懐かしい風景 

2008年02月18日(月) 13時25分
私が小学校時代から、美術が得意であった次兄がよく

描いていた風景と似てます。

彼の作品は、大体、日本風ですので遠野物語にでも出て来そうな

水車小屋でした。

この動く絵は mirai365jp さんからお借りいたしました。

お揃い (≧∇≦) 

2008年02月14日(木) 9時27分
先日、ままのお気に入りブログ『わが家のミニピン小話』の3万人と言う記念すべきキリ番を、踏ませていただきました(^0^)
そしたら、そしたら、なんとプレゼントが。。。届きましたぁーっ!!
しかも、しかもブログ仲間の仲良しさんで、お揃い (≧∇≦)
まま(まろん)も、仲間に入れてもらっちゃいましたぁ(*^▽^*)



ピッピちゃん、夏ちゃん、虎ちゃん、まろんのお揃いです♪
お揃いのTシャツ他のブログでも、みなさん見てくださいね。
わが家のミニピン小話

花と夏のwanwan♥room

イタリア何でも通信




レイ吉っピままさん、ありがとうございまーす(*^▽^*)

Vol,33 「鍋とキアンティ」 

2008年02月01日(金) 23時15分
鍋とキアンティ??


「鍋」始めましたッッッッッッッッッッッッッッッッッッ!!!

今回は「鍋」です。

寒くなりますね〜!!
冬といえば、やっぱり鍋。イタリアにだって「鍋」があるんです。
「ボリート」と言われる、日本とはちょっと違うスタイルだけど、同じように色々な食材
お肉・お野菜をメインにしたもので、北イタリア地方に伝わる郷土料理の一つです。

当店では、卓上でこのボリート鍋を、あえてお客様に直接温めながら召し上がっていただくスタイルで、ご提供させて頂きます。

実際に、スタッフ同士でこのボリート鍋をやってみたんですが、多少の手間はかかりますが、「じっつにうまい!」の一言。
なんと言っても楽しい!

寒い時期にはもってこいのこの「ボリート鍋」!
いま食べなきゃ、いつ食べる??

東京イタリアンレストラン業界としては前代未聞のイタ鍋?!

ご自宅で、炬燵に鍋も良いですが、リングア鍋おすすめで〜す!

ま・ず・は・想・像・して見てください!



続いて、只今の時期のお勧めグラスワインをご紹介
グラス¥980  ボトル¥4800

・D.O.C.G. Chianti Colli Fiorentini
品種:サンジョヴェーゼ90%、カナイオーロ10%
醸造:28〜30℃の温度管理を行いながらコンクリートタンクにて発酵。 果皮と共に15日間の醸し。
20hlのオーク樽で12ヶ月熟成後、瓶熟3ヶ月

(画像が粗くてすみません。)

今回はイタリアワインの代名詞「キアンティ」・・・・

イタリアワインの代名詞的存在。

といっても「キアンティ」と名のつくものは数多くありますが、今回は「マレンキーニ」社の一本をご紹介。

味わいは、正直「軽い!」です。

ですが、香りは非常によいです。
実際に若いヴィンテージですので、熟成香等はありませんが、フレッシュ感がよく出ていて、もぎたてのチェリーやイチゴをも思わせます。
インパクトが強くない分、繊細さを心地よく感じさせる仕上がりになっており、
決して濃いとは表現しがたいワインかもしれませんが、サンジョベーゼ種の特徴と言われる「酸味」のおかげで、存在感その割りにもしっかりとした赤です。

それに決して「安っぽい」とは感じさせない、嫌味のないタンニンのバランスがグッドです。

キアンティにも大きくわけて、8種類(実際には好みや、醸造工程によりもっと多くに分けられる。)に別れ、これは独自の感覚・考え方によるものですが、キアンティが造られるゾーン(地区)が8つに分かれているからだと思います。
また機会があればその他のキアンティもご紹介しますが、まずはそのうちの一つ、マレンキーニの造る「キアンティ・コッリ・フィオレンティーニ」のご紹介です。

もともとキアンテイ・コッリ・フィオレンティーニは優しい感じを受けるものが多いと言われ、フルボディというものが少なく、それはセパージュによるものや、土地柄からくる標高、土壌・気温など自然の因果が主だと思われます。

どうしても、イタリアワインも最近の流行で重たいワイン、特にシチリア(コンテッサ・エンテッリーナより東の西の都市マルサラを中心)等の物の評価が上がり、皆さんボリューム感のあるいわゆる“濃い目”のものが当店でも人気ですが、お料理との相性を考えると、決しそうとばかりもいえません。

やはりガッツリとしたシンプルイタリア料理、シンプルなトマトソースパスタや、シンプルな炭火焼のお肉との相性を考えると、案外キアンティ・コッリ・フィオレンティーナのような酸味だけは特徴的に残る、軽めのものがよかったりする(場合もある)ものです。(無論、一つの案として・・・)

それを考えると、このマレンキーニのキアンティ・コッリ・フィオレンティーニは飲み飽きない一本で、ある意味では優等、そして利口でなキアンティといえるのではないでしょうか??


馬鹿にされたワインとしての一面も否定できないこの「キアンティ」・・・

先日、あるお店で1996年の“ある作り手”キアンティ・クラッシコを飲む機会がありました。1997年があまりにもよかったトスカーナ。。

それに比べられてか、あまりよくなかった年との声も。

長期とまではいかなくとも、そこそこ熟成した“その”キアンティ・クラッシコ。

素晴らしく花開いた芳香と、優しくなったタンニンでした。

お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、この1996年は、キアンティ・クラッシコがキアンティから独自のDOCGを手にした記念すべき年。

長い時間トスカーナでキアンティを作り続けた生産者の強い思いが感じられます。

マレンキーニ社のキアンティもあと10年すればさらに素晴らしいキアンティになるかも。

まあ10年も待てないですが。(笑

・・・・そんなことを考えると、夜も眠れず今宵の夢の舞台は中世フィレンツェとシエナ。

夢を覚ましてくれるのはきっと“ガッロ・ネロ”(黒い雄鳥)になることを願い・・・・(-_-)zzz





呼んでも読まなくても↓↓↓↓↓↓↓!


しとしとピッチャンしとピッチャン・・・

10月28日 只今0時00分・・・

雨・・・降ってます。。

今夜は少々冷え込みがきつくなりそうな予感。
皆様、お体には十分にお気を付け下さいませ。

雨が降るたびに、寒さが厳しくなりますね。

東京の冬はどうでしょう。。。
あまり雪が降ることはありませんが、雪がふるとなんだかちょっぴりセンチな気分になるのは僕だけでしょうか??

「外は白い雪の夜」・・・好い歌です。吉田拓郎さん:作  本文とは全くもって無関係。。(-“-)

くぅ〜切ない!

夏木マリさんもご結婚!?

う〜かなり切ない・・・!!

結構フアンだったり・・・(独り言です。)

お幸せに〜   (でも切ない!!(>_<))

「鬼龍院花子の生涯」・・・自宅でもう一度鑑賞!
「なめたらいかんぜよ!」 名言! (-“-)

って、これが分かるあんたはすごい!

まあ夏木マリさんが主役というわけではないようですが、、、、、

って誰が主役で、誰がちょい役かは、見るもんが決めるわいッ!!

(独り言です・・・)

キミ・ライコネンやったぁ!! 

2008年01月19日(土) 8時37分
一番楽しいF1レースだった。
一番勝ってほしい人が、勝ってほっとしました。。。



(´ 3`)=3 ふぅ

 

2008年01月11日(金) 15時33分

御馳走様でした゚・:*:・。♪ 

2008年01月02日(水) 19時08分
                 







先日のものすご〜く疲れた日
以来車関係でばたばたしてモットつかれきったままの週末です^^;




車のことは置いておいて・・・。




先週末とっても美味しいものをたらふく頂いてきたので〜^^




4月から働き始めた、クリニックの受付。
とても良い雰囲気の中働かせてもらいストレスもほとんどなし(*^^*)



お仕事にも段々慣れてきました=*^-^*=






先日は薬品会社さんがスタッフみんなを接待してくださり・・・







こんなところにタクシーの送り迎えつきで行ってきました。




地元にあるのですが院長先生のご家族も御用達のお店。
歓迎会もここで開いてくださいました。





季節のものが彩りよく次々と出されてきて
見ているだけでも勉強になります。



まずはビールで乾杯“♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
☆細長〜いおしゃれなグラスに細かい泡を沢山作って注いでくれます☆
これがまた美味しいんですよ!






さぁ〜お料理ですよぉ(*^^*)






蟹に金箔☆ &お刺身

















小芋のミルクスープ  あん肝の酢の物




お酒もすっごく美味しい日本酒や焼酎が揃ってます(o^-&#039b




















すずきのソテーには枝豆のソース♪
豚ばら肉とお野菜が層になっています〜。お皿もきれい!

















ふぐの天ぷら。大将いわく「ダイナミックに手で食べてるのが一番美味しい」って
マツタケたっぷりの土瓶蒸し♪ひゃ〜おいしいっ。









栗ご飯に季節のデザートまで!







器の使い方からお料理、盛り付けまで完璧です。
お味は京都の料亭で修行を積んだ大将すんばらしいデスッ。




秋の恵みをお腹いっぱい'''御馳走様でした'''





そうそう昨日、滋賀県内の小学校で早くも
インフルエンザによる学級閉鎖とのお知らせがありましたオオーw(*゚o゚*)w




どうぞ皆様もお気をつけくださいね☆




  





                

横浜港界隈 <187> 

2007年12月18日(火) 6時36分
こうして「新撰組」の前身「浪士組」は誕生する。
鵜殿鳩翁はこの前後に京を離れて江戸への旅路についた。

その後、松平容保は数人の家臣を選び「公用人」とし、
彼らから「浪士組」へ命令を伝達する形を取る事にした。
「お預かり」とはいえ、「浪士組」に好き勝手に
動かれる訳にもいかないのである。

だが、「浪士組」は誕生と同時に組織内部で
血で血を洗うような粛清劇を繰り返す。
それは「新撰組」が京を離れるまで続いた。
その始まりは24人の浪士達の主導権争いからだった。

殿内義雄とその一派が最初に犠牲となった。
京都四条橋で彼らは暗殺される。脱走を禁じた局中法度が
まだ無い時期だったため、芹沢鴨の率いる水戸派、
近藤勇率いる試衛館派と意見が合わず、自ら京を離れた浪士も出た。

最終的にこの水戸派と試衛館派が残る。
よく知られているように近藤勇、土方歳三らは、素行が悪かった
芹沢鴨らを法度を盾にした切腹と暗殺を持って駆逐した。
組織は「新撰組」と称するようになった。

水戸派を取るか、試衛館派を残すのか。
会津藩は近藤勇を頭に据える形で試衛館派を取った。
その対応は後手後手に回った感は否めない。

鵜殿鳩翁だけが浪士達を御せなかった訳ではない。
「浪士組」から「新撰組」への転換劇の内幕は
それを如実に物語っているのだ。 続く。

アリス♡ 

2007年12月13日(木) 7時48分
ァリスめちゃァヵゎww

貰ぅ囚ゎコメ♡ゎぁ━━.+゚ヽ(・c_,・。)ノ.+゚━━ぃ!!

密室談合に抗議 市田書記局長が会見(しんぶん赤旗) 

2007年12月07日(金) 2時16分
密室談合に抗議
市田書記局長が会見

--------------------------------------------------------------------------------

 日本共産党の市田忠義書記局長は三十日の記者会見で、福田康夫首相(自民党総裁)と小沢一郎民主党代表の党首会談について、密室談合だといわざるをえないと厳しく批判し、抗議を表明しました。

 市田氏は、二党だけの党首会談のために衆院テロ特別委員会の野党の質疑が二時間も割かれたことについて、「国会運営のあり方、議会制民主主義のあり方からいって、きわめて重大だ」と指摘。小沢氏自身が、密室での話し合いではなく、国会の論議をと主張していたことも示し、「国民の前で堂々と、テロ新法についてそれぞれの政党が何を考え、どういう意見を持っているかということを示し、国民に判断をしてもらうというのが民主主義のあり方だ」とのべました。

 さらに市田氏は、三十一日に予定されていた福田首相と小沢代表による国会での党首討論までもが中止されることについても、自民・民主の二党だけの都合による国会運営だと強く批判。小沢氏が会談後の会見で、事前に明らかにしたのだから密室ではないとのべたことについても、「どういう話し合いがおこなわれたのかというのは、国民の前には明らかにされていない。こういうのを世間では、密室という」と強調しました。

 市田氏は、七年間書記局長として毎回党首会談に同席したが、自民と民主だけの党首会談というのはこれまで一度もなく、二党間の場合も、自民と民主だけではなく、他の各党の党首とも会談がおこなわれてきたと指摘しました。

 会見で市田氏は、自民、民主両党から二十九日夜、穀田恵二国対委員長にたいし同会談について通告があったさい、党首会談を開催するなら全会派参加のもとにおこなうべきだとの態度を両党に伝えたことを明らかにしました。

数字、すうじ… 

2007年12月02日(日) 16時14分
仕事ってさぁ、各自その部門でやるべきことをやるんでないのかな?
俺は数字合わせのためにする仕事が嫌いだ。
なのに、なんでそういうのが求められる会社に入ったんだろう…

大学卒業するまでに「自分のやりたいこと・将来」を考えてなかった。
「仕事なんて、生活するための手段」としか思ってなかった。

でも、今になって「俺は何のために仕事をしているのか」と。

確かに、今までしてきた仕事の中で「やったー、よかったー」と思ったこともないわけではない。
ただ、目の前の仕事をこなしてきた、片付けてきただけだ。
今の俺には何の「キャリア」があるんだろう?

そうだ、数字の話に戻そう。
その数字の目標を集めるよう言われた。
俺はそれが嫌で今の部署に来られてよかった、と思ってたのに…
その代わり、この部署で自分にできる役割を果たそう、と。
確かに目標を持つことは必要だと思う。でも、それは自分の職責でできることならば納得できる。

「全組織挙げて、この危機を乗り越えるために。」とか言ってたけど、その危機を招いたのは誰なんだよよ?
冒頭の偉い奴の「皆様にご迷惑かけたことをお詫びします」で終わりか?
何が「コンプライアンス」「ガバナンス」だ。ちゃんと辞書ひいて、理解して言ってんのか?
日本語で言え、なんでカタカナ使いたがるんだ。カッコイイとでも思ってんのか?


やっぱり、俺は今の会社が嫌いだ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taloas1238
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 懐かしい風景 (2008年10月17日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 懐かしい風景 (2008年10月14日)
アイコン画像めーたん
» 懐かしい風景 (2008年10月11日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 懐かしい風景 (2008年10月09日)
アイコン画像きりひと
» 懐かしい風景 (2008年10月05日)
アイコン画像はにまる
» 懐かしい風景 (2008年10月03日)
アイコン画像RAOSU
» 懐かしい風景 (2008年10月02日)
アイコン画像きりひと
» 懐かしい風景 (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» 懐かしい風景 (2008年09月24日)
アイコン画像ハム太郎
» 懐かしい風景 (2008年09月21日)
Yapme!一覧
読者になる