「ちょっとまった!」の一声を 

February 24 [Fri], 2017, 11:23
瀧本です。


半年の時間を経て
商標登録されました〜。


『お座布団大学』



みんなから言われてました。
「すごくいい名前だから
真似られるよ〜」と。笑



そんな中、
信者の方が知らないうちに
手続きをして下さっていて


「はい!プレゼント〜」と


特許庁から発行された
商標登録証を渡してくれました。





何だかすごく嬉しい。






これを機に、お座布団大学を
東京から再開しようと思います。




東京で開催している
定例講演会やお勉強会は
月に3種。



明日から始まる真解学を
いれると4種になります。


キャンセル待ちの方は
ず〜っとキャンセル待ち
の状態なので、


お座布団大学、始めます。
( *´艸`)タノシイヨ〜




日程が決まれば
お知らせしますね。






では今日は
こんなお話しを。



ある農夫が
お釈迦さまを訪ねて相談します。




隣の村の者に、自分の畑の
野菜だけが盗まれてしまい
腹が立っておさまらない。
仕返しをしてやりたい・・と。




想像すると
確かに悔しいでしょうね。





お釈迦さまは言いました。

「仕返しなどしなくていい。




なぜなら、
因果の法則によって
その盗っ人は必ず
誰かに何かを盗まれるだろう。


その時は
哀れんでやりなさい。



あなたが仕返しをすれば、
あなたもいつか誰かより
仕返しを受ける。


自分の人生を自分で
汚すことは愚かなことだよ。




野菜を「施した」と
思いなさい。



それよりも
なぜそこまで腹が立ったのかを
考えなさい。」




農夫は言いました。

「一生懸命働いて、大事に
育てた野菜だからです。

しかも、うちの畑だけ
荒らされるなんて。」




お釈迦さまは伝えます。

「お前は、
自分が頑張ってきたことを
認められるとどう思うか?」





『とても嬉しいです。』





「であろう。
その盗っ人は知っていたのだ。


お前が
真面目で、愛情をこめて
耕していたことを。



素晴らしい野菜であることを
知っていたのだ。



他の畑の野菜など
興味がなかったのだ。


だから胸を張って
人へ伝えなさい。


自分の野菜は
あっと言う間に
盗まれる野菜なのだと」




農夫は戻ってさっそく
台車に一枚の紙を貼り
商売にでかけました。



すると
その貼り紙を見た人々は
すぐに農夫の野菜を買います。



続々と列ができ
あっと言う間に完売。




それ以来
季節ごとの野菜や穀物は
他の農家より高額で
売れるようになったのです。




その紙にはこう
書かれていました。







=世界一
泥棒に狙われる野菜!
盗まれる前にどうぞ!=







農夫の暮らしは豊かになり
心から盗っ人に
感謝しました。



そして更に
人の野菜を盗まなければ
ならなかった犯人へ
いたわりの心が湧き



形の悪い野菜を
村の境にそっと
置いておくようにしたのです。



報告をうけたお釈迦さまは
農夫へ言いました。


「仕返しをせず、
施しをした「因」が

お前の人生に「果」
となって現れたのだよ。


これからも
善い因を行いなさい。

そして、そのことを
皆へ相続していきなさい」


・・・・・・・・・

ん〜。いいお話し。
( *´艸`)



私たちは
怒りには
怒りをもって返しがち。


でも、ほんのちょっと、
見方を変えると

出来事の意味は
ガラリと変わります。



この積み重ねが人生。


いい人生や
そうでない人生って


出来事そのもので
決まるのではなく
捉え方です。



お釈迦さまって
ほんと、カッチョいい。
( *´艸`)
お下品な表現ですが・・笑


さ、
今日も豊かな捉え方を
重ねていきたいですね。


自動的に選択しちゃう
いつもの捉え方に、
「ちょっとまった!」も
たまにはいいと思います。



この
「ちょっと待ったー!」の
声のかけ方を
お釈迦さまはたっくさーん
教えてくださってます。

是非ごいっしょに
お勉強しませんか?




では素敵な一日を!
・・光静・・

柔らかい心は「機会」が見えるもの 

February 23 [Thu], 2017, 12:58
瀧本です。


朝から英会話の特訓。
頑張ってきましたー!笑
その後、急な面談。
ちょっと感動的でした。

( *´艸`)ムフフフ・・
(ご本人の希望で書きます)


以前に来られた方のリピートです。
その時に受けた相談は



「人を愛せない・・」





2時間ほど話し込んだあと
伝えました。



「あなたが人を愛せないのは
横に置いとくわ。

でも、あなたを愛し、
守りたいという人が
間も無く現れるけれど、
どうする?」





彼女は言いす。
「そんな人、いるわけない」




(自分が装った
表面的な個所を見ている)


(本当の自分を知ったら
相手は幻滅するはず)

といった思いを話されました。





詳しく書くとややこしいので
サラっと心理を説明すると


人格が育まれる幼少期に
否定的な言葉と多く出会って
育った場合、
(心理的ディスカウントと
いいます)



