ぬしす語録&芸 

June 10 [Sun], 2007, 0:41
1歳2ヶ月現在。

いないなーい(手付き)←多分、これが初めてしゃべった言葉。

わんわん(犬を指して)

じー(じん)←父の飼ってる犬の名前

にゃんにゃん(猫を指して)

できた!(万歳しながら)

パパ・ママ(これはちゃんと呼んでるのか微妙かも。真似して言ってるっぽい)

おいしー(飲み食いしてるとき)

バイバイ(手を振りながら)←今のところ最新語

ぐるぐるどかーんを踊る。

アルゴリズム体操に合わせてしゃがむ。

顔の体操のまとば君を真似する。

「たけやきぬしすくーん」と名前を呼ぶと手を上げる(なぜかフルネームの時だけ)

「はーい」と言うと手を上げる。

「むすんでひらいて」をする

どーぞをする。(ちょうだいと言うと渡してくれる)

いやいやをする。

こんなもんかな?

言葉が出ても「偶然かな?真似してるだけかな?」とか思ってたから、どれが初めての言葉だか曖昧・・・。

きちんと記録しておけばよかった

初めての親孝行? 

May 13 [Sun], 2007, 0:30
母の日。
日ごろお世話になっているお母さんに感謝の気持ちを伝える日。

結婚前は特に何もしてなかったんだけど、結婚してからは毎年祖母と母にプレゼントを贈ってます。
まぁ、母はおまけみたいなもんでおばあちゃんメインなんですけどね。家の場合。

で、今年は叔母と相談して、叔母は花束、私はビーズクッションをあげる事に。
とりあえず家に実家に停めてある家のフィットたん(愛車)で迎えに来てもらいそれから買い物に行く事になりました。

掃除を済ませてだらだらしていると叔母到着。

従兄弟(叔父の子)と叔母彼も一緒でした。

私の仕度がまだ出来てなかったので上がって待ってもらう事に。

従兄弟はぬしすラブなので久しぶりに会えて嬉しそう。

が、叔母彼を見てぬしすは号泣

久しぶりに会って怖かったらしい(笑)

なんだかんだで支度をしてビーズクッションを探しにお店を回ってみるものの、いい物が見つからず・・・。

結局今日渡すのは諦めてネット通販で良さそうなのを買う事にしてボーリングに行く事に。

久しぶりのボーリングはガーター無しにもかかわらず不調(−−;)

あぁ、従兄弟にも負けてる〜・・・

「うぇーん!!!!」

ゲームの中盤ごろにそれまで大人しかったぬししすが急に号泣。

私の番だったので叔母に抱っこを変わってもらうと更に号泣・・・。

「あ"ーあ"ー!!!!!!」

手を私のほうに伸ばして暴れる。

仕方ないので、ぬしすを抱っこしながらゲームをする事に。

お、重い・・・。

左手には10キロのぬしす右手にはボーリングの玉。

うまく投げられない・・・・

ごろごろごろ・・・カコーン!!



ストライク。

その次も

ごろごろごろ・・・カコーン!!



スペア。

玉のスピードも全然ないのにピンがなぜか倒れまくる。

「ぬしすすごーい!!!(笑」叔母達爆笑。

その後もスペア&ストライク連発で前半の遅れを取り戻して2番でした。

トップとの差はわずか2。

もしかして、これはぬしすの親孝行???

ボーリング終わった後に、UFOキャッチャーでボタンを押すと音楽が鳴ってとことこ歩くみっきーぬいぐるみをぬしすのためにがんばってGETしてあげました。

しっかり抱きかかえてて気に入った模様(´ω`*)

頑張った甲斐あったわ〜★

家に帰って電池入れて動かせてみたらすごい勢いでないたけど(笑)

久しぶりに遊んで楽しかった!!いい気分転換になりました。

あ、まじめ君は仕事が終わって帰ろうとしたら停めてたはずの車も無いし実家にも誰もいなくて入れないしで途方にくれていたらしい(笑)

そういえば、連絡入れるの忘れちゃった★テヘ

「ぬしす」の不思議 

May 09 [Wed], 2007, 23:23
ちょっと目を離した隙に息子にパソコンをいじくり回されてしまった。

マウスを放り投げ、キーボードをバンバン叩いている。

「あーもーこれはおもちゃじゃないよー」

息子からキーボードとマウスを取り上げ、手の届かない所へ非難させる。

んぎゃ!!

