やっと会えた

September 20 [Tue], 2011, 16:00
『ほらほら!!みてごらん!!』

肩をバシバシたたかれて何をみろっつーんだよーなんかやっちゃった?私なにかした?

『産まれてるよー!!!みてごらん!!!』

え、うそでしょw隣の赤ちゃんでしょw
こんなにはやく産まれるわけないじゃ産まれてるうぅぅうう!!!


ああそれでさっき何か出た気がしたんだ。
なんか柔らかくてでも固くて・・・だからスッキリしてんのかwww

うわーほんとにいるwwwあたしの娘なんだ、これがお腹に入ってた子なんだ・・・・
みせてみせて、もっとみせて・・・・

『ほらママだよ〜、ハイ』

産まれたてで血がいっぱいで、ヘソの緒もまだついてるけど布のしたから抱かせてもらった。

『わーかえちゃーん・・・ここにいたのかーかるーいww』


軽いってww確かにすごく軽かったんだ。
だって指先で持てるほどだったんだから。

さっきから頭を誰かが撫でてるけど、どの看護婦さんかな・・・あれ・・・
旦那だったー!!!泣いてるしwwwwwwwwwそうだよね泣くよねwwwwww
あたしだって目の前がぼやけて・・・うわーんよかったねえええよかったよおおおおお・・・・

ほんとこんな感じ。やたら喋ってやたら笑って泣いて。産んだ直後ってこんなかんじ。

産後すぐには分娩台から降りれなくて2時間はその上で絶対安静。
天井についた液晶テレビで午後のニュースをみてぼーっとした。
今思えば最初に奥にいた妊婦さんもこうしてたっけ。産んだ後だったのね。

お爺ちゃん理事長先生と横になったまま話をした。
じつはこのお爺ちゃん先生、私を取り上げた先生だ。
お母さんの話とか麻の花の話とか、娘の名前とかいろいろ話した。

カンガルーケアは病院の方針でしなかった。体温が下がっちゃうらしいからやらないんだと。
でも、麻の花の柄の服を着せてもらってた娘を脇に抱えさせてもらった。
もう目が開いてる。
なんかうっすらとグレーがかった目。キレイな目。
真っ赤な顔も、なんかだんだん白くなってきた。色白なのかな?
指が凄く長い。つめも長い。


娘起きたから中断/(^o^)\

分娩台の上

September 20 [Tue], 2011, 15:30
あ、好みの顔の看護婦さんだ、あれーその服なに?
あらーあなたが助産師してくれるの?なんて眺めながら呼吸を整えてた。

小さいおばちゃん看護婦さんが、さっきから私の左手に針をプスプス刺している。
私は力を一生懸命抜いてるのに本人が慌ててるから針が全然入らないのだ。
おいおい・・・俺の余裕をみろよ・・・信じられないだろ?これで陣痛きてんだぜな笑みを見せてみる。ホント陣痛の合間のあの時間ってなんなんだろ。
その点滴をしないと、"お産"を始めちゃいけないらしくて、全部がそのおばちゃんにかかってた。

はやくしてwwwww

もういきんじゃうんだけど?w

よしもう1回いきみます発言してみようかな。
いやそんなヒマない『いきんじゃうんですけどー大丈夫ですか』
いったwww言ってしまったwwwwなんでまたそんな冷静口調ww私なんなのwwww

『え?いいよいいよいきんでいいんだよもう』

そーゆうことは早く言ってよねwwww

身体のいきみたさにゆだねてみる。
はーいきめるって幸せ・・・いってぇけど我慢するよりいいやー・・・

そしたらギュっと服を掴む細い手。
目をあけるとあの好みの顔がwww
『目は開くよぉ!!つぶっちゃだめだよぉ!!!』

ひえええええええええええええおkkkkkkkkkkこわいいいいい 。゚(゚´Д`゚)゜。おkkk

・目は開く
・呼吸は笑っちゃいそうなほうの「フーウン」でw
・足は開く
・おへそあたりを見るようにしていきむ
・怖いと思っちゃだめ



いろいろ無理難題を押し付けられてイラっとする。
話には聞いてたけど、ほんとにこんなに言われるとはwww

破水させるとか言ってなんか細い掃除機のノズルみたいなのを用意された。
ちょっとまじこえーからやめろwwって顔したら

『じゃあ自分で破水してごらん、多分いきんでたらできるよ』

うっそだーとおもっていきんでみる。

パリッとラップが破けるみたいな音がして温かいモノが出た気が・・・
シッコか?違うか、じゃあ誰か触った?

