宅建の仕事とは? 

December 23 [Tue], 2014, 3:23
家は一生に一度かもしれない大きな買い物です。
それをお手伝いするのが宅地建物取引士の仕事です。



取引を公正に成立させるために、契約成立前に物件の説明をしたり、
契約成立後は契約事項を確認して後々のトラブルを防いだりするのが宅地建物取引士の業務です。
宅地建物取引士なしには、不動産業は成り立たないのです。

宅地建物取引を行う企業では、事務所の従業員5人に1人以上の割合で宅建の取得者が必要です。
会社が大きくなると、そのぶん必ず新しく宅建主任者が必要になります。
ですから宅建を持っていると、不動産の仕事は未経験でも歓迎している企業が多いので就職に有利です。

不動産企業では、宅建主任者に資格手当として毎月15,000円〜30,000円を支給している会社が多いようです。
これは毎月黙っていても手に入るお金です。年間20〜30万円の固定収入は大きいですね。


独学で合格を狙うこともできますが、それにはリスクがあります。
独学というのは疑問点が出てきた時に行き詰ってしまうのです。
特に宅建試験では最新の「法改正情報」や「統計情報」が重要なので
ご自身で調べ、整理するのに時間をとられます。

このようなことを考えると独学で勉強するよりも
要点をまとめた教材でサポートを受けながら学んだ方が断然効率がよいのです。


毎年、約20万もの人が受験をする国家資格である「宅建」。
平成27年度は法改正の施行の年です。

宅建の試験は年に一回だけです。
確実に合格を勝ち取るために最新の教材と最新の情報が入るところに身を置くことで有利になります。

「落ちたら、また来年受ければいいや」という方でなく
本気で今年の合格を狙う方はこちらをご覧ください。
↓↓↓




累計会員数2500名突破!宅建資格試験合格センター