さまざまな情報を提供しています。

サーフィン 上達法
サーフィンの上達法について。初めてサーフィンに挑戦する場合は、遠浅で足のつくビーチがおすすめです。最初は長時間ボードに乗り続けられるわけではないので、腰くらいの深さのポイントで練習を行います。ボードは長めで浮力のあるものを準備しましょう。サーフィンは思っている以上に上達が難しいスポーツです。テイクオフが出来るまでくらいはファンボードなどの浮力のあるボードで練習するとよいでしょう。

リーシュを装着したら、まずはサーフボードに腹ばいになるように乗ってみましょう。初めて乗る場合は左右のバランスだけでなく前後のバランスも難しいと思います。まずボードの中心がどこかを知りように心がけましょう。左右の中心はセンターのストリンガーです。体がストリンガーの真上にくるように左右の中心に乗ります。次に前後の中心です。両サイドのレールを持ってボードを沈めるように押してみます。海面に対して平行に保てる位置があると思います。そこが板の前後の中心です。前後の中心にお腹がくるように乗ります。

サーフィンではサーフボードの上に立った状態で乗っている時間は意外と短く、ボードに腹ばいになって移動していたり、ボードに座って波待ちしている時間が大半を占めます。腹ばいになって移動する際に水泳のクロールのように腕を使ってボードを漕ぐ動作を「パドリング」といいます。沖に出る際にはパドリングします。テイクオフの直前にもボードを加速させるためにパドリングします。パドリングはサーフィンにおける基本動作ですから、マスターしましょう。

 / サーフィン / サーフィン 上達法
P R
   
 Powered by yaplog!