宅建に独学で必ず合格するステップを踏んでも合格できない人の勉強法

April 15 [Sun], 2012, 22:29
宅建に独学で必ず合格する3つのステップを踏めば、宅建に独学で必ず合格できると私は思います。しかし、知り合いのなかには、宅建に独学で必ず合格する3つのステップを踏んでも不合格だった人もいます。

あくまで、私個人としての考えですが、そういう人は恐らく、勉強の仕方そのものを知らないのではないか、と思います。あるいは、不動産会社に勤務しているため、会社の命令で仕方なく宅建を受験しなければならない人も少なくないのではないでしょうか。

そういった方々には、宅建に独学で必ず合格する3つのステップは使えません。まず、勉強の仕方そのものを知るか、嫌々でも勉強できる環境に自分を持っていくしかありません。

ですから、そういった方々には、通信教育の受講をお薦めしたいと思います。通学して学ぶ専門学校もありますが、宅建の受験程度でしたら、そこまでおカネや時間をかける必要はないと思います。

通信教育ですと、普通、テキストと一緒にDVDやCDが届きます。それを見たり、聴いたりしながら、受身でも学ぶことができます。また、通信教育のなかには、勉強の進め方に関する資料や本も一緒に送られてくることもあります。送られてきた資料や本の指導に従い、後は黙々と勉強を続けさえすれば、必ず合格できるようになっています。

宅建の通信教育を販売している会社は数多くあります。ですから、まず、ホームページを通じて無料の資料請求をして、「これなら挫折しないで勉強を続けられそうだ」と思った会社の通信教育を受けるようにすればよいと思います。

試験のレベルからいえば、宅建に独学で必ず合格する3つのステップを踏めば、本当に独学でも合格できるのが、宅建の試験だと思います。しかし、独学は何より自分の意思との戦いになります。そういう意味で、勤め先の命令などで仕方なく宅建を受けなければならないような方にとっては、通信教育は力強い支えになってくれるのではないかと、私は思います。