【ONE ON ONE】 from “ACTION” 

2009年01月12日(月) 18時39分
 この曲の歌詞はスポーツにかかっているので、サッカー大好き人間の私にとっては、たまらん一曲です。

 特に最後のサビでの「少しくらいの反則で取り乱したらもったいないよ」的な歌詞にシビレました。(著作権対策のためボカしています)

 サッカー選手ですぐにイライラして、レッドカードをもらって退場する方がたまにいらっしゃいますが、本当にmottainai。
 
 先に行われたトヨタプレゼンツフィファクラブワールドカップでのファイナルでも、マンチェスターユナイテッドのディフェンダーがあまりミーニングがナッシングなとこで、ファールをしたがために、マンチェスタ−ユナイテッドのサーアレックスファーガソンがそれまでのオフェンシブなタクティクスをディフェンシブへとシフトチェンジをしたために、クリスチアーノロナウドやウエインルーニーのテクニカルでトリッキーでファンタスティックなプレイがディサピアーし、ゲームのエンターテインメント性がダウンしたことはFIREをSEEするよりも明らかでした。

 しかしながら、我が国が誇る元蹴球選手である中田英寿氏はどんなに相手選手より悪質な反則を受けても冷静に対応し、決して取り乱すことがありませんでした。自身も悪質な反則を犯すことも皆無に等しく、黄紙もほとんどもらったことがありませんでした。まさにプロ選手のミラーです。

 ところで、このブログって何のブログでしたっけ?

 
 そ、そ、そうでした。ビ、ビ、ビーズ様のファンのブログでした・・・。

 これに懲りて、サッカーについて語るのはあと100回までにします。


 この曲、本当にいい曲なんですけど、なぜかサッカーの話で終わってしまいました。

 ちなみにこの曲を聴きたいがためだけで、ワールド・ミステリー・デスカバリー(世界ふしぎ発見)の最後だけを見ていたのは私だけではないはずです。