大ハプニングはっせい 

December 05 [Wed], 2007, 21:41
なんと,妊娠してしまった…

このまま2人きりで生きていくのだと思って,
家もそのプランで考えていたんだが…
まあ万が一とは思わないでもなかったが,
なんせオット42歳,ツマ39歳である。
この年までふたりっきりでなんの音沙汰もなかったため,
誰も思ってもみなかったハプニングである。
なんたるこっちゃ…

ここのところ更新がなかったのは,
つわりに苦しめられて余裕がなかったためだ。
今日はひさしぶりにちょっとらく。
つわりは短くても年明けまで続く見込み。
そしてだんだんひどくなる見込み。
昨日はそれを知らされて,ショックで一人泣いてしまったツマであった…
つらい…

ということでツマが寝込んでしまったために,
またしても家の進行は遅れた…

図面の方は2階に3室,
オット部屋,ツマ部屋,予備室と作っておいたのが幸いして,
このまま無事に出産にこぎつけ,
子供部屋が必要になっても,対応できる状況である。
予備室にはクローゼットを作らなかったのだが,
もはやいたしかたない。

で,図面はオッケー,はんこ押して,ようやく図面が確定されたのであった…

ついに変更合意書類作成へ 

November 21 [Wed], 2007, 21:07
O氏から電話。

「あのう,そろそろ図面を作りたいんですが…」
「?外壁のサンプルを待っているんですが…」
「?外壁は(支店にあるものを)見ておくって,おっしゃってましたよね…?」

あかん,O氏,あまりの多忙ぶりに話が混ざってしまったらしい。
サンプルの番号まで控えて,では頼んでおきますといっていたのに…
よし,では今からサンプルをとりよせてもらうまでもない,
外壁は白と茶色で,決定だ!

約束を取り付け,面格子のカタログをもって仕事の後に支店を訪れた。
特に問題はなかろうということで,懸案事項は決定。
窓の大きさも位置も今日で決定し,いよいよツマも納得の上,
変更合意用の図面を作成することになった。

ただ残念だったことが二つ。
一つは玄関ドアか外壁に郵便受け用のアナが欲しいといったんだが,
断熱の関係で却下。
実は郵便受けのあるドアを使っているお宅を
ブログ上で拝見したことがあるのだが,
なんだかめんどくさくなってそれ以上は要求しなかった。高くなるし。
もうひとつは,キッチンのカウンタートップ?ってやつに
ステンレスを使いたかったんだが,うーん難しいかも,といわれたこと。
ステンレスの方が安いんだしいいじゃん,と思ったが,
標準仕様でないということはいろいろめんどうらしい。
人工大理石もポリエステル系は熱に弱く,熱いナベを置くと変質する,
というのを調べていたので,避けたかったんだが…
もう別にいいです,そんなんは。
ようやくここまでたどり着いたツマにとっては,ささいなことなのだ。

今週の土曜日にオットと2人で支店へいくことになったのだが,
それまでに考えて欲しい(できれば決めておいて欲しい)といわれたことは
以下のようなもの。

・水回り(キッチン,トイレ,ふろ,洗面台)のメーカーと色と仕様
・フローリングの色
・外壁と屋根
・玄関ポーチのタイル
・玄関・室内ドアの色と仕様
・畳のへりとふすまのもよう
・サッシと手すりの色
などなど。

帰ってオットと相談したら,まああっという間に決まる決まる…
「ついにこの日が来たねえ」
と顔を見合わせた2人であった。
ただよく分からないことがあって,
それは「標準仕様」と「選べる標準仕様」があるってことだ。
一体どっちがどうなのか???

とはいっても,外壁はオットにもサンプルを見てもらいたいので保留,
ふろもツマの2倍はあるオットに実物を見て決めてもらいたいため保留,
フローリングは濃い色がいいというのは一致しているのだが
どうも支店にあったサンプルが,濃いのは安っぽい感じがしたので保留。
キッチンと洗面台はすぐには決められないので保留。

って,こんなに保留事項あるんじゃん!!

