カルテット狂騒。 

November 19 [Mon], 2007, 19:24
バッチグゥ!!椿屋四重奏ライブin渋谷C.C.Lemonホール!!
あーもう何で東京行かねばならんのだ首都だからって調子こいてんじゃねえぞとか不貞腐れていたことをあっさり忘れ「次回も絶対行く!」と意気込む始末。でもほんとによかったの。
ライブはやっぱよかですよ。腹に響く重低音とぞくぞくするような臨場感は堪らない!
開演直前に顔面蒼白・小間物屋は開店直前だったことも忘れて縦揺れしまくる。
「LOVER」は初聴きだったけど(己の不肖を泣いて謝りたい…)すごくキャッチャーですっかり呑まれる。
新曲「不時着」は真っ赤な照明といつもに増して抒情溢れる曲調がものすごく鮮烈でした。
初聴きなのに脳内で画像が結ばれる「物語性」が堪らなかった!
しかし先日友人宅で見た不条理コメディ映画「FLYNG HIGH」が頭をよぎったので全力で排除!んもう出てくんなこんな時に!でもこっちはこっちでシュールなギャグと厄介パーソン満載の愛すべきアホ映画なのでお薦め。
「恋わずらい」はあの放送規制寸前CMに負けないほど艶めかしさ、「サイレント」は軽快さと叩きつけるような衝撃で魅せてくれました。「群青」「プロローグ」「踊り子」「小春日和」などなじみ深い曲も情感たっぷりの演奏で満足の一言。「紫陽花」ではしっとり切なく、「空中分解」はどこまでも煽情的に〆てくれました!ただ惜しむらくは「かたはらに」が演奏されなかったこと…好きなのになあ。
改めて演奏力の高いバンドだなあと悦に浸った訳ですがね、メンバーもまた素敵です。
ボーカル・中田さんがありえないくらい可愛い!細身!小尻!(そこしか見てないのか)
歌ってる時はおまわりさん呼びたい位にエロさ炸裂で「そこの君客席への挑発は止めたまえ!」と何度脳内シャウトしたことか…。
ステージ上をエネルギッシュに跳ねまわり極めつけは中田ダンス(←友人が勝手に命名)!ちょっ、おまっ、萌え殺される…!しゃべりは茶目っ気たっぷり・重要なところでカミカミで可愛いかった…!
ドラム・小寺さんは超絶技巧というより他ない素晴らしさ。そして頭を掻く仕草が男らしっ!
ビートが加速していく様には息を呑む迫力と緊迫感が漂い背筋が寒くなる思いでした。
ギター・安高さんは中田さんお墨付きのキモさ(違うから!)で存在感が「バッチグゥ!」でした。
セクシィヴォイスでの3rdアルバム告知と微妙なグラサン姿が素敵!
しかし私が今回一番やられたのはベース・永田さんんんんん!
赤パンツ姿はおいといて何あのエロい指さばき!人差指と中指が忙しなくしなやかに弦をかき鳴らす様は犯罪級にエロい!立ち方からしてもうフェロモン垂れ流しなんだよ…腰の反り具合が目も当てられないぐらいやらしい(でもガン見)ああ永田さんのベースになりたい!と口走り友人をドン引かせてしまいました。とうとう無機物にまで嫉妬する末期症状。
そんな絶妙なバランスの四人の殿方によって構成される自称「最強」バンド・椿屋四重奏、2月6日にアルバム「TOKYO CITY RHAPSODY」発売です。絶対買うんだから!ムッフー!(早くも鼻息が…)

骨身に染みる 

November 15 [Thu], 2007, 23:14
どうも。放置プレイはする側ならば大好きです。
でも友達に心理テストやってもらったらドMとの診断が出て生まれてこのかたドSと自負してきた私のアイデンティティが木端微塵に!打たれ弱いMなんてやっていける訳ないじゃない!!・・・ろくでもない近郊報告で心苦しい限りで。
写真は友達からの貢ぎ物(笑)その名も「親父まみれ」・・・なんつうネーミングセンス!写真じゃわからんけど妙に力いれてる尻の造形!プリけつ!これ需要あんのかー!?・・・私は嬉しいんだけど。
四つん這いのセクシャルポーズな親父をひたすら積み上げるという悪夢のような遊戯の道具ですが意外とむずかしいのですよ・・・未だコンプならず。こいつァ一筋縄じゃいかない相手だせ・・・(きもい)
しかしこれをくれた彼女には援助されっぱなしで頭が上がりませんよ。「昔のカップヌードルのCMの曲がすき」という無謀かつ世間の波に乗り遅れたリクエストにミスチルの自選CDつくってくれたり。ありがたや。もう愛してしまいそうで怖い。(きもい2発目)
しかし「and I love you」というタイトルとサビのなんとストレートなことよ。ポルノの「ROLL」の「愛してる」でさえ赤面する私には毒以外の何物でもない・・・!(きもすぎる自分)

お留守というか居留守 

October 21 [Sun], 2007, 12:13
ちわーす。ここのところヒッキーの得意技・居留守を貫いていました!インターホン鳴っても絶対出てやらないんだぜ。出たら負けかなと思ってる。(質悪すぎ)
jこことこ●越のお歳暮スタッフに応募したり他学部の心理実験にしょっぴかれたり飲み会で他人様の尻をラケットで殴打してみたりとごたごたしてたんです。そこでこんなんじゃいけない!心の潤いを取り戻さなきゃ!と思いたち徘徊に出発した次第。
まず金曜日降りしきる雨の中強行軍で徳川美術館に馳せ参ず。学部の教授がプッシュしてたということもあるけど何より学生証掲示で無料!つうのが大きい。つくづくいやらしい学生だな。特別展は「王朝美の精華・石山切」といってたいそう古ぅい歌集の切れっ端のオンパレード。何が書いてあるかなんてすっかりあっぱっぱー(シモ村さん使ってみたよ!)なんで目で楽しむ方向で!大事なのはハート、だよね!(きもすぎる)ちょっと知識人になれたかのような底の浅い錯覚に浸る。シモ村さーん色々と付き合ってくれてありがとーう…(遠い目)
土曜日は午前中に用事済ませた後に熱田神宮に詣でる。三種の神器の一つ、神剣が奉じられているでかい神社です。ちょっとハマった漫画に「神剣を三つの鳥居で封じる」つう表記があったんだけどすごいホントに本殿までに鳥居が三つも!(オタめ)境内には七五三の餓鬼がわらわら湧いててうっとうし…いやほほ笑ましかったね。こんな由緒ある神社で祝ってもらえて君らは幸せだぞ(なぜか金八口調)緑がっぱいの境内は非常に清々しい空気で煩悩が洗い流されるようでしたことよ。身が引き締まる。決して「巫女さん萌」とが「宮司さん萌ゆる」とか思ってた訳ではない。はず。そして発見したのがこの土偶さんです。「眼鏡之碑」って…なぜ遮光器型土偶?あまりのミスマッチさと存在感に写真を撮ったはいいけど夕方&撮影者の技術不足のせいでますますホラーな雰囲気に!ビームとか出しそうだなこいつ。(ドラ●もんの映画でいなかったかそんなん)
帰ってきたら飲み会に強制参加の方向で心身ともに疲労してあの清廉潔白な心はどこへやら…な有様だったけどこれからも無理をせず好きな時に徘徊と居留守を繰り返すサフイフ人ニ私ハナリタイ。

甘味はもういい! 

October 07 [Sun], 2007, 15:27
とか罰当たりなことをほざいてみる。
PARCOのデザートバイキング行った直後はそんなかんじ。あああ乳製品の底力思い知ったり!もう糖分が足りねえなんて言わないから…!…その後ブラブラ地下街とか回ったら案の定おなかが空きやしたがね…胃腸が健康な証拠!
今回の感想は一緒に行ったメンバー全員一致で「うどんっていいね!!」…何しに行ったんだ。いや甘味をつめこむ合間にほどよく和風&のどごしをプラスするうどんは素晴らしい、ということを発見したのでもう学会に殴り込みかけたいくらいですよ。門前払い決定★
しかしもう既に糖が(強制終了)

ブログ更新のために写真とかマメに撮んなきゃー、と思うんですがいかんせん私は写真を撮るのが苦手&嫌いでして。写真にかかる時間が惜しい。つかおいしそうなものとか目の前にすると写真のことなんざアッサリ忘れるってのー。トリ頭な自分がうらめしい。

やっとこさー!! 

September 28 [Fri], 2007, 19:01
近所のゲオのカード作った!見たかったDVDどんどん見ちゃうぞー=引きこもり加速!ってな訳で今回さっそく「ユメ十夜」見ました。夏目漱石「夢十夜」に原題をとったオムニバス。
第一夜…内田百霎ンセイって生活不能者だよなこれじゃあ…でもそういう奴に限って美人で物わかりのいい細君がいるんだ!京極シリーズの関口みたいに!ずるい!(ちなみに監督は「うぶめの夏」の実相寺監督でした。あれなにこのデジャブ)でも関くんちとは違ってこっちはすごいロマンチック夫婦だわ。
第二夜…モノクロ。侍?と和尚。以上!(扱いヒデエ!)
第三夜…ホラーだ!!!こどもと地蔵、二大恐怖アイテムの競演ウヒャア!古典怪談の「こんな夜」の変化球ってとこ?夢が現実と地続きなんだかどうだか曖昧なとこがさらにこわい。
第四夜…漱石先生若ェー!ヒゲがねえー!てか、山本耕史ィィィ!そのレトロな格好のままウチに嫁に来いッ!でも帽子はちゃんとかぶっててね生え際ヤバイんだからー!…いや贔屓目を差し引いてもナイス配役だと思う。背のびして悪態をつく(いやツッコミか?)ポーズとは裏腹にまだ子どものままの部分も引きずってる感がすごい出ててよかった。ラストでようやく一皮むけた感じかな。
第五夜…あー…カオスですなあ。変態夫妻の誕生。
第六夜…阿部サダヲがすっげいい味。電波系やらせるとホンットうまいな!(褒め言葉)運慶の彫刻つうかダンスは周囲のリアクション含め絶品。でもなぜにオチが 石 原 良 純 …
第七夜…いつのまにやらFF突入。デザイン天野喜孝だしなー。巨大な船、蝶を模したピアノ、極彩色のボラ(え?)とすごい贅沢な映像美を堪能させていただきました。
第八夜…出たな藤岡弘、!すげえヒゲ!さすがは隊長!…以上。
第九夜…漱石先生の幼少時はとことんダークなようで…これがホントの「赤」紙ってか。母上の着物がすんごく奇麗なのが印象的でした。
第十夜…ラストの脚本が漫☆画太郎って…!あの世界を実写していいの!?と思ってたらやっぱり凄かった。当分豚肉食べれないじゃんもう馬鹿!要するにパナマ帽のイケ面松山ケンイチVS安田大サーカスな仕上がり。なんだこの異種格闘技!とにかく(笑)→脱力の連続。でもこう訳分からん突拍子もない馬鹿さ加減が夢、っぽいのかもしらん。bo、ギャグ漫画な松山ケンイチが見られるよ。

贅沢なのかそうでないのか。 

September 27 [Thu], 2007, 22:26
地元のバイトも終わり下宿先に舞い戻ってきたものの…ヒマでしゃーない。こうなると余暇の使い方の分らない典型的ジャッパニーズは途方に暮れるしかない訳です。は?勉強?それっておいしいの?←白々しいにも程がある…バイトの思い出でも補完しようかしらっと。
@シュクリーム1個購入し品物を受け取らず立ち去った白人男性を呼ぶために店内放送を使用。馬鹿馬鹿しさここに極まれり。苦笑しながら戻ってきた彼は「ゴメン、忘レチャッタ」と恥じらいながら帰ってゆきました。…かっ、可愛い…いや待て本当に可愛いか?
Aでかいサイズのチーズケーキを購入した白人男性(またか)に商品確認を取る。「お品物はこちらでよろしいでしょうか?」「?」どうやらこっちの意図が伝わらない様子。「こ・ち・ら・の・ケ・ー・キ・で・よ・ろ・し・い・で・す・か?」再度ゆっくり確認するとしばしの沈黙。「・・・・・まあ、そうだね」…テメー!何流暢な日本語ぶっこいてんだ!何回も確認したこっちが馬鹿みてーじゃねえか!もう!リアクションの意外さに戸惑いつつ商品を手渡すと…「あざーっす!!」(←非常に元気よく)…すっかり日本の文化に適応しておいでのようで。方向性はだいぶ間違ってるがな!
Bちっこいサイズの(我ながら店員とは思えぬおおざっぱな説明だ…要するに詰め合わせ用)ケーキを注文する老婦人。一つに決断できない様子で注文が一転二転。あのう「コレおいしいのよね」って食わせてもらったことないから知らんのですがとにかくはよ決めれ!そんな彼女の最終チョイスは…「この梅の乗ってるやつ頂戴」「…苺タルトでよろしいでしょうか」「そうそうその梅の」…梅って…明らかに梅干しだし!なにその食い合わせ!…いろんな意味で「常連」のお客様だそうで。へえー(棒読み)
C上と同じくちっこいケーキのはなし。時折明らかにヤのつくお客様がやって来ては一万円分ちっこいケーキを買い上げていくそうな。その日はちっこいのは壊滅状態。商品の数の多さもさることながら会計を待つ間の異様な威圧感が大変なお客様ということ。…組の会合とかで出してんのか。「ほれ、ヤス。おめえの分だ」「ありがとうございやすッ!」(内心前回と全く同じケーキを分けられてしまいガッカリするヤス。親分は好きなものが選べいいなあと心の中で指をくわえずにはいられないヤス。)…とかね。そもそも誰だヤスって。
だいたいこんな感じの一か月半。あー下宿先でも新しいバイト追加しよっかなあ…接客業とかケーキの販売とか以外で。軽くトラウマ気味つことで。

東京襲撃紀行 

September 14 [Fri], 2007, 23:17
東京の友人宅に押し掛けて参りました!二泊三日カロリー過剰摂取気味レポをお届けします。ます30分遅刻をしでかし(かなぼん本当にすまんかった…)キ●ガイ風のおっちゃんに奇声を浴びせられ(なぜこっちに来る!)早々に都会の恐怖を実感。東京はおっかねえ所だべ。
まず浅草で食べ歩いたり人力車の毛脛に目を奪われたりそぞろ歩く。写真はヨシカミさんの美味ハンバーグ。デミグラス将軍万歳!(誰だ)続いて「甘いものは別腹」のセオリーに従い梅園さんで甘味をかっこみ幸福感はうなぎ昇り!←浜名湖帰れ!
次に向かった新宿では人ごみに圧倒…日が落ちるとあきらかに水商売関係とわかる兄ちゃん姉ちゃんが大量発生してきてなんか怖っ…さすが不夜城、今夜もシャンペンタワーが輝くぜ!歌舞伎町はもう入口からして別世界でした。
そこで若(あこの呼称893みたい)と合流して徹カラにとつにゅう…若さって、無謀だわとすっかり明けた空を見ながらアドレナリンやら何やらですっかり痺れた頭で微笑む。しかし寝る間も惜しみ出発轟!
早大キャンパスでは時代を感じさせる重厚さを味わい雑司ヶ谷の鬼子母神では京極ワールドに迷い込んだような静謐な空気に浸り池袋ではディープな世界を満喫…何がディープかなんて聞くのは野暮ってもんだそうさお姉さんオタク処の探索に決まってんだろおおおおおお!…ハアハア…要は人間の想像力と表現力の深淵に挑んだってことですよ。(棒読み)ねっ。

煩悩ですっかり汚れた心を浄化するために世田谷は豪徳寺へ詣でる。招き猫で有名なお寺ですよ。ここの猫は素朴な造りで非常に可愛いです。でも境内にはリアルにゃんこ全然居なかったなあ。
この日のラストは吉祥寺。静かさと小洒落が絶妙な塩梅のすごく雰囲気いい町。そして夕飯は韓国式焼肉に初挑戦。おいおいおい な ぜ 肉 を ハ サ ミ で … !衝撃だったとよ…。そして満たされた腹を抱えて府中に向かう途中まさかの電車乗り間違え…アレッ何か地名おかしい土臭いよギャアアア!(相●線を愛する皆様に土下座)とあたふたドタバタでまたも30分近く遅刻…かなぼんごめんよおおおお!
最終日は横浜中華街♪脳内では「横浜リリー」が早くもエンドレス!煌びやかな外装と異国情緒、食欲をかきたてる匂いに表情は弛緩しきりこうなりゃバイキングだうおりゃあああと順海閣新館にダイブ!種類も豊富だし味も極端に「中華!」でなく美味〜ココナッツムース堪らーん!テーブルの向い側ではかなぼんがタピオカにまつわる壮大なスペクタルロマンを編み出しておったよ…。嗚呼タピオカの触感を親の敵と憎む私はあなたの敵…タピオカ入りココナッツミルク、もうあなたと共にはいられないの?まあ大体こんな感じ。風呂敷は広がるばかりで収拾はつかず。…君はつもそうだ!でも素敵なパンダ紙風船をくれたからそんな君を愛してる!
時間割いて色々なところに連れて行ってくれた友人、若とかなぼんに深い感謝を込めて!めっさ楽しかったよーまた遊びに行かせておくれな!

終わりは未だ見えず。 

September 01 [Sat], 2007, 20:40
小中高校生が夏休みの終りに噎び泣く今週末こんなにも余裕を以て世界陸上観戦にうつつをぬかす己の身分の贅沢さよ。(←いっそ自分で自分を殴り倒してやりたい程のオーバーリアクション)このまま普通の生活に戻れなくなりそうでちょと怖い。怠惰の海は生温く心地よいもので漂ってるうちにああもう陸地があんなに遠くに・・・帰りたいと思う頃には浮き輪の空気がすっかり抜けているのに違いない。

要約すると心身ともに腑抜けになり果ててるということ。

「王の帰還」 

August 22 [Wed], 2007, 20:41
だったらいいのになあ帰ってきたらそりゃ大歓迎だっつの。しかし私が全く日焼けしてない死人のような面ァさらして伊豆の海から帰ってきても待遇全然変わらないしバイトも普ッ通に入ってるー!何故だ!当たり前だ!(ノリツッコミ上等)
とりあえず今年唯一の若者らしい(あ言ってて悲しくなってきた)夏の思い出ができて満足です。うっひゃーい海!そして酒!ものっそい疲れたけどそれを上回る楽しさを味わって参りました!
しかし今回学んだことは酒を他の人に「呑ませる」スキルを身につける必要があるということだ。やられる前にやるしかあるまい!!そんなタチ悪い呑み方ができる大人になりたい。

「●●少年」この2文字に何をあてはめるか。 

August 17 [Fri], 2007, 9:20
もう何だっていいじゃない・・・・。
いきなり投げやりです。だって何だってあてはまるじゃないの!そういやこのブログ始めたころはちょうど文化祭の時期でテーマソングはスキマスイッチ「全力少年」だったなあ♪あの頃の僕らはきっと全力で少年…ですらなかったんだよな嗚呼私も年くっちまったもんだなあとか考えたら無性にイライラしてきた訳です。
でも今なら絶対「勤労」の2文字を入れる。
お金を稼ぐのってむずかしい。
そんで時は金なり。ようやくこの言葉の意味が判ったですよ。トホホ。
写真→は海へ行く準備の一環。頼むから鮫出るなよ・・・。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:タカクラ
  • アイコン画像 誕生日:12月28日
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
好き→ポルノ・Cocco 椿屋四重奏・鬼束ちひろ(おかえり!!!)    
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
新あいづち
アイコン画像☆ネル☆
» カルテット狂騒。 (2008年10月21日)
アイコン画像タイラノ清盛
» カルテット狂騒。 (2008年10月14日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» カルテット狂騒。 (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» カルテット狂騒。 (2008年10月09日)
アイコン画像はにまる
» カルテット狂騒。 (2008年10月03日)
アイコン画像チャーリー
» カルテット狂騒。 (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» カルテット狂騒。 (2008年09月25日)
アイコン画像ハム太郎
» カルテット狂騒。 (2008年09月22日)
アイコン画像えびふりゃー
» カルテット狂騒。 (2008年09月15日)
アイコン画像おじさま80号
» カルテット狂騒。 (2008年02月15日)
Yapme!一覧
読者になる