さまざまな情報を提供しています。

腰痛 薬
腰痛の薬について。腰痛に最もよく使われる薬は湿布薬でしょう。湿布薬には温めるタイプと冷やすタイプがあり、腰痛の症状に合わせて使い分けます。

急性の腰痛で患部が腫れている、熱を持っている時には冷やすタイプの湿布薬を貼り、慢性的な腰痛の時には温めるタイプの湿布薬を貼ります。冷やすタイプの湿布薬にはメントールと鎮痛薬が配合されていて、冷やすことで痛みを抑え、血行をよくします。抗炎症剤などが含まれていることもあるので、アレルギー体質の人は医師に相談してから使ってください。腫れや熱が治まってきて痛みだけになったら、温めるタイプの湿布薬に変えます。温めるタイプの湿布薬には、唐辛子成分などが入っていて患部を温め、血行をよくしてくれますが、入浴の前後30分以内に貼ると大変なことになってしまうので注意しましょう。

他にも、スプレータイプや塗るタイプの腰痛薬、経皮鎮痛消炎テープ剤などもあります。慢性的な腰痛には、漢方薬なども効果的かもしれません。基本的には、湿布薬の方が効果が弱く、服用するタイプの薬の方が効果が強くなります。

慢性的な腰痛を我慢していると、カバーしようとした他のところにまで被害が広がる恐れがあるので、湿布薬で症状が改善しない時には、腰痛に効く薬を服用する必要があるでしょう。腰痛に処方される薬は、痛み止め、筋弛緩剤、痛み止めの副作用を予防するための胃腸薬、ビタミン剤、血流改善剤、骨粗鬆症の薬などです。飲み薬が嫌なら座薬もありますし、健康保険が適応される漢方薬もありますから、自分の体質や希望を医師に伝えてみてください。

 / 腰痛 / 腰痛 薬
P R
   
 Powered by yaplog!