防空識別圏拡大問題 中国「韓国との意思疎通望む」

August 17 [Thu], 2017, 17:48





 【北京聯合ニュース】中国外務省の洪磊副報道局長は6日の記者会見で、韓国が検討する防空識別圏(KAIDZ)拡大について「当然、国際法と国際慣例に符合しなければならない」と指摘した。

 洪副報道局長は「防空識別圏は領空ではないナイキ エアマックス-バスケットボールある国家の領空以外の空域に対し設定する識別監視区域であり、海と空に対する管轄(権)とは無関係だ」と強調した。

 また、「中国は平等と相互尊重の基調に基づき韓国と意思疎通を維持することを希望する」と述べた。

 韓国政府は今週中にも防空識別圏拡大を最終決定し、周辺国への説明を経て公式に宣言する案を推進中とされる。

 北朝鮮の実質ナンバー2の張成沢(チャン?ソンテク)国防委副委員長の失脚説については「関連事案はよく分からない」と述べるにとどめた。