腸内フローラを整えるには、・毎日取り組めるような30分程度のウォーキングなどの軽度な運動を続ける

May 02 [Mon], 2016, 17:41
腸活に最適!腸活には腸内フローラを整えることが大切なのです。腸内フローラを整えるには、・毎日取り組めるような30分程度のウォーキングなどの軽度な運動を続ける。・野菜中心の食生活を心がけ、便のカサを増して排出を促してくれる食物繊維を積極的に摂る。・睡眠をよくとり、ストレスをためないように心がける。・腸内の善玉菌が増やせるように乳酸菌を含んだ発酵食品を取り入れるように努める。など、これらのことに取組むことが効果的です。体内の善玉菌は毎日排出されるので、毎日補う必要があります。乳酸菌は、腸内にある善玉菌を増やしくれる効果があり、主にヨーグルトやキムチ・納豆などの発酵食品に多く含まれています。善玉菌は人に有用な働きをする腸内細菌のことです。善玉菌の役割には様々な体に良い働きがありますが、その中の一つに免疫力を高め体内への病原菌の侵入を防ぐのです。人間の腸には、全体の約70%に及ぶ免疫細胞が活動しています。これらの腸内に棲んでいる面器細胞が、病原菌などの侵入を身を呈してくれるのです。乳酸菌を摂取するとこれらの免疫細胞が活性化し、ヒトの病気に対する免疫力が高くなるのです。人の腸は、人間の活動を続ける中で非常に重要な働きをしているのです。腸の活動を正しくすることで、美肌効果やダイエットにもつながるということが話題になっています。なぜ腸の活動が関係あるのかというと、それは、腸が冷えることで起こる症状は、便秘、肩こり、ドロドロ血、免疫力の低下、太りやすい体質となってしまうからです。腸の機能で一番目に考えられるのは消化機能ですが、その他にも体に良い働きをしているのです。例えば、デトックス。これは毒素を解毒したり、体外へ排出したりします。腸の解毒率は体全体の7割にも達し、毒素排出の割合は、全体の75%で尿や汗や髪・爪と比べると圧倒的に高い機能なのです。さらに造血作用や免疫作用の効果も期待できるのです。腸内には体を健康にするための善玉菌が生きています。腸内には善玉菌と悪玉菌が棲んでおり、悪玉菌より善玉菌の方が多いことで腸内環境を保っています。腸内環境を整え、体の健康を維持するために、善玉菌の数を増やすことが重要です。まずは、腸内にもともと存在している善玉菌の数を増やすことを考えましょう。善玉菌が活発に活動するための成分に、オリゴ糖と食物繊維があります。可能な限り、毎日の食生活に取り入れましょう。そうすることで、排便が促され(蠕動運動)便秘も解消し、腸内フローラを整えることができます。

健康のためにできること
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:takona
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/takona/index1_0.rdf