猛省!金トレをサボりまくる

September 25 [Sun], 2016, 11:09
今週はいろいろ忙しかった。
送別会、野球、飲み会飲み会…。
久しぶりに朝まで飲んでしまったり。
天候不順や体調不良(二日酔い)でまったく走らず!

今日は高尾山に行こうとかLSD90分やろうと思っていたけど走らず。
というか走れない。
三日酔いです。

でも飲みには出かけます…。












金コーチのランニングキャンプ2016〜座学≪フォーム≫そして。

September 19 [Mon], 2016, 13:08
金コーチのランニングキャンプ2016〜座学≪トレーニング≫≪故障≫
と続き、最後のカテゴリ≪フォーム≫

Q
上りが苦手
A
着地の力が弱い。脚筋力。階段を走るのがおすすめ
腕をしっかり後ろに引くことで骨盤がよく動く。力強く。

Q
長い下り(今度のレースが坂道レースで、という流れだったはず)
A
体の真下に脚をおろし、着地の衝撃を少なく、足の回転数を上げる
ペンギン走法もいい
(金田さんがやっていた→画像を探したけど見つからず)

jogの時の姿勢がすべて本番に出ます。
練習でやってないことなんて、本番じゃできない
ということですね。


速く、楽に。
そういう走りができるフォームは無駄のない美しいフォーム。

腕をふるというか、肩甲骨を動かす。
金コーチの腕振りはとても滑らかに見えると、誰かが言うと
「軽く回しています」
とのこと。
へえええ。
その後私も真似てみましたが、スピードが遅いからか
ジョイマンみたいで…

このあとは、テーブルをどけて実戦形式だったので
メモはこの程度しか書いてませんでした。
二人組になってストレッチ等を実践しました。

ところで話が少し戻りますが
トレーニングの語源。
train
列車の意味もありますが、訓練するという意味もあるそうです。
訓練以外にも、継続、つながり、何かが連続しているという意味があると。
この本にもこの語源について書かれています。

金哲彦のマラソン練習法がわかる本 (じっぴコンパクト文庫)
トレーニングとは、その語源からもわかるように
継続という地道な努力があって初めて成就するものなのだ


ということでこれからも私は
train-train走っていくtrain-trainどこまでも
なのです。
栄光に向かって走るよ
(私の青春、THE BLUE HEARTS)

金コーチのランニングキャンプ2016〜座学≪トレーニング≫≪故障≫

September 19 [Mon], 2016, 12:09
金コーチのランニングキャンプ2016〜座学≪その他≫
からの続きです。
2日目の座学。

≪故障≫
故障=痛み、痛くて走れない

ランニングはジャンプの連続、着地衝撃
故障しない人は
筋肉の質が良い
フォームが良い
またはあまり走っていない

故障のステージ
@バランスを崩す
A違和感 おかしいな?
B痛み 軽度〜中程度 走ろうと思えば走れる
C走れない痛み


@の段階で対応することが予防につながる
A炎症が起きている。
筋肉が固くなって、けんに負担がかかり炎症を起こす
アイシング、練習量を落とす、ウォーキングなど
B痛いのを我慢して走る→痛みをかばう→バランスを崩す→二時的故障
一時的故障よりさらにひどくなる

≪トレーニング≫
本来トレーニングはすべてオーダーメイドであるべき。
やっていることに対して、反応して、変化していく。
数字を追いかけていくのではなく、大きな流れで見ること。
(月間走行距離にこだわらない。計画性や体調を無視して走るのはよくない)
流れを見るためにも練習日誌は書いたほうがいい。


疲れはカラダが変化し始めるサイン。
休みは入れたほうが良い。

で。
いくつか個別の質問を読んで答えてもらいます。
既出ですが私の質問も答えていただきました。
金コーチのランニングキャンプ2016〜フォームチェック!
さらに「なにか質問ありますか」と問われたとき
手を挙げて質問させていただきました。
ぐいぐい行くぜ〜。

質問はビルドアップ。
私が一度も成功したことのない練習。
すると私のビルドアップは、変化走であったことが判明
jogペースから徐々に気持ちよく上げて、目標ペースより早いところで終了する。

私は区切りのところで一気に次のペースに持っていこうとして
「できない、難しい」
となっていたわけです。
でも若干名似たような方、いらっしゃいましたよね…

これで最後、
金コーチのランニングキャンプ2016〜座学≪フォーム≫そして。

金コーチのランニングキャンプ2016〜座学≪その他≫

September 19 [Mon], 2016, 11:12
もう先々週の出来事になってしまうんですね。
金コーチとの温泉旅行(語弊がある)
金コーチのランニングキャンプ2016〜フォームチェック!
からの続きです。

