生まれた理由

January 04 [Thu], 2018, 19:56
瀧本です。
今日もいろんな相談をお預かりました。

(お役にたてたかなぁ〜)と思いながら
庵から事務所に戻ってきました。


いろんなカウンセリングを受けられ
いろんな占い師を訪ねられたけれど
ちっとも前進できずに苦しんでおられた
人がこんな感想を言われました。


「東洋思想って、最終兵器ですね!
やっとやっとわかった気がします。
目が覚めるってこういうことですね!
もうあの自分には戻りませんよ、
先生!」



私も彼女を見ていて

「よし!もう消滅した」


という確信がありました。
近いうち、最高の笑顔で
お勉強会に来てくれるでしょう。

許可をもらっていますので
サラリと相談内容を。


それは暴力をはたらく彼との交際。


どこへ相談に行っても

「そんな男とは別れなさい!」
「優しい男はいっぱいいるよ!」

しまいには、「男の選び方セミナー」
みたいなとこにも連れていかれたそう。
(そんなのがあるんですね。スゴ〜)
行ってみた〜い。( *´艸`)


同じ苦しみを抱えている女性が
私のところへたくさん来られます。
いわゆるDV男子です。

彼女たちは一同にいいます。

「別れたいと思っている」と。


じゃあなぜ別れないの?
ひとりが寂しいから?
まだ彼が好きなの?
自分が悪いと思っているの?
新たな出会いがないかも、と恐い?


これらの問いを100万回しても
何の意味もないのに、どうやら、
そちらにズームするカウンセラーが
多いことに戸惑いを覚えます。


強制終了のごとく
無理やり二人を引き裂いても、
周りが新たな出会いを用意しても、
仮に、新たな恋人ができても、
これらは本当の解決ではありません。

多くの場合、そういう経験をしている
女性たちは




元の環境に戻りたがる




のです。
つまり「暴力をされる」という環境へ
戻ろうとしてしまうことが多い。
無意識の領域で。


肝心なことは、
今の環境に手を打つよりも
そういう事態にいる人たちの「心中」で
一体なにが起きているのか、です。


一枚、一枚、心の壁を
一緒に剥がしていきました。


「本当の原因は、ここ。
これに対する嫉妬が原因。
わかるね?」と聞くと


「まさかこんなところに・・・。
まさか彼は関係なかったなんて。
でも、分かります!
心がずっしり納得しています。」



その後は
部屋の景色が違うだの、
体重が5キロは軽く感じるだの、
家まで走って帰れそうだの・・・笑
ムチャクチャ陽気なテンションで
お別れしました。


真解学(しんかいがく)とは
私が何十年に渡って研究した統計学。



真解学とは一体なに?を
今まで何度か書いてきましたが、
全国の門下生のみなさん、
特にこのブログをしっかり読んでね。



私たちの人生は何によって決まるのか、
というと、それは
私たちの「選択」です。



ある場合はどう感じ、
その次にどう行うのか。

何を経験したとき、
自分はどう解釈するか、

という
100%自由に自分が決める選択。

その結果の積み重ねを

人生と呼んでいます。


のはずなのですが、この選択は
自由に行われていないことが
実に多いのです。


無意識が「本人に自由を与えない」
ことが大いにあります。選択の制御です。

つまり真解とは
相談者が無意識に行う「選択」の
方向性をみて、


それが本人の本当の幸せの方向か?
どの選択が望ましいのか?
なぜ、誤った選択をするのか?
原因はどこなのか?
その原因を取り除き
新たな選択肢を推奨する

というモノです。


我々はみんな、自分で作り上げた
自分だけに通用する「信念」を
もっています。


この信念が、時にあなたを強い力で
「望まない方向へ導く」のですね。

・苦しい方向、
・悲しい方向、
・人と比較する方向、
・こっちを向いて、とあえて
人に心配をかけようとする方向、
・自ら人間関係をみだす方向
・どうせ私なんて、と卑下する方向
・相手をわざと怒らせる方向、等々

これらの行動には
あなたの深いところの「何か」
が指令を出しています。

私はこれを


置いてきぼりにされた悲しい信念


と呼んできました。


いま、逆視道という学問を発表し
全国から受講生が集まっていますが、
次に発表しようと思っているのが
まさにこの


置いてきぼりにされた悲しい信念を
テーマにした「心の書き換え」です。

延べ5万人近い真解を行いました。
以前は一日に何組も鑑定できましたが
今は連日講演会のため、なかなか
予約が取れず申し訳ありません。

ですので、
ファーストステップの「書き換え」を
ご自身で行えるようにお伝えしたい、
そう思うようになったのです。


今日、お見えになった皆さんは
書き換えだけで充分に「自分らしさ」
を取り戻されたように思います。

またお知らせいたしますね。

お釈迦さまの教えがふんだんに
入っている真解ですが、
宗教的なイメージと切り離して
「斬新な捉え方」を楽しんで
受け取って頂けたらなと願っています。


そして面談に来られる皆さんに
お願いがあるのですが、
お預けくださる面談料の封筒には
必ずお名前を書いておいてくださいね。

宜しくお願いいたします。

大阪逆視2期生がまもなくスタート。
目からウロコの内容ですから
ウロコがじゃりじゃり落ちることを
覚悟しておいてください。( *´艸`)

無意識の「放置」は勿体ないです。
私たちは、必ず

幸せになれるのです。

なぜなら


幸せになるために生まれてきた

からです。
・・・光静・・・













  • URL:http://yaplog.jp/takimotokousei/archive/1296
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おしょーにん 
  • アイコン画像 趣味:
    ・唱題行
    ・瞑想-瞑想とは、静かに目を閉じて呼吸をすることではありません。脳の仕組みを理解して、無駄な思考に支配されないように、コントロールする手段。明日から人生が変わります。
    ・ゴルフ
読者になる
全国を移動して活動していますので、お寺に直接来てくださっても、ほとんど在しません。「真解」という窓からアポイントをとっていただければ幸いです。 御用の際は気軽にメールをお送りくださいね。
2018年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/takimotokousei/index1_0.rdf