaming
12 Molly Darling


ペレス・プラード(3)

March 13 [Sun], 2016, 2:44
 ペレス・プラード楽団のRCAにおけるシングル盤を紹介する。
初発売は1947年。もちろんSP盤による発売だった。
まず「インターナショナル・シリーズ」での発売。
このシリーズはレコード記号 RCA-20 で発売されている。
この「インターナショナル・シリーズ」でのリストを紹介する前に、
RCAにおける初レコーディングの曲目を紹介しておこう。
8曲が1947年に RCA / Camden への初レコーディングだが、
このすべてがSPシングルとして発売されたわけではない。

Agony
Kon-Toma
Rica
Memoria A Chano
No Me Quieras Tanto
? Que Es Amor ?
Timba, Timba
Kuba Mambo

 以上8曲がRCA/Camdenへの最初の録音。
1947年のことだった。


ペレス・プラード(2)

March 08 [Tue], 2016, 20:25
 ペレス・プラードのRCAにおけるシングル盤を調査する
新シリーズ。はじめにペレス・プラードについて簡単に紹介。
 本名ダマソ・ペレス・プラード(Dámaso Pérez Prado)は
1916年12月11日キューバ生まれ。誕生日については
いくつかの説がある。1989年9月14日に亡くなった。
 幼いころからクラシック・ピアノを学び、後にポピュラーに
転向。クラブなどで働くようになった。才能が評価され、
キューバで最も有名な楽団の一つ、ソノーラ・マタンセーラ
楽団でピアニストやアレンジャーとして在籍したこともある。
1940年代キューバの首都ハバナで働いていた頃、
流行していたルンバとジャズを融合させた新リズム「マンボ」を
積極的に演奏し始める。しかし「マンボ」はキューバでは
受け入れられず、1948年にメキシコ・シティへ移住。
そこでペレス・プラード楽団を結成し、大手レコード会社の
RCAレコードと契約する。ソニー・バークがメキシコを
訪れた時に、ペレス・プラード楽団の「Que Rico Mambo」の
レコードを持ち帰り、アメリカで「Manbo Jumbo」として
シングルを発売。これが評判となり、ペレス・プラードの
アメリカ公演が実現した。1951年からのツアーは軒並み
完売となり、アメリカでもRCAレコードでレコーディングを
始める。「マンボ No.5」や「マンボ No.8」などが話題となり、
1955年には「チェリー・ピンク・マンボ(セレソローサ)」
(Cherry Pink and Apple Blossom White〜
Cerezo Rosa)が、映画「海底の黄金」に使われ、
10週連続第1位を獲得。しかも、26週連続チャート・イン、
さらにミリオン・セラーも記録、同年の全米年間ヒット・チャート
第1位を記録する超大ヒットになった。この成功は世界中に
広がり、イギリス、ドイツでも1位を獲得した。
 アメリカでの人気が下火となってきた1964年に
メキシコ・シティに本拠地を移した。