そして今ちょっとひま,というのは… 

November 20 [Tue], 2007, 23:03
外壁のサンプルが届くのを待っているからなのだ。
ほとんど2人の間では白と茶色,と決まっているものの,
せっかくお願いしてあるサンプルを見ずに決めるのは
さすがに申し訳ないし,心残りもある。
白と茶色の外壁ならば面格子はアルミ鋳物をとりつけることに決定,
もしピンク系になるならばちょっとまた悩むかも…
でも今までの写真と実物の違いを考えれば,
サンプルも思うような色ではないだろう。
窓枠は黒か白かちょっと迷ったが,
やはり面格子が黒であるから黒にしておくのが妥当であろう。
で,面格子も決まり,窓の大きさも決まり,外壁も決まって,
今ぽかっと空いてしまったところ。

今までで痛感したことだが,何事も急いで決めてはいけないらしい。
どうしようかな,と思った時にまあいいやと進めると
後で必ず納得できずに引き返すことになる。
立ち止まって時間をかけてじっくり考えることが,
特にこの2人(ツマだけかも)には必要らしい。
まさに急がばまわれである。
なんせ契約してようやく始まった家造りであるから,
(契約前にいろいろ勉強している人が多いらしいけども)
ここは申し訳ないけども。マイペースで,いかせていただきますね。

ついに大げんか 

November 18 [Sun], 2007, 21:07
「タマホームでよい家を建てるためには 施主がしっかりする必要がある」
これが,ネットで流布しているタマホームの評価であろう。
元凶は安い家を提供するために効率的なシステムにしたこと,らしい。
以下ツマがひろいあげた噂をまとめ…ようと思い,途中まで書いたのだが…
いろいろ考えて,ここにあげるのはやめることにした。
なにしろ真偽のほどが定かではない噂であるから,
興味のある方は自己責任で拾い集めて下さい。

さて,こうしてツマがひろいあげたタマのよくない噂。
これらをオットに話すと,オットはとたんに不機嫌になる。
いくどめかの時に,オットはまたバクハツ。
これにはツマも黙っていられない。
バクハツにはバクハツ返しで,どなりあいの修羅場に突入した。
結婚以来初めてのことである。
それどころかツマにとっては
どなりあいのけんか自体生まれて初めてのことである。
今までは大声を出されたらツマはひいていたのだが,
今度はひくわけにはいかないのである。

そうしてある程度どなりあったら…なんだかすっきりしてしまった。
その上あれだけピンクにこだわっていた壁の色が,
なんとどうでもよくなってしまった。
上が白,下は茶色の板目調になりそうな雰囲気であります。

たまにはけんかもいいわね。

p.s. ようやく現実に記事が追いつきました。

面格子の取り付けは 

November 17 [Sat], 2007, 0:07
結論から言うと,面格子の施主支給はOK,しかしとりつけ依頼は不可であった。
なぜなら,「取り付ける人がいない」というのである。
本来ならば,タマのシステムでは,
面格子はサッシの業者さんがつけるものなのだそうだ。
窓をつけたときに一緒に面格子もつけ,それから外壁の作業にはいる。
であるからツマの希望する後付けの面格子は,
サッシ業者の仕事が終了してからの作業になるため,
サッシ業者に頼むことはできない。
かといって大工さんに頼むのも,通常やっていない作業なのでできない。
それに,特に防犯上のものであるから,
もし何かあった場合に責任の所在が不明確になってしまう。
ということで,つけ手がいないというのだ。
多少の取り付け手数料でやってもらえるのでは,というのはあまかったのだ。

「では私が手配するとしたら,一体どういうところに頼めばいいのでしょうか」
「そうですねえ,買ったところに取り付けてもらってはどうですか?」
「通販業者なので,取り付けまではしてもらえないんです」
「そうですか…では私がやりましょうか」

えっ!!
頼んでいいの!?
タマとしてはとりつけはできないと断られたくらいだから,
タマでは一切そういう融通は利かせてくれないものだと思ったよ…
ありがとう,O氏!!

