さまざまな情報を提供しています。

サーフィン 初心者
サーフィン初心者について。サーフィン初心者は、サーフィンをはじめるにあたってはリーフよりはビーチ(海底が砂)から始めるのがよいでしょう。ビーチは足を怪我することも少なく、比較的恐怖心も感じないからです。最初は、人があまりたくさん入っていない場所を選び、なるべく経験者と一緒に入るとよいでしょう。

サーフィンの注意点とマナーは、周りの人、潮の流れ、海底の状態に注意することです。例えば、ドロップインと言って、人がすでに乗っている波を邪魔するようなことは絶対してはいけません。特にサーフィン初心者は、周りがよく見えてなかったり、自分がいる位置がわからなかったりするので、人と衝突したり、ボードクラッシュをすることがありますので注意しましょう。

サーフィン初心者はどこが波のピークかなど、波の知識を事前にしっかりと頭に入れておくことも大切です。サーフィンを始めるにはまず、最低限 ボードとリーシュコードを揃えましょう。リーシュコードというのは、ボードが流されないために体とボードをつなぐコードのことです。ボードは相当な値段がします。サーフィンを始める最初はボードが傷だらけになってしまうので、中古でもいいと思います。あとは水着、季節によってはウェットスーツが必要になります。サーフボードは大きく、ショートボード、ロングボード、ファンボードの3種類に分類されます。それぞれのボードによって特徴が違います。サーフィンのスタイルによって使うボードも変わってきます。サーフィンは思っている以上に難しいスポーツです。特にテイクオフ、つまりボードに立つまで、が最初の難関です。サーフィン初心者は浮力のあるファンボードやロングボードから始めることをおすすめします。

 / サーフィン / サーフィン 初心者
P R
   
 Powered by yaplog!