宅建 解答 合格ライン解説

September 26 [Mon], 2011, 22:30




勉強しなきゃと思う気持ちはあるものの、帰宅して疲れている体では思うようにいかなかったとしても、
限られた時間で最大限の成果を出せるようになり、過去問の正答率がみるみる上がっていく勉強法がこちら






あなたも、↓の中に思い当たることがあるんじゃないかと思いますが、







■勉強すら早々に挫折してあきらめた経験がある

■周りで宅建を持っていないのは自分だけ

■宅建の勉強を1年以上続けているが全然覚えられない

■頑張って覚えても、1時間も立たないうちにほとんど忘れてしまう

■専門用語をいくら覚えようとしても興味がないのでまったく頭に入らない








合計で60時間も勉強すれば、宅建試験で合格するだけの実力を身に着けることができ、

↓のようになることができます。






■効率の悪い勉強を続けて、自己嫌悪を感じたりイライラすることがなくなる

■試験に慣れていなくても、シミュレーションをして当日パニックにならなくなる

■スポンジが水を吸収するように自然に頭の中にスラスラと入ってくる

■スキルアップして独立を考えられるようになる

■合格日が近づいても恐怖や不安を感じることがなくなる













藤本修さんの1日わずか30分宅建合格プログラムは、

4か月をかけて宅建試験の本番で得点につながるテクニックやコツを着実に身に着けられる勉強法で、

1日30分以上勉強できるのであれば、もっと短期間ですべてのカリキュラムを終了することも可能です。



藤本さんは、もともとは、LEC東京リーガルマインドで宅建主任講師を23年務めていた人で、

現在は独立をして、リ・クリエーション代表を務めています。


書店に行くと、藤本さんが書いた「宅建合格塾」という本がありますので、

あなたももしかしたら名前を見かけたことがあるかもしれませんね。
藤本さんの詳しいプロフィール情報などはこちら











1日わずか30分宅建合格プログラムでは、

内容自体は、大手の資格予備校で教わるのとほぼ同じではあるものの、

勉強法に大きな違いがあります。




身に着けた知識を、試験でどのように点数に結び付けていくかというテクニック面での強化を図ることができるほか、

ひっかけ問題の見極め方、何度も出題されてる問題のパターンなど、宅建試験特有の解放のコツを知ることができるため、

試験直前に「やり残したところがまだある。。」とか、本番で時間が足りなくなるといった、ピンチを迎えることがありません。



具体的な教材の内容については、詳しい説明がこちらにありますので、

ポイントをいくつか挙げていくと、








■資格スクールで教えられる間違った常識

■合格するために絶対欠かせない問題文の3つの読み取り方

■合格するために絶対欠かせない秘密の解答テクニック

■法令上の制限関係で抑えておくべき3つのポイント

■一般的な受験生が陥りやすい注意点









こうした内容となっていて、教材はすべて必要な部分を切り離せるようになっているため、

必要な部分だけを持ち歩いて、好きな時に好きな場所で手軽に勉強できるようになっています。











1日わずか30分宅建合格プログラムのホームページには、

実際にこのマニュアルを使って宅建試験に合格した人たちから藤本修さんあてに届けられた体験談が紹介されています。





これならば小学生並みの学習時間で自分が取得したい資格を取ることが可能と言うことになります。

今でも、たまに合格証書を眺めてしまいます。

1日30分を継続する事が、とても重要だったと思います。

取り外しができて好きな分だけ持ち歩けるというのが私にはとてもよかったです。










こうした声にあるように、膨大な試験範囲を真正面から取り組んでいては、

いくら時間があっても足りないですし、合格までに何年もかかってしまいます。





しかし、試験で使えるコツやノウハウさえ知ってしまえば、勉強時間は短時間で済み、

本当に必要な知識だけを覚えるだけで、合格点をとれるようになります。













仕事が忙しく勉強時間がほとんどなくても、4か月後には合格ラインを超える実力を身に着けられる勉強法を実践してみるにはこちら













ペン字
城彰二 ゴールからの逆算
遠藤和博口コミ
P R
カテゴリアーカイブ
Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo

人気ホームページランキング

藤本修 口コミ評判
宅建 藤本修 ネタバレ体験談

FX会社
  • SEOキーワード調査

ブログランキング