色々な大阪ですべきホテルヘルスの伝説

January 10 [Mon], 2011, 19:51
彼がすべて我々に賛成のウェードに加わる発掘のために得た終わりで大阪町民。

それが記載に私のような一部の憎たらしいスポーツブロガーのためにはっきりと設計されるのはまちがいありませんでした。

ちょっとあなたが次に何を必要とするかについてわからせてください。

我々それはホテルヘルスいつものように、月でぶりの火曜日に、それ方法を使用します。

それがセルビアからコソボの分離を支持したとき、国際司法裁判所は非常に急進的な決定をしました。

これは多分、待望久しい判決に大阪を要求しているより多くの州に至るでしょう法廷はセルビアから国連に不満の後、始めました現在、コソボの独立とコソボの国家の地位がそれカ国後退する国連への加入権により近い動きプリシュティナ、しかし、それに加わることができる前に、決定、司法省大統領法廷、小和田恒が法律が含むインターナショナルを言ったことを義務づけると認めているより多くの国に至りそうです独立の宣言に関して禁止令ベオグラードとプリシュティナが彼らが彼らの支持で判決を確信していると言ったけれども、推測はハーグで発表の、八時間前に出てき始めましたその決定は法的に拘束力がありません語にここで興味を起こさせているなくなるコソボのそれ、を持つ「法的に拘束力がある」。

それを意味します私、そして、ホテルヘルスで私の友人、あるいは、大阪はハーグで脱退を申し込むことができて、それの写真でそれルピー紙幣を印刷し始めることができます

大阪のホテルヘルス自体

December 16 [Thu], 2010, 18:47
大きくもあることは、より10ドル、5ドルと1ドルの寄付を見ることになっています彼らが助ける、(彼らはします!)、そのうえ、彼らがアダムとプロジェクトがとても必要とする団結と善意支持を表すので。

しかし、実際にそこで、大阪のホテルヘルス自体を越えてさえ、ここでずっと問題になっています。

それは、カトリック世界で音楽とその配布の文化に関します。

我々が初期の教会を思い出す大阪のホテルヘルスとき、我々は聖書が初期のキリスト教徒の最初の動作が彼らが他で個人的に所有したものを共有することになっていたと報告する点に注意します。

そして、彼らの財産と彼らのお金を一般のプールに置きます。

いいえ、彼らは共産主義者でありませんでした、そして、これは解放神学の早めの実験でありませんでした。

しかし、それは与えて、現在に大昔からキリスト教を定めた公益の方へ分担する特質を確立します。

それは、特に信頼のテキストと音楽に関して真実です。

食物と住宅とは異なり、テキストと音楽を共有することは、利益の既存のたくわえの価値を下げません。

1人の人は歌を書くことができます、そして、全世界はそれを歌うことができます。

1人の人は韻文を知っていることができて、原本の損失なしで、全世界にそれを与えることができます。
P R