「休みがあえばですが」

いいえ,いそぎませんので,大丈夫です。
ということで,面格子をつける場合はの段取りと手配はついた。
あとは外壁にあうかどうかの検討のみ。

好きな外壁がない 

November 16 [Fri], 2007, 0:11
ツマが今になってなぜ面格子にこだわるか。
実は外壁の色が思うようにできないということが,サインの後に発覚したのだ。
全てはこのことが原因である。

2人は自分たちがじじばばになったときにも帰って嬉しい家,と考え,
いまはやりの素敵なシンプルモダンの案を捨てた。
屋根はツマが当初から主張していた通りオーソドックスな切妻。
本当は急角度にしたかったが,
100万くらい上乗せになると聞いてそれはあきらめた。
そのかわり外壁は色を楽しく,
この辺ではあまり見ないピンクの組み合わせにしようと。
ピンクといっても華やかなかわいいものではなく,
グレイがかった大人の落ち着いたシックなピンクである。
窓枠は黒にして,かわいい中にも落ち着いた雰囲気を醸し出す,
そういうつもりだった。

しかし…

タマの標準仕様の外壁には,ピンクは存在しなかった。

ベージュと,茶色と,かろうじてオレンジっぽいものと,クリームと。
黒や白もあるものの,種類はとても少ない。
微妙な差はあるものの,遠くから見ると同系色ばかりで違いはサッパリ。
ツマの実家のある地域ではけっこうピンクの外壁を見かけるので,
まさか標準仕様にピンク系が一切ないとは,想像だにしていなかった。
ツマのショックははかりしれないものがあった。
考えてみれば,需要の多いものを大量に仕入れることで
安く提供しようというメーカーなのだから,
この辺であまり見ないピンクの外壁が標準になっていないことは
自明の理なのである。
もともと,人と違ったものを求めるなら選ぶべきメーカーではないのだ。

とはいっても…
壁の色でしぶかわいくきめるつもりだったので,
1階の窓にはなんのアクセントがなくても不満はなかったが…
壁の色も家の形もなんのへんてつもなく,
その上窓もおしきせでは…あまりにさびしいではないか。
2人の買った土地は,道路沿いに植裁がほどこされていることと
一区画の広さが気に入って購入したものである。
まだ家は一軒も建っていないが,あと数ヶ月で,
さぞや金をかけたおっしゃれな家が建ち並ぶであろうと予想される。
そこにローコストで建てようということ自体勇気あることなのに…
本当は塗り壁がよかったけどあきらめたのに…
外壁の材質どころか色さえも好きなものが選べないとは…

周囲の素敵な家を毎日見ながら,
「どこからも借金せず,身の丈にあった家を建てることを選んだのだから,
 自分の好きな外観にできなくてもよいのだ。悔いはないのだ!」
…と自分に言い聞かせても,むなしいばかりであろう。

それならばせめて,面格子くらい好きなものをつかいたいよ。

それがツマの心の叫びである。

タマホームと契約したのは10/13。
変更合意は予定では11/3。
しかしこの時点ですでに11/12。
合意の見込みは…
まだ,ない…

今度は変更合意,ところが… 

November 15 [Thu], 2007, 16:05
変更合意とは,間取りを最終的に決めて,合意することである。
設計さんが正確な設計図(平面図)を作成する。
変更合意の後での変更は20万くらいかかる。
書類をお役所に提出し,OKが出た後での変更は,50万くらいかかる。
この合意の時に決まっていなければいけないことは,
間取りと,屋根の形と,窓の数,形,位置などである。
玄関ポーチ(玄関ドアの外のあがりくちの部分),
犬走り(家の周囲のコンクリートなどの台),
勝手口のドアの下のコンクリートの台なども,
確定しておかなければならない。

ここでまた,ツマはつまずいた。(しゃれではない)
ひっかかったのは,窓である。

窓の位置や形はすぐに決まった。
しかし,窓の外には「面格子」というものがついている。
泥棒よけに設置する格子である。
ツマはこれが嫌い。
O氏の強いススメで浴室だけにはつけることになったが,
他は全て面格子なしの防犯ガラス(オプション)にした。
それで,変更合意,いけるはずだった。

ところが。
ツマは気づいてしまったのである。
今の面格子は,昔のようなアルミの柵ではなく,
鉄製のおしゃれなものがあるのだということに。

この鉄製の面格子,ツマの嗜好にぴったしはまった。
これなら浴室だけでなく,当初の予定通り1階の全部の窓に使いたい。
そしたら防犯ガラスはやめて,予定通りLOW-Eガラスでいける。
ただしそこには問題があった。

@タマホームのオプションにはないものであるから,
 自分で手配して購入しなければならない。
 しかもタマで取り付けをしてくれるのかどうかが不明である。
A浴室の窓が大きすぎて,あうサイズのものがない。
 そのため,浴室の窓サイズを変更する必要ができてくる。
Bタマホーム仕様のサイディングに
 この重厚な鉄製の面格子はマッチするのか?