『あら、この子破水できたよー上手だねー!自分でできたよー!』

自分で出来た?まじかよちょっと恥ずかしいwwでも上手って言われたらちょっと自信がでてきた。
よし、たぶんココらへんに力を入れていきめばいいんじゃないのかなー・・・といきんでみると
なんかすっごく鋭い痛み、でも我慢できちゃう痛みが恥骨あたりにした。
(実はこれ、切開が間に合わなくて裂けた痛みでした。)

いきんでも痛い、いきまなくても痛い・・・だったら早く終わらせるまでよ><

と、謎の勇気で全身の力をこめてみた。


『う"あ”あ”あ”ぁあぁぁああーーーん』※赤子の声


となりの人の赤ちゃんかな、いいなもう産まれたんだ・・・・
こっちがいきんでるっつーのに・・・いいな・・・おつかれさん・・・

いざ分娩台へ

September 20 [Tue], 2011, 15:00
陣痛の合間に一生懸命眠ろうとする私がいたww
どうしても少しでも寝ておきたかった。2分でいいから・・・いや10秒でもいい・・・

その時、ストンと景色が変わった。
お洒落な町並み。黒い服の人が沢山狭い路地を行き来している。
赤毛の少年がコッチをみて何か言ってる。え?なになに?あれ、おまえロンじゃねwww
なにこれハリー○ッターじゃんwww

あれ・・・夢か。

『大丈夫?Ω\ζ°)チーンってなってたよww』
『いや、ハリーポッターが、ロンとダンブルドアせんせえええいったいいわああははあwww』

痛くておかしくなったと思ってんだろうな旦那・・・。確かにみたのに。(夢です)

一緒に深呼吸してくれてる旦那の息が吹きかかってきてちょっと、いや凄くいやだった。
こんなに頑張ってくれてるのに言えないよなー
『フゥーゥゥー・・・息をかけないでぇええええ』

言ってるし(’A`)

まじごめんwwでもちょっとでも苦痛を減らしたいんだよおおおー><
私の声が聞こえたのか何だかしらないけど、看護婦さんが内診しに3人ぐらい入ってきた。
やっときた!!!!!!!!!

布団をめくりあげてベテラン看護婦さんの一言
『ありゃー血でてるねぇー』

え、そんなに?そんなになの・・・・?部屋にいつ戻れるの・・・?

『あー・・子宮口全開大・・よく我慢したねー』

他の看護婦さんをちょっと睨んだみたいだった。
若い看護婦さんがビビってた。そうだよ!あんたらほったらかしすぎだよ!!(たぶん普通!!)
『こんなに早く進んじゃうなんてねー痛かったよねー大丈夫?すぐ準備して!』

えー何が始まるの?←ちょっとマヒwww
あ、もしかして分娩台行くの?
まじかよ超嬉しい!!!ひゃっほおおお!!!いきめるんだ!!!!
と叫びたかったです。笑顔も作れなかったけどww

でも我慢しすぎて足をクロスしてたせいで足が動かなかった。
立てないし痛いし、もう最初からクロスしてはえてた足です!みたいに固まってた。

ゆっくり身体を起してもらった。
陣痛の合間の2~5分って本当に身体が全然痛くない。むしろ清々しい。いい汗かいた〜みたいな。
その爽やかタイムを見計らって肩を預けてヒョコヒョコ歩いて分娩台へ。
何故か一生懸命スリッパを履こうとする私。
そんなのいいからwwwスリッパはいいからwwwと看護婦さんにちょっと怒られつつ血をポタポタたらしながら分娩室にはいっていった。

内診中は外に追い出されてた旦那も医療着?手術着?みたいのを来て後から付いて来た。
後から言われたんだけど、この時の私はとらわれた宇宙人ぽかったらしいです。どうでもいい!