大人になった以降でも
他から「好きだよ」といわれても




(何か裏があるはずだ)



と思い込んでしまう思考が
働くようになります。




認めてくれた言葉を聞いても
(心から思ってないクセに)と
歪んで受け取ってしまう心理です。



※反対の作用もあります。
肯定的な言葉の恵みによって
人格が形成されていくと
(ストロークといったりします)

「あんたなんか、キライ」と
言われても、傷つきません。


むしろ
(お!照れてるな)と
受け取れたりします。笑




彼女の場合は、
学生時代の部活や
社会での人間関係が
ずっと円滑でなかったことで

自分で自分を完全に卑下して
しまっていました。
セルフディスカウントです。




自分は人から認められるような
価値ある人間ではない。


愛されるような人間ではない。

私なんて・・
私なんて・・・






ところが、
彼女を鑑定すると、どう見ても、


=共存エネルギーとの縁=


つまり人生のパートナーの巡りです。
パンパカパーン!




そう読み取れましたから、

彼女のブツブツ言っている能書きは
バッサリ無視して伝えました。



「さ、どうするん?
私は人を愛せませんから!って
断るん?笑
それとも・・」




そこから延々と心の構造や
執着している恐怖との決別、
等々のお話しを。



そして

「もっと小ぎれいにしておきや〜
いつ出会うかわからへんよ〜」


と、ヨレヨレのトレーナーを
着ている彼女へ喝をいれました。



これは2年前のこと。




今朝「緊急で会ってほしい」
と電話がきたので
(また落ち込んじゃってるのかな)
と思いながら迎えると


なんとーー!




あらららららーーー!
( *´艸`)んま〜〜!


小さな庵は大騒ぎに
なりました。




家族5人で来られたんです。
ご主人と三つ子ちゃん!



とっても優しいお母さんの顔。
ん〜!いいっ!



なれそめを聞くと
まるでメロドラマです。


映画をみにいって、
感動のあまり涙が止まず
席を立てずにいると



隣の男性もずっと泣いてたらしく
目があって互いに笑い合ったのが
出会いだそう。


そのままカフェに行ったとか。笑

瀧本との面談内容まで
打ち明けたらしく、すると男性が



「それ、僕だったらどうします?」


って言われたそうな。
( *´艸`)ヒャー。ドラマ。




「よくもまぁ、しゃあしゃあと
そんな大胆なこと言いましたね〜」

とご主人をイジると




「いや〜、つい言った後に、
おれ、あほちゃう?って
思いましたよ〜。でもよかった!」


とんとん拍子でご結婚!





面談をした方々が、後から報告に
来てくれることが多いのですが
今日はとっても嬉しい報告でした。





お釈迦さまはこんなことを
言われています。


「心を閉ざしていると

見なくていいモノばかりを見て、
見るべきモノが見えないんだよ。

心をいつも柔らかく保ちなさい。

すると、
自分に丁度いい出来事を
素直に受けいれることが
できるからね。」



=心、柔らかく=



体と同じですね。

体が硬いと、コケただけで
大怪我をしたりするものです。



心身、柔らかく、がいい。笑
仏教は、そのコツのお勉強です。
ぜひ、ご一緒に。
では、ステキな午後を。

・・光静・・
さてと。
今から一週間、
東京にいってきます。


真解学の東京門下生育成が
今週からいよいよ!
立派に鑑定できる弟子を
育てたいなって思います。


大阪クラスをもう一枠
作ろうかなっと計画中。

近いうち、
オリエンテーションをしますよー。




溜めるなかれ 

February 21 [Tue], 2017, 9:38
瀧本です。


先日、懐かし友人が
私の隠れ家事務所に
やってきました。


来客のときはいつも
光静庵へ来て頂くように
しているので
事務所に人がくることは
滅多にありません。


ですので、
おもてなしのお茶セットも
ないのです。笑


部屋にあがった友人が
ビックリしていました。


何に?



それは、
ビシーっと片付いている
部屋の様子に、です。( *´艸`)


キッチンまわりもピッカピカ。
窓に曇りもありません。


いつもこう?と聞かれ
いつもこう。と答えました。笑



彼女いわく
バタバタと動き回っている私が
いつ掃除をしているのか、が
とても不思議だったよう。


私からすればまさに逆。

大掃除をする暇がないから
毎日窓もキッチンも
その都度拭いているだけです。


洗剤不使用。


街頭で配ってくれている
ポケットティッシュを濡らして
水拭きのみ。



仏教は
一にお掃除、二にお掃除。
三も四もお掃除です。


コツは
「整理整頓」ではないこと!



整理整頓ではなく
「片付け」をするのです。




片付け、とは
「片を付けること」




必要なものか否か、を吟味して
不要なものであるなら




=棄てる=




これは思考と同じ。



考えなくていいことを
考えていたり、


考えるべきテーマを
後回しにしていると
必ず心が曇ってきます。


何を思考すべきか。


これも「片を付ける」のです。




仏教は綺麗好き、
ということではなく
「余計なものを所有せず」
の精神を磨く修行。




昨日の怒りが
今日の生活に必要?


