ブチコ捕獲できました^^* 

2006年05月17日(水) 18時14分
本日やっとの思いでブチコの捕獲に大成功しました
不妊手術するため、夕方ボランティアのおばちゃんと一緒に動物病院へ行ってきました
これで一安心お迎えは、明日の夕方です





ペットの不妊、去勢手術の徹底を訴える 

2006年05月17日(水) 12時56分
ペットの不妊、去勢手術の徹底を訴える
県内(神戸、姫路、西宮の各市を除く)で、二〇〇四年度に殺処分された犬は三千三百九十九匹、猫は五千八百四十二匹に達する(県生活衛生課調べ)。減少傾向にあるが、毎年、数多くの犬や猫が命を絶たれている。
 「税金で殺処分される犬や猫を生ませないため、不妊、去勢手術をするのは飼い主の義務」と訴える。
公園で捨て猫を捕獲し、獣医の協力で不妊、去勢手術した上で、元いた地域に戻す活動を、十年前から続ける。やむを得ない場合は、子猫の保護や里親探しなどもする。
しかし、猫や犬を捨てる心ない飼い主は後を絶たず、事態は好転しない。
 「動物を捨てることは犯罪ということを知らない人も多い」と訴える。
実際、犬や猫を殺傷した人は、一年以下の懲役か、百万円以下の罰金が科される。
捨てた人への罰金は今年六月から、現行の三十万円以下から五十万円以下に引き上げられる。
最近はこうした事実を広める活動に力を入れる。
 他のボランティアらとともに、県警や明石署、明石市にも出掛け、啓発看板の設置を要請。
昨秋から、西明石の上々池公園や二見人工島の二見海浜公園の計四ヵ所に「動物を捨てないで法律のより罰せられます」などと書かれた看板の設置をした。
昨夏からは明石署の協力で、猫が捨てられた現場近くに、情報提供を求める写真付きポスターを張り始めた。不妊、去勢手術の必要性とその効果を訴えるちらし一万枚を市内害に配布、啓発活動に役立てる。
「満足にエサもない捨て猫の寿命は飼い猫の半分以下の四、五年程度。捨て猫やステ犬はモラル(道徳)」


いつもお世話になっているボランティアの方です

ボスブッちゃん 

2006年05月10日(水) 16時03分

ボスブッちゃん 

2006年05月02日(火) 19時01分
18:57頃ボスブチがご飯食べに来ました
映り込