分娩室行く手前は手術室があって、帝王切開の人とかはソコでやるらしくイソイソと先生が入っていった。
何か処置をしてるのかなーとか頭をよぎった。

で、分娩室はちょっと広めで分娩台が2つあって間を折りたたみのできる壁で仕切れる。
私が入っていった時には1人奥で寝てた。
そんなの見ていいのかとか思ったけど、私のお産の進みの速さは計算外だったらしくて
点滴とか色々準備する看護婦さんがヒーヒーゆってた。

それに拍車をかけるようにさっきまでグッと堪えられてた私の精神がちょろっと崩壊。

『あーだめだいきんじゃうかも・・・いきんじゃういきんじゃう』

不意打ちでいきまなかっただけ私偉いと思うんだけどどうですか。
実際いきまなかったけど。いきみそうですよ、大丈夫ですかねwという確認を込めて言ったんですよ。いいわけじゃないですよ。いいわけですけど違いますよ。

それに慌てふためく看護婦さん。
『だめだめだめ!もーちょっと、もーちょっとまって!足をもっと開いてね!でもいきまないでね!!!』


足開いたらでちゃうってば!落ちちゃうけど君たち拾えるかい><?みたいな
上から目線だったのでガンとして足をあんまり開けませんでした。

長い長い陣痛室

September 20 [Tue], 2011, 14:00
やっとのことでモニターつけてもらってベッドに横になった。
そういえばお母さんも来るって言ってたな・・・お昼すぎかな・・・。

・・・・もうお昼すぎてるけどね・・・w

とか思いながら痛みをこらえてました。

『痛いときほどしっかり呼吸してね。正しい呼吸すると痛みを逃しやすくなるからね』

この看護婦さんの一言だけを頭に入れて、一生懸命息をした。
ラマーズ法とか色々習ったけど、深呼吸でいいんだよって言われて、深呼吸なら簡単だし
腹式呼吸の練習は専門学校で死ぬほどやったから、すごく楽に出来た。

心なしか痛みが治まる気がした。そりゃ痛かったけど、すこしマシになってく気がした。
あんまり痛みをこらえるのに精一杯だったのかちょっと吐き気がした。

そういえばお産が進むと吐き気を伴うとか何かで読んだなー。いたいなー・・・
いたいなー・・いたい・・・ねむい・・・いたい・・・いたい・・あれ・・・・
あれー・・・・いきみたい・・・うそでしょ・・・やべーいきみたいわwww

うわーだめだーいきんじゃだめって言われて無いけど、これも本で読んだとおりいきんだらだめだよね・・・

だめだいきみたいーうーおぇええええきもちわるいいいい

『すいません吐きそうです(キリッ』
ナースコール押して意外と冷静に話せる自分にビックリした。びっくりだよもうおまえなんなんだよ。

おそらく今日一日担当してくれるであろう好みの顔の看護婦さんが来てくれて
吐いてもいい器みたいなのを横においてくれた。

『進んでる証拠だからねー大丈夫だよー』

ほらやっぱりね、読んだとおりだぜ。私ったら勉強家さんだなぁあああいtってええええおえええええええ
な感じを1時間ぐらい繰り返してました。

で、陣痛室にやっと旦那登場。
なにやら抱き枕とか小さいぬいぐるみ(チワワw)とかお茶とか持ってきた。

『おとんもおかんも来たよ。コレ持ってきたわ、ワンワンwww』

その小さいチワワに実はすごく助けられた。
もー痛いわいきみたいわ眠いわで、正直ぼろぼろになってたから視界に可愛いモノが入ると
すごく心が和んだ。
お母さん達来てるのに、いつ病室に戻れるんだろ・・・ここってドコ?なんの部屋?

