縁はコロコロ変わるもの 

March 27 [Mon], 2017, 13:47
瀧本です。


まず御礼です。

週末の講演会リレーの会場は
どれも満員御礼でした。

仲良く密着してお勉強。笑

楽しく豊かな時間でした。
ありがとうございました。
( *´艸`)

(心@あった会の風景です)


それから、今更ですが
私の講演会の特徴というか
そのお詫びというか・・。
を知っておいて頂こうかな?と。



私は、事前に決めてある
いわゆる「演題」にそって
話しをすることがとてもヘタ。



特に、高島亮さんが主宰して
下さっている東京の
法話ライブは6回シリーズ。
(全て一話完結です)


その6回分の演題は事前告知。



でありながら・・
どれも、一度も演題通りの
法話をしたことがありません。笑



というか瀧本、
演題そのものを忘れています。


だから
来て下さった方にいつも聞きます。
『今日の演題
なんて書いてあった?』




すると、みなさん、

「知らな〜い」と。


会場はドっと笑いの渦です。




講演者が演題を知らない、のは
かなり珍しいことだと思いますが
演題を知らずに来ちゃってるお客様って
もっとハイレベルに珍しい(笑)
( *´艸`)
皆サン、スゴイデス・・



『みなさん、来ちゃって大丈夫?
何の話か知らずに来たの?』


すると



「先生も知らないでしょ〜?」
と皆さま。笑




だから最近は
「今日はどんなお話しですか?」
と聞かれると、

「とってもいいお話しです」


とだけ答えています。笑




講演会の後、
「まさに私はこの教えをきくべく
導かれて来たのだと思います〜。
ドッカーンと響きましたよ〜」
と感想をいただきますから



そんな
「演題はあっても無し同然」
のお勉強会!
ご安心していらして下さい。

それが妙にウケてます。笑



あ、法話らいぶ6回シリーズ、
次回は4月21日です。


そして5月から10月まで
新たな6回が始まります〜。


日程は後日ご案内しますね。

(お誕生月の方へ
サプライズのお祝い〜)

・・・・・・
さてと。
今日はこんなお話しを。


ある国の王様がお酒を飲みながら
食事をしている時、言いました。


「おい、
もう一杯もらおう」



家来はグラスをさげて
お酒が入った新しいグラスを
運んできます。



そして3杯目
「おい、もう一杯だ」




(この王様の飲みっぷり、
瀧本、好きです。
気が合いそうです。笑)



王様は
お酒は一日3杯まで、
と決めていました。


ですからラストのおかわりです。


そのときこう言われました。
「多めに入れてきておくれ」



多めに入ったグラスが
運ばれてくると、王様はご満悦。
「ん〜。美味かった。」



家来たちはホっとしました。
何に?


国の王がお酒で体を壊したら
一大事。


そこで彼らは話し合い、
一回り小さなグラスに同量の
お酒を入れて出したのです。
家来はドッキドキ!

そして
王様は気付きませんでした。


そんな王様は、多めに入ったように
みえるグラスで大満足をした・・・
というお話しです。




「一休さん」によく似た
とんち話があったような気がします。




さて、これは何を意味している
お話しでしょう。




これはまさに「縁」の教えです。






「そのモノ」が何と出会っているか、
によって
「そのモノ」が変化して感じられる
ということ。




200mlのお酒が
500ml用のグラスに入っていると
なんだか寂しい量に感じますし、

ジャスト200mlのグラスだと
「満タン!感激」です。笑




縁によってそのモノの
意味や有りようが違ってみえる。




そして、
その一面だけをみて「真実」
と決めつけてしまうのが
愚かな私達です。




この前、宅急便が届いたので
玄関をあけたとき、
配達のお兄さんは
ビックリしたと思います。



奥に見える部屋が
床が見えないほど
散らかっていたからです。



きっとお兄さんの中で私は
(片付けられないオバサン)
になっていると思います。笑



出張後のキャリーバックから
荷物を全部出したときだったので
まさにグチャグチャの瞬間でした。
悲しい〜〜〜



私達は、
瞬間瞬間に入れ替わる
いろんな縁と共に
生活をしています。




御寺院で法話をするとき、
「若いお坊さんやねぇ」
と信者さんから言われるので
嬉しいです。笑




先日、とあるファッションビルの
全店舗の店長勉強会の講師を
務めたのですが、
10代、20代の女子が150名勢揃い!

瀧本は超オバサンそのものでした。笑



このように、自分をとりまく縁は
いつも入れ替わります。





大切なことは、
「その一つの出来事は
全てを語っていない」





例えば今、あなたが
(嫌だな)と思っている人が
いるなら、


その人は
=嫌な人ではない=
ということ。


移り変わる縁の中で
「イヤだ」と
解釈してしまう縁が巡った
瞬間的なワンシーンにすぎない
ということです。




=決めつけない生き方=




がお釈迦さまの一押し。


縁も諸行無常!
コロコロ入れ替わります。


だから、何か望ましくないように
思われることがあっても
(ほほ〜ぅ。
今はこんな縁が巡ったのだな)

と楽しんじゃいましょう。

すぐに入れ替わっていきますから。



喜びの縁が巡っているなら
心から感謝しておきましょう。

やはり、それも
すぐに移り変わっちゃうもの。




はてさて。
今日は今からどんな縁が
巡ってくるのでしょうね( *´艸`)


決めつけず、
今巡った縁、として
味わいながら歩める者で
ありたいなって思います。


素敵な一日を!
・・光静・・

「足る」を知らなきゃ。( *´艸`) 

March 24 [Fri], 2017, 12:39
瀧本です。



私、
ちょっと嬉しいこと、
起きちゃいました。
( *´艸`)グフっ




短い時間であっても、
毎日くり返す小さな努力は
ある日成果になる!





