2013年新潟ジギングその1

October 30 [Wed], 2013, 21:11
2013年10月28日 新潟県能生漁港

今年も冬のブリのシーズンがやってきますたよ。
台風27号が接近し、海の状況がどうなるか心配されたけど、当日は風と波も収まり無事出船。

今回も能生漁港のこうゆう丸にお世話になりました。

名立沖付近の水深50メートルからスタート。
サクリファイス2スティックの120g赤金で開始。
・・・当たらない。

30分するも船中ノーヒット。
今回は渋いかも、と思いつつひたすらジャーク。
ポイントを移動し水深70メートル付近。
暫くして同船者がサワラをヒット。
デカイ。
後の計測で4キロオーバーだった。

低活性なのかと思い、スロータックルに変更。
実戦で使うのは初めてで、エアジャークで練習したものの、イメージどおりしゃくれない。
「うー」とか「あー」とかブツブツ言いながらやっているうちに、ボトムから1シャクリ目でヒット。
ロッドを寝かせてリールでゴリまき。
とりあえずサワラゲット。

そのあと立て続けにイナダゲトー。
しかしアタリ続かず。

スピニングでも一度ヒットしたが、アシストリーダーを切られフックアウト。
100メートル付近でも試してみたけども、かすりもしない。

時間も終了時刻に近づき、最後の1流しで再びサワラ。
本命はイナダ一匹。
ただなんとなくスローの使用感が掴めたのでまた練習しよう。



今回のタックル
スピニング
ロッド:テンリュウ ディープライダー581S-4
リール:ステラSW8000PG
ライン:PE4号+リーダー50ポンド

ロッド:ソルティガコースタルヒラマサ 60S
リール:ツインパワーSW8000PG
ライン:PE4号+リーダー50ポンド

スロータックル
ロッド:メタルウィッチ 634SF
リール:オシアジガー1500HG
ライン:パワープロデプスハンター2.25号+リーダー30ポンド

ジグ
サクリファイススティック2 120g
スピードジグFL130g
CBマサムネ130g

2013年新潟県・糸魚川市姫川沖 タチウオ釣行その2

July 17 [Wed], 2013, 21:57
昨日の続きです。

今回も能生漁港所属のこうゆう丸にお世話になりました。
AM3:00に出船、一路姫川沖へ。
今回はうねりも無くいい凪で、船酔いに悩まされる事も無かった。

ポイントには既に同じく能生漁港所属の彩波と金栄丸の姿が。
船長のアナウンスで35~40メートルから開始。
とりあえずイエローのジグ投入。
暫く船内は沈黙が続くも、他の人が掛け始めるとこれを皮切りに船内があわただしくなる。
ところが、自分にはヒット無し。
今回はなるべくジグでと思っていたものの、ワインドに変更。
投入一投目でヒット。
そのまま暫くワインドで釣っていると、ラインのテンションが一気に抜けた。
見事に80lbのリーダーが切られました。
マメに傷のチェックを行っていたものの、スッパリやられてヘッドと共にマナティ殉職。
夜が明け始め、明るくなってきたのでピンク系に変更。
一先ずある程度の数は確保したので、スロータックルに変更。

ワンピッチ、二分の一ピッチで暫くしゃくるもあたり無し。
まだまだ使いこなすには時間が掛かりそう。

再びワインドで攻め続け、フォール中のアタリを捉えることが出来るようになってきたので、幾分釣果に貢献。
ネットで調べてみると「フォール中のバイトが多い」というコメントが結構あったので、メカニカルブレーキを強めにしてフォールスピードを落としてみると、「コン、コン」と小さなアタリが。
フッキングしてもヒットに持ち込めないことが多く、この辺も拾えるようになればもっと釣れるかなー。

それにしても気になったのはマナティーの損耗率が激しいこと。
そこはソフトルアーの宿命か。
テールかじられなくなったり、ボロボロになって戦闘不能に追い込まれたり。
食いがたっている時はジグに分があるかな?
まだまだ修行が足りない。

7時頃には雲の間から日が差すようになり、棚も50〜60メートルに落ち始める。
前回も感じたんだけれども、丸型オモリ8号を追加ウェイトとして使ったものの、それでも大分潮に流される。
左舷端の座席じゃない場合は、もっと重くして流されないようにしないと、オマツリになりそう。
しかし、ラインを切らないとウェイト交換できないのも考え物だな。
もっと簡単に交換できる方法は無いだろうか。

9時過ぎにストップフィッシング、能生へ帰港。
とりあえず今回は前回の釣果を越えることが出来たし、今後の課題も見えてきたので、よしとしよう。

今年のタチウオは今回で終了。
仕事が忙しくなるので、行けません。
また11月のブリのシーズンまで一休み。
もっと楽しめたらいいのに。

今回の使用タックル
ベイトタックル
ロッド パームス・メタルウィッチ633T
リール アブガルシア ソルティーステージREVO LJ−1(ハンドルをLJ-3の物に換装)
ライン パワープロ 0.8号+リーダー16lb+ショートリーダー80lb

スピニング
ロッド ゴールデンミーン サーベルダンス2 60UL
リール バイオマスター C3000
ライン ベイトと同様

スロー
ロッド パームス・メタルウィッチ634SF
リール オシアジガー1500HG
ライン ウルトラジグマンX4 1号+リーダーは他と一緒

ルアー
爆釣ジグ 60gイエロー
ZZヘッド2オンス+丸型オモリ8号+マナティー90 パープル・ケイムラピンク・ピンク・ピンクオレンジ・グロー
(ちなみに今回はパープルが良く釣れた)
マリア サーベラー?(廃盤になったタチウオ用の)80gパープル

2013年新潟県糸魚川・姫川沖 タチウオ釣行2

July 17 [Wed], 2013, 0:08
2013・7・16
新潟県糸魚川・姫川沖 タチウオ釣行

眠くてたまらないので、とりあえず結果だけ。

タチウオ 25本
前回より釣果伸びたヾ( ゚∀゚)ノ゙

続きはまた明日辺りに書きます。

2013年糸魚川・姫川沖 タチウオ+アジ

June 28 [Fri], 2013, 23:22
2013 6・27 新潟県能生漁港

今年もタチウオのシーズンがやって参りました。
毎回お世話になっている、能生の釣り船・こうゆう丸にお世話になりました。

前日から雨が降り、車中泊およびテント泊を断念。
上越市内の健康ランドで一泊。
普段、7時・8時に寝る習慣が無い人間が急に寝ようとしても、寝れるわけも無く睡眠不足のまま起床。

相変わらず雨が降り続き、テンションダウン。
一応漁港に着いたときには、既に止んでいたものの姫川からの濁りが気になるところ。
荷物を積み込み、午前3時に出船。

糸魚川に向かう途中から再び雨が降り出し、ゴア製のレインを持ってきて良かったと思う。
しかし、雑誌の付録のエアクッションが破裂。
一発でお釈迦。

ポイントには既に、漁師さんの姿がちらほら。
開始早々、他の同船者にヒット。
船中で釣れ始めた。
負けじとジャークするが、何故かヒットしない。
暫くしてようやくヒット。口じゃなくてスレ掛りだったけど。
棚は20〜15メートル付近と浅く、高活性の模様。

ジグからワインドに変更、ZZヘッド2oz+マナティー90 グローでビシバシしゃくるとドスン!
今回、バイオのラインを巻き替えるが面倒だったので、カルディアKIX2506Wを持ってきたがドラグを絞めても
ラインが出る。
うーん、やっぱフィネスドラグでは厳しいか。
心配した濁りも少なく、水面だけが濁っているようで水面下はクリアだった。
6時ごろだろうか、日が昇り始めると共にアタリが遠のく。
カラーを変更したり、ジャークスピードを落としたりストップを入れたり試してみるが、バイトが無い。
船長も群れを探してこまめにポイント移動。
活性の高い群れが居れば、ワインドで即バイト。

ただ欠点があり、フォールのバイトが取れていないと思われる。
スピニングでフォール中にラインを摘んでなるべく張った状態を保つものの、ラインのストップを捉え切れていないみたい。
リーダーに傷が入っていたり、マナティーに噛みあとがあったり。
そうこうしてる間に、天候は晴れに向かい気温が上がりだす。
太陽が出ると一気に暑くなった。
あと、波高は低かったものの、時折来る大きなうねりにやられ、船酔いを起こしてしまい、アジに移った時にはグロッキー状態。
エサ付け・コマセ詰めが苦痛以外の何者でもない。
おかげで手返しが悪く、こちらは釣果に恵まれず。

ただ、毎年惨敗していたタチウオをゲット出来たからよしとしよう。

今回の釣果 タチウオ16尾・アジ2尾・ウマズラ1尾・グレ1尾

今回タックル

ジギング:メタルウィッチ 633T+ソルティーステージレボ LJ−1
      パワープロ0.8号+リーダー16lb+ショートリーダー60lb
ワインド:サーベルダンスSDS60UL+カルディアKIX2506W
      ライン・リーダーはジギングと同じ

ジグ:爆釣ジグ60g タチウオ用ジグ100g(名前忘れた)
ワインド:ZZヘッド2oz+マナティー90 グロー・ピンク・赤金・パープル

尚、船酔いで写真撮れませんでしたスイマセン。

2013年イナダジギング+タチウオジギング用品作製

May 12 [Sun], 2013, 22:45
GWも終わり仕事も一段落したので、釣りに行ってきました。

2013・05・10
新潟・上越 K堤防

かねてから「上越でイナダの回遊が始まった」との情報をキャッチしていたので、GW明けの休みに突撃。
会社の人の話では、糸魚川の須沢海岸ではまだ釣れていない模様との事だったので、上越に狙いを絞り前日に上越市へ。
釣りに来た時に、たまに寄るスーパー銭湯「満天の湯」でお風呂に入り車中泊。
下見にと、超有名ポイントK堤防に行ったら既に車が10台以上。
とはいえ、「GW明けだしそこまで混雑しまい」と(これでいつも出遅れる)翌日4時30起床。
が、既に堤防は満員御礼。
こんな状況では明後日の方向に投げる自分では、オマツリの嵐になりそうなので移動。
グーグルマップで調べ、直江津海水浴場へ。

うーん、人が居ない。
居るけど1人とか。
ウェーディング装備は持ってきていたので、そそくさと着替えキャスティング開始。

(浅い!)

着水して出た糸ふけが張らない。
宮崎より全然浅い。
で、ゴミが良く掛かってくる。

重みを感じると思ったら、海草の嵐。

なんとか水深のある場所を求めて、右往左往。
投げ続けていたら、やっと魚の引きが。

イナダ・・・ワカシに近いサイズがようやくヒット。
半年振りのブリ属の引きでした。

しかし後が続かないので、再び移動。
太陽は昇りきって、朝マズメの美味しい時間帯は過ぎてしまった。
再びグーグルマップで探すと谷浜海水浴場を発見。
向かってみたものの、駐車スペースが見つからず退散。
仕方なくK堤防に引き返す。

8時ごろだろうか、既に引き上げる人がちらほらおり、スペースは空いている。
しかし、釣れているムードではない。

それでもと思い、キャスティング開始。
暫くアタリが無く、ジグを換えてみたりワインドしてみたりペンシル投げてみたり。
コルトスナイパー・ピンク28gでしゃくっていると、重みが。
ドラグが引き出されるので「もしや!」と思ったら、スレ掛り。
そりゃ引きますよ。
とりあえず一本追加。

今度はブランカ赤金28gに変更。
暫く投げていると、再びヒット。
ちなみに、次が釣れるまでに2時間ほど空いている。

休憩を挟みつつ、周りを観察しているとサビキにはほとんど釣れている(フグは釣れてた)様子無し。
確かにベイトらしい小魚が見当たらない。
そういえば、会社の人がコマセ撒いても寄らなかったって言っていたっけ。

ワインドに変更して探っていると三度ヒット。
いい加減暑くて疲れたので、お昼で終了。

今回は全部でイナダ4本の釣果。
朝方ならもっと釣れたのかもしれないが、いかんせん激戦区が多くて出遅れると釣りが出来ない。
竿抜けポイントを探してみたものの、なかなか開拓できず。

今度は宮崎に行ってみようかな。
ちなみに今回登場した会社の人の話では、GW中宮崎は全滅だったとか。
今回、稚鮎が発見出来なかったが、遅れているのかな?
5月後半まで釣れてくれるといいんだけど。

今回のタックル

ロッド:クロステージ シーバス902PE
リール:09バイオマスターC3000
ライン:パワープロ 1.5号+リーダーフロロ16ポンド
ルアー:コルトスナイパーピンク28g ブランカ赤金28g ZZヘッド14g+マナティー65(だったと思う)ピンクラメ

ちなみに、昼食後仮眠してホームセンターでジグスタンドの材料を購入。

買った物
アクリルサンデー PPクラフトフィルム(クリアファイルと同じ素材)


100均小物かご

で、こういう物を作りました。



シートをジグの長さに合わせてカット、丸めて筒状に。
あとはセロハンテープでくっつける。
使うとこんな感じでしょうか。



フックを引っ掛ける場合はジグの長さより少し長めの方がいいかも。
タチウオジギングの時に釣れないとジグをしょっちゅう交換するんで、こういうものがあったら便利かと思って。
色・サイズ順に分けて入れてるから、一目で分かる(僕は)し洗う時も楽そうだ。

今年はタチウオがちゃんと釣れますように。

今年初釣行 サゴシ(サワラ)釣行 富山・越中宮崎

April 20 [Sat], 2013, 21:58
去年11月にブリを釣に行って以来、釣りに行っていなかったが数ヶ月ぶりに行ってきました。
本来今日は休み何だけど8時ごろ出勤、10時には帰ろうと思っていたんだが・・・。

帰れたのは12時過ぎ。
もはや最初の予定からおおいに狂った。

10時ごろ帰り、越中境PAでラーメン食べて昼寝して夕マズメ一本勝負の予定だったのに。

家に帰り、着替えて荷物を載せていざ出発。
しかし、夕方から天候が崩れる予報。
が、途中で雨が降り出す。

ポイントは越中・宮崎。
サゴシが釣れているそうな。
ちなみにサゴシはサワラの子供。
現地が雨になっていない事を祈りつつ、現地を目指すが案の定雨。

一応、お茶を水筒に入れてきたのは(ホット)これ幸い。
風が出て寒い。

インナー2枚+ジャージが寒い。
レインもびちゃびちゃ。

とりあえず、ブランカ28グラム赤金でスタート。
2投目でヒット。
サゴシが釣れた。

このあとしばし沈黙。
今度はジャック・アイピンクに変更。

コンスタントに3匹追加。
強風と寒さにやられ、あえなく撤退。

駐車場から出て国道8号に入ろうとした時、車から異音が。
「ゴン!ゴン!ゴン!」
何かが擦れる様な音。

路肩に止めて、タイヤ周りをチェックするが、パンクもしてないし擦れている様子も無い。
様子を見ながら帰路につくが、その音は止むことなく家まで続いた。
しかも振動付き。

先日、タイヤをノーマルに変更したんで山も少ないからノイズを拾ってるのかとも思ったが、やっぱりおかしいので明日ディーラーに職場まで回収に来てもらおうか・・・。


今回の使用タックル
ロッド:クロステージ 902PE
リール:バイオマスター C3000
ライン:パワープロ 1.5号
リーダー:フロロ16lb+フロロ50lb(サゴシの歯対策でショートリーダーを接続)
ルアー:ブランカ28g 赤金  ジャックアイ28g ピンク  TDソルトペンシル(残念ながらノーヒット)


うん、ミノー欲しいな。

2013年、そろそろ始動

March 29 [Fri], 2013, 23:09
昨年の11月28日の釣行以来、一度も釣りに行っていない。
行きたい気はするんだけど、毎回天気に恵まれず。

静岡にも行ったけど強風で釣りどころじゃなかったし、花粉症発症でくしゃみと目のかゆみに悩まされる、
唯一良かったのは、釣具店のラインナップがすばらしい事。
海が近いこともあって、ソルトルアー用品がどっさり。
思わずwktkしちゃった。
メタルジグはそれなりに持っていたんで、プラグが欲しかった。
特にペンシル。
通販で買うのもなんだったから、買ってきました。

ペンシルのベストセラー『T.D ソルトペンシル』

エサとまで言われるこのペンシルは、前から欲しかった。
それに、今持ってるレッドペッパーソルト?一個ではあまりにも不安が。
ロストしたらショックだし、トップが最近面白くて。

欲を言えば、ミディアムクラスのシーバスロッドが欲しいかな。
リールはバイオマスター4000HG。
出来ればセルテート。
単純にマグシールドが便利そうなんで。

ニューステラSWも気になるけど、デザインは08ステラSWの方が好きかな。
10ステラより07の方がかっこいいと思ってるもんで。

一先ず4月に富山遠征でホタルイカを掬いに行ってくる。
で、身投げで打ち上げられたのはえさ用にせっせと拾って冷凍しよう。
クロダイとか釣れないかな。

あとタチウオまでまだ暫く期間があるんで、機会があればタイラバとか。
今年は何とかタチウオを攻略したい。

あとは11月からのブリ。
今年こそはワラサを卒業して10キロオーバーを・・・。

13年装備更新計画

February 02 [Sat], 2013, 23:04
今年に入って、一度も釣に行けない私です。

ことごとく天候に恵まれず、中止の連続。
寒ぶりシーズンも終盤を向かえ、個人的には早くもシーズン終了。
また11月までお預け。

しかし、装備は年々使用に伴う消耗と、経年劣化で痛んでいく物。
ホタルイカ掬いとウェーディングに使っていたWRのライフベストがついに壊れた。
前のポケット部分から解れが始まり、ついにポケットが外れた。

というわけで、ライフベストを買おう。
使用頻度は少ないので安い物でいいんだけど、個人的にはWRがいいかな。
5000円前後で手に入るし。
この辺↓
http://www.waterrocks.jp/products/7029.htm

カラーは赤がいいんだけど、マズメのレインがオレンジなんで、黒かチャコールかなー。


あと、シーバスロッドを一本。
ザルツのショアジギ用を使っているんだが、イナダにはオーバースペック過ぎ。
簡単に寄ってくる。
なので、クロステージのシーバスMクラスか、ザルツのMクラスを一本。
リールはツインパワーSW6000HGを一先ず使おう。


ずいぶん先の話になるけど、今年のタチウオはワインドとジグにしてみようか。
ZZヘッド2oz+丸型オモリ追加シンカーで重量アップ。
去年はスピニングでワインドやってノーヒット。
ただ、潮に流されるから棚まで沈んでなかったかも。
あとは小あじをエサにして餌釣りもありかな。

色々やってみよう・・・。

2012年ジギングスタート

November 12 [Mon], 2012, 0:05
今年も待ちに待った、ブリのジギングシーズンがスタート。
このためだけに1年間準備し続けているようなもの。
全ては、10キロオーバーのブリの為に。

11月4日に能生漁港から出船。
いつもお世話になる「こうゆう丸」から。

気象庁の前日までの海面水温では、20℃前後。
水深50メートルまでは同様、100メートルで15℃付近。
例年との温度差は1℃程度。

能生沖からスタートし、まずはサクリファイスUスティック130g赤金から。
アタリ無し。
移動し、名立方面へ。
しかしここもアタリなし。
ジグをフルシルバーに変更し、ワンピッチで探っていると待望のアタリが!
しかし乗らず。
この後も、2回ほどバラす。

でようやく一本。
2キロくらいのイナダちゃん。
その後、初投入のスイムバード110g緑金で2本。
この日はとにかく渋く、速いピッチのジャークではたまにヒットがある程度。
多分スロージャークなら効いたんじゃなかろうか?
スロータックルは持ってません。

ジグをスイムバード赤金に変更したところで、一発。
4.2キロのワラサ。

その後もしぶーい状態が続き、16時過ぎに終了。

今月はあと2回。
12月はシケがもっと増えるから、一回でも出れればラッキー。
シケが続かないことを祈る。

タックル

ロッド:アースシェイカー 56/5−6
リール:ステラSW 8000PG
ライン:PEジガー 4号
リーダー:フロロ 50lb
フック:パイク 3/0自作 ジガーライト早掛け 5/0自作

ロッド:ヴァージャー 58/4
リール:ツインパワーSW 6000HG
ライン:パワープロ 3号
リーダー;50lb
フック:パイク 3/0

冬のウェアを考える

September 26 [Wed], 2012, 0:16
9月も終わりに近づき、寒さも感じるようになってきました。
11月から待望の寒ブリシーズン。
今年はブリと呼べるサイズがつれるのか。

12月になると寒さも本格的になり、海の状況も荒れることが増えてくる。
雪が降り始めたりもしばしばあり、初めて挑んだ時は安い防水防寒ジャケットでは浸水。
寒くてたまらなかった。

で、ネットでPUコートの完全防水上下で挑んだら、防水性・防寒性は申し分なく快適だったが・・・。
最大の欠点が露呈した。
当然ジギングは、運動量が多く汗っかきの自分はすぐに汗をかいてしまった。
ところが湿気が抜けず、インナーが張り付き超不快!

途中で一応持ってきたレインジャケットに着替えるはめに。
耐水圧10000mmだったが、やっぱりどこかから浸水。

悩んだ挙句、目をつけたのが最強防水透湿素材ゴア・テックス。
初期値で耐水圧45,000mmを誇る。

モンベルショップが町にあったので、行ってみたら丁度いいものが。
「フレネイパーカー」
ちょっと値段ははるが、ゴアテックス採用で磨耗にも強いのでこれを今年は買おうか思案中。

これに、下はレイン+シマノの防寒パンツ、上はフレネイパーカー+シマノの防寒ジャケットでいけるんじゃないか。

簡単に脱いだり着たりが出来ない船の上だからこそ、こういうところは万全の体制で挑みたい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:たまき@名無し
  • 誕生日:11月22日
  • 血液型:B型
  • 職業:会社員
  • 趣味:
    ・バイク-05年CBR600RRユーザー。アニステなどで、痛車仕様に成り果てるww
    ・アウトドア
読者になる
不定期更新がうりです。
こまめにチェックしないと、とんでもないことに・・・。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
モンクレール ダウン (2013年12月27日)
burberry prorsum (2013年11月26日)
コーチ メンズ (2013年07月23日)
ルイヴィトン アウトレッ (2013年07月23日)
レイバン サングラス (2013年07月23日)
サングラス オークリー (2013年07月23日)
kIhtdgRV (2013年07月23日)
フェラガモ 店舗 (2013年07月23日)
Yapme!一覧
読者になる