ちょっとの不安が大きな不安の引き金になってしまった。

ここどこだよ><いたいしいつ終わるの?こわいんだけど・・・こわい・・・
どうしようこわい・・・だめだこわいもうがまんしたくない

と、同時にさっきまで順調に痛みといきみを逃してた呼吸が乱れた。
息が吐けない。どうしよう・・・吸えもしない。
急にハァハァ言い出す私に旦那も慌てる。
『おい!しっかりしろ!息して息!』

今までこんなに強い口調で大きな声で旦那に何か言われた事あったかな・・・・
そうだ息しなきゃ・・・・吸って吐くだけの簡単なお仕事です←ほんとにこの言葉が浮かんだからバカだwww

吐く息に合わせて、旦那に腰を強く押してもらう。
押してもらう痛みで、陣痛の痛さといきみたさが少しだけどうでもよくなる。
母親学級一緒に出てないのにドコで覚えたんだかww(本読んだらしいです沢山)

もうすぐ2時か・・・お母さん(実母)達待ってるよね・・こんなに痛くて相手できるかな・・・
今日産まれるのかな・・・
さっきからこのモニターの数値全然動いてない気がするんだけど、これって陣痛弱いのかな
これ以上痛くなるはずだし、あーやんなっちゃうなーまーいいけどーいてーなーねみいなー

看護婦さん早く来ないかなー・・・


陣痛とマゲと私

September 20 [Tue], 2011, 13:00

病室で朝の連ドラ「おひさま」を見ながら朝食を食べ終わって
トレイを返そうと立ち上がった時、腰に鈍い痛みを感じた。
陣痛はお腹が痛いもんだと思ってたら大間違いだった。

コレでした。わたしのメインの痛みは。

痛みに腰からお腹にかけて抱きしめられてるみたいな、表現がコレしか思い浮かばないんだけど
とにかくじんわりじんわり痛みが強くなってるのに気づいて
間隔を計ったけどなぜかこのときから8分間隔。
普通ってもっと間隔あるんじゃないの?こんな短くていいの?
このときで子宮口3cm。
まだ3cmかーまだまだじゃん・・・あ・・あれー我慢できないかも・・・いった・・いたいいいいい!!!
↑な感じ。
午前10時、そろそろ待合室が混み始める頃だ。
どうしよう痛いーひとりにしないでほしいー・・・・

旦那が寝てるかもとか、やっぱり怖いから立ち会わないとか言い出したらどうしようとか
最悪の展開を考えて焦って電話してみる。
(ただ私は、常に最悪の場合を考えて落ち込んだりテンパったりする面倒な女です)

『ちょっとなんか凄い痛いかも。うーん・・今日来るでしょ・・・んーと・・早くきてくんない?』
(陣痛の合間にかけたのに、電話中に痛みがまた来て上手く話せない)

『今出るトコだったんだ。すぐ行くから。』

『うん・・・急がないで・・でも急いで焦らないで気をつけて来て・・・ね・・・うー・・』
(つまりボスケテですね)


旦那が到着するまで30分未満だったんだけど2時間〜3時間ぐらいに感じた。
その間、痛みの波が来るたびベッドの手すりを引っ張ってミシミシさせながら堪えた。
ミシミシするほどの力で引っ張るほど痛いのだ。
モニターを付けに看護婦さんが何度か来るんだけど痛くて腰を上げられないし
今までにないぐらい張るお腹を触られるのが苦痛すぎた。プチ地獄。
でもそこは流石看護婦さん。
陣痛の合間(痛みの無い数分間)見計らってパパッとこなす。すごいとおもった。
相変わらず陣痛の間隔はメチャクチャで3分だったり5分だったり10分だったり8分だったり。
基礎的じゃないのかよお・・・・つーか一睡もして無いし眠いんだけどぉおおおいたいいいいい!!!!
うーん・・・・はーなおったー!(なおってないけど)今のうちに寝ようかなあぁああああああいたいいいい!!!
な感じ。
実際声を張り上げたりはしなかったです。小心者なので。内弁慶ヒャッホウ。
ただただ堪えて「くっ・・・」とか「んーイテテテ・・・(小声)」ぐらいですね。


んで今日の出勤してる看護婦さんはすげー美人が2人いて
1人はりょう似のキリっとした看護婦さん。もう1人は涙袋がかわゆい超好みの看護婦さんだった。
陣痛中にまで私はアホかとおもったけど、実際美人だったんだからしょうがないぜ?