まだ座学まとめを書いていませんでしたので
まとめてみたいと思います。
≪トレーニング≫≪故障≫≪フォーム≫≪その他≫
のカテゴリーに分けて、事前に集めた質問に答えるという形式です。
私のメモがひどくて、何とか書けているものだけをご紹介します。
文章がとぎれとぎれのものは、メモがそうなっているからです…。


初日は≪その他≫
Q
体がかたい
A
柔軟性は必要ない。
(脊柱起立筋が発達していると前屈などはあまり深くできないんだとか)
肩は凝っていないほうがいい。
(ここで肩甲骨を回すストレッチ、鎖骨を指で挟み、腕を回す)
骨盤が硬いのもよくない。ストレッチ。

Q
レース中に給食を食べすぎてしまう
A
本来フルマラソンくらいであればそんなにたくさん食べなくていい。
お腹がすく前にちょっとずつ。
フルーツとお菓子ならフルーツ(果糖)のほうがいい。
最近の大会は、いろいろ出し過ぎている傾向がある。
走り終わってから食べてください(笑)
胃に食べ物がたくさんあると、血液が消化にまわるので足が重くなる。
ちなみにエネルギー切れしやすいのは寒いとき。
(体温を上げるときにカロリーを使うから)

ここで唐突に
走るのに勝る筋トレはない
とメモに書かれている。
前後の話は不明だけど、いい言葉です。

Q
シューズの寿命
A
アウトソールがすり減ったら使わないほうがいい。
ミッドソールは3年くらいで経年劣化する。
(新品でも、買ってずっと置いてあると劣化すると?
家にもそんなシューズがあるよ…)

Q
腹巻を使っているのに後半お腹が冷える
A
汗でぬれて冷えるので、おなかに油を塗ることをお勧め。
薬用オリブ油など。

Q
トレッドミルと外を走るランニングの違い
A
トレッドミルは足を後ろに持って行かれるので、ロードを走るのとは違う走り方になる。
心拍は上げられるけど、走る筋肉は作れない。
心拍を上げるトレーニングをするなら、1.5〜2.0%傾斜をつけるのといい。

Q
レース中のペースの変化
(前半の混雑とかそういうことによるものだったと思います)
A
無駄な力を使わず、周囲のペースについていけるように。
「走り方を変えてしまってはいけない」
(フォームが崩れてしまうような走り方になってはいけないということか)

Q
時間がないときストレッチしないで走っている。
A
関節を動かす、軽くジャンプ、ツイストジャンプなどはすること。
5分くらい体操しながら歩くといい。

Q
セット練の時、日曜のレースを負荷の高い練習とする場合
月曜に「ふた」をすることができない。
(なぜ月曜できないのか、理由は忘れました)
A
レース後、当日60分程度のjogでふたをすることができる。
これをやるとスタミナが付きます。
(会場ざわつく)


こんな感じでした。
最後の質問は、質問者さんが速い人だってわかる質問ですね。
ふたをする練習、サブスリーの練習ですよね。
詳しくはこの本に書いてあります。



金コーチのランニングキャンプ2016〜座学≪トレーニング≫≪故障≫へ続きます。

【金トレ】6連金終了

September 11 [Sun], 2016, 21:01
ランニングキャンプの座学まとめがまだですが
今週の金トレを振り返ってみます。
走り込み期に入りました。
いびがわマラソンまで69日〜63日前。

68日前 JOG40min+WS×3


67日前 レースペース走5km
最初の1キロはウォーキング。
ここはもう少しペースを上げたい。


66日前 JOG60min
今月末で消える半休があったのでここで使用。
なんて真面目な私
7’11” 1:13:11


65日前 JOG40min


64日前 LSD90min
足が、疲れていたので夕方走ることに。
夕方にはだいぶ疲れが取れていた。
ジュースを飲んだ後腹痛に襲われ少し歩いたので少しだけ延長。


63日前 JOG40min
まさに「足が重い」
毎日走っていなかったので足がパンパン。
でも走り出したらどんどん調子が上がってきた。
(タイムには表れてないけど)


来週は苦手なビルドアップがあるよ
この後のまとめに書きますが、
いままでやり方を間違っていたんです。
正しいやり方でできるかな…。

ちなみに金トレとは
3ヵ月でフルマラソンのトレーニングメニューを指しています。

3か月でフルマラソン! ―めさせ! サブ4 (趣味Do楽)

金コーチのランニングキャンプ2016〜フォームチェック!

September 11 [Sun], 2016, 7:49
金コーチのランニングキャンプ2016〜コーチを独り占めする
からの続きです。

2日目の座学も最前列ど真ん中をキープ。

この日は≪故障≫≪トレーニング≫≪フォーム≫について
皆さんからの事前の質問等を参考にしながら進められました。
私の質問
B金トレを連続する場合の導入期の存在について
も読んでいただきました。

去年の話を例にして、お話しました。
NAHAの翌日が名古屋へのトレーニングの初日にあたっていて
この場合、せっかくNAHAでできた足を
導入期まで戻す(練習量がぐっと減る)のは
ちょっともったいないなぁ〜と思ったのです。

ここまでちゃんと練習ができていれば導入期は省いていいということでしたが
フルマラソンの直後なら、
いったんこれくらいまで抑えてもいいんじゃないかということでした。
そういわれればそうですね
(この時はNAHAで出し切れなかったんでそんな気になれなかった)

そして
「2回続けてみてどうでした?」
と聞かれましたが
「その後ヘルニアで走れない時期がありまして」
「ああ…。それは残念でしたね…」
とがっかりされてしまいました…

座学についてはまた後程まとめます。
そして外へ出てフォームチェック。

長野放送の方が何か撮影していました。

フォームチェック、今回は参加者が増え、全員は無理だと。
希望者のみ、昨日の駅伝の順位ごとに見てもらうことになりました。
我々はブービーだったので順番が近くなるまで湖畔をジョグ。

やっぱり標高の高さでしょうか。
キロ7くらいで走ってもハアハア。
それでも高原、とってもさわやか。

そしてフォームチェック。
短い距離を走ってフォームをみてもらいます。

「○○さん(私の苗字)、インナーマッスル使ってない」

インナーマッスルが使えていないという衝撃と
(えええ!私の苗字覚えてくれた?)
という喜びがグルグルしていました

これは動画より一コマ。
何度も見返して復習してますがインナーマッスル??難しい。
FBには動画を公開して、ほかのラン友さんにも見ていただきましたが
やっぱり教わった前と後の走りが全然違うと。
自分でもそう見えました。
体幹トレーニングをしたらいいかとお聞きしましたが
「形だけできてもインナーマッスルが使えてないことがある」
と。
ちなみに体幹とインナーマッスルの違いも
この後必死に調べて知りました

金コーチは予定時間をオーバーしても
一人ひとり丁寧にチェックしてくださいました。
感謝しかないし、絶対結果にしてお返ししたい。

熱い思いを抱いたまま修了式を兼ねた昼食。

去年ご一緒させていただいたレジェンドにも再びご挨拶し
一緒に写真を撮っていただきました。
レジェンドについてはこちらの記事に書きました。
金コーチのランニングキャンプ〜レジェンド現る
次のレースは「四万十川60キロ」だそうです…

金コーチと、参加者の皆さんと、お別れをし解散。
これからはもっともっと頑張ります
お疲れ様でした。



終わりじゃないよ、座学まとめ
金コーチのランニングキャンプ2016〜座学≪その他≫へ続きます。

金コーチのランニングキャンプ2016〜コーチを独り占めする

September 10 [Sat], 2016, 21:23
金コーチのランニングキャンプ2016〜初日後半うたげ
からの続きです。
写真ないです、必死でした

2日目の朝。
6時半から準備体操をして湖畔をウォーキング。
この時、私たちは金コーチの真後ろをキープ。
しばし一人で歩かれる金コーチ。
な、何か話しかけなくては…。
もじもじしているうちに、ほかの参加者の方が
後ろから走ってきて金コーチに話しかけました。

何をしているんだ…私は…

その方と金コーチの話を聞きながらチャンスを狙います
(ランスマのバランスボールは演出だと←盗みぎきの収穫w)

ひとしきり質問が終わって、なんとなく間が空いた隙に
「私もお話していいですか」
とぐいっと割り込み隣にならびそこからは私だけの質問ターイム

今回の事前の質問に
@いびがわフルへのトレーニングについて
A心肺を鍛えるトレーニングについて
B金トレを連続する場合の導入期の存在について

を書きました。

@は具体的過ぎてこの後の座学で答えてもらえるとは思えなかったので
ここで質問してみました。
私はいびがわの上りが心配でしたが、
いびがわハーフを走っているなら上りはまあ大丈夫でしょう的なお答え。
(ハーフの先にもまだまだ上りは続くんですがあんな感じってことか)

どちらかというと長い下りが問題だと。
確かにランスマで中村優ちゃんが泣きながら走っていた記憶。
(この後
去年いびがわハーフを金コーチが激走していたのを見たとか
今年はステージで歌う金コーチが見られないとか脱線したため
下りの攻略は聞けず←私が悪い)

あとはいつか出てみたいウルトラ(71キロ)がある、
サブ4以上の走力がないと無理でしょうか、と聞いてみた。
サブ4なくても大丈夫だと思うけど、休憩や給食を考えて
キロ7分で走り切れる走力はいるかなと。
キロ7で71キロか…。

でもまずはいびがわ完走してからですねとごもっともなお答え。
いや、いつかの話です…。

そして
金トレの30キロ走の前日に組まれているLSD90分が一度もできない
あそこへたどり着くころまでに疲労が蓄積してくたくたになる、と
メニューを作ってくれた人へ直接の苦情を

疲れたのと、足が重いのは違うんですよ。
はじめは足が重いなと思っても、走っているうちに楽になるのはいいんです」

とおっしゃってましたが
「足が重い」と「疲れた」の違いが判らないような…。
でもあの練習はやったほうがいい、やったら違うから、
と力いっぱい言っていただいたので
「今度こそは絶対やります」
と誓いました。
ちなみに金トレとは3ヵ月でフルマラソンのトレーニングメニューを指しています。

3か月でフルマラソン! ―めさせ! サブ4 (趣味Do楽)

高原のさわやかな朝、
金コーチを独り占めしてお散歩なんて夢のよう。
Rさん、私一人しゃべってごめんなさいね…。
(来年はコーチの奪い合いに参加してね)

散歩の後朝食バイキング。

美味しい朝食、たくさん食べました〜。

この後座学です。
金コーチのランニングキャンプ2016〜フォームチェック!
続きます。

金コーチのランニングキャンプ2016〜初日後半うたげ

September 08 [Thu], 2016, 21:15
金コーチのランニングキャンプ2016〜初日前半
からの続きです。

駅伝、ジョグの後、ひとっ風呂浴びてお楽しみの宴会
(この間1時間しかなく、超バタバタ。お風呂上りに汗だく。
2日間通してスケジュールが割とタイト)

金コーチの挨拶で乾杯

食事会場ではお部屋ごとにテーブルが決められていて
同じテーブルの皆さんと交流。
これもまた楽しい。

そして食事が落ち着いた頃、金コーチによる
リオのこぼれ話。

相当治安が悪いようで、
ホテルとオリンピック会場の往復以外の外出が禁止さてていて
カップめんを食べて過ごしていたと
iPhoneで撮影した画像、動画をみせてくださいました。
(ホテルの屋上からズームで撮った外の景色もあり
本当に軟禁状態!だったんだと伝わってきました…)

その後は今年もじゃんけん大会。
目玉はリオ土産のナイロンバック、2種類。

欲しかったなぁ〜。
私はお菓子をゲット。
手ぶらじゃ帰らないぜ。

去年はビール券をゲットしたんだっけなぁ。
金コーチのランニングキャンプ〜楽しい宴

そして隣の座敷へ移動して2次会開始。
今回は2時間と、スタッフの方から事前にくぎを刺されました
(金コーチも2時間???とおっしゃってましたが、
時差ボケがまだ治ってないんですとお話されてましたので
その方がよかったでしょうね)

2次会、参加費に+2000円だっていうのに
延々ビールが出てくるの

ワインも焼酎もあるの。
すごいよね〜。
(どこに感心しているんだか)

そして今年も皆さんの宣言、報告がいろいろ飛び出します。
私は何もご報告できることがない…
来年は絶対ここで金コーチに良い報告をしよう。
それが大きな目標になりました。
そしてほかの参加者の皆さんからも再びたくさんの刺激を受けました。
3時起きで走ってから、お子さんのお弁当を作って、わんこのお散歩行く。
なんて人がいて驚いていたら、ほかにも3時起きの人が居たりして。
私、まだまだ頑張れる余地がたくさんあるじゃん。
本当に今回も参加してよかった。

お開きになる前に、またサインとお写真をお願いしました。

私は大会当日によく持っていくこの赤い本に。

「お名前は?」
「たまきです、環境の環…」
「ああ、そうだ。そうでしたね」

金コーチ、覚えててくださったんですね
超うれしいいいいいい。

しかしまだ爪痕は残せてません。
でも大丈夫、こんなもんじゃないから

金コーチのランニングキャンプ2016〜コーチを独り占めする
へ続きます。

金コーチのランニングキャンプ2016〜初日前半

September 06 [Tue], 2016, 21:16
金コーチのランニングキャンプ〜本当の弟子になる?!
あれから一年経ちました。
今年も行ってきたーーーー
今回は婦人会のRさんと一緒です。