つい抱く明日への不安が
今日の生活に必要?


ぜ〜んぶいらないものです。笑



「心を曇らせる塵やほこりは
毎日払ったり、拭いたりしましょう」

この教えの言葉があります。


=じじにつとめてふっしきせよ=


心の塵は
すごいスピードで溜まっています。



窓の汚れやキッチンまわりの汚れ、
毎日拭いていると
力も手間もいらないものです。



毎日、少しずつ。( *´艸`)


溜めるなかれ、持ち越すなかれ、
です。



こんな感じで
友人とマンツーマンの
法話会になりました。笑



駅で配ってくれている
ティッシュ。もらいます?
必ずもらって下さい。笑



すると今度は、
ティッシュが溜まってくるので
せっせとお掃除で
消耗したくなりますから
気持ちのいい循環になりますよ〜


片付いている部屋にいると
心も片付いてきます。


今日は冷え込みますね。
心スッキリぽかぽかな
一日をお過ごしくださいね。




心のお掃除のお手伝いとして
未熟な法話を
これからも書いていきたいと
思います。

・・光静・・

先行アナウンスですが
今年の9月か10月の土日に
真解学全門下生での一日合宿を
行います。

初級・中級・上級という
異なった実力での合宿ですが
まだ一度も話していない
凝り固まった傷の解決法を
勉強していただきます。

極力、参加してくださいね。
予定地は大阪です。

愛は遠い向こうに感じますね。 

February 17 [Fri], 2017, 20:43
瀧本です。


今夜は短いこんな想いを。



テーマは「時間」。




同じ1時間でも
長く感じたり、短く感じたり。



どっちがいいのかなぁ?



例えば、今すぐ
に食べたいインスタントラーメン。

待つ3分って長いですよね?笑



でも、筋トレの足上げの3分は
死ぬほど長く感じます。笑




同じ3分。



相田みつを先生の
ミュージアムに行った時
心を掴まれメモをした書。
それは


「あなたを待つ時間の長い事。

そして

あなたといる時間の短いこと。
同じ時間なのに・・」



涙がでそうでした。




同じ時間なのに・・。




今日は長かったですか?
短かかったですか?



豊かな時間は早く感じますね。
そして
豊かな時間を待つのは
とても長い・・・。




お釈迦さまはいわれます。

「行方を知らぬ者に
道は長い。

眠れぬ者に、夜は長い。

学ばぬ者に、輪廻は長い。

愛する者を待つ時間は
果てしなく長い。」

過ぎ行く時間への
感覚・意味を見落とさずに
歩める者でありたいなって
思います。




あなたに会える明日が
早くこないかな。

(ながっ。笑)
・・光静・・

明日は名古屋の逆視講座。

今、
自分が行った講座の
DVDをみたのですが
我ながらすご〜い講座!( *´艸`)
知らないなんてありえな〜い!




こりゃ、誰もが知ってほしいわ。
が正直な感想です。笑

自画自賛ではありませんよ。




お釈迦さまの教えを抜粋してるので
「釈迦自賛」です。笑



次は東京1期生です。
ご興味のある方は是非!


2月18日10時半〜
逆視道ゼロ期生


同日14時〜
世界一分かりやす仏のお話し
(名古屋)


同日18時45分〜
世界一分かりやすい仏のお話し
(大阪)
です。



お申込みは
光静事務局までお願い致します。



なんでもオッケ! 

February 15 [Wed], 2017, 12:30
瀧本です。


早朝より面談をしたのですが、
その時の私のおバカな一面を。


講演も面談も作務衣の私。
(洒落た洋食屋も
作務衣でいきます。笑)



庵に着いて来客準備をしてました。

トイレOK!
お茶OK!
お香をたいて準備完了!



ところが・・・





な、なんと!


これはさすがに
ビビリました…






私、
ジャージ姿で来てしまってました。

(どうした??私よ・・)






ピンポーン〜
間髪いれずに来客・・・






玄関口で開口一番に

「ごめんやで〜。
うっかりしてて、
ジャージで来てしもたんよ。あはは」




すると彼女が意外な発言。






「先生・・・
安心します。笑」





(ジャージが安心???)