これらの問題の前に,ツマの心は揺れ動いた。
そうなのだ,面格子が決まらないことには窓が決まらず,
それはつまり変更合意ができないということなのだ。

オットにいったら,またしてもバクハツ。

「なんでだよ,もう図面にサインしてきただろ!」

この図面で変更合意用の図面を作ってもいいですかと聞かれ,
オットは図面にサインしてきたのだ。

「サインはしたよ,でもまだ合意したわけじゃないでしょ,
 ただ合意用の図面をつくるっていうだけのサインでしょ」

…家庭内が不穏である。

契約したものの,間取りが気に入らないA 

November 14 [Wed], 2007, 11:03
まず契約書の間取り図を薄い紙に写し取り,パズルのようにはめあわせた。
紙が動いてしまってうまくいかない。
透明なポストイットに写し取り,はめあわせた。
紙は固定できるが,大きさの変更がきかない。
方眼紙を買ってきた。
おお,結局これがいちばんよい。
いろいろな形を考えて,支店に持っていった。
担当O氏はうなった。

「うーん…」

ここで初めて,ツマはタマホームのかの有名な4Mルールを知ることになる。
つまり,四角形の隣り合う二辺は,
必ず片方が4メーター以下でなければならないというものだ。
なんだ,ほとんどだめじゃないか。

「2階もめちゃくちゃのりが悪いですねえ…」

のりって,なによ???

「1階に壁がなくちゃだめなんですよねえ…」

2階の壁のあるところには,1階に必ず壁がなくてはいけないらしい。
そんなんじゃ,1階と2階は同じ間取りにしかできないんじゃないの??

「いや,間取りにもよるんですけども…」
「では,どういうところに壁があればいいんですか?」
「えっとですね,例えば2階の部屋のこの角の部分,
 こういうところには壁がないとまずいんです」

よし。
帰宅後フリーソフトをダウンロード。
O氏の言葉を手がかりに,間取りの作成が始まった。
偶然落としたソフトであったがこれが大当たり。
使い方が簡単だし,非常に有効なソフトである。
その名も「せっけい倶楽部」。おすすめである。
この頃になるとツマの睡眠時間は毎日3〜4時間。
それどころかソフトがPCにはいってるもんだから,
職場でも人目をしのんで休み時間にいじくりまくるありさま。
そんなこんなでできあがった間取りをまたしても支店に持ち込んだ。

「1階は問題ないですねえ。しかし2階が…」

普通は契約前の作業なんだろうなあ。
契約してからこんなんしてるの,うちくらいじゃないかしらん。
担当のO氏も,契約後になってからこんなに間取りで時間がかかるとは
思っても見なかったに違いない。
図面のやり直しをさせることになってしまうが,
申し訳ないけれどもここは面倒な客とあきらめてつきあってもらうしかない。
こんなやり取りを繰り返したあげく,
ツマが作成し,O氏が改良したプランで間取り決定。
やれやれ…
家を建てたばかりの同僚に話したら
そこまで自分でやるなんて珍しいですね!と驚かれた。
また,O氏の提案を全否定!とまではいかないまでも
全く違う形になったため,ツマは失礼に当たるのでは,と心配もした。
しかしタマブログをいろいろ見たら,
けっこうどのお宅もそんなもんのようである。
それがタマホームで建てるということらしい。

契約したものの,間取りが気に入らない@ 

November 13 [Tue], 2007, 18:36
ツマはひとり間取り図をもって,モデルハウスを訪れた。
以前とは見る目が違っているのが自分でもわかる。
この部分にこれを置いて,ここからこう通って…
間取り図と見比べながらモデルハウス内を歩く。
そしてこのとき,ついにツマの我慢に限界がきた。

訪問者が台所をのぞいてリビングに入る間取りはいやだけど我慢しよう。
仏間の裏側のもの入れが奥行き25センチしかないのも我慢しよう。
2階のホールが妙に広かったり,
どうしても西側に欲しい予備室が東側にしか来ないこともなんとか我慢しよう。
リビング階段ののぼりくちがほとんどリビングにかかってないのも…
………がまん,しよう…
と,思ってきた。
しかし,その上,洗面所(脱衣所)から浴室へのドアの位置まで…
注文住宅って,こんなに気に入らないところを我慢して,建てるもんなのか!?

「…すいません,ちょっと自分でも考えてきます」

ツマから話をきいたら,オットがバクハツした。

「なんで今頃いうんだよ!もう契約しただろう」

ツマびっくり。

「だって,あの図面確定じゃないんだよ?
 変えたっていいっていうから契約したんじゃない。
 第一わたしたちそんなに話し合ってないよね??」
「でもあの図面でほぼ行くつもりでいたんだよオレは。
 もう次は壁の色とか決めればいいだけだと思ってたのに」
「…わざわざお金をかけて,注文住宅を造るんだよ。
 こんなに我慢する場所が事前にわかってるのに,
 なんでわざわざ作んなきゃいけないの?
 やってみてダメなら仕方ないけど,
 私は今この図面で妥協するつもりないから」

ツマ宣言。
…ここからツマの,長い長い戦いが始まったのだった…

契約前と,契約 

November 12 [Mon], 2007, 20:33
「どんな間取りにしますか?」

きかれて顔を見合わせる2人。
どんなって…ぜんぜん現実感がない。

「洗濯機は2階がいいな…?」

漠然とした希望。

「あ,そうだ,リビング階段がいいな」
「オレは広縁が欲しい。和室でごろごろしたい」
「玄関はここしかないでしょう」

担当者は苦笑い。

「じゃあまあ,サンプルを作ってみましょうか」

そうしてできてきたサンプル。
当時はなんともわからなかったが,典型的なタマプランといえよう。
8MX8Mの正方形の総二階。

…どうも,好きじゃない。

というのは,リビングに入る人が
必ず台所の裏側を目にしなければならない間取りになっているのだ。
これは避けたいなあ…
階段の位置も,リビングといえばリビングだけど,
なんだかえらいはしっこだし…
和室の入り口にはなんだか無駄なスペースがあるし…
和室からトイレへの動線もいまいちだし…
でもこの頃は,好きじゃないけど,どこがどうして好きじゃないのか,
どこをどうすれば好きになるのか,はっきりとはわからない。

「台所が…」

であるから,この時出たのは,この点のみであった。

「わかりました,じゃあなんとか考えてみましょう」
「お願いします」

ツマは住宅メーカーというものは
間取りについての豊富な知識とプランを持っており,
客の潜在的な希望もくみ取って,
いろいろなプランを提示してくれるものだと思っていた。
しかし…
次にあったときに出た図面は…ほとんど同じもの。

「いろいろ考えたんですが,うまくいかないんですよね…」

オットは一切をツマにまかせっきり。
この頃ツマはまだ担当者がなんとかしてくれるものと思いこんでいた。
でも好きな間取りはぜんぜんできなくて…
こんな繰り返しが何度かつづく。
そのうち担当者はいった。

「この段階ではこの辺までですかねえ。
 あとの詳細を詰めるのは契約後になりますねえ」

どうも気に入らない図面だが,
まあこれしかないってんならこれしかないんだろう。
しかも契約しないとこれ以上はつめられないってんなら,
ユニバもアイフルも消えちゃったんだし,
特にどこでなきゃいやってのはツマにはないし,
オットが希望しているタマホームでもいいかな。
契約には図面が必要だが,変更も可ってんなら,
とりあえずこの図面で契約して,あとでよく考えればいいか。

そこへ爆弾が落ちた。

「えーっとですねえ,契約の前に前金を150万ほどいれてほしいんです」

オット,びっくり。
契約前にお金を入れるなんてことは,
今までの人生でなかったことなんだそうである。
しかも150万である。
担当者はもしもの時にはお返しします,といってはいたが…
数日悩み,ようやく自分を説得し,オットはカネをふりこんだ。

こうして2人はタマホームと契約したのだった。
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» 大ハプニングはっせい (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 大ハプニングはっせい (2008年10月14日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 大ハプニングはっせい (2008年10月10日)
アイコン画像めーたん
» 大ハプニングはっせい (2008年10月08日)
アイコン画像チャーリー
» 大ハプニングはっせい (2008年10月03日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 大ハプニングはっせい (2008年10月03日)
アイコン画像ハム太郎
» 大ハプニングはっせい (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» 大ハプニングはっせい (2008年09月20日)
アイコン画像火星の後継者
» 大ハプニングはっせい (2008年09月15日)
アイコン画像おじさま80号
» 大ハプニングはっせい (2008年02月15日)