掴みたかった感覚、
掴めました!
私の人生に来てくれました!
この感覚!




昨日ね、こう思ったんです。

(え??どうしたんやろ?
今日の先生、
やけにゆっくり話すな〜。)


昨日は英会話の特訓DAY。


先生はいつものスピードで
話されていたそう。
それが瀧本には
超ゆっくり聞こえました。





一日30分の自主練習は
こんな感覚で突然、
結果になってやってきた!



(待ってた!この瞬間!
聞こえる聞こえる!)




自分のヒヤリング力が
ついたことに気付かず、
先生がゆっくり話している、と
思ったのが面白い!




この小さな小さな実りの体験は
人生の財産です。

この先、なにか
繰り返しの努力をするとき、

成果がみえない時期が長くても
恐くない。
不安もなく、力強く自分を
前進させてくれます。


実りが実感できるのは
ジワジワ〜よりも
パッカーーンっと
やってくるようです。



みなさん、ずーっと
楽しみに待ってくれている
「英語DE法話」
もう少し待っててね。




ボソっと内緒話ですが。

2か月ほどの
短期留学を計画中・・・。


毎年、2か月間留学
それを5回くり返そう!と
思っています。

遊びにきてね!
西海岸です。


・・・・・・・・

今日はこんなお話しを。



一匹のサルが馬小屋を発見。



(お?!こりゃぁいい!

馬の餌をちょいと
失敬しちゃおうっと!)



忍び込んだサルは
桶に入っていた豆を見つけます。



(うわ〜、好物だ!)



素早く実行!
サルは両手に豆を山盛りかかえ
器用に木の上へ登りました。



「いっぱい盗んだぜ〜。
ゆっくり食べよう!」


ご満悦に食べていました。


ところがその時、
一粒の豆を落としてしまいます。
「あぁ!しまった!」




するとどうでしょう。



そのサルはパっと
両手に抱えていた豆を投げて
落とした一粒の豆を拾いに
急いで木からおりたのです。



クソーっ
どこだーーーー?
あれはオレのだぞー!!


全ての豆はこぼれてしまった中、
サルはずっと
一粒の豆を探し続けましたとさ。。

・・・・・・

これは仏典にのっている話です。





おサル、おバカだわ!
と思いますよね。笑




と言いたいところですが、


ところが、これと同じことを
私たちは思ったり、行ったり
しているよ・・・と
お釈迦さまはいわれます。




以前、こんな経験をしました。
自分の欲深さの暴露になりますが。笑



人生で一度だけ
財布のスリにあったことがあるんです。



その財布は友人たちから
誕生日祝いに贈られたもの。
とても大切にしていました。



私は思いました。
(しまったーーーー!!

中味はどうでもいいから

財布よ、どうか出てきてー!)




期待値ゼロで警察へ。





すると、数日後!



落とし物として届けられて
いたのです。




叫びました、ありがとうー!って。




素晴らしい人がいるものです。




財布よ、おかえり!
よかったー!
ほんっとに良かったー!





そして次に、
おまわりさんと一緒に
中味の確認作業。




お金はぜ〜んぶ
無くなっていました。






その時の私の心・・



「誰よ、お金を盗ったのはーー!!」
でした。笑




実は、色んな支払いをするため
10万円を入れていたんです。




そんな大金が入っていたけれど
それでも財布を無くしたときは
100%の心で

「お金はいいから、財布だけどうか・・」

と思っていました。





と・こ・ろ・が




財布が見つかって安堵した途端、


「お金、返しなさいよーーー!」

と急変したのですから
ビックリです。







=欲張ってはいけない=







サルのお話しは
まさにこんな欲張りな心への
警告・・・だと思います。





全部オレのだ!という
サルの欲は、たった一つ落ちた豆も
手放したくなかったのでしょうね。





「その強欲によって
失うものが沢山あるよ・・


欲は視野を狭くしてしまうよ・・


思い通りにしたい、という心が
いっぱいあると、


比例して、
思い通りにならないことが
いっぱい増えるんだよ〜」
とお釈迦さま。




瀧本、サルでした。笑




100%の思いで
財布だけでてきてくれれば・・・
と願っていたのですから、

出てきた時点で大感謝!


100%、願いがかなったのですから。




ところがすぐに「苦」が来ました。

さっそく次の欲が生まれたからです。
「お金を損した〜〜」と。( *´艸`)




瀧本、まだ「ちょいサル」
です。涙




欲をたくさん持っていると
幸せは遠いよ〜
というお釈迦さまの教え。



これを

==少欲知足==
と言うのでしたね。




欲を少なくして
今、充分に足りていることを
知りましょ・・という意味です。



欲がきちんとコントロールされて
今の有り様に感謝ができる心・・


この、よく整頓された心を
「幸せな心」っていうのですね。





じゃあどうやって整頓するの?
どうやるの?





それは今夜の講演会で。( *´艸`)
19時〜大井町です。
ちょいサルの瀧本が
お話ししたいと思います。笑


では、ステキな一日を!
・・光静・・

昨日は東京庵で書画DAY。

みんな爆発したような
素晴らしい作品ができてました。


とっても楽しいです。

来月は20日ですよ〜。
宜しければどうぞ。





お席が空きましたよ〜 

March 22 [Wed], 2017, 13:22
瀧本です。


明日の書画庵のお席が
空きましたよー。( *´艸`)


品川駅前の光静庵にて
19時〜21時です。


急なお休みのご連絡を
頂きましたので、いつも
キャンセル待ちをされていた方、
どうぞいらして下さ〜い。

とっても楽しい時間です。


10名ほどの少人数で
法話を楽しんでいただいて、
それを記念に書にします。



いつもブログにUPしているような
書を仕上げるんです。


ちょ〜アットホームな空間で
みなさん、疲れを癒されますから
ゆる〜い感じで遊びに
来てくださいね。


おやつの差し入れ、大歓迎〜




その他の講演会リレーの予定も
ついでに書いておきます。



●3月23日(木)
書画庵(品川)
19時〜21時
なんとな〜く皆さん残って
お茶たいむ?