どこでも、いつでも、
キッチリしてる印象だそうで
間が抜けた姿、
いわゆるマヌケな一面が
大きな安心感を与えたようでした。

(自分的には、たま〜にだけ
キッチリしている、
と思っているのですが。)



ここに大切な教えが潜んでます。






部下や同僚、または子供が
役割りや目標をクリアしたとき、
認めることは大切。
自分のことも。



ただ、
そういう時だけ認めていると
本人は無意識に
「期待にこたえなきゃ」

と無理をしだすものです。





受刑者教育の時、
こんな胸の内を
預かったことがあります。





親の期待に応えるべく
名門校へ。
上位をキープ。



一度だけ70点の答案用紙を
見せたとき、ひどく
残念がった親をみて更に勉強。

(瀧本、70点なんて
とれたこと、ありません。笑)




中・高・大を首席で卒業。
まさに自慢の子。




いざ社会人へ。




ところが、社会にでると
認めてくれる対象が
親から上司へとかわります。





「いい子ね、いつも成績トップで」
「本当に立派な子ね」





支えだったこの言葉は、
社会にでた途端

彼女の人生から消えました。






親に認めてもらいたい・・でも
認めてもらえなくなった・・・

居場所がわからない・・・

愛されないかもしれない・・





自己肯定感が破壊されて
生き方を見失った末の事件でした。




もし70点の答案用紙をみた親が

「あら、めずらし〜〜。
毎回、いい点ばかりだと
疲れるもんね〜。

なんか、ホっとするわ〜笑」




と言ってもらえていたら
結果はかわっていたように思います。



それをさっきの信者の言葉で
思い出しました。




相手や自分に期待をしたとき
期待通りになると、確かにうれしい。



でも、失敗や
がんばれないときは必ずある。




それもまたよし!

大いによし!

まったくもってよし!





うまくできなかったら、

「今日はこんな感じの日だぜぇ〜」


と笑ってすごすのがいい。






お釈迦さまは言われます。
「すべて起こるべく
起こっているんだよ〜。

その経験は、必要だったから

起こったのだ。



起きた意味を見つめると
気付きがあるってもんだよ〜。」




瀧本が今日、
毛玉のできたジャージで
信者と面談をしたことも、大切な
意味があったってことですっ。

( *´艸`)ホンマかいな・・・汗




今日はそんな「なんでもオッケ」
の心で過ごしてみようと思います。



きっちり、キリキリしてたら
喧嘩しちゃうよ〜。笑



では、ステキな一日を。

・・光静・・
と言いつつ…
ジャージは大失敗だと思いました。

笑えません・・・グスングスン・・・



ちょっと「想い」を書きました。 

February 14 [Tue], 2017, 20:53
瀧本です。


午後に逆視道の代表と打ち合わせを
しました。植屋といいます。
(勝手に書いてしまってますが。笑)


人生の底を見た人は本当に優しい。

代表の植屋は、いつも表情ニッコリ。
お地蔵さんみたいな人。笑

是非、会って欲しい人です。



昨年リリースした
「逆視道」への質問が最近とても
重なりましたので、ここで。




東京0期生から立派なプロが育ち、
今は名古屋で始まってます。
先週からです。



全国から集まってくれていますが
都合を付けられなかった希望者の
方々より、「地方展開はまだか?」
とお問い合わせがきます。
(もうちょっと待って〜)



逆視道?なんじゃそりゃ?
の方の為にサクっと説明を。



仏教思想の根幹をエキスとして
体系化した、最古でありながら
最新ともいえる学問です。



え?仏教??




この時点で「NO!」と
思われる方もいらっしゃるはず。笑



仏教思想は、とても明確な行動学。


脳科学ともいえるんですよ。




なぜ人は過去の記憶に支配されるのか、

なぜすぐに比較するのか、

なぜ何者かでいなければ不安なのか、

なぜ人より秀でていたいのか、

なぜ所有したくなるのか、

なぜ他人に執着するのか、

なぜ身近な人へ優しくできないのか、

なぜ老いを誤魔化したいのか

究極には
なぜ人は争うのか・・・。



仏教思想は、
それらのすべてに明らかな答えと、
開放手段を具体的な行動学で
解いています。


決してふわふわした、
スピリチュアルなものではなく
誰しもが
「クーーーっ!なるほど!」と
納得する気持ちのいい根拠を
語っています。


そこに押しつけは全くありません〜。




「釈迦」という人が創り上げた
彼独自の思想ではないんです。笑



無意識に行っている自分の行動が
まるで他人を眺めるように
映し出されるので

お勉強をはじめると、
「今までの私はなんておバカなの!」
と、皆、大爆笑になる楽しい学び。



「無意識」を「意識化」していく
超スマートな学問。( *´艸`)



卒業されたゼロ期生の方々の感想は
「これに出会ってしまえば
もう、他の心の勉強はいらないぜぇ」

というものでした。
( *´艸`)






自分の話ですが・・・。

私はここ数年間、年間に200本以上の
講演会をしてきました。


そこで気付いたことは・・




(みんなこの教えを探してたんだ・・)



フっと来てくださった女性が
次は家族総出で参加くださったり、

職場の講師として呼んで下さったりと、
数社の企業研修専任になりました。


一度ご縁で触れられた方は
ガッツリお勉強を開始されます。



企業研修に仏教??


心理の根底を明かしているから
教えが響く範囲に、制限がないのだと
思います。


ですから、
出来る限りご依頼場には
出向くようにしてきましたが・・・


さすがに
日程調整が不可能になってきました。
(難病を発症したこともあって。笑)


そこで切望したこと、それは



「講演会をしてくれる同志がほしい」




その想いに鶴の一声!
それが代表の植屋。

「カリキュラムにしませんか?」と。



彼の人格をみて
断る理由なし。
「是非!」で立ち上がった逆視です。


教育機関からの講演依頼も多いのですが
私が宗教家であるため
教壇に立つことはご法度!



