終わった… 

February 11 [Mon], 2008, 16:00
1年間見続けたゲキレンジャーもついに終了。

最終回はあっさりしすぎ?とも思ったが、これでいいのかも。



まずロンだが、不死ときたら封印しか無いだろう。
まあ、ジャン達は歴代で誰もマスターしたことが無い過激気を習得しているわけで、
そこに最強のリンギも加われば封印できたとしても不思議ではない。

戦闘シーンは少なめだったし、巨大戦もなかったが、これはこれでいいのかも。
終了間際まで戦って、倒して終わりとかよりはいいと思う。
ロンは不死身だといってるんだから、単純に倒すことはできないはずだし。
まあ、巨大戦やって弱ったところで封印、がベストのような気もするが、
ロンの本来の姿は前回で出たから、今更やってもインパクトに欠けるし。

封印できるならさっさとやれよという声もありそうだが、
理央の決意と最後があったからこそ封印できたのだと思えば、
彼の最後も無駄ではないと思える。


理央は生きていたとしてもいろいろ苦しむことになっただろうし、
メレ様に至っては普通に見えてもリンリンシー、死んでいるのだ。
最終回前の放送で、
消えてしまったあと二人歩いていく姿があったが、
あれが理想なのかもと思う。


そしてゲキレンジャー達。
マスターとして後輩の指導に当たる二人。
工場を継ぐであろうケン。
旅を続けるゴウ。
そして旅立っていくジャン。
それぞれらしいなと思う。

全員のこれからがちゃんと示されたということで、
良い終わり方だなと思った。
ジャンが香港に行くのとか、
理央みたいな少年に出会うのとか、演出も良い。


そして「劇終」
カンフー映画っぽいのが素晴らしい。



久しぶりに1年間見たが、やっぱり戦隊ものはいいなと思う。
基本的に好きなんだな。

ただ、そもそもは平田サン見たさに見始めたものだし、
今後仕事を始めて忙しくもなるから、
ゴーオンジャーは見ないと思う。
あんまり興味を引かれないってのもあるし。



というわけで、このブログはこれにて終了。
削除する気はないが、更新もしないと思う。

最終回が近づいて、
一日に何百人とかいう人に見てもらって、
正直言って驚いた。
見てくださった方々、ありがとうございました。

とうとう最後、修行その49 

February 11 [Mon], 2008, 15:47
理央が命をかけたにもかかわらず、ロンは生きていた。
そして、自らの手で世界を滅ぼそうとする…。

ゲキレンジャーはそれを阻止しようとするが、
ジャン、レツ、ランの3人の意識は臨獣殿へと飛んでしまう。

臨獣殿にて。
そこにいたのは在りし日のマク、カタ、ラゲクだった。
3拳魔の修行を受け、それぞれに技を磨く3人。

一方現実世界では、ロンが破壊を始めていた。
ゴウとケンが阻止しようとするが、敵わない。
そこに駆けつけたのは7人の拳聖達。
激気で作り上げた布でロンを縛るもはじかれ、倒されてしまう。

ロンはシャーフー達を追いつめるが、
そこへジャン達がやってきたのだった。

修行で身に付けたリンギを使い、ロンを封印する。
不死であるが故の恐怖、永遠の闇の中へと。


ロンがいなくなり、二つに分かれた獣拳は再び一つになった。
その世界で、ランとレツはマスターとして後輩の指導に当たる。
ケンは工場を継いでいくようだ。
ゴウは旅の生活を。
そしてジャンは、ロンを封じた玉を身につけ旅立っていく。

そして渡った先の香港で出会ったのは、
理央に似た気を放つ少年…。
理央との再戦の約束を胸に、ジャンの旅は続く。

劇終。

ふと気付いたんだが 

February 03 [Sun], 2008, 16:49
今日のゲキレンジャーを見ていて、ふと思った。

かつての修業時代の写真と、今と。
(女性の歳のことに触れるわけにはいかないので(笑))
美希はまあともかくとして、
ゴウと理央が全く変わっていない。

ゴウは確か、禁断のゲキワザを使った影響で十数年の時を失ったはず。
つまり、実際より十数年若い外見をしているわけだ。
それでまあ20代前半〜中盤くらいに見える。
じゃあ、理央は?

かつて同い年くらいと考えると、
今は30歳中盤!?
いやそれは無いだろう……。

では、修業時代に老けて見えていたと考えてみよう。
実際の年齢は16、7くらいだったとしよう。
それにしても20代後半〜30代前半ということになる。
それでいいのか、本当に!?

10歳近く年下のジャンをライバルとかいっているの、
ちょっと恥ずかしくないか?
まあ、見た目だけなら同い年くらいに見えるから、
そんなに違和感なかったんだが……。

ふと気付いて、なんか悲しくなった。
もう次で最後なのに…。

メレ様、最後…? 

February 03 [Sun], 2008, 16:36
47話のメレ様。
もうかわいすぎて言うことなし。

ロンに攻められ、
それでも理央が来るわけないと強がるメレ様。
助けにきてほしくないと強がるメレ様。

そしてやってきた理央に、
「俺に言わせる気か」と告げられ悶えるメレ様。

わざわざ助けにきたゲキレンジャーに対して、
嬉しいくせに全く素直になれないメレ様。

サンヨを倒すとき、見事においしいところをもっていくメレ様。

見事ロンを倒した(と思っていた)ときに、
理央との両思いが発覚してバカップル丸出しのメレ様。

江戸時代にタイムスリップしたときのように暮らしたいと夢見るメレ様。


もうツンデレ全開、かわいさ満開!!
やっぱり主役はメレ様だったか…。


48話で消滅してしまったが、
理央がロンに向かっていったたあと、
かつて強い雨が降っていた理央の心象風景の中で、
優しい光の中二人で歩いていく姿を見ると、
一つのハッピーエンドではないだろうかと思う。

もちろん、
最終回で復活してくれたら言うこと無いが。





平田サンも、元々演技は上手だと思うが、
一年間メレ様を演じたことでまたさらに成長したんじゃないかと思う。

子供達にもわかりやすい演技。
ツンとデレの切り替え。
アクション。

今後、他のドラマや映画でもいい演技を見せてほしい。
本格派女優に、きっと一歩近づいたはずだから。

もはや恒例、まとめて更新 

February 03 [Sun], 2008, 16:11
まず修行その47から。

自分の人生のすべてがロンに仕組まれたものだったと知った理央。
そのショックのあまり、メレを助けにいくことができない。

一方のゲキレンジャーは、
かつての敵、メレを助けるために臨獣殿へと乗り込んでいく。
そんな中ジャンは、理央が気になってしまい…。

臨獣殿でランやレツ、ゴウ、ケンを出迎えたのはスウグとロン。
しかし、なかなか歯が立たない。

理央を迎えにいったジャン。
これ以上思い通りにはなりたくないという理央に、
メレはどうでもいいのかと迫る。
殴られて怒った理央に、今の怒りはお前自身のものだと告げたのだ。
自分の道を見つけた理央…。


臨獣殿にて。
ロンに歯が立たないランとレツ。
そこにやってきたのはジャンと理央だった。

無事メレを助け出し、抱きしめる理央。
しかし、そこにロンが容赦なく襲いかかる。

ロンを倒すため、理央とメレの二人は幻気を振り払い、
自分自身の臨気を取り戻したのだ!!

まずはサンヨを倒し、
巨大化したロンもサイダイゲキリントージャで見事倒した!!!!!

まだこれからの道に迷う理央に、
スクラッチにくるよう告げるジャン。
平和が訪れたかに見えたが…

怪しく動く影。
スウグは倒れてはいなかった……。



修行その48。

スクラッチで和気あいあいと過ごすジャンたちと理央、メレ。
しかし、ランとレツは何か思うところがあるらしく…。

かつて理央とメレが臨獣殿としてしたことを思えば、
このまま許すわけにはいかないという。
理央はそれを聞き、
ならば拳断を行えばいいと告げる。

拳をもって断じるとかいて拳断。
それぞれが命をかけて、拳を交えるのだ。

拳断が始まった。
レツは理央と、ランはメレとそれぞれ拳を交える。

もっと本気でこいと挑発する理央達。
それを受けてランとレツは、
それぞれの最高の技で理央達に向かう。
そして理央達はそれを防がずに受け止めようとしたのだ。

しかしそこへ乱入したのはスウグ。
そしてその後ろからロンが!!

