気まぐれ 

2005年10月01日(土) 11時58分
今日、内定式があります。
これで正式内定。おめでとう自分。

ふとPCを整理していたら懐かしい写真が。8月に僕の所属するチアリーディングチームで出場した山形県の花笠祭。花笠の時は、ほんと、山形が1つになっていた。
山形県内外を問わず参加者と見物客が1つになる…。祭で県がこんなにも盛り上がるところってほかにあるのかなぁ?そう考えると東北が好きになった。
縁があれば東北にまた行きたい。

久しぶりのblog更新。うん、めっちゃ久しぶりだ…。

どっちの読み方でショー。 

2005年06月07日(火) 22時59分
納豆好きの僕。
小粒納豆は特に大好き。 そんな僕はずっと疑問を抱えている。
「極小粒納豆」
こう書いて何と読むのか?

案1: ごくこつぶなっとう
案2: ごくしょうつぶなっとう

水戸出身の友人も首をかしげた。
小粒納豆とはよく聞く。であれば、そのさらに上という意味の形容詞「極」がつくので
「ごくしょうぶつなっとう」が妥当なのだろうか?

いずれにしても、このなぞがあるから納豆を食べ続けていく僕なのだろうか。

アスレチック パワー 

2005年06月05日(日) 19時14分
行ってきました。陸上競技日本選手権。
夕方から都内は大雨。ご覧のとおり、傘をさしての観戦となった。久しぶりに、自分の陸上DNAが踊りだした。見ていて楽しい。だけどなぜかムズムズする。知人が走る。飛ぶ…結果を出す。うれしい。だけど、素直にうれしいのか。多少残る悔しさ。陸上を途中でやめてしまったことに少々後悔の思いがある。やっぱり、この思いはいつまでたっても消えないな、そう思った。

【女子400mH決勝の模様。大大大大雨の中、決行されました】

さてさて。400mで男女ともに10代チャンピオンの誕生。北京が楽しみになってくる。その頃には自分も「取材」という舞台に立っていたい。いや、まだ研修中かな。


【男子400mH決勝。為末と成迫の勝負は・・・ 僅差で為末が勝ちました。ピンボケですみません…】

Sport *** 

2005年06月04日(土) 3時52分
サッカー バーレーン戦、やりましたね!
前半34分、小笠原のワンツーパスと見せかけたシュート。すばらしかったです。
眠気も一気に吹っ飛びました。

さてさて、今日、霞ヶ関の国立競技場に「日本陸上選手権」を見に行ってきます。
400mH、どうなることやら。わくわくします。

それでは、おやすみなさい

勢いで 

2005年06月03日(金) 8時54分
イギリスで買ってきた本に目を通した。

"Round Ireland With A Fridge"
冷蔵庫とともに巡るアイルランド、という意味であろうか。

筆者の Tony Hawksは自称平凡で、酒好きな男。しかしあるとき、冷蔵庫とともにアイルランドを巡ろうと決意する。それは、酒場だった。画家、旅人、修道女、長老、漁師…さまざまな人と出会い、冷蔵庫にサインをしてもらう。人とのつながりを示す、冷蔵庫。それとともにアイルランドの大地を一歩一歩進む。

「思いつき」
これほど勢いのある行動はないのではないか?彼の文章を読んでそう実感した。
じっくり考えて行動する計画性。もちろん、必要である。しかし、思いつきで、勢いで突っ走ること。それらが、あるからこそ人々は若くなる。彼の言葉に共感した。

彼はこんな言葉を残している。

"a tribute to what can be achieved as a result of a
shabby of booze"
酒に帯びれてボロボロだった夜の結果、成し遂げられ
たことへの産物

それこそが、この本の意義なのだと。

どうぶつBOOM? 

2005年06月02日(木) 21時14分
最近、動物に関するニュースが多い。

二足立ちのアライグマ。
扉を開けて逃げるアリクイ。

多摩川のタマちゃん以来の動物フィーバー。

実家に帰って久しぶりに愛犬「モグ」を見た。
何でもいいから芸をやってほしい…そう願う僕に首を傾げるだけのモグだった。
芸とは無縁の動物もいることをお忘れなく。

【続】 私、走り屋 サイトーです。 

2005年06月01日(水) 7時58分
【前章に続く】


この6月2日〜5日に 「第89回日本陸上競技選手権大会」が国立競技場で行われる。僕も足を運ぶ。8月にフィンランド・ヘルシンキで開催される世界陸上への切符が確保できる大事な試合だ。それだけに「駆け引き」が大きな大会だと信じている。400mハードル(400mH)の為末大選手。為末さんはご存知ないかと思われるが、実は一緒に練習をしたことがある。それはさて置き、400mHでは精鋭が2名。為末と成迫健児。この5月に行われた大阪グランプリでは為末は成迫に負けている。今回のレースを制した者がヘルシンキへの道を歩む。
オリンピック選手の意地とプライドの為末。そして、為末を目指して上り詰めてきた成迫。レース中の2人の目線に注目したい。ラストスパートで睨み合いながらゴールへと縺れ込む。そんな一瞬一瞬の駆け引きをこの目で見てきたい。

