輝く命に合掌

December 05 [Tue], 2017, 8:59
瀧本です。
いい天気ですね。
昨夜お友達から素敵なメールが。
シェアしたいと思います。


遡ること9月。
奈良でチャリティー講演会を。
その会場で深く帽子をかぶった
か細い女の子が私に寄って
「先生、お久しぶりです」と。


最初は全く誰だかわからず。




え?え?◯◯ちゃんなの?




変わり果てた姿に
愕然としました。




左手には名前が書かれている
ビニールバンドが。


小さく小さくなっていた彼女が
「今、癌で入院中なんです。
外出許可を無理やりとって
来ちゃいました。
どうしても逢いたくて…」


思わず小さくなった彼女を
ギュっと抱きしめました。


(こんなに細くなって…)




そして会場のみなさんに
「どうか彼女のために
心を一つにして祈って下さい。」
とお願いを。


皆んなが目を閉じ
シンと静まった会場で
沢山の愛が彼女へ注がれました。




時が流れ、望年会の日。


ドレスアップしたキュートな女性が
「来ちゃいました!」と。




あの小さかった彼女が
ウィッグを着用して
元気満々な姿で会場にいたんです。


嬉しい!
あぁ、嬉しい!


その彼女から昨夜メールが。
………



光静先生、
土曜日はめちゃくちゃ興奮して
アドレナリン出まくったのか
眠れずでした。


お伝えしたかった気持ちと言葉が
後から後から溢れてきたのです。


帰ってから母親に嬉しくて
話したら母親も喜んでいました!


実は抗がん剤と手術を受けるか
悩みました。
受けるのが怖かったのです。
でも自分で受けると決めました。


その時から光静先生にハグを
してもらうのを目標に!


土曜日にはそれが叶い
頑張った甲斐がありました!



先生の投稿やブログには何度も
力をもらっていました。


手術後の検査では
望まぬ結果となり凹みました。


でも、
「あの会場で
先生をはじめ沢山の法友に
祈って頂いたから大丈夫!」


と、奈良の講演会の写真や
先生とのメッセージを読み返して
過ごしていました。




告知された今年の1月は
(消えちゃいたい)って思って
泣いていたけれど望年会では、
ずっーーと幸せの渦に入っていて
笑っていました。




お勉強出来た事を本当に
本当に感謝しています。


先生、大大大好きです。
ありがとうございます!
またハグして下さいね〜
………


いくらでもしますとも!笑


これからもお勉強していこうね。
来春にまた奈良で講演会をするから
必ず来るんよ!顔をみせて。




思います。
心に一本の柱が通ると
どんな状況下においても
立ち向かうことができる。


その柱の種類は人の数だけ
あるのかもしれません。




愛する人が柱であったり
守りたい何かが柱であったり
抱く夢や希望がソレとなったり。




私が今生の柱に決めたのは
仏が残した教え。
私を根こそぎ次のステージへと
導いてくれました。




「仏教という柱も、
なかなか良いもんですよ〜。
こんなのが有りますよー」と
お伝えしたくて一念発起。
全国講演会を始めたわけです。




「この柱、いいぜぇ〜」と
沢山の方が賛同してくれ
その一人が彼女。


今にも消えそうだった彼女の命が
キラキラとしているのを見て
一緒にお勉強ができて
本当に良かったと涙が溢れました。




これからも体力がもつ限り
あっちこっちでお伝えしよう、
と覚悟の仕切り直しができた!




◯◯ちゃんありがとうね!


あなたの命に合掌です。
生きていてくれてありがとう。


では皆さんも
命輝く素敵な1日を!
…光静…
帽子のスタンプ、本当に
かぶってるみたい!笑っ







  • URL:http://yaplog.jp/takimotokousei/archive/1284
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おしょーにん 
  • アイコン画像 趣味:
    ・唱題行
    ・瞑想-瞑想とは、静かに目を閉じて呼吸をすることではありません。脳の仕組みを理解して、無駄な思考に支配されないように、コントロールする手段。明日から人生が変わります。
    ・ゴルフ
読者になる
全国を移動して活動していますので、お寺に直接来てくださっても、ほとんど在しません。「真解」という窓からアポイントをとっていただければ幸いです。 御用の際は気軽にメールをお送りくださいね。
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/takimotokousei/index1_0.rdf