スウグはロンの不死身の部分であった。
そしてスウグを取り込んだロンは、
真の姿である無間龍へと変わったのだ!!

ゲキレンジャーが立ち向かうも、
全く歯が立たない。
そしてやられそうになったジャンを、
メレがかばったのだ!!

傷ついたメレ。
理央に、一足先にいくと告げ消えてしまった……。

そして理央も、
リンギの数々をジャン達に託し、
自らのすべての臨気をもってロンに向かっていったのだ。

倒れたかに見えたロン。
しかし、メレと理央の犠牲をもってしても死んではいなかった。

今、最後の決戦が始まる…。

メレ様受難 

January 20 [Sun], 2008, 10:20
修行その46、主役はメレ様でしょう!!!

最初からそばに仕え、
他の敵達がやられていく中生き残ったメレ様。
実力的にはマクやラゲクより下だったはずなのだが。
さすが、オープニングに出てくるだけのことはあるな。

ひたすらに理央を愛し、尽くしたかいあって、
なんと理央の理性をつなぎ止めていたのはジャンではなくメレ様!

ロンにやられそうになったのを、ぼろぼろの理央がかばう。
メレ様の愛が報われた瞬間!!

しかし、それが災いしてロンにさらわれてしまう…



ロン、お前は全国一千万のメレ様ファン(?)を敵にまわした!!




最終回まであと少し。
ここにきてメレ様がめちゃくちゃ重要な役回りに。
もう、嬉しすぎる。

願わくば、最後メレ様にハッピーエンドが訪れますように。
リンリンシーだから消滅、とかいうのはなしで……

一気に行くぞ 

January 20 [Sun], 2008, 10:11
そのまま、修行その46。

スクラッチに戻ったジャン達だが、
ジャンはギャワギャワを感じるという。
それは巨大化した理央に感じたものと同じで…。

ギャワギャワの正体は金の鱗。
ジャンの育った村でシャーフーが拾ったものだ。
ジャンの記憶を探るべく、
ゴリーが激気技で催眠術をかける。

ジャンの村を襲った巨大な金色の怪物。
村はそのために滅んだのだった。
そしてその正体はロン。
ジャンの母を殺したのも、またロンだった。

一方臨獣殿では、理央もまた記憶を探ろうとしていた。
自分がシャーフーと出会った地へと赴く理央。

その場所で、ジャンたちと理央が出会う。
そこへ現れるロン。
その口から語られる、あのときの真実。

理央の才能を見込んだロンは、
その家族を殺し、理央の力をさらに高めようとしたのだった。
その後の理央の人生にも、
至る所でロンが影響を及ぼしていた。

さらにロンは、
マクを裏切らせたのも自分だと告げる。
すべてはロンの退屈しのぎだったのだ…。

理央を再び巨大化させようと目論むロン。
それを阻止しようと立ち向かうメレ。
しかしロンにはかなわず、倒されそうになる。
それをかばう理央。

それを見てロンは、
メレこそ理央をつなぎ止めているものと悟り、
メレをさらっていってしまう。

舌の根の乾かぬうちに 

January 20 [Sun], 2008, 9:56
次からはちゃんと見るし更新もすると言っておいて、
いきなり翌週の更新をスルー。
忙しかったとかならまだしも、
単純に忘れていただけという始末…。
ダメだ………



気を取り直して、修行その45から。

ジャンを身を呈して守ったスウグことダン。
ダンの心を取り戻したが、既にその肉体はない。
ジャンにとどめを刺すよう命じ、
ジャンもまたそれに応えたのだった。

ようやく解き放たれたダンの激気魂が、
ダンの姿をとってジャンに語りかけた。
「恐れず進め」と。

一方ゴウは、
自力で幻の激気技「天地天変打」を習得し理央に挑む。

自分こそが理央のライバルたらんとしたゴウだが、
理央に使う前に一度見せてしまったため、
天地天変打が通じず破れてしまう。

そこへ駆けつけたジャン。
理央とジャンの宿命の戦いが始まった。

幻獣王・理央とスーパーゲキレッド・ジャン。
激しい戦いは、
ジャンのスーパゲキクローの一撃で幕を閉じた。

破れた理央。
その直後その体が巨大化し、
力が暴走を始めた!!
ロンは「真の幻獣王だ」と喜ぶが…

メレの声を聞いて元に戻った理央。
しかし……

いったいいつ以来なんだか 

January 07 [Mon], 2008, 11:28
久し振り、というには間が空き過ぎた更新です。

最後の更新以来、卒論を仕上げたりなんやかんやと忙しく、
それが終わると反動でリラックスし過ぎて、
朝起きられずにゲキレンジャーを見逃す始末。

2ヶ月近く更新しなかった理由なんてそんなもんだ。
もしもこんなんでも楽しみにしている人がいるとしたら、
それは本当っっっに申し訳ない。

今更全部のあらすじ書いても仕方ないし、
ざっとまとめるから勘弁してもらいたい。
いや、本当に。



最後の更新が、四幻将がでてきて、メレ様が血盟をしたあたりか。
では、そのあとから。

四幻将はメレとロン、サンヨともうひとりスウグという拳士。
実はスウグの正体は、激獣拳使いダンの激気魂だった!
そしてそのダンこそが理央のいう白虎の男であり、
さらにジャンの父親でもあった!!!

衝撃の事実を知ったジャン。
幻獣王となった理央に宿命の相手と決められるも、
逃げ出してしまう…
一方でゴウも、理央の宿命の相手がジャンと決まって面白くない。
自分こそが、理央と渡り合えるはずなのに…。

その後、ダンの暮らした村でペンダントを見つけたジャン。
そこには幼き日の自分とダン、母の姿があった。
ダンの心を知り、宿命を受け入れる決意を固めるジャン。
はじめはスウグをダンに戻すことを望むが、
それが不可能と知り、自分自身で倒すことを決めたのだった。

一方ゴウはミシェル・ペングのもとで、
ブルーサ・イーの残した究極の激気技の習得に挑む。


幻獣王としてジャンに固執する理央と、
なにやら独自の考えを持っているらしいロン。
臨獣殿でも、不穏な空気が流れる……




まあ、こんなところか。
物語もいよいよ佳境。
あと1ヶ月あまりで終わりを迎える。
まだ謎は多いし、ラストがどうなるのか気になるところ。

今後は一応毎週見るし、更新もする予定。
最後までお付き合いいただければ幸いです。

もはや定期更新不可能!? 

November 14 [Wed], 2007, 15:51
あいかわらず、忙しさにかまけて更新が滞ってます。
いや、本当に本当に忙しいんだが。

とりあえず修行その36と37をまとめて。

修行その36では、怪盗三姉妹がでてきて、
マスターエレハンの宝のダイヤを盗んで、
それをレツが取りかえして…という話。
本当にこれだけ。

最後に理央=幻獣王を護る幻獣拳の使い手達が出てきて、
これがまあ重要と言えば重要。


修行その37では、
幻獣王を護る四幻将とそれに仕える双幻士の存在が明かになり、
メレが4人めの四幻将となるべく血盟に挑む。

血盟とは、臨気を幻気に変えるための儀式で、
これによって幻の獣の力を得ることが出来るという。
そしてメレは、フェニックス拳の力を得た!

一方街では、双幻士・幻獣ケイトス拳のゴウユが暴れていた。
ラン達5人は力を合わせるも、
ゴウユは手強くなかなか倒せない。
巨大戦においても、いいところなく負けてしまうのだった。



まあ、ざっと書くとこんな感じ。
修行その37の、ランのお見合いの話はいいや。
大して意味ないし。



個人的な不安事項は、
フェニックス拳を会得したメレ様の人間の姿がどうなるのか?
平田サンが見られなくなると嫌だなぁ、と。
新しい衣装になるんなら、それはそれで嬉しいが。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tamapochi27
  • アイコン画像 誕生日:1983年
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
獣医の卵です。
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像may
» メレ様受難 (2008年01月27日)
アイコン画像通りすがり
» メレ様受難 (2008年01月26日)
Yapme!一覧
読者になる