特別なパフォーマンスも、特別な道具もない、「走る」というシンプルな競技。鍛えられた肉体同士がシンプルにぶつかる戦いの面白さを競技場で考えてみたい。

私、走り屋 サイトーです。 

2005年06月01日(水) 7時13分
「陸上って本当に面白いの?」
陸上競技は時にして単調なスポーツである。陸上を続けた自分でも時にしてそう思ったこともあった。
「陸上の楽しさはやった人に分かるものだよね」そう続く。
確かにそうだ。でも本当にそうなのか?サッカーや野球はなぜノン・プレーヤーに人気なのか?逆に、オリンピックになると陸上ファンが多くなるのはなぜか?僕はこれを「インスタント・陸上競技ファン」と呼びたい。陸上競技そのものよりかは、日本を代表する選手が出場するという雰囲気が大事で、それらを応援する楽しさが先行しているのではないか…そう思ってしまってならない。陸上自体が面白さの的ではないのかもしれない…。

アナウンサーの試験で何度も聞かれてきた。
「陸上競技の実況って面白いの?」
「どうやって面白さを伝えるの?」

正直分からない。仮説はたくさんある。面接で述べたことは仮説に過ぎない。
僕は陸上競技の「駆け引き」をもろに伝える実況をしたいと述べた。だが、駆け引きを面白いと感じるにはそれまでの選手同士の因縁、背水の陣だという歴史的実証、大会の意味…そんな環境を伝えることで「駆け引き」の意味がさらに増す。「駆け引き」は僕にとってのキーワードになっている。

【続く】

我慢できなくて 

2005年05月31日(火) 19時30分
「先生、今日の授業欠席させてください。
理由は大学最後の早慶戦の優勝を見届けたいからです。」

こう先生に一方的なメールを送り、授業を欠席して早慶戦に行ってきた。80歳のOBから18歳の1年生まで。母校の優勝をこの目で見ようとスタンドで応援歌を熱唱した。
1回
3回
7回…8回…


なかなか点が入らない。だけど、そんなものは僕には関係なかった。なぜか終始鳥肌が立ちまくっていた。知らない人と肩を組んで塾歌を歌う。三振を奪えば大盛り上がり。涙を流しながら応援する応援団。笑顔のチアガール。重い楽器を左右に揺らして演奏するブラスバンド部。母校の応援で学生が1つになっていた。「愛校心」という言葉を聞く。僕は自分にはそんなものはないと思っていた。しかし、今日の応援で、慶応義塾が1つになったのを感じた。それだけでお腹いっぱいだった。
初めての早慶戦。負けたけど(結果は下記参照)一生の思い出になったと思う。卒業してもきっとOBとして球場で応援歌を歌ってみるのもイイなと思った。

それにしても、応援を受けて打球をかっ飛ばす選手。プレッシャーはあるけれども、さぞかし気持ちいいだろうな、と自分の選手時代を思い出していたりもした。



☆ゲーム結果: (W早稲田、K慶應義塾)

 W  | 1 | 0 | 0 | 2 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 || 4
 ---------------------------------
 K  | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 || 1

決戦は、、今日。だけど・・・ 

2005年05月31日(火) 8時36分
うちの大学は早慶戦が行われる場合は応援のために全時限休校になる。

昨日は休講。試合中止。
本日は開講。試合決行。

どう考えてもおかしい…。
大学からは試合に行くようにと言われており、そのための休み。
だけど、判断基準がどうもあいまいである。7:30AMの時点で開講か休講かの判断が下されるが、雨模様のみでの判断はいかがなものだろうか。問い合わせを大学にしてみたところ、電話の向こうで同じような対応をしている声が聞こえた。おそらく、優勝をこの目で見たかった学生はさぞ憤ったことだろう。

僕も今日は出席しないといけない授業がある。欠席扱いになるので、どうしても行かなければ。うちの大学の優勝をこの目で見たかった・・・。くそぉ!

雨模様の場合は判断のために1限のみ休講。そして球場からの公式発表(9:00AM)のあとに大学での発表をして、中止なら3限から開講、決行なら全時限休講などのような措置は必要ではないかと思われる。

あまりにも曖昧な対応に、少々疑問を感じた。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
NEWコメント
アイコン画像Sheree Garcia
» Stagnation/Stagnation/停滞期 (2007年12月19日)
アイコン画像flat rate pricing software
» Stagnation/Stagnation/停滞期 (2006年12月19日)
アイコン画像彩の国
» どっちの読み方でショー。 (2005年07月24日)
アイコン画像たろー
» アスレチック パワー (2005年07月18日)
アイコン画像たかし倶楽部長
» 【続】 人生の目標 (2005年06月12日)
アイコン画像takaya
» 【続】 人生の目標 (2005年06月06日)
アイコン画像周防大島の大野圭司は島スタイル編集長
» 【続】 人生の目標 (2005年06月05日)
アイコン画像takaya
» どうぶつBOOM? (2005年06月05日)
アイコン画像たかし倶楽部長
» どうぶつBOOM? (2005年06月03日)
アイコン画像たかし倶楽部長
» 勢いで (2005年06月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:takk
読者になる
Yapme!一覧
読者になる