●24日(金)
法話らいぶ(大井町)
19時〜21時
自由参加懇親会あり


●25日(土)
逆視道・名古屋ゼロ期生
10時半〜13時頃

真解学・東京初級
16時〜18時半頃
※門下生対象

●26日(日)
心@あった会TOKYO
14時〜16時頃
自由参加懇親会あり


お問い合わせは
光静ミュージアム準備室まで
お願いいたしまーす。

・・・・・・・・・
さて、こんなお話しを。


テレビをつけていると、ある言葉が
耳に飛び込んできました。



ある女優?歌手?の方が
大先輩に相談をしたそうです。



「以前はできていたことが、
今、同じようにできなくて・・」



それに対して業界の大先輩は
こう言われたそうです。



「以前にできていたことが、
正しかったのかどうかなど
分からないじゃないか。

今、できることを
すればいいじゃないか!」



思わず、メモをしました。



この大先輩とは
タモリさんのことです。




シンプルだけれど、
衝撃でした。




私も、よく思います。

(前はもっと
こんな風にできていたのにな〜)
って。笑





確かによく考えると、
以前にできていたことが
「いい事なのか」
は不明ですよね。





例えば睡眠不足。笑


数年前までは
2時間の睡眠でも
元気に仕事ができていました。

が、


今、そんなことをしたら
不気味な形相になって
オバケみたいな私です。笑




短時間睡眠で
元気が出せなくなったからと言って
悩むのはちょっと違いますね。笑





そういえば瀧本、
覚えるのが遅くなりました。



そして、

忘れるのが早くなりました。
( *´艸`)すぐ忘れる〜
瞬間芸です。





ならば、
時間をかけて覚えればいいし



忘れちゃったら、もう一度
チェックすればいいし、


睡眠不足への勝負は最初から
あきらめておく方がいい。笑



オバケのような顔で
法話をすると
それこそホラーになりそうです。
(笑)



どうしようもないことを
くよくよ考えてしまうことを
仏教では



=妄想=

といいます。




妄想の特徴は

「過去」か「未来」に
心が奪われていること。




妄想は、
時間のムダ遣い・命のムダ遣い。


「妄想はだめだよー。
しっかり今を生きなさい〜」



この教えを

=莫妄想= まくもうそう




といいます。



ふっと何か心に
湧き上がってきたテーマがあれば、
問うてみましょう。





「これって、
考えて答えのでるもの?」




「これは考える必要があるもの?」



まず、考えるべきは
ここなのだと思います。



考えて「どうにもならないことだ!」
と気付いたら、
スッパリとあきらめるのがいい。





諦める=明らかに事をみること

でしたね。






執着の固まりの我々には
なっかなか難しいです。



なのだけれども、
だからこそ、
心の修行です。( *´艸`)


では、午後からも
笑顔でお過ごしください。

ステキな一日を!
・・光静・・

さっき、お気に入りの定食屋さんへ
行きました。

すると!

臨時休業!



聞いてないよ〜
ま、マジですか〜っと
ちょっと妄想しました。笑



明らかにみて、他のお店で
ご飯を食べてきました。笑



では、明日から東京の皆さん、
宜しくお願い致します。

書画に来れるかた、
お待ちしていまーす。




プライドにバンソウコウ。笑 

March 21 [Tue], 2017, 13:51
瀧本です。



思わずイラスト書きました。



こんな感じで、さっき、
思いっきりコケました。



いっだ〜〜〜〜〜〜い!

死ぬほど痛いっ
動脈乖離よりイダイぃ




子供の頃って
頭から鉄棒から落ちたり、
向うずねを打ったり・・

いつも体のどっかに
バンソウコウ貼ってあったけど


そこまで痛くなかったのにぃ。
と、自分と対話。

見つけましたよ痛みの犯人。




=かっちょ悪い=


=恥ずかしい=


=人がみてる=



ズッコケて、心に傷が
つく感じを発見。
プライドの傷みっけ。



いや、ほんと。
まだ痛い・・・・涙


チョー痛いです。







心が。笑




皆さん、気をつけてくださいね。



足元とプライドに。笑



【ズッコケて
学びの浅さに大反省】 一句。




心にばんそうこう、
貼りたいと思います。涙

・・光静・・



あ、今週の講演会のお問い合わせは
ミュージアム準備室までお願い致しますね。

ミュージアム準備室


kousei.museum@gmail.com



だから大丈夫。 

March 21 [Tue], 2017, 10:53
瀧本です。




お彼岸法要もおわり、
やっと今日、時間がとれました。



先週末、
一日に3本の講演をしました。



3本目は大阪。
ところが講演の途中で
フニャフニャ〜っと
座り込んでしまって、皆さんへ
ご心配をおかけしました。




ホームグラウンドの皆さんは
私の体調のことを特に理解
して下さっていて、
みなさん、手慣れたお声がけで

「はい、はい、横になって!」と
椅子を並べてくれました。笑



そんな中、
とても笑ってしまったのは




一人の方が、
こう声をかけてくれました。





「先生、
お酒飲みます?」




なんでやね〜ん!
でした。笑




今は、すっかり落ち着いてます。

本当に申し訳ありませんでした。
そして
ありがとうございました。




今週は東京で
講演会リレーがあるので
しっかり努めたいと思います。

もう大丈夫です!

・・・・・

さて、今日はこんなお話しを。



大地に一本の
大木が立っていました。




朝日が昇ると、
大木は気持ちよさそうに
東から射しこむ光が
大木を眩しく照らします。



大木に向かって、
その光クンはいいました。




「どうだい?
気持ちいい?」




大木は答えます。
「うん!気持ちいい!
ありがとうね!」




そんな会話をしている時、
後ろから声がしました。




「なんだよ、
二人で楽しそうに・・。
俺も仲間にいれてくれよ」




ん?だれだ?





振り向くと、
大地にくっきりと映っている
西方向にのびた影クンでした。




影クンはずっと思っていたのです。

(俺はいつも後ろにいて、
独りぼっちなんだ・・・)




更に影クンはいいます。


「僕がいない時は、きっと
もっと楽しい会話を
しているに違いない・・」




すると光クンが反撃します。

「影クン、そんなことないよ。

じゃあ、僕が
いない時はどうなんだい?


君だって
大木さんと楽しく会話を
しているんじゃないのか?」





二人の会話を
真ん中で聞いていた大木が
やれやれ・・とばかりに
こう言いました。





「二人よ、よく聞きなさい。


まず影クン、知ってるかい?


君は光クンがいてくれる時しか
存在できていないんだよ。



そして、光クンも同じ。

影クンがいてくれる時だけ
君は僕を照らしているんだ。



わかるかい?



影クンがいない時は
光クンもいない。



光クンがいない時は
影クンもいないんだ。



二人は一緒なんだよ。
一緒に存在しているんだ。」

・・・・・・

私達は、
何か苦しいことがあると
苦しみが消え去ってくれることを
今か、今かと願う生き物です。




苦しみが去ると
心はホっとして、突然、目の前が
明るく感じたり、



ご飯も美味しく食べられます。




見慣れた同じ道でも
軽やかな足取りで歩みます。



まるで
ハイキングをしているように。
( *´艸`)




その心爽やかな感覚は
「苦」と感じていた出来事が
起こったから。






(そんなの
無理やりの意味づけだ〜!)




と言いたくなっちゃいますが
よ〜く考えると
確かにそう。




仏教がいう「幸せ」は
ここにあります。




幸せとは、

「幸せな何か」と
巡り合うことではなく




「苦」がない在り様のこと。





苦がない在り様???





そんなこと言っても、
苦はいっぱいやってくるぜ〜
と思いますね。笑





さらに追記すると、


幸せとは

「全てのことに
感謝できている心の状態」


のことです。






=苦もまた感謝の対象なり=





私はまだ病のままですが

治れば感謝?
倒れたら苦?



治ってくれれば、もちろん
喜びに越したことはないです。





病の私は「苦の私」



とは、少し違うようです。





ちょうど、
光と影
短い、と長い


のようなもので



「それ自体の本質が
ただひとりで有りえるモノでは
ないんだよ〜〜〜」
という教えを







=無自性= むじしょう







といいます。




一枚の紙の表と裏。



「私は表だけがほしい」



一枚の紙を、どれほど
すんご〜い機械で
さらに薄くスライスできても




必ず「裏」はついてきます。
( *´艸`)




それを更に更に
「表だけをくれ!」と
スライスしていっても

またまた「裏」は
ついてきます。




私達の心も
おなじなのだと思います。





今、
「苦の面」をみているなら
裏には「喜び」が
あるのだと思います。



今、
「喜び」をみているなら
裏には「そうではないこと」
があるのかもしれません。


であるなら、
今の喜びに感謝をして

もし何かの拍子に、裏面の

「そうでないこと」

にひっくり返ってしまっても



うん!それもまた経験。
裏にはきっと「喜び」が
くっついています。




だから、だからね。
大丈夫!




全てを受け入れて
歩んでいきたいですね。


今週の講演会リレーでは
そんなお話しを。

では素敵な一日を!
・・光静・・

ブログの更新が止まると
心配してくださる方が
沢山メッセージを下さいました。


もう大丈夫です。( *´艸`)


そして、今の

「大丈夫」の裏面には
「大丈夫でない私」が
くっついていますから


またまた倒れたら、その時は、
「はい、はいど〜ぞ」と
椅子を並べてくださいませ。笑












その誤解はステキな機会! 

March 16 [Thu], 2017, 20:32
瀧本です。



今日は朝から、またまた
英会話の特訓でした。


英会話を真剣に勉強しだして
気付いた事があります。



それは、まず




「適当でいい!」


です。笑





というか、
自分は適当でしか聞けない、
ということ。




大筋、
先生の話は聞き取れている
つもりでいましたが、




知らない単語が交じっていると




以前まではその都度、
「その意味はなに?」と
質問をしていましたが、



今はそうではなく、
適当に前後の意味合いから
(こんな感じのこと言ってる?)
と推測して流すようになりました。



イメージングです。



そして後から、
「つまり、こういう事ですよね?」
とザックリ確認をします。




全然ちがう推測をしたときは

「OH!KOUSEI〜
君の間違いは僕の勉強になるよ」


と、先生を大爆笑させます。




この
「勘違いな聞き方」

を通して

とても大きな気付きを
得ることが出来きました。





先生が言ったことを私の学力不足で
間違ったイメージをしたけれど
その間違いを正す会話自体こそが、

一番の勉強になっている!

