恋ごころ 

October 17 [Sun], 2010, 17:08
湘南界隈での暮らしとか
秋10月の熱燗@深夜の下北とか
20代30代とか
そんな空間にいても

あなたと一緒に飲みたい
いつまでもこうやって恋していられるといいなと思った

セプテンバー 

September 20 [Mon], 2010, 5:25
今月3つ目のイベントを終えて、
5時の渋谷発を待てずにYまでタクシーで戻った。

9月
一年前のちょうど今頃、OからYへ引っ越しを決めた。
あれから1年、が、長いのか短いのか分からない。

彼とつきあい始めて、色んなことが変わり始めている。

もう昔のように、自分を痛めつけることが無くなったのだと、実感した。
「我慢すること」を、しなくなったのだと思う。

全くうまく出せなかった自分が、少しずつ出せるようになっているのだと、思う。
彼とつきあってから。

そのための、今自分の中に起こっている変化。
腑におちるまでが、私は長いので、ようやくその状況を理解した、という感じ。

1年前は、彼をもう二度と傷つけたくなかったから、
彼に近づきすぎないように気をつけていた。
でも、気づいたときには遅くて、彼は私に近づきすぎていた。
寝てしまったから、私の心も動いてしまった。

ただ、傷つけたくなくて、でも、好きになってしまって。
最初はずっと混乱してた。

でも、
君を傷つけたくない、というのは、
自分が傷つきたくない、という理由だからじゃないのか。

「君を傷つけたくない」という言葉は、つきあっている関係にあっては、
他の人と寝るとか、そういうことしか結びつかないのではないか?

自分が怖いのか私は。。。

こんふぇっしょん 

August 09 [Mon], 2010, 1:15
いっしょにいて君は
本当の優しさを、私から引き出してくれた

人に対して、本当に優しくなること
ってどういうことか
君を好きになってから実感した

君に優しくなれると
他の人にもやさしくなれる
自分の中に余裕が生まれた

そういう風に思えたのは
やっぱり君だからだと思う

だから

これから大変なことがあっても
君を少しでも楽な気持ちにして
いつも、自分の力不足でもどかしい思いをするけど
君を支えたい

心にせまる 

August 09 [Mon], 2010, 0:58
心にせまってくるものがある
せまってこないものもある

素直に、そうやって世の中のものを見るようになると
こんなに楽になるんだと思った

心にせまってくるものを、真似して、なんとか、
自分が心にせまってきたように
色んなことを伝えようと思う

そういうやり方で、色んなことをやりたいんだけどな

いい子ではない 

August 03 [Tue], 2010, 1:34
そうだ
もういい子になるのはやめよう

ひとことではすまない 

August 03 [Tue], 2010, 0:57
言葉と気持ちがつながらない
そうか、そういえば良かったのか、と気づく。この年齢になって。

******
ひたすら会社の仕事がしたくない
会社から帰ると、どーっと疲れている
そんなに大変なことをしていないのに、
すごい疲労感
なんだろう、これ

どうしてこんなに疲れているのか分からない
確かに、やればいいんだけど。
気持ちが、体が、追いついていかない

しんどいなーって体と心がサインを出してる
今までこんなに思うことはなかったのに

今は、前の二年間とは違う
大事な人ができたこと
前の職場を離れたこと
映像に対する気持ちも変わったかな?

でもどっちかというと、
前の職場にいないこと、彼という大切な存在ができたこと
その二つが大きいと思う

前の職場は、色んな意味で、甘かったのかもしれない
仕事内容からすると、全然今の方が楽なのかもしれないけど
今は、色々厳しい
「やり直し」させられている気分だ
前はやらなくてよかったこと、それ以外の部分でカバーできてたこと、に対して
自分のお気に入りの道具を全部没収されて、丸腰でやれ、と言われているような感覚

