引越し! 

2005年05月19日(木) 5時48分
プログの更新、メチャクチャ久しぶりです
このたび、引越しをしたんです
半年間、お世話になったこの部屋ともお別れすることに・・

今まで物にあふれていたためか、荷物が無くなると
「この部屋は、こんなに広っかてんなぁ」っていうのに気が付いた

この半年、自分なりに充実した生活を送ることができたし、
今思えば、この部屋にめぐりあえたのは師匠のおかげやった
「師匠、ホンマにありがとう!」

早起き 

2005年01月01日(土) 7時31分
初日の出を拝もうと、早起きしてスタンバイしていましたが、
灰色の雲が覆ってたので少し待つことにした
20分程してようやく御来光が見れました

少しだけ、厳粛な気持ちになった
今年こそ、充実したよい年になりますように・・

残り物で 

2004年12月29日(水) 20時52分
冷蔵庫の残り物で、豚のしょうが焼きを作った

肉をレタスで巻いて食べるとヘルシーです
男の料理には、野菜が不足がちになるけど
これやったらお手軽で、おいしくいただけます

年末なので 

2004年12月28日(火) 15時33分
今日は、大掃除をした
気合を入れて普段手の届かないところの
ホコリも念入りに拭き取りました

いつも思うことなんですが、
掃除を始めるまでは、かなりの決断がいるけど
全部終わると、本当に気持ちが良くて清々しいです
がんばった自分を褒めてやります

丸鶏 

2004年12月26日(日) 8時58分
クリスマスディナーで師匠に
ローストチキンを作っていただきました

オーブンで1時間かけてじっくり焼くねんけど、
途中で鶏の表面にオリーブオイルをかけると
焼き上がった表面にツヤが出てパリッと仕上がる
もうコレ見たら食欲そそりまくりです
でもこのローストチキンには、まだ秘密がありまして
なんと鶏の中にご飯が詰めてあるねん
鶏釜飯ならぬ鶏中飯です
これには、さすがに驚きました
料理は奥が深いな〜

パスタサラダとご飯を一緒に盛っていただきました

お弁当 

2004年12月23日(木) 12時41分
師匠がお昼ごはんにお弁当を作ってくれた

このまま食べるのは、ちょっとそっけないので
どんぶりに盛り付けてみた

素敵なお弁当を作っているお母さんのプログを見かけたので
それをお手本に、どんぶりで顔をイメージしてんけど、
これはいったい誰の顔やねん!
やっぱりセンスないわぁ・・俺

クリームシチュー 

2004年12月20日(月) 21時26分
師匠から食材の差し入れがあったので
クリームシチューを作ってみることにした
途中、玉ねぎを切っているときに指の薄皮を切ってしまう
アクシデントがあったけど、なんとか完成にこぎつけた
いつも師匠が作ってくれる料理は当然おいしいねんけど、
今日は自分全部で調理をしたので、また違う意味で充実した食事になった
ちなみに、写真にあるパンとポテトサラダは、師匠からご褒美でもらったものです

豆乳鍋 

2004年12月19日(日) 22時18分
今日、買い物に行ったときに
豆乳鍋のスープなるものをみつけてしまった
ちょっと買うのに度胸がいったけど、さっそく夕飯でためしてみることにした

確かにスープが乳白色でした
鍋の中に入っているだんごは、豚ミンチと豆腐を混ぜ合わせたものです
肝心の味はと言うと、豆乳ベースなんですがクセがなくてまろやかな風味が
野菜とよく合っていて、だんごも柔らかくて食べやすかったです

そのあと食後のデザートで、師匠が作ってくれたケーキを食べた

このケーキは、レモンピールとレーズンがたっぷり入った生地の間に
生クリーム挟んでありました
洋菓子店で売っているケーキみたいでウマウマ・・
なんぼでも食ってしまいそうやー

あの肉? 

2004年12月18日(土) 20時16分
昔、アニメ等で憧れた肉、ありますよね?
こういうやつ、こういうやつ。ちょっと骨が見えてて、
登場人物が豪快にかぶりつくシーン。

今夜は、師匠と一緒に夕飯を作りました
プレクリスマスでもないけど、
骨付き鶏もも肉を使ったメニューです

最初、肉に塩コショウをして赤ワインをふりかけて
2〜3時間漬け込みました。
その後、フライパンにたっぷり赤ワイン、しょう油、砂糖、みりん、
適当に切ったネギ、ニンニク、しょうがを入れて煮立たせて
もも肉を並べて、落とし蓋をして20分くらい煮込みます。

矢印のは、世界一辛い唐辛子・ハバネロです
思いの他、早く出来るので、知らん間に出来たって感じ

後、師匠が味噌汁とご飯モノを作ったのですが、
トマト・ピラフでした。
師匠が最初に生の米をフライパンで焼きよった
なんで米やのに炊飯器で炊かへんねん
まぁ、師匠はかなりイラチやねんけど、血迷って
炊かずに生米チャーハンかよと、思ったで俺

師匠によると、
下味付けの意味があるらしいねんけど、
香ばしい味が米に染み込むからやって
具は、しいたけ、ニンジン、たけのこ、グリーンピースと
生のトマト、ハム。
オリーブ油とニンニクで米を炒める時にコンソメとしょう油で
だいたいの味付けを終わらせておき、後は炊くだけ
けど、あまりに速い工程で、頭ついていけてへん、俺



想ってた以上に肉が柔らかかった事にビックリしました

最後に師匠の厳しい一言
「いつ、ごちそうしてくれるん、あんた」

次の日のおでん 

2004年12月17日(金) 15時33分
昨夜の夕飯のおでんを食べ切れなかったので
今日の昼飯もおでんでした

仕事昼休み中の師匠が来て、一緒に食ってんけど
昨日の水菜の残りをサッと煮て食えと。
正直半信半疑やし、なんか寄せ鍋やん


後で知ってんけど、
関西のちょっといいおでん屋では、おでんダネに水菜を使うらしい。
そんなわけで

ダシが染みたてんぷらやチクワと、あっさりした水菜がよくあってました。

まだおでんが余ってるので、夕飯につづく。

そして晩飯は、師匠の指示で売れ残ったてんぷらを使った
お好み焼きを作りました。

ダシがよく染みこんだてんぷらを細かく切って、お好み焼きの生地の中に入れました。
味にアクセントがついて、メチャウマでした。

ちなみに厚揚げは、最後までおでんとしていただきました。
ウ〜ゲプッ
●僕について●
●名前●たく
●性別●男
●趣味●スポーツ観戦、料理(今後見込)
●家族●独りぼっち
●ゆめ●懸賞で車・旅行を当てる
●昔は●ウルトラマンになりたかった
最新コメント
アイコン画像メディアネット
» 引越し! (2006年04月26日)
アイコン画像みゆ
» 残り物で (2004年12月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taku33
読者になる
Yapme!一覧
読者になる