ということ。




過ち、誤解が解ける瞬間が
気付きが多く、
勉強が実る感覚があります。






思います。





日本語で行う
日本人同士の会話は
すべて聞き取れますよね。


(地方で講演をするとき、
あまりにもベタな私の関西弁が
ご理解いただけないことが
あります・・・。笑

ごめんなさい!
標準語の練習はしているのですが)





ところが、言葉の弊害がなくても
発信側と受信側のイメージが違えば
メッセージ性がかわる。




まったく違うストーリー
として、相手に響くことが
あるもの。




先日、こんなことがありました。




友人夫婦と食事をしたときのこと。






ご主人が私に聞いてきました。


「なぁ、光静さん、
智美(奥さんの仮名)の顔さ、

疲れた顔してると思わへん?
最近、ずっとこうやねん。」






私「そう?」






すると智美がご主人に向かって


「老けたってことでしょ?!
悪かったね!」



と突然、ブチ切れたように
言ったのです。





「悪かったね、
冴えない顔で!」と。





(世の男性のみなさん、
お気をつけくださいよー。

女はこういう一言でも
何だかショックを受けるもんです)





そうじゃない、
あ〜だこ〜だ・・と
言い合う夫婦の会話を肴にして
私は一人、食事を楽しんでました。





智美がお手洗いへ。





めんどくさ〜と思いながら
さてと、私の出番。




私。
「疲れた顔をしてる、と言った
真相はなんやったん?」





旦那。
「俺、泊まりの出張ばっかりやから
あいつ、自分の為の食事支度が
適当になってたら健康によくないし。


俺が居る時は、いつも
栄養のこと考えてくれてるけど。


だから、今日は贅沢な食事を
させてあげたかったんやけど・・」





あらららららら〜






あらまーーー!!!








ご主人の意図は
(一人の時でも栄養バランス、
ちゃんとしてね)


という愛情だったんですー!
健康を気遣った・・・・





(世の女性達よ!
男は言葉が足りない生き物です!)







智美が戻ってきました。





(フォローするから、
ちゃんと言え!)



と、彼の足をテーブルの下で
ツンツン蹴ってやりました。




しゃあないな、とばかりに
モソモソしながら、
「言いたかったのは・・」と彼。




「・・・ということやから
気分を害させて悪かった」





不機嫌さを
丸出しにしていた彼女でしたが、
妙にご満悦モードへ。




食事を終え、じゃあね!の時には
来た時より仲睦まじい雰囲気で
お二人、お帰りになりました。




(やってられんわ・・)と
思いながら別れましたが



ん〜〜〜〜〜!!
勉強になりました。





間違いや、誤解は
どこでも、いつでも
起こるもの。






それは仕方がない。





つい
ムキになること、

あります。





肝心なことは、
間違いや、
すれ違いを正せる時が

「本当に素敵な時」

であることに気付けること。





「実るとき」です。
そう思います。





受刑者教育の際、
よくこの事を話すように
なりました。



「あなた、今、
実るときにいるよ」って。





私達は
自分のフィルターで物事を
解釈します。



ですから、
解釈を間違うことがあって当然。




肝心なのは、
それを正すチャンスがきた時、
反発するのではなく
喜びとして捉えること。





お釈迦さまは言われます。


「自分のいたらぬ点を
指摘してくれる人にあったなら
それは無上の喜びである。


反発するなど
もっての外なんだよ。


感謝する人である」と。






感謝のときです。







もっちろーーん、
それを実践するとなると
とても難しいこと。






それが
身近な人であればあるほど
難しいかもしれません。




でも、その気付きは
「幸せなこと」なのだよ、と
言われています。




世の女性達よ、
聞いて下さい!





夫の、恋人の、
「お前、太った?」

の言葉に逆上しないで!






ひょっとしたら、
心配してくれているのかも
しれませんよー




(世の男性達よ、
女はいつまでたっても
「綺麗だよ」と言われていたい
生き物ですから、
言葉に気を付けてね)笑





いずれにせよ肝心なのは


「正す」という機会は
とっても貴重でありがたい事。






その機会がめぐったなら

プライドで反発しないで






「ごめんなさい」

「ありがとう」






が言える者でありたいですね。







実るときです。








「今日、部屋が片付いてないね」


と、間も無く帰宅する
夫が言ったなら




(おや?疲れてるの?

と、心配してくれているのかな?)

と解釈してみるのはどうでしょ?笑





世の夫たちよ、
部屋が散らかっていて、
(掃除しろよ〜)と思ったら

「何かあった?
疲れることあった?」と

優しく妻の頭をポンポンっと
してあげてくださいね。



面倒でも言ってあげてね。笑




きっと優しい夜になります。



では、ステキな夜を!

・・光静・・
今日、私、
そんな出来事があったんです。


私が間違っていました。


電話をして
「本当にごめんなさい、
気付かせてくれて
ありがとう!」

と言えました。


その機会をくれた彼へ
心から感謝をしています。





自分へお布施( *´艸`) 

March 14 [Tue], 2017, 12:00
瀧本です。



ちょうど一年前に書いた
投稿がシェアされて、
またまた自分のところへ
舞い戻ってきました。


なつかしいな〜。


ブログでもご紹介
しとこうと思いました。
セルフシェア?笑




・・・コチラ・・・

ゴルフ…。下手くそなのに、
アドレスだけは完璧な私。



妙に大胆優雅に構えます。
シングルの方に言われたことが
あります。




『瀧ちゃん、いいねぇ。
ゴルフの上手い人は、構えを
見ただけでわかる。

だから、初心者はまず上手くみえる
構え方ができるかどうか
が大事なんだよ!』




まず見た目が肝心!





瀧本、最近、

ある運動をおこしてます!
その運動の名前は






『最近なにかいいこと
あったでしょ?と人から
言われようぜ 運動』




と言います!(ながッ)笑






楽しそうな顔をしていると

呼んだ?とばかりに
『楽しい事』は
寄ってきてくれます。






幸せそうな顔をしてると

『幸せ』も 呼んだ?
とばかりに、集まってくれます。






心の有り方と、表情筋は
連動してます。


そして、心の有り方と人生も
連動してます。






とすれば、

表情と人生はイコール!






『最近なにかいいこと
あったでしょ?と人から
言われようぜ 運動』
加入しませんかー。
( *´艸`)




ゴルフ場のクリップ鉛筆
で書きました。笑


では!



・・・・・・・

これを書いたとき、
沢山のお友達が

「参加するぜぇ〜」と
挙手してくれました。






=心は表情になる=




連動しているなら、





=表情は心になる!=






辛いことがあっても、
表情をニッコリしていれば
心はついて来る。
( *´艸`)シンプル〜





その歩みが人生。





今一度、

「和顔施」の実践を
意識したいですね。





他へだけでなく




自分が自分へ
笑顔を施す!




忘れがちですね。


大切なことだと思います。





午後も笑顔で!
・・光静・・

今日は真解学の
門下生をガッツリ強化!


頼もしい先生が
育ってきました。











「さとり」ってなんのこと? 

March 14 [Tue], 2017, 9:00
瀧本です。





さて、こんなお話しを。


覚り?悟り?さとり・・
「さとり」って
なんじゃらホイ??





これを
「覚」 り
「悟」 り

と縦に並べると



=覚悟=
ビックリですね。



辞書でみると
「受け入れる心構えをする」
とありました。そして


何を受け入れるの?




それへの解説は
「危険なことや困難なこと」
とありました。






ふむふむ・・・

困難なことを受け入れるのが
覚悟ということです。


日常ではそう使っていますね。






そして、
仏教用語の覚悟は
ちょっと違って、

「迷いを脱し、真理を知る」

という意味になります。






とすると??





真理ってなんだ?





ややこしい
実態のない光のような
なんだか怪しいもの?




真理って、
なんなのよー?!




と言いたくなります。





いえいえ。笑
フワフワした何か幻想的な、
ものではありません。




悟りとは
これまでの経験、蓄積
また悩みが熟して


パっと花が開くように
真実の事柄が

「自覚できていくこと」
です。





点と点がつながり
霧が晴れ、視界がクリアになる
感じ。





ひとつ、エピソードを
お話ししましょうね。




ある時、言い争って
ののしりあって、
ずっと恨み合っている
二人の者が、お釈迦さまの
ところに相談にきました。



「この野郎のせいで
毎日が本当に辛いんです」


『こっちのセリフだ。
どうにかして下さい!!』



お釈迦さまはいいました。
「憎みあっていたいのか?
楽になりたいのか?」



二人は楽になりたい、と
いいます。
だから、あなたの力を
借りに来たのだ・・と。




多分、どっちが正しいのかを
論じてほしかったのかも
しれませんね。






釈尊はいいます。

「憎しみは、
憎しみによっては
鎮められない。

憎しみを手放すことによって
鎮まるものである。


これが
不変の真理である。」


これは古〜い経典に
のっている言葉です。






かる〜く斜め読みしちゃったら

「へ?なんじゃそりゃ?」

「もっとこう、衝撃的な
気持ちいいこと言ってよ」




と肩すかしを食うような
アドバイスに思えます。笑





先日、相談に来た方は、
ずっと実のお姉さんを
あることで恨んでいました。





許せない、許せない・・・



だから俺は今こうなんだ、
あいつのせいで・・・




聞くともう10年も前のこと。




「ねぇ、
これからもずっと恨んで
生きてくの?」



恨みとは、とっても恐ろしく
人生に、何かしら不具合が
生じると、

ぜ〜んぶ、「恨んでいる一点」の
責任にしてしまいがち。





負の連鎖です。



彼へ釈尊が言われた真理

憎しみは、
憎しみを手放すことでしか
鎮まらない・・


をお伝えしました。
そして




「あなたがこの先、
何年、苦しんでいこうが
私には関係なーい。


あなたが決めること。


もし、手放すぞ!と
決めるなら、
お手伝いします。


どうします?
どっちでもどうぞ」


とポカンとした顔で
瀧本、言っちゃいました。笑




彼は、今、ずっと
お勉強会にきていて
「生きやすくなった〜」
と喜んでくれてます。





これ、
立派な悟りです。
(^ ^)




先ほどの釈尊のところへ
相談にきた二人組は
その後、
どうなったのでしょう?



話しはこう続いています。



彼らは、
ハっと分かったのです。



「私が苦しんでいる理由は
お前ではない・・。
お前を憎んでいる、俺の心、が
俺を苦しめていたのだ」




彼等が悟った名場面です。







こんな感じで、
ある時、ハっと気付く。

ある瞬間に、ジャジャーンっと
心の扉がひらく喜びです。




私達は凡人ですが、
ある意味、色んな悟りを
経験できていると思います。




何年も辞めたいな、と
思っていた仕事でも
ある時、

=役割りがある喜び=


を心が震えあがるほど
感じることもあるでしょう。





うっとうしいな・・と
思っていた旦那のことが

突然、かけがえのない人だと
気付けることもあります。
(そう、願います。笑)






命の神秘がまさにそう。





日頃、何も考えずに
動かしている体のパーツ。



動きに不具合がでてくると
今までの豊かさに気付きます。





時が熟したら、
私達はキッカケによって
悟ることができるもの。



心に飛び込んでくる
「体験」や「言葉」です。





私は、趣味でヘタクソな
書を堂々とかいていますが(笑)



いいなぁ〜、と思う
お釈迦さまの言葉や、
巨匠の言葉に出会ったら

手帳に残すのでなく、
書にしちゃって
みんなと共有しとこっと・・

という走り書きの感覚です。





そしてそれらは
ある日、
まるで初めて聞くような、
違う意味をもって
衝撃な教えとして
心に舞い戻ってくることがあります。




受け取る私の心の有り様が
違うからですね。




何度でも、新たに響きなおす
言葉ってありますよね。




でも、油断するなかれ。




心は、またまた
煩悩の海に沈んでいきますから
毎日、教えに触れていなくちゃ
って思います。
( *´艸`)私、おバカですから。



これからも、ぜひ
一緒にお勉強を。



小さな悟りを
積み上げていきましょ。



また冬の寒気がもどります。
どうかご自愛くださいね。




=憎しみは、それを
手放すことのみで鎮まる=



ホント、
おっしゃる通りですね。




手放す努力、しましょ、一緒に。

では素敵な一日を。

・・光静・・


そんなん言っても、
どうやって手放すのよ!と
疑問が浮かびますよね。笑


それはまたお勉強会で。









さらば嫉妬よ! 