だから、いつも体育館や
視聴覚室での講演でした。



ぶっちゃけ暴露すると、
(僧籍を返上しよう)と
思ったこともあります。


宗教家でなければ
教壇に立って、モノの見方を
お伝えすることができるから。



そんな時、
一般社団法人・逆視道協会
として確立した学問になったので、
外部講師として、教室で
未来輝く子供達へ
講演ができるようになりました。
( *´艸`)ヤッタ〜、ウフフ



一緒にお勉強をされませんか?



なんだこりゃ?くだらんっ!

と思われたなら


心から
「ごめんなさい〜」と言います。笑



あ、それから
いつも、どの講演会場も
キャンセル待ちになっているので

一コマ、新しい講演会を
定例化することにしました。
会場は東京です。


詳細はまたご案内します。



難病になってから、
人生がガラリと変わりました。
それは・・・


すべてに本気になったからです。


いつ途絶えるかわからない命。
勿論、これは万人共通の真実です。


だったら、ぜ〜んぶ本気で
やっちゃおうっと!と
パワー全開モードです。
( *´艸`)キモチイイ〜〜



名古屋ゼロ期生が終れば、
東京1期生の幕開けを
初夏に予定してます。


仏教は
歴史のお勉強ではありません〜。
ましてや
先祖供養やお経をあげるだけの
地味で暗い儀式ではありません〜。

それはある意味「伝統」。


勿論、大切な伝統だと思います。が
仏教ではありません〜。



仏教とは、生きている上での
色々な怒りや悲しみや「苦」を
根本から解決していく「方法」です。


お勉強会に参加されている方は
決して仏教徒でも信者でもなく
純粋に 「楽しく生きようぜぇ〜」と
考える愉快な仲間。
( *´艸`)変ナ人バッカリ。笑



ここに訪れて下さったのも
何かの縁ですね。


お時間と、ちょっぴりのご興味が
あれば、是非、いらして下さいね。





あ!今日はバレンタイン!

チョコ、
何個あげました?
ってか、
何個もらいました?笑


私は、御宝前へ
ハート型にして煮た大根を
お供えしましたー!笑


I LOVE お釈迦さま!
ですから。
( *´艸`)ヒャ〜、言っちゃった~


そのハートのおさがりを
今から遠慮なしに
ズバっと真ん中から割って
食べようと思います。笑


では、どうか、優しい夜を。
・・光静・・

講演会情報は
昨日の記事末をご覧ください。


くわしい逆視道につきましては
逆視道HPをご覧ください。
(まだ充実していませんが・・。笑)

こころに免罪符を。 

February 13 [Mon], 2017, 17:15
瀧本です。

ブログの読者の方より
講演会予定をもっと教えて〜と
メッセージを頂きます。


HPが間も無くリニューアルされて
講演会スケジュールの一覧と
お申込みがワンクリックでできるよう
変身しますので、もう少し
お待ちくださいね。



さて、今日はこんなお話しを。


この前、あまりにも膝が痛むので
近くの整骨院にいきました。


(半世紀生きていると
診察券が増えてきますね。
肉体は諸行無常でっす。笑)



「膝をみて〜。なおして〜」




と先生に雄叫びをあげていると
先生は膝をみてくれず
意外な個所を診察・・・。
それは、



首。




「いや、ちゃうよ。膝よ、ひざー。
首じゃなくて膝〜〜っ!」


ベッドでバタバタ言うと


「黙っててもらえる?」と
ピシャリと叱られました。汗



「瀧もっさん、
一日、何時間デスクに向かった?」


すんごいドスのきいた先生・・。



「えっと。昨日は12時間ほど・・。
ちょっと仕事が山盛りで・・」



「アホちゃう?」



とまたまたピシャリ。



妙に他人とは思えないような口調、
嫌いじゃないです。
( *´艸`)ニテルカモ?




首をイジイジされた後、
「はい、立ってみ」



(え〜・・膝は〜〜??)
と疑心暗鬼に立ってみると
なんと! 痛みは
どっかに行っちゃってました。




「わぉ!すごーい!」と
先生の見解がしりたくて
質問しようと思ったとき




「はよ帰り。
ほんで、今日は仕事したら
あかんよ」



これまたバッサリ切り。
でも妙に好きなリズム。笑




(ほほぅ。
体の痛みと心の痛み、
同じカラクリだぜぇ〜)と納得。

…………


私たちは、何かのキッカケで
心の傷がうずくことがあります。



随分と前ですが、
新婚ホヤホヤの女性が相談に
来られました。


内容をかいつまんで言うと
彼女は料理が大嫌いだそう。


求婚されたとき、彼へ伝えると
彼が料理好きなので問題ない、
買ってきた惣菜でもいいよ、との
返事だったとか。



ところがドッコイ!結婚後、
もう少し料理をしてほしいと言われ
裏切られた、と悩んでおられました。



(彼の言葉を鵜呑みにした
あんたも甘いっ!)と
思いましたが、それは言わずに
質問しました。



「サラダは?作れるの?」
サラダって案外、奥が深いです。


『はい、それくらいは。』



「じゃ、その延長上で
お鍋も用意できるじゃない?」



『はい、お鍋は私も好きなので』



「じゃ、お鍋の変形バージョンの
煮物もできちゃうんじゃない?」



『はい、煮物くらいは作ります』



(結構やるやん・・)と
思いましたがこれも言わず



「炒め物は?」


ここからが、
心の傷の正体が見えてきます。



『炒め物は脂っこいから
嫌いなので作りません。』




「そうなん?
スタイルいいもんね。
気を配ってるんやね。

ね、私、
お豆腐コロッケが上手なんやけど
レシピ、教えてあげよか。
ヘルシーよ」


間髪いれず
『いえ。結構ですっ』

・・・・・・・・

ここから話題を幼少期の話にして
両親との関わり方や
思い出を聞きました。


ポソっと彼女がいいました。




『母を怨んでいる。』




彼女の腕に火傷のあとが
あったのです。



母親が天ぷらを揚げているとき
足元でジャレていた彼女。


揚げていた具材がお箸から落ち
彼女の腕に引っ付いたそう。



彼女の脳裏にレコードされた情景が
今もキッチンに立てない理由でした。



=私は
愛されていなかったのではないか=




この心の傷と、実際の傷跡が交差して
「私は料理が嫌いである」

と刻み込んでいたのです。



そこまで話し込んでから
お伝えしました。


料理が嫌いなのではなく
苦手なのは油。



誰だってリンクすれば、心の古傷が
痛むものです。



ムリに立ち向かう必要なし。



過ぎる時間や、
めぐる縁に任せておけばいい。




その代わり、そういう時は、
免罪符を与えてあげること。



彼女の場合は、
から揚げ、天ぷらなどの
いわゆる油を使う「揚げ物」は
スーパーで買う!と決める。


なぜ?の問いには


「だって、その方が美味しいから!」
( *´艸`)これでいいのです。



楽しくキッチンにたって、
新鮮なサラダを得意げに作ればいい。



「サラダの専門家になれば?」
と告げると、もう満開の笑顔。



数日後、ご主人からメールが。
「妻が自費出版で
サラダの料理本を出すことになった」と。



コメットが頭の中で
炸裂しましたー。パンパカパーン!
おめでとー!



おめでとうメールをすると

「キッチンに立つようになって
いかにキッチンに危険が多いか、に
気付いた」と、母への不信感が
薄らいでいったとの返事。



今はさぞかし毎日、研究のために
キッチンに立たれていることでしょう。



「料理が嫌い」と思い込んでた彼女は

「油は使わない」という免罪符によって
親子関係も改善、
新たな道、料理家になっちゃいました。
( *´艸`)スバラシ〜



今は油なしでから揚げがつくれる
電化製品もありますから、
もう心の傷とはお別れです。



膝の痛みのお話しで書きだした
記事ですが、




=痛みの箇所とその原因には
しばしば距離がある=





ということ。心身おなじ。



目の前のことが原因であるとは
限りません。


お釈迦さまは言われます。
「結果には原因がある。

ゆっくり自己を見つめて
さかのぼっていくといい。

原因が見つかれば、受け入れる。

受け入れると進めるからね。」
・・・・・・・・・

もし、今、何かで苦しかったら
ゆっくりと見つめてみて。




目の前の「何か」をすぐに
犯人として決めつけるのは違う。



とうに終わったことを
今と重ねているだけかもしれません。


それが過去なら、
「もう終わったことだ」と知る。


知れば、対策がうてます。




私たちは、
「終わったこと」や
「まだ起きていない事」で
苦しんでしまう生き物です。




大切なのは「今」。




「今」の命を
豊かに歩んでいきたいですね。



PS:膝が痛んだら、
首をご注意ください。笑

・・光静・・


今月末の公開講演会の開催時間が
誤報になっていたようなので
ご参加希望の項目を
再度確認してください。

●2月18日(土)10時半〜13時
逆視道講座2級(名古屋)


●同日:14時〜16時半(名古屋)
世界一わかりやすい仏様のお話し会


●同日:18時45分〜21時(大阪)
世界一分かりやすい仏様のお話し会

※3講座が同日ですが
瀧本がお話しします。

●2月19日(日)9時〜11時半
真解学講座(大阪)


●2月21日(火)11時〜15時
真解学講座・上級(大阪)


●同日:19時〜21時
書画庵・大阪


●2月23日(木)19時〜21時
書画庵・東京


●2月24日(金)19時〜21時
法話らいぶ・東京大井町


●2月25日(土)10時半〜13時
逆視道講座2級(名古屋)


