ミスド、本気のかき氷「コットンスノーキャンディ」は ふわっと繊細な口どけ!青いミスドは全国8店舗のみ

October 13 [Fri], 2017, 19:02




(広島ニュース 食べタインジャー)



ミスタードーナツが夏の新定番スイーツとして2014年6月25日から全国で発売開始するかき氷?コットンスノーキャンディを発売します。

コットンスノーキャンディの販売に先駆け、6月24日に北海道、宮城、埼玉、東京、愛知、大阪、広島、福岡の8店舗のみで先行試食会が行われました。

ミスドから登場する新食感のかき氷「コットンスノーキャンディ」は普通の氷のかき氷とは違い、ラクトアイスを薄くスライスして提供されます。とても繊細なかき氷のため、提供は店内でのイートインのみ。
ナイキ エアマックス-バスケットボールbr>なかなかの大きさ?ボリュームです。バランスを保つため、器の下には台がついてきます。コットンスノーキャディの後ろに見える白いマシーンで、氷(ラクトアイス)を削ります。このマシーンはこの商品のために開発されたのだとか。これがとても繊細なふわふわ氷を作りだします。

試食させて頂いたのは、コットンスノーキャンディのマンゴー味(561円)。マンゴーの果肉とソースがたっぷり入っています。

スプーンを入れてみると、本当にわた雪のよう。最近は普通のかき氷でも、かなりフワフワ食感のかき氷が出ていますが、それらともまた違った食感でミスドの本気を感じます。

すくってみたところ。分かるでしょうか?普通の氷とは違った繊細さがあります。かき氷を食べ進めていると、頭がキーンとすることがありますが、コットンスノーキャンディではそれは無さそう。キーンとくる強い冷たさも緩和されているような気がします。

また、おしゃべりしながら食べていても、なかなか溶けない(水っぽくならない)という印象がありました。会話を楽しみながら食べても、最後まで美味しく頂けそうです。


  • 1

  • 2

  • 次のページ→