March 13 [Mon], 2017, 11:36
瀧本です。


=さいげつ人をまたず=

時間はまってくれないよ、と
いう教えですが、
まず今日はこんなお話しを。


仏教を勉強するようになって
私が最も楽になったこと、
それは


嫉妬がなくなったこと。
( *´艸`)ワーイ



というよりも、
「解釈が変わった」ですね。



嫉妬で苦しむあなた!
プリントアウトしといてよ〜ん。



心の苦は様々。
だけれど、その中でも
「怒り」と「嫉妬」は
手強い連中です。




夜も眠らせてくれません。



最近、嫉妬しました?
今、してる?
これから?笑





嫉妬はどんな時でしょう?



相手の能力が自分をこえたとき?

恋人の心が離れるとき?

欲しいものを手にいれた相手へ?




嫉妬する出来事や対象は
ほんと様々です。



なのだけれど
共通点があります。



それは



「自分に近い人」です。




例えば友人がほっそり美しく
ダイエットに成功!
本当にきれいになったら、その
「よかったね〜」は
心から言っているかしら?




(クソーっ・・・・・)
と雄叫びが心中に響きませんか?





ところが、
スクリーンの向こうにいる
大スターが見事に減量したら?




なぁんにも思いません。


むしろ
「さすがプロだな〜」と
尊敬するかも。



なんの違い?




結局、嫉妬という魔物は
自分の境遇に近しいところで
感じるものです。




あるいは、心のどこかで
「見下している相手」に
抱くものです。




明らかに自分より才能のある
人には嫉妬しませんね。





キャリア組の夫婦のご相談は
後を絶ちません。



先日の方がまさにソレ。
(ご本人の希望で書きます。笑)


その奥さま、
旦那が上機嫌で帰ってくると
イライラするんですって。笑



自分だけ楽しい思いをしてきたのね!
ってな言い分です。
(その気持ち、分かるわ〜と頷いて
読んでいるあなた、ダメよ。)




「身近」+「見下し」=旦那




嫉妬の成立です。笑




客観的にみれば
旦那が上機嫌で帰宅することは
本当に素敵なこと。




分けてもらえばいいのです。
「何があったの〜?」
「聞かせて〜」





そんなこと
出来るわけないやん!
って言いました?笑





でも、よく考えて。

身近な人なのですから
直接、聞くことができます。




ダイエットもそう。
出世もそう。
機会に恵まれた人もそう。


自分が嫉妬を感じる人とは



自分が現状ではできていないことを
先にできちゃった人のこと。


学べる点を持っている人です。






嫉妬の解決方法は
その対象とは本来、

「学ぶ点を持っている人」
「身近にいて教えてくれる人」

であることに気付くことです。





「妬ましい人、ウザい存在」
ではなく、そうではなく、

「感謝すべき大切な人」
だと知ること。



今、自分ができていなかったこと、
まだ、到達できていない点に
運ばれた人。



しかも身近な人なのですから
これは本当にありがたい!



あなたは特等席にいるのです!
パンパカパーン!






今も愚かな私ですが、
以前は群を抜いた愚か者
でした。




人の恵まれた状況を
心から喜べるなんて
ありえないぜぇ〜とか
思っていました。




が!




祝福をして、
「教えてくださ〜い」の心を
抱くようになると、




まぁ不思議!
幸せは感染するのだ
ということを体験しました。




どんどんおすそ分けが
人生に入り込んできました。



お釈迦さまはいわれています。

「行いが素晴らしい人、
成し得た人を
敬うことは楽しい。

智恵を得ることは
とても楽しいことなんだよ」




=楽しい=

と言われたことが
とても印象的です。



とすれば、
その楽しいこと、は
今まで嫉妬の対象であった人が
与えてくれそうです。




自分の出かた次第!




もし、今、嫉妬の対象が
まわりにいるなら
ほんとラッキー。( *´艸`)



大人になって
拗ねているのは
お利口ではありません。


=歳月人を待たず=
学ばず、実践せず、の人生は
あっという間に過ぎ去って、

過ぎ去るだけでなく、
愚かな捉え方が、年輪と
なっちゃう。
( *´艸`)わお




そして、この教えは
反対からも導いてくれます。




実は、私達も
時を待ってはいけない。


いつか変われるかなぁ〜
いつか分かってもらえる〜?


いつか、という日は
カレンダーにありまっせん!



あなた、読んじゃいましたよ、
捉え方の変更。


旦那がほろ酔いで
上機嫌で帰ってきたら、
笑顔で実践です。笑



友人が美しくなっていたら
心から祝福して
おすそ分けをもらいましょ。



さらば!嫉妬よ。( *´艸`)

・・光静・・
今週、18日(土)
名古屋14時〜
世界一わかりやすい仏さまのお話し
がありますよ〜。

同日・大阪
18時半〜
世界一わかりやすい仏さまのお話し
もあったりします。

両方、瀧本がお話ししますね。

幸せになる義務 

March 10 [Fri], 2017, 10:09
瀧本です。

久しぶりに更新です。



最近、自分の人生に変革を
起こしてみようと
頑張っちゃっています。笑




大したことではありません、が、
どのような結果がでるのか?と
ワクワクしています。




今まで定着していた
一日の過ごし方、流れを
大きく変更したんです。




慣れないうちは、
いつもの時間の過ごし方に
もどってしまいますね。


ほんと
大したことないのだけれど
自分への戒めのために
ちょっと書いておこうかな、と。




朝、目覚めて一番にすること、
それは(布団の中で。笑)


5分間で完結する英会話の
物語を聞くこと。


眠る直前にもします。





そこから、もそもそ起きて

1時間、
みっちりピアノを練習。




超上級者向けの楽譜は
なかなか弾けない〜・・


のですが、だからこそいい!


少しづつ「らしく」なって
くるのが感じ取りやすい。






お次は、
自分の講演会のビデオを
一本みるようにしています。
(結構、面白くて
自分の講演会なのに大笑い。)



実は、講演会のビデオ・・
たくさん、あるのです。笑




この辺りで夜明け。




夜明け前の時間は
どう使っても仏さまから
叱られないような気がして
とても楽しい。




この3つの流れを
keep goingしていこうと
思っています。





何が目的か、というと
これらの項目は



「上達がみえる」もの。






今までの人生で
いろんなことに触れ、学び
積み重ねてきました。


そして、ここらで一発、



「やはり
くり返すことは素晴らしい!」


「この年齢でも
進化するのだ!」





という確信、というか
喜びを実感してみたい、と
思ったからです。



美しい英語を自在に話す人
をみては、心から羨ましく
思っていた私。


鍵盤の上を流れるように
弾く人をみて、本当に
憧れていた私。





一日24時間はみな同じ。


人生はその配分次第!






何かに憧れを抱く、って
とても貴重な感情。

なのに、それを
放置してきましたから、



自分で自分へその喜びを
プレゼントしようと
決意しました。





人生は一度!


明日より、今日の私は
若い!





昨日、聞き取れなかった単語、
昨日、つまずいていた旋律、



あら!できちゃった!



と、小さな進化の芽が
フと見える瞬間があります。



これがあらゆる方面への情熱に
広がっていっているようで
1つ1つの取り組み方が
変わってきました。



今更ながら大発見!
ラッキーな副産物です。




いつの日か、
講演会でコンサートも
やっちゃいたいな〜、と。
( *´艸`)ムフフフ・・・

・・・・・

さて、こんなお話しを。


すご〜い昔、あるアニメの
映画をみにいきました。



おもちゃ達が夜になると
おもちゃ箱からでてきて
人生を楽しむ、という
ストーリー。



昼間は、子供達のおもちゃ。



子供が寝静まると
彼らは「生きる」のです。



みんな見たいものを見て、
話したいことを話し、
行きたいところに行きます。



しかしながら、それは
子供達が眠っている間に
行わなければいけない。

時間に限りがある・・



(設定が深いな〜)と
感動しました。




ストーリーは様々に
展開されていくのですが、


思わず映画館でメモをした
ワンフレーズがあります。




それは、こんなシーン。






あるおもちゃが
落ち込みながら言います。



「したいことがあるけど、
僕には無理だ・・・」





すると兄貴分のおもちゃが
言うのです。




「夢を持てていない者もいる。

でも君は夢をもってる。

いいかい?



夢を持っているなら、

君の人生には、
それを追いかけるべき

義務があるんだ。





そうでなければ
その夢はいずれ必ず

君を苦しめるだろう」






このセリフには
衝撃でした。




=夢を持つものには
それを追う義務がある=




義務、という表現が
採用されていたことに
ハっとさせられるものが
ありました。





私の、
そしてあなたの身体は
今、懸命に生きています。




心が沈んでいようが、
悲しんでいようが、





心とは切り離されたところで
懸命に生きてくれています。



その
「私を懸命に支えてくれている私」
に喜びをもたらすのは
親でも他人でもなく


自分自身。





私達の生活は、
モノが豊かになり、
何でも手にはいります。



しかしながら
求める心がなくなったか、
というと



実に反対。





かえって求める心が増え
意識は外へばかり。





仏教では

外へ向かう心を
自分へ向けなさいよ〜、




自分の内に返し向けて

今、行うべきことを
今、行いなさいよ〜





命はいずれ終わるよ〜、




あなたを幸せに導くのは
外を探しても誰もいないよ〜



自分をしっかりと見つめ
照らしなさいよ〜、



を終始一貫して
伝えています。

=えこうへんしょう=
といいます。


自分を、
自分の命を
大切にする、ということは



甘やかして、優しくする、
というより

時に、自分に
「厳しく接すること」
でもあるように思います。



ちょっと笑い話ですが、
相談にこられた男性のお話し。



暴飲暴食をしてきたそうで
体内がボロボロだとか。



彼の相談とは

「先生〜、
長生きできるように
御祈祷してもらえませんか」




暴飲暴食は、今も
きっちり続行中だそう。




きっちり続行、なんですって!
こりゃ、ビックリ。笑






瀧本、言ってやりました。



「お釈迦さまでも
救えないと思いますよ〜。




でも、
救える人が一人。



それは、
あなた自身ですよ〜。」





全ては自因自果。


外へどれほど求めても

「他」の因は

自分の「果」にはならないもの。






「他因自果はないぜぇ」と

ピシャリとお釈迦さま。





自分の内を返りみて、
本来の純粋な心を照見し、
歩みたいですね。




この純粋な心のことを
仏教では
=主人公=といいます。




さてと、
「こんな自分でありたい」
と思う主人公とむきあって


楽しみながら義務を
果たしたいなって
思います。




では素敵な一日を!
Good luck with everything!

・・光静・・

では、今からラジオ局に
いってきま〜す。

最近、
FBを更新していないので
お叱りメールを頂いてます。


はーい!更新しまーす。笑






P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おしょーにん 
  • アイコン画像 趣味:
    ・唱題行
    ・瞑想-瞑想とは、静かに目を閉じて呼吸をすることではありません。脳の仕組みを理解して、無駄な思考に支配されないように、コントロールする手段。明日から人生が変わります。
    ・ゴルフ
読者になる
全国を移動して活動していますので、お寺に直接来てくださっても、ほとんど在しません。「真解」という窓からアポイントをとっていただければ幸いです。 御用の際は気軽にメールをお送りくださいね。
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/takimotokousei/index1_0.rdf