去年渋滞にハマってしまったので今年はあずさで
駅弁を食べながら行くことに。
駅弁やさんで待ち合わせ。
しかし混んでいるなぁ。

お弁当も食べるけど旅はプリッツだよね。

車窓の景色も楽しみます。
ここは勝沼ぶどう郷を少し過ぎたところ。

毎度のことながらイベント前は眠れない私。
電車でも興奮状態で全く眠れず

あずさを降りてホテルの送迎バスに乗って
白樺リゾート池の平ホテルに到着

もうすぐ金コーチに会える
とキャッキャしていたら、ロビーに金コーチが
すぐに参加者と気づいてくださり、ご挨拶。
今年もよろしくお願いします

14時から始まる座学。
最前列真正面をゲットしスタンバイ。

過去、こんなに真面目に机を前にしたことはあったでしょうか。
(いや、ない)

座学で教わったことは改めてまとめます。
(今回もきっと長いわよ)
今回は参加者が増え、全員の質問には答えられないということで
≪トレーニング≫≪故障≫≪フォーム≫≪その他≫
と事前アンケートを分類してまとめて答えてくれるという流れです。
この日は≪その他≫
Rさんの質問、すぐ読まれてました。
(私の質問はトレーニング。読まれる…かな)

座学の後は外へ出て駅伝です。
受付時にチーム分けされていた6人一組で1.4キロほどの距離を走ります。
金コーチはおひとりで全部走ります。
写真がぶれているけど、美しいフォームがよくわかりますね



去年もご一緒した方の顔もちらほら。
去年の会からFBで交流していたMさん(超速い人)に
駅伝で抜かれるという目にもあう。
同じ第三走者だったんで覚悟はしていたけど
迫りくる足音に何の対処もできない悔しさを味わった
二人に抜かれて、一人を抜くという成績で自己最速が出ました。

こんなにきついのか5分30秒。
(一応自己弁護、池の平ホテルは標高1416mのところにあります)
駅伝で、今日初めて会った皆さんとも距離がギュッと近くなりました。

その後湖畔を一周(4キロ弱)

このランニングキャンプ、走るのはこれくらいです
去年は駅伝前後から私、コーチにぐいぐい行ったのに
今年はまだお話できていない。
爪痕を残さなくては。

この後、私の怒涛の攻めが始まります
(何しに行ってんだ)

(今週から金トレ、6連金のため時間があまり取れません。
なんとなくこの記事も雑ですが、座学まとめはちゃんと書きます)
金コーチのランニングキャンプ2016〜初日後半うたげに続きます

ツイッターでダイエット

August 28 [Sun], 2016, 9:42
ダイエットのこと。
きっと『またか』と思われるだろう。
なのでここに書くのは気がひける(書いてるけど)
なら黙ってひっそりやればいい

でも公開した方がモチベーションがあがるよね!
仲間がいた方がいいよね!
ってことで、ツイッターでダイエット垢を作ってレコーディングダイエット中。

ダイエット情報のアカウントフォローしたり
同じくダイエット中の頑張ってる人をフォローして刺激をもらう作戦です。
ダイエットしてる方、
よかったらフォローお願いします。
@yasetamaki
信玄餅食べたこともちゃんと書いてます。

ダイエット中の人の中には若い人も多くて
『痩せて告白する』
『好きな人の隣にふさわしい私になる』
みたいな決意が書かれてたりして…。
いいねぇ
忘れていた感じだなぁ。
みんながんばれ(私もね)

ツイッターでダイエットは今のところ順調。
鍵付きにして体重公開してやろうかとも思ったけど、
わざわざ鍵こじ開けて見たい人なんていないだろう
かといって世界中に体重公開するほどの覚悟はない。
(だから成功しないのか)
とりあえずいびがわまで5キロ落としたいぜー。
(今朝で−1キロ達成。あと4キロ)
とりあえず、続けます。


2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たまき
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:7月21日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-沖縄大好き
    ・スポーツ-鈍足ランナー
読者になる

お財布.com

最新コメント
アイコン画像くろいわ
» ランナー婦人会に参加してきました(3回目!) (2016年08月25日)
アイコン画像たまき
» 大人の階段のぼった (2016年07月23日)
アイコン画像はやぶさ号
» 大人の階段のぼった (2016年07月21日)
アイコン画像たまき
» グアムのまとめ (2016年04月30日)
P R


http://yaplog.jp/tamaki721/index1_0.rdf