そんでりょう似の看護婦さんが来て(午前11:30ぐらい)
『子宮口4pだねー。一応お産進んではいるけどまだまだだねーw』
『もっと強い痛みのね、ビックウェーブが来るから、まぁ頑張って・・・ちょんまげ』

ちょwwwんwwwまwwwげwwwwwwその顔でwwwいてぇぇええええーーー!!!!w


痛いけど凄く場が和みました。ありがとうりょう似さん><
でもこの「ビックウェーブ」が怖かった。これ以上痛いのかと思うとチビりそうでした。

朝食が来ても痛くて食べられなくて、食べ物が食べ物に見えないっていうか
こんなコネコネ弄ったものを眺めてるだけの行為は無駄だぜ(`・ω・´)みたいな。
なんとか気を紛らわせようと付けたテレビに家で飼ってるチワワそっくりの犬が出てて、
『ほら、こいつも応援してるんだから頑張んないと!だからちょっとでも食べないと!』
もう食が細い子供の相手してるみたいになってる旦那が面白かったけど、まるっと1口も食べれなかったです。

午後1時、看護婦さんがまたやってきて、ヨロヨロしながら別室でモニター付けに行った。
実はこの別室ってのが陣痛室だったと知るのはもう少し先のこと。


つづく

入院

September 20 [Tue], 2011, 8:14

夜中だったし、雨が降ってたから道路は凄く空いてた。
病院に着いたのは4時20分ぐらいだった。

夜間外来のインターホンでオドオドしながら看護婦さんに来たことを告げると
自動ドアを開けてくれた。
面倒臭いのか夜中だから静かに振舞ってんのか、ニコニコはしてなかった。
夜中に来ちゃってすいません・・・次の日まで待ってられなくてすいません・・フヒ・・・さーせんww
みたいな事いったら、「心配だもんねーいいよいいよー」って急に優しくしてくれました看護婦さん。

部屋は両親学級の時に見学したトコだった。
いざ入院すると思うと意外と小さいんだなーって思った。
新しい木の匂いが気になってちょっと気持ち悪くなった。ツバくさかったんだよwwwww
(元々ハナがいいんだけど妊娠してから犬並みの嗅覚に)

とりあえず手渡されたお産着に着替えてみた。
薄いピンクに白い水玉の ダッセー 可愛らしいワンピースなんだけど
テンパりすぎてボタン全部外さずに下から被って着てしまったのね。
肌寒かったし、旦那居たし、看護婦さん入って来るかと思って急いで着たかったのね。
そしたら、どうもキツイんすわ。
明らかにおかしいんですよ。
やだなやだなーって思ったんです。
こわいなーこわいなーって思ったんです。
鏡を見たらね

第二ボタンと第四ボタンの間から頭出してましたwww
本来あたま出すとこからは悲しそうに病院の名前入りタグが見えてましたwwww
「変にセクシーだなーと思ったぜ┐(´∀`)┌ヤレヤレ」←くwwwそwwwwww

「多分まだまだお産進まないと思うし、ご主人は一旦帰ってもらって今のうち休んだほうがいいよ」

あーはい・・・えええええええ!!!1人にSHINAIDE!!!嘘だろこええよー><
でも、後々のこと考えると看護婦さんの言うとおりなんですわ。
ほんとに。

「じゃー俺帰るけど、大丈夫だからね!!えっと、電話して!!」

と、ねむすぎてよく分からなくなってる旦那は帰って行った。


モニターテストして内診もしてもらった。
微弱ながらもあきらかに痛みが増えてきてるのが分かった。
でも感覚がめちゃくちゃで4分おいたら次10分とかだった。
でもあんまし痛くないのでケータイいじってみたり
パジャマたたみなおしてみたり、卸したてのスリッパ眺めてみたり
とにかく落ち着かなかった。
お産に備えて睡眠とらなきゃいけないのにちっとも眠れなかった。
ドキドキとワクワクが入り乱れて、ちょっと歌いたくなるぐらいの謎のテンション。

「もうすぐ朝ごはんだけど、食べれる?」

結局明るくなるまでギンギラしてしまいましたとさ。\(^o^)/バカス

「食べます食べます!!!」って言いたかったけど
「あ、はい・・・」程度にとどめておいたぜ。はずかしいからな!!
じつは入院前日の緊張やらなんやらで、ろくに夕飯を食べてなかったのです。

栄養士のオバちゃんとコックさん(コック帽装備)が忙しそうに朝ごはんを運んで来てくれた。
ファミレスのモーニングみたいにキレイに盛り付けしてあったフレンチトーストに感動したり
それを写メして旦那に送りつけるとか、そんなアホくさい余裕がまだこのころの私にはあったのです。

陣痛様が来られたぞおおおおお

September 20 [Tue], 2011, 3:22
あれから結局旦那に泣きついてしまったんだけど
泣いたら凄くすっきりして、落ち込んでるのがアホに思えた。

「今まで頑張ってきたんだから、お前は何も自分を責める事ないよ(ドヤァァァ」
とか旦那のくせにいい事いいやがった!!
ケロっとしながらニコ動でほんとにクソみたいな動画みて
2人でゲラゲラ12時過ぎまで笑ってた。
病院に行くのは午後だったし、12時過ぎまでおきてるのは久々で凄く楽しかった。
ソロソロ寝ようかとトイレに行ったら、こないだのエセおしるしとは格が違う真っ赤なのがきてた。
そういえばさっきから腰が痛かったけど、今日歩きすぎたからじゃなかったのか・・・。

そこから2時間ぐらい腰とお腹がシクシクいたくて眠れずにいたんだけど
最初は痛いっちゃ痛いかなーぐらいだったのが
あれー・・・痛いじゃん!!!これ!これ痛いよコレ!
って確信できるぐらいになってた。ついでに胃とケツも痛かった。

いつもの前駆陣痛ぽいのより長く続いてる。
(この時で20分~15分間隔。まだまだ不規則)

いよいよだ。
いよいよ待ちに待った出産が始まるんだなー緊張するなああ。

でもおしるしってこんな?こんなに出ていいの?
せーり二日目ぐらいあんだけど・・・・
泣きながらスクワット(笑)とかだいぶ馬鹿すぎることしたせいじゃない?
(こぼれる涙がスクワットしながらだと汗に見える不思議!)
うわああああ私のバカアアア!馬鹿わたし!わたしばかし!!!ばし!!!!!!

急いで病院に電話してみたら、ヤバい出血とかじゃないだろうと言われて一安心。
夜中なのにやたら明るい看護婦さんから
『どうせ入院する予定なんだから大事をとって今から入院しちゃいなよユー!!』
↑ぐらいのテンションで病院に来るように言われる。
もっと痛くなってからじゃないと行っちゃダメだと思ってたから拍子抜けした。

デカいお腹を抱えて入院セットを用意する。手が震える。
どきどきしすぎて歯がガチガチしてきた。寒いからじゃないよwww
もしかしたら、また前駆陣痛かもしれない。
でも自然分娩できるんだって今は信じる。
お腹の子がそろそろ出て来たいよって言ってるんだって信じる。

不安は沢山あったけど、もうすぐ会えるんだなー思ったらすごく嬉しかった。
(この時点で、どんなに痛くても辛くても耐えるとか腹を決めたらしい)

午前3時ぐらいに家を出た。
雨が降ってきて、濡れた道路に信号の色が反射してるのを眺めながら
産院へ向かったのでした。

つづく

今日も異常なし。

September 19 [Mon], 2011, 20:48
今日はデカい音でDVD見たり、ネトゲしたり
近所のモールでマタニティ用じゃない服を見てみたりして
妊娠前みたいな過し方をしてみた。

そうでもしないと焦って泣き出しそうだったから。
(基本すぐ泣くんだけどね!)

どうして出てきてくれないんだろう、私がお母さんなのが嫌なのかな
私に母親なんて無理なのかな、私に会いたくないのかな
何がいけなかったのかな、ダメすぎる妊婦生活だったのかなーとか
もう何を考えてもマイナスにしか考えが進まなくなってきて
デカいお腹を抱えて1人でどこかに逃げたくなった。

誘発分娩が悪いとか、普通分娩が素晴らしいとか、そんな馬鹿な風に思ってるんじゃない。
娘が「産まれて来たい」その時まで待ってあげたかった。
ここまで私なんかのお腹で育ってくれて、
産まれて私のお腹から離れていくその時まで一緒に居ようとしてくれてるのに
「早く出て行け」って「お腹から出なさい」って言ってしまうようで悲しいんだ。

明日の午後には病院に行かなくちゃ。


上手に開き直れたら楽かな。
どっちみち今週中には会えるんだから、落ち込んでなんていられないな。
無事に産まれてくれたら何でもいいや。
病院に早めに入れるんだから、安心じゃん。
どんなかたちで産まれても私の子に変わりはないんだから。

まーだだよん

September 18 [Sun], 2011, 22:39
今日も陣痛らしいのは来なかった。
でもおしるしっぽいのがあったぜいえーい!!

お腹も昨日よりガツーンと下がった気がする。
こんなお腹だったっけ?

お腹に語りかけるのも効果があるらしいから

「もう今日産まれて来ちゃいなよ!ね!!!!待ってるし!!」
とか大声で語りかけたりして、だいぶおバカな妊婦です☆(ゝω・)vキャピ

あんまり焦ると赤ちゃんもピリピリしちゃうらしいから
予定日っていつだったんだっけ?ぐらいの気で居るといいらしいっす。
リラックスして穏やかな気分で過すのが1番なんだとか。

そうね。

無理だわ!


なんか腰が痛いなー。

当日

September 17 [Sat], 2011, 21:09
予定日当日でございます。

前駆陣痛は2週間ぐらい続いてるんだけど
やっぱりすぐ収まっちゃうんだよねー・・・。
なんでかな?あたしが悪いのかなー・・・。
毎日買い物がてら歩いたりしてんだけどなー関係ないかなー。

旦那ちゃんと検診いってきました。
今日は苦手なO先生でした/(^o^)\
例え話が怖すぎる先生なんだよww最悪の可能性の話ばっかするんだぜwww
(あくまで例えなので最悪の可能性はゼロに限りなく近いそうですwwうぜえwww)

今回も色々 Σ(゚д゚lll)ガーンてなって帰ってきたよいえーい!!

予定日当日なのに
「過期妊娠ですね。20日までに本陣痛がこなくてお産が始まらなかったら
 お薬で誘発しましょう^w^


なん・・・だと・・・!?

ちょwwwwwwwゆwwwwwっうwっうぁwwwwwつwwwwwwwww


↑不謹慎かもしれないけど、実際ビビリすぎると私はこうなります。

バルーンとか誘発剤とかを使って出産するよって同意書をもらって
涙こぼしながら病院をでてきた。
帰り道に余りにも落ち込む私を見て

「ニトリで枕買いたいんだけど!!ちょっと寄って行こうず( ^ω^)」

とか旦那なりに気を使ってくれたのが嬉しかった。
でもニトリってwww枕ほんとに欲しかったのか本気選びしてたしwww


でも過期妊娠って42週からを言うんじゃないの?
知り合いでも5日遅れるとか一週間遅れてたみたいなのに
どうして私だけあと3日しか猶予がないんだろう。
ハイリスク妊婦じゃないし、小さめだって言われてた赤さんも標準範囲に入ったのに。
まぁ、小さい小さい言われて週2で通院してたんだから
大事をとってってトコなんだろうな。
でも院長マイラブな私と旦那にとっては、O先生の話じゃどうにも納得ができなくて
(O先生嫌いすぎてごめんねwwwwwwwwwwwww)
同意書に名前なんて書けなかった。
うちの娘をもっと信用してよ!!って思った。
ぜったい自分で出てきてくれるもん。大丈夫だもん。


あと3日しかないんじゃないもん3日もあるんだもん。


こんなことで焦っちゃだめだ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たままま
読者になる
2011年9月20日
2736gの元気すぎる女児を出産。
アホなりに楽しく育ててます。
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる