さまざまな情報を提供しています。

サーフィン 初心者
サーフィン初心者について。サーフィン初心者は、サーフィンをはじめるにあたってはリーフよりはビーチ(海底が砂)から始めるのがよいでしょう。ビーチは足を怪我することも少なく、比較的恐怖心も感じないからです。最初は、人があまりたくさん入っていない場所を選び、なるべく経験者と一緒に入るとよいでしょう。

サーフィンの注意点とマナーは、周りの人、潮の流れ、海底の状態に注意することです。例えば、ドロップインと言って、人がすでに乗っている波を邪魔するようなことは絶対してはいけません。特にサーフィン初心者は、周りがよく見えてなかったり、自分がいる位置がわからなかったりするので、人と衝突したり、ボードクラッシュをすることがありますので注意しましょう。

サーフィン初心者はどこが波のピークかなど、波の知識を事前にしっかりと頭に入れておくことも大切です。サーフィンを始めるにはまず、最低限 ボードとリーシュコードを揃えましょう。リーシュコードというのは、ボードが流されないために体とボードをつなぐコードのことです。ボードは相当な値段がします。サーフィンを始める最初はボードが傷だらけになってしまうので、中古でもいいと思います。あとは水着、季節によってはウェットスーツが必要になります。サーフボードは大きく、ショートボード、ロングボード、ファンボードの3種類に分類されます。それぞれのボードによって特徴が違います。サーフィンのスタイルによって使うボードも変わってきます。サーフィンは思っている以上に難しいスポーツです。特にテイクオフ、つまりボードに立つまで、が最初の難関です。サーフィン初心者は浮力のあるファンボードやロングボードから始めることをおすすめします。

 
 / サーフィン / サーフィン 初心者
サーフィン グッズ
サーフィングッズについて。サーフィンで必要なグッズとしては、まずサーフボードがあります。サーフボードは大きく、ショートボード、ロングボード、ファンボードの3種類に分類されます。サーフボードによって特徴が違います。

サーフィンのスタイルによって使うボードも変わってきます。
1.ショートボード。 170cm〜200cmの短いボードです。操作性がある反面、浮力が少ないのでパドリングスピードが遅くバランスの難しいボードです。
2.ロングボード。 300cm前後の長いボードです。浮力があるのでパドリングスピードが速く、安定したライディングが可能です。
3.ファンボード。 ショートボードよりもテイクオフが速く、ロングボードよりも操作性があります。初心者に人気のボードです。

サーフィンは思っている以上に難しいスポーツです。特にテイクオフという、ボードに立つまでが最初の難関となります。初心者は浮力のあるファンボードやロングボードから始めることをおすすめします。次に、ウェットスーツです。ウェットスーツは形状や素材によっていろいろな種類があり、気温や水温によって使い分けます。防寒対策だけではなく、夏場でも日焼けや擦り傷等の怪我から体を守るために使用します。海水の温度や気温は地域によって違います。

ウェットスーツを買う場合は実際に海に入っているサーファーを見て参考にするか、地域のサーフショップで相談しましょう。この他のグッズとしては、リーシュコードがあります。サーフボードが流されないように足とボードをつないでおく紐のことです。また、ワックスも欠かせません。そのほか、サーフィンのグッズとしてはデッキパッドなどがあります。

 
 / サーフィン / サーフィン グッズ
サーフィン スクール
サーフィンのスクールについて。サーフィンを始める時、最初は誰かに習った方がよいでしょう。何も知らずに、一人で海に行っても誰も何も教えてくれません。サーフィンに限らず、何ごとも初めが肝心なのです。上手で知識のある友達に教わるなり、教え上手なスクールに入るなりして基本を学びましょう。

サーフィンのスクールは全国各地で開かれています。まったくの独学でやるよりは、断然上達も早いと思います。レッスンDVDなどで、基本的な知識を身に付けるのもいいでしょう。また、他のスポーツと同様、サーフィンにもルールがあります。事故や怪我なとを避けるためにも、先輩サーファーから話を聞くなどして覚えていきましょう。

日本サーフィン連盟(NSA)では、より多くの人にサーフィンを安全に楽しんでもらえるように海でのルールやマナーの普及に努めています。 その一環として、毎年講習会を行い公認指導員の養成及び認定を行っています。 その際には(財)日本海洋レジャー安全・振興協会の認定するサーフィン海上安全指導員の講習も同時に行っています。 現在、全国に約200名の資格保持者がおり、NSA公認スクールを実施しています。NSA公認初心者スクールは、NSA公認指導員がインストラクターとして行う、初心者向けの日本サーフィン連盟公認スクールで、毎年、全国で展開されています。このスクールが全国の公認指導員のもとで実施されることで、より多くの人にサーフィンの楽しさと海でのルールやマナーを理解してもらえるきっかけになっています。

 
 / サーフィン / サーフィン スクール
ウィンドサーフィン
ウィンドサーフィンについて。ウィンドサーフィンについて、サーフィンとの違いなども含めて説明します。ウィンドサーフィンは、ボードに1枚のセイルをたて、それに風を受け、水面を帆走するスポーツです。風を受けて進むヨットと波を進むサーフィンとが混合しています。

ウィンドサーフィンとサーフィンの違いは、風を受けるセイル(帆)のあるなしという用具の違いもありますが、決定的な違いといえば、その走行になるでしょう。ウィンドサーフィンでは、ヨットの原理で風を受けて進むことができるので、必ずしもサーフィンのように波を待つ必要はありません。といっても、自由自在に水面を疾走するには、もちろん訓練を積み、テクニックを磨く必要があります。

サーフィンでは「波」が命、ウインドサーフィンでは、「風」が命になります。さて、風を切る爽快感を味わうこのウインドサーフィンを始めるには、やはり初めは、ウインドサーフィンスクールなどに入って、インストラクターから手ほどきしてもらうことをおすすめします。ウインドサーフィンの用具を扱っているお店では、そうした情報も得られるので、訪ねてみましょう。

ウインドサーフィンをまったく独学でスタートするのは、無理とは言いませんが、それなりに苦労することと思います。サーフィンをする人口に比べたら、ウインドサーフィンをする人のほうが少ない傾向にあるので、用具ショップやインストラクターのいるショップも限られていると思われますが、ネット検索すれば必ずヒットします。波を待たず、風を受けるウインドサーフィンでは、海以外の川や湖など水面が整っていれば楽しむことができるのも、ファンには魅力です。自然に接し、体も鍛えられるすばらしいスポーツ、ウインドサーフィンもサーフィンと違ったよさがあります。

 
 / サーフィン / ウィンドサーフィン
サーフィン 保険
サーフィンの保険について。サーフィン中の接触事故や怪我、サーフボードの欠損事故が多発しています。サーフィンの事故や怪我は思わぬところで発生し、降りかかる自動車事故のようなものです。そうした事故や怪我から自分を守るために、サーフィンを始めた時から傷害保険に加入することをおすすめします。

サーフィン保険とは、サーフィン中の事故、怪我、サーフボードの欠損などの他、例えば自転車で転んでしまった、料理中にやけどをしてしまった、子供が転んで怪我をした等、自分自身はもちろんですが、自分の家族の日常生活の全般も保障される保険です。もちろん、事故や怪我後の示談交渉はプロの交渉代理人が行ってくれますので、事故後も安心の対応が約束されています。

サーフィン保険の加入は簡単で、サーフィンにも適用される障害保険に入れば良いのです。掛け金は、自分がサーフィンに行く日数で換算してみたら、安くつく掛け金ですし、日常生活全般も保障されるので、更に安心です。サーフィン保険の始期日は、年会費を入金した翌日からスタートします。補償内容は、偶然な事故により他人をケガさせたり、他人の物を壊したりしたことにより法律上の損害賠償を負担した場合、1事故につき3000万円を限度として損害賠償金が支払われます。自分の趣味、あるいは自分を磨くためにするサーフィンですが、不意の事故などにより、周囲に迷惑が及ぶ危険と隣り合わせであることを忘れず、サーフィン保険には加入しておきましょう。

 
 / サーフィン / サーフィン 保険
P R

| 前へ
 
 Powered by yaplog!