でもまだ、私にはそういう訓練も必要だと思う
で、そればっかりだから、多分しんどい

本来の目的「アイデアで食って行けるようにする、独り立ちできるようにする」を
達成できるようにすれば良いんだから、
他は適当でいいんだと思う
真面目だから、だめだなぁーっていちいち落ち込んでしまうだけだと思う
できなくて、当たり前だ
だから、一番良いのは、多分気にしないこと
忘れてはいけないことだけを、覚えていれば、大抵は大丈夫。

そう、状況を変えたいんじゃなくて、
自分の気持ちを変えたい

愚痴を言っても結局、自分の出来なさに対する不満だけなんだから

でもこれまでは、こんなに疲れることなかったなぁと
疲れてても、平気だったし、やらなきゃ、って気持ちが追いついてた
今は、気持ちが追いつかない
でもそれも、結局自分の「やりたいこと」の情熱が足りないだけなのだ
他力本願じゃなくて、自分のものに自信を持って、自分にまっすぐに向き合うこと
それが今やるべきことなんだと思う
******

N駅の乗り換えする歩道の雰囲気
夜のその雰囲気が良くて
今夜は風が心地よくて
さて、どんなストーリーにすればいいかなと思う

感受性が強いねぇって言われて、
そういうことだったのかと気づく。この年齢になって。

色んな雰囲気があって、
昔の記憶と結びつける
そうだ、そんな空気があった、って
本当に何気ないものに引き起こされる

その度に、ああこれを感じてるだけじゃだめなんだなぁと思い始めて
だからそれをなんとか形にしようともがいている

だって、その雰囲気とその感情の組み合わせは
私だけにしか感じられないかもしれないから
だから、それをどう伝えようか、考える

色んな人にシンパシーを感じてしまう
そういう時もあるし、そういう部分もある、って分かってしまう
それを伝えられたらいい
人間って多分そんな簡単な存在じゃないし、
だからこそ面白いんだし、いとおしいんだし、世界は素敵(full of magic)なのだと思う
何か事件が起きて、「信じられない」なんて私は思わない
それがあるからこそ、私たちの幸せもある

どんな人生でも、「生きるべき」なのだ
だって世界はまぶしいほど美しいのだから
でもそんなことに気づくことが難しくなっていると思う

だから、少しでも、子供の頃感じた美しいことを思い出して
生きる価値のある世界だってことに気づいて欲しい
そう思う

それが私のやることだ

あー 

June 24 [Thu], 2010, 2:51
会社勤めしたことないヤツに、勤務時間だのなんだの言われたくない!給料の額だって、私教えてないよね??別に今はお金のために働いてる訳じゃないし、心配される筋合いはないっ!

the words like pictures 

November 19 [Thu], 2009, 1:13
そうか 私は暗い雰囲気が好きなのだ
パワーがあって
底知れぬ力強さが好きだ

また冬の真夜中の腐りきった底辺に
頭のてっぺんまで浸かりきって
どろどろになりたい

真夜中に光が見えるよ
カリフォルニア・ドリーム

駅を出たら突然 

September 29 [Tue], 2009, 1:16
雨が降ってきた、ような気がした

一年前
あの彼と一緒にロンドンに行っていたら
今見えていない未来があっただろうか

自分が愛した記憶はもう遠くて

告白 

September 13 [Sun], 2009, 4:12
君は大事だ
私にとって

君が再び私の前に姿を現してくれたことに
私はすごく感謝している

もう二度と君を悲しませないように
君に近づきすぎるのを、注意しているんだ

だから、君が幸せになってほしいと思うんだ
君がいつの日か、嬉しそうに彼女を紹介してくれてもいいんだ
私がいつも君の隣にいなくてもいいから
君を大事にしたいんだ

傷つけたくない
偽善のように聞こえるかもしれないけど
私のせいで誰かが苦しむのなら、私は恋なんてしたくなかった
私は、皆を幸せにすることでしか自分の存在を確かめられないのだから
不幸せにしてしまったら、自分の存在をも否定することになるのだ

君がくれたこのチャンスを
無駄にはできない

君をただ失いたくない
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:talktoomuch
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
インターネットのコンテンツ屋で働く
Videographer in Tokyo