●同日:15時〜17時半
真解学初級・東京


●2月26日(日)14時〜
心@あった会・東京

お問い合わせは
Kousei事務局、または
ミュージアム準備室まで
お願いいたしまーす。





商売不成立がいい 

February 12 [Sun], 2017, 9:12
瀧本です。


今朝は勉強三昧。笑
英会話2時間、
真解学1時間、
パーリ語1時間。


10分休憩を入れながら
一人学校をしました。笑


分からなかったことが
分かっていくのは
ホント楽しいなって
思います。



そして、
すでに理解できていたはずの
ことでも、改めて目を通すと


ハッとするほど新鮮に
受け取り直すものですね。



私達の心は、いつも
ユラユラと揺れ動いてますから
一つの言葉に出会うとき、
心の有り様しだいで
響き方も違います。



3年前にSNSへ投稿した記事が
またまたシェアされて
自分のところへ舞い戻って
きたんですが、

正直、

すごく勉強になっちゃった。笑

他人の記事を読んでるみたいに
新鮮に響いてきました。


3年前の自分のほうが
しっかりしてた?汗


ん〜ありがとう、私。笑

その記事が
====コチラです====

腹がたって怒りを相手に
ぶつけた時、もしも見事に
シレ〜っ と無視されたら
どうなっちゃいます…?



「何、ヘラヘラしてるのよ!」


「あなたは何も思わないの?」



ってな感じで、我々凡夫は
更にイライラしがちかも。




「経済社会」って
売り手 と 買い手 で
成立するものだけれど、


「心の安穏社会」は、
売り手がいて、
買い手が「いない」 ことで
成立するもの。



怒りに対して
いつも買い手がいたら



役者は揃ったぜぇ〜…と
戦闘シーンの幕開けですね。



怒りの買い手は
いないほうがいい。笑



もしあなたが売り手で
相手が無反応でいてくれたら、


「なんで無視するの?」


「何か言ったらどうよ!」




じゃなくって


(あぁ、鎮めてくれたんだ)
と思い


「どうもありがとう」


がいい。
^ ^



相手の無反応に
感謝する心を
養ってみる…



ん〜神業っ!笑


バナナの叩き売り、ならぬ
怒りの叩き売り!


売り手も良くないけど、
買ってくれないお客様へ
「ありがとう」
と言えたらスンゴイ素敵!



つい言ってませんか?

「買わなきゃ損だよ〜」
「オマケもつけるよー」
「いらっしゃいいらっしゃい〜」
って。笑 あはは




閉店ガラガラ〜
が一番いいですね。


では穏やかな1日を。
…光静…


昨日は、名古屋にて
逆視道ゼロ期生の初日。


3ヶ月間のスパルタ勉強です。


東京、福井、沖縄からも
受講生が集まりました。


愉快なファミリー誕生!


この方々が全国で講演をして
くれます。
お楽しみに!





どれにする?どうする? 

February 11 [Sat], 2017, 9:43

瀧本です。




ちょうど一年前にFBへ
投稿した記事が、シェアされて
自分のところへ届きました。




自分で書いた記事なのに
「ほれ、あんたのことだよ!」
と叱られた感じ。笑


自分の記事を
自分でブログにシェアします。







=======
講演後、
教育長から報告…。
昨日の夕食会場は
とても和やかで争いなく
譲りあいも見られたそう。
………………………………
ある更生施設のお話し会では
聴者は私語や笑うことも厳禁。






施設長にお願いをして、
許可して頂いたんです。
「笑いたい時に
笑わせてあげて下さい。」


すると




『今日もまた
坊主のお話ですよー』
の一言でなぜか笑いが溢れて


『えーっと、なに話そかな?』
で、また大笑いで、


『なんかみんな楽しそ。
何かいい事あったの?』
でまたまた大笑い。
60分、そんな感じでした。


………………………………
施設を出てふと思いました。


私たち、与えられてる自由は
『選択』




楽しいはずの時間を、
楽しまないのも選択。


苦しいはずのことを、
楽しむのも選択。


有難いできごとに、
ケチを付けるのも選択。


『腹が立つ』
『楽しい』
『悲しい』
『不幸せ』
『ありがたーい』
『ゆるせない』
等、全て自己選択した心。






お釈迦さまは言われます。


『怨みを抱く人の中にいても
我々は怨みを抱かずに生きよう。


むさぼる人の中にいても、
我々はむさぼらずに生きよう。


我々は
喜びを糧に生きよう


心の奴隷にならず、
心の主でありなさい』釈尊


……………………………


常に豊かな心を選択して
自分が自分へ、幸せをプレゼント
してあげたいなと思いました。


…光静…


……
自分の記事で
勉強できました。笑


今、名古屋に向かってますー。


逆視道、名古屋ゼロ期生
本日スタートです。





遠い結果より、足元を。 

February 09 [Thu], 2017, 13:45
瀧本です。


最近、
企業からの講演依頼が多く
工場見学もさせてもらったりで
社会見学の機会に恵まれます。



知らなかったプロの技を
説明を聞きながら間近で拝見すると
魂が揺さぶられる感じがします。



昨夜、
門下生達と食事をしていて
そんな話しで大盛り上がり。


若い頃には気付けなかった

「ひとつを貫く命の美しさ」

この追及に手遅れなど無し。



感謝を忘れずに、
1つずつ積み上げていこうぜぇ〜!
と爽やかな誓いを皆でたてました。




こんなエピソードがあります。


昔、ヒマラヤの奥地で
修行をしているオウムがいました。


すると山火事が発生!


山に住む動物たちは
「逃げろー!火事だー!」と
ライオン王を筆頭に大移動を
始めました。



「早く!こっちだ!」
「みんな、急ぐんだ!」



ところが、オウムだけが
大火にむかって飛んでいきます。



それを見たライオン王は叫びます。
「何をしている!早く来るんだ!」



「僕は残る。

残って火を消したい!」




そう言って、オウムは
近くの池に頭から突っ込み、
羽を濡らして炎へ向かいました。



燃え上がる大火の上から
パタパタと羽ばたいて
わずかな滴をおとすのです。



もう一度、池へ。
もう一度、もう一度。


オウムの羽はじりじりと焼け、
翼が小さくなっていきました。

それでも彼はあきらめません。


その姿を見ていた天人が
オウムに聞きました。



「オウムよ。
なぜそこまでするのか」



するとオウムは言いました。




「この樹木さんたちは
僕が休める寝床を
ずっと与えてくださったから。


暑いときには木陰を、

寒いときには葉の布団を、

寂しいときには、その懐で

僕をずっと癒してくれたんだ。

僕は恩をかえしたい!」




次に神はこう聞きます。


「お前の小さな翼で
この大火を消せると思うのか」



炎に立ち向かう小さな命は
こう言いました。


「今、できることを
させてもらうんだ。

出来そうにないことだから
やらない、という生き方は
違う。

僕が今できることを、
僕はする!」


そう言って、オウムは
何度も
何度も
何度も

池に飛び込んでは
メラメラと樹木を焼き尽くす
炎へ突っ込んでいきました。


その強い意志と懸命な姿に
大いなる神は心を動かされ、
晴れ渡る大空に大雲を生み
大雨を降らせ鎮火させたのです。


力尽きて堕ちていったオウムは
大樹の枝に受け止められていました。
・・・・・・・・・

私たちは、
追う夢や目的があっても
ゴールばかりをみて

焦ったり
諦めそうになったり
時に、
投げ出してしまう生き物です。


100段の階段は
100回の歩みがあって
到着するもの。


例え50段で終わっても
50段をのぼった人にしか
見えない景色と出会う。

それで大成功です。


頂点の一点しか考えていなければ
(どうせ出来るわけない・・)
という思いがでてきます。



お釈迦さまは言われます。

「努力をした分だけ

果報として受け取るだろう。



結果へ執着してはならない。



今の努力が間違っていないか、
だけに気を配るといい。


その努力に見合った結果が
あなたにやってくるのだから。」



上記のエピソードを
受刑者教育の場でお話ししたところ
すごい反響でした。

みんな涙をして
聞き入っていました。



思います。




「こうなりたい!」


そういう思いは、
健全な範囲であれば
原動力になるものでしょうが


時短を思慮してしまうと
大切なものを忘れてしまい

心のバランスを見失うように
思います。



人間関係の修復や
信頼回復も同じ。



急ぐと、
粗雑な結果になります。



一段一段・・・
一歩一歩・・・


揺らがぬ志をもって
刻んでいきたいなって
思います。


小さな積み重ねは
ある日大きな結果になりますね。

それは、偉大なる何かが与えてくれる
ミラクルではなく、
あなたが積み上げた努力が
突然、具現化してくるからだよ、と
いう教えです。


(毎日ひとつだけ食べてしまう
シュークリームが、ある日、
すごい体重に化けるように。笑)



今できること、
今、出来る範囲で
「今」する。


諦めないで。

具現化するその日は「明日」かも
しれません。





どうも私たちは、

今すべきことを今せず、
今すべきでないことを
わざわざ「今する」傾向に
あるように思います。


なぜでしょう?
それにはカラクリがあるのです。

次回の講演は、そんなお話しです。
( *´艸`)多分・・。笑
いつも予告とちがう内容に
なっちゃいますから・・


今週は極寒予報です。

どうかどうか、温かくしてね。
・・光静・・

遠い結果を見ず、
足元を。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おしょーにん 
  • アイコン画像 趣味:
    ・唱題行
    ・瞑想-瞑想とは、静かに目を閉じて呼吸をすることではありません。脳の仕組みを理解して、無駄な思考に支配されないように、コントロールする手段。明日から人生が変わります。
    ・ゴルフ
読者になる
全国を移動して活動していますので、お寺に直接来てくださっても、ほとんど在しません。「真解」という窓からアポイントをとっていただければ幸いです。 御用の際は気軽にメールをお送りくださいね。
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/takimotokousei/index1_0.rdf