あえなく息子の悪戯は私の手によって阻止された。



かに思えた。



その日の夜、パソコンを使っていたまじめ君が

「ねぇひよりちゃん、パソコンがおかしいよ!!」

と言い出した。

えー何が?どこもおかしくなさそうだけど?

「ねぇ何この『ぬしす』って!」


…ぬしす??何だそれは。

ただぬしすとだけ言われても何がなんだかさっぱり。

「見てよ、『ぬしす』だよ『ぬしす』」

んー?

見てみると、たしかにまじめ君が言うように『ぬしす』と言う名前のフォルダがあった。

何これ。知らないよ私今日パソコンいじってないし。

「新手のウイルスか何かかな?」

そんな馬鹿な。

「ちょっと調べてみるよ!」

もちろん、ウイルス反応は無し。

検索しても『ぬしすウイルス』なんて出て来ない。

「ウイルスじゃないみたいだね。良かった。でも、このフォルダの中は何なんだろ。」

さぁ〜??


ドキドキしながらフォルダをクリックしてみると……



中身はただのマイドキュ(-.-;)


あ、


そういえば、今日息子がいじってたよ!

きっと息子の仕業だよ!


「え、息子ちゃんが?すごーい!!」←親バカ



息子、何なんだぬしすって!!人騒がせな!

もう、今日から息子はぬしすね!!

今日からはじめます 

May 09 [Wed], 2007, 4:54
これより前の記事は、ミクシィで書いてたやつに書き足したりしたものです。
大事な事なので忘れないようにと思って。
ここはメモ的な感じで使う事になるかもです。

永遠のおしり洗浄 

May 08 [Tue], 2007, 22:11
トイレに入っていた時の事。
一人で遊んでいた息子が一人遊びに飽きたのか私の所までやって来た。
(閉めると泣くので、基本的にドアは開けたまま)

「ばっちいから入ったらだめだよ〜」

「うー」

解ってるんだかいないんだか。大人しくトイレの前で遊ぶ息子。

よしよし。もう少ししたら遊んであげるからね。

あ、ウォシュレット使おう。

ピッ

「おっおっ!」

息子、ウォシュレットのリモコンに激しく反応。

1歳児とは思えない力で私からウォシュレットのリモコンを奪い取り逃走。
あっと言う間に向こうの部屋に姿を消した。

あ……

しょわわわ〜

洗われ続ける私のおしり。

しかしそれを止める術を私は持っていない…。

どうしよう。私はこのまま一生おしりを洗われ続けるのだろうか…

「む、息子ちゃん〜!!こっちおいで〜」

必死に呼び続けるとひょっこり顔を出す息子。

満面の笑みだ。

「こっちおいで〜」

てとてとてと

お、来た来た。所詮1歳児、ちょろいもんよ。

てとてとてと

よし、もう少し

ぴたっ

突然立ち止まる息子

ん?

にやぁと不吉な笑みを浮かべこちらをちらっと見るとまた向こうの部屋へ逃走Σ( ̄□ ̄;)

こいつめ、私が困っている姿を見て楽しんでいるのか

くそう。たかだか1歳の赤子にしてやられたぜ。

「おーい、息子くーん」



……

………

来ない…(・ω・`)

洗われ続ける私のおしり。

結局、散々悩んでおしりを便座から浮かせればシャワーは止まるかも!と思い付き、なんとかシャワー地獄からは抜け出せました_| ̄|〇

何故もっと早く思い付かなかったんだろう…

出産レポートA 

April 19 [Wed], 2006, 3:54
しばらくいきむのを我慢してたら、先生からOkが出たのでふんっといきんだら何かずるずるして

「でたよ〜おめでとう!」

と言われてぼーぜん。え、出たの?ほんとに?
イメージではポンッて感じで出るんだとばっかり思ってたから、なんか意外でした。
分娩室入って30分位でした。

しばらくぼーぜん。何が起こったのだかさっぱりでした(笑)

んぎゃーんぎゃー

おぉ何か泣いてる。って人だ!!!本当に人が入っていた!!!
何か大変な事しちゃったよ!どうしよう!えらいこっちゃ!!!

ぼーぜんとしつつも気分が高揚してる。

あ、何か頭撫でられてると思ってふと上を見たら旦那が泣いている!
「よ、よく・・・が、がんばったね・・・(めそめそ)」

初めて泣き顔見たわぁ・・・

「写真撮るよー」って言われて緑色の硬いシートみたいなのを胸の上に敷かれる。
助産師さんが生まれたてほやほやの息子をそのシートの上に乗せてくれて一緒に記念撮影。
酷いもんでした、スッピンだし笑えないし。

その後息子は産湯に入れるんで連れて行かれる。

先生が「見てごらんこれ胎盤だよー」って胎盤を見せてくれた。

すごーい!おもしろーい!!とかいって旦那と一緒に興奮。
興奮しすぎてどんな感じだったか忘れたけど(笑)

胎盤見た後、処置をするため一旦旦那は外に。ついでに家へ連絡してもらう。

処置しながら先生達とおしゃべり。

「いやー早かったねぇ経産婦でもこんなに順調に行かないよ。」とか
「旦那さんみた?泣いちゃってたよ〜優しそうなだんなさんじゃない」とか
「名前は決めた?」とか話してるうちに処置完了。

中が少し切れちゃったからそこだけ縫ったらしい。麻酔がちょっと痛かった。

息子もちょっと前に産湯から上がってなんかケースみたいな所に息子の少し前に生まれた赤ちゃんと一緒に入ってました。

2時間分娩台で安静にとか言われてて見れなかったけど(・ω・` )

まったりしてたら旦那が母親達を引き連れて入ってきた。
人多っ(笑)しかも親族じゃない人とかも若干混じっててびっくりだよね(笑)
まぁ、息子がこんなに祝福されてるって事にしておこう。
赤ちゃんが2人並んで入ってたから「二人産んだのかと思って驚いた!」とか言われた。
可愛い〜!!とかいって息子を眺めてたよ。

大群が帰った後、旦那と2人になって段々興奮してきた私は、おなかが減ったと騒いで分娩台の上でカロリーメイトを貪り食う。
面白かったね!すごいね!!頭どんな風になってたの〜?私も見たかった!ずるい!!とか変なテンションで喋り捲ってたと思う。
1時間位分娩台の上で我慢したけどもう飽きたートイレ行きたい!!とかいってナースコール。

導尿しますか?って言われたから自分でいけますって言って一人でトイレへ。
ふらふらしないでもないけどテンションがやたら高くて酔っ払ったときみたいなちょっぴりいい気分でいた。
トイレから出たら、看護師さんたちが分娩台だとゆっくり出来ないからって陣痛室のベッドで寝かせてくれた。
病室が空くまでここで待つ事になったらしい。

テレビ見たり、寝たりしてたら準備が出来たとの事で旦那に荷物を病室に運んでもらう。
その間に私は看護師さんに体を拭いてもらってさっぱり♪
パジャマも着せてもらった。ウエストニッパーもしてくれようとしたけど・・・・はいらなかったorz

個室希望だったんだけど、個室が明日まで開いてないらしく、今日一日は2人部屋。

義母さんがメロンと手羽先持って来てくれた。部屋中に充満する手羽先臭・・・同室の人は帝王切開の人で申し訳なかったな。匂いで気持ち悪くならないかなぁとか。

旦那はその後直ぐにお花見に行っちゃって一人で淋しかったよ。

でも、非常にいい体験をした一日でした。

出産レポート@ 

April 19 [Wed], 2006, 3:06
助産師さんに陣痛室から分娩室へ移動しましょうと言われ、一旦ここで旦那とはお別れ。
(立会いだったので準備しにいったのです)
心細くなりつつも助産師さんに支えられて分娩室へ。

が、分娩台を見て愕然。

た、高い・・・。これをこの状態で上れるの??てかマジで上るんですか?

勘弁してよー。とか思いながら仕方なく踏み台?に上った所で陣痛の波に襲われる。
踏み台の上で思わず助産師さんに抱きつきながら、波の去るのを待ってついに分娩台へ!
乗ってみた感想は、硬い。
その後少し剃毛&消毒されて生暖かいのもをかけられる(多分、清浄水??)

そして、いきみたくなったらいきんで良いよーと言って助産師さんが一瞬居なくなる(視界から消えただけかも?直ぐ戻ってきました。)

いきんでいると段々息子が下に下りてきてるのが解る。
何かミシミシと体が広がっていく感じ。何かが挟まっている感じ。
個人的にはここらへんが一番苦しかった。

しばらくいきんでいると急に先生が来ないのが心細くて、怖くてなっていきみ逃しをしていきむのを我慢。
ってゆーか、これ以上いきんだら先生が来る前に絶対生まれちゃう!!!と思った。

やっとこ先生が来てくれて一安心。これで思う存分いきめる!!旦那もこの辺から立ち会ってたのかな。

私がちょっと酸欠になりそうだったので鼻に酸素チューブをつけられる。

旦那は私の汗を拭きながらひたすら頑張れって言ってた様な。私あんまり汗でなかったんだけど(笑)

先生が「ほら、旦那さんちょっとこっち来て見てみなよもう頭見えてきたよ!」とかいって旦那に息子の頭を見せてた。
凄くうらやましいかった!!!そんな面白い光景、私も見たい!!
後で聞いてみたら「頭がしゅっってとんがってた!!」だって。益々見たかったなー。

いつ終わるんだろうと思って時計を見てみたらまだ20分しかたってない。
初産だと分娩室入ってから1時間以上はかかるみたいなのを陣痛室の壁に貼ってあるポスターで見てたから、
「あぁ・・・道はまだまだ遠いのね」とがっかり。

めげずに波に乗って2〜3回いきんだら先生が

「あと2波くらい我慢できる?」とか言い出して良く分からなかったけどとりあえずはぁって返事したら
「切っちゃえばもう出ちゃうんだけどねー」とか言ってびっくり。

もうでるのか!!でてしまうのか!

陣痛レポートA 

April 19 [Wed], 2006, 3:01
病院へ到着。不思議と痛みが治まって元気に。
内診の前に尿を採って血圧と体重を量る。
体重増えてるし。
名前を呼ばれて内診室に。
まだ産む覚悟は出来てない。てゆーか産む気無し。
先生に「いよいよだねー」って言われて
「結構痛いんですけど全然まだ実感無いんですよ」とかペラペラ話してたら
「そんなに話す余裕があるならまだまだだねw」とか言われた直後
内診されたら6a開いてた。
先生驚く。「意外と我慢強いね」とかいわれる。
いや、だから痛いって言ってたじゃん。マジで相当なもんよ?
即入院って事で陣痛室に連れて行かれる。
紙のパンツとへんな服に着替えてひたすら痛みに耐えて子宮口が開くの待つ。待つ。
お昼ごはん出たけどいたくて食べられない。
段々しゃべる余裕も無くなって痛みが尋常じゃ無くなってきた頃に何故か知り合いのおばちゃんが陣痛室に乱入。(陣痛室の付き添いは親族1人)
痛くて突っ込む余裕無かったよ。
物凄い勢いで腰摩っててくれたんだけど手が物凄く冷たくて死にそうになった。体は揺れるし。
もうやめてーとか思ってたらからだの中でポンッて何かがはじけた感じがして破水。
絶対このおばちゃんの所為だと思う。
その後破水させたおばちゃんは私の髪の毛が邪魔くさいから髪の毛を縛る輪ゴムを取ってくるとか言って去っていったけど。輪ゴムって。
嵐のようだった・・・。
でも破水後急速にお産が進んで1時50分に全開。
分娩室に移動。
本当にいきみたくて仕方なくなるんだね。
いきみたくなるって感覚が全く分からなかったけど、まさに身をもって体験しました(笑)

陣痛レポート@ 

April 19 [Wed], 2006, 2:59
3月29日
早朝、生理痛みたいな感じの痛みで目覚める。
トイレ行ったら茶色い血の混じったおりものが。
まだ産みたくなかったし気付かなかった事にしておく。
食欲は旺盛で朝ごはんはパン1枚食べて更にカレーを食べる。
夕方、ディズニーストアと赤ちゃん本舗に買い物に行く。
ついでにクレープを食べる。
夜は痛くて眠れない。
旦那に腰を摩っててもらう。
でも陣痛だとは信じない。

3月30日
昼頃ママに迎えにきてもらって実家へ。
結構痛い。
昨日眠れなかったのでとりあえず旦那と昼寝。
何とか寝付けたけど痛くて何回も起きる。
旦那の友達から電話が来て旦那は遊びに行く。
「生まれちゃったら遊びにいけなくなるだろうし行っていいよ」
とか言ってみたら本当に遊びに行きやがった。
夜ご飯はうなぎをとってくれた。
凄い痛かったんだけどテンションは結構高くてペラペラしゃべってたから家族は誰も心配してくれない。
終いには「4月2日まで産むな」とか言われる始末。
そんな無茶な。
旦那が帰ってこない。また来るって言ったのに帰ってこない。
電話してみたら麻雀をしているらしい。ちょっとムカツク。
「終わったらすぐ行くから」って言われてとりあえず大人しく待ってみる。


3月31日
旦那、まだ帰ってこない。痛くて泣きそう。もう一度電話してみる。
「後一時間くらいで終わるからそしたらすぐ行く」
とか言ってたくせに1時間待っても来ない。2時間待っても来ない。
痛くて心細くて一人で泣く。
麻雀のメンツに私が嫌いな人もいて何故かその人を呪う。キモイし。
旦那の友達も呪う。
生まれそうだっつってんだからもうちょっと気ぃ使えよ。
電話2回も掛かってきてんだろーがよヴォケ共が!!察しろ!!!
旦那もすぐ抜けられない麻雀とかしてんなよ。
大体電話の向こうにあのオヤジが居るのすら嫌なんだよ今は!!!
みんなだいきらいだ。
痛さが5分間隔ぐらいになった頃ようやく旦那が来る。
午前3時位。
しかも負けて帰ってきやがった。
でも優しい私は旦那がビール飲むって言うからビールを出してあげる。
更にお腹減ったーと言う旦那に冷凍の味噌ラーメンを渡してあげる。
作ってあげる余裕はない。
結局朝まで眠れず。
4月2日まで踏ん張りたかったけど無理だと悟り病院へ行く事に。
丁度検診日だったから予約時間まで耐えようとしたけど断念。
朝ごはんを用意してもらったけど痛くてトマトしか食べられない。
10時頃病院に電話。受付のねーちゃんに苛々。
私「あの、陣痛来ちゃったんですけど。10分間隔位です(本当は5分位)」
受「・・・・はい?」
私「10分間隔になったら電話してくださいって言われてるんですけど!」
受「はぁ・・・。えっと・・・。」
私「・・・・」
受「今からいらっしゃると言う事ですか?」
私「そうです。」
受「解りました。ちょっと待ってください」
ここでやっと助産婦さんに変わってもらえる。
準備をして来てくださいと言われて準備をして病院へ。
病院へ向かう車中、ママに
「促進剤とか使うって言われたら拒否しなさい。なるべく2日まで産まないように」
と無茶な事を言われる。この後に及んでそんな事を言い出す母親の神経を疑う。

うー 

March 31 [Fri], 2006, 2:56
痛いお痛いお(つд`)

眠いのに痛くて寝れない(´;ω;`)

激しい痛みってゆーか生理痛の激しいのみたいな感じでにぶーい痛みがずんずん来るよ

お願いだから四月二日まで生まれないでー(つд`)

あー

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たけやきひより
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
夫の「まじめ君」と1歳の息子「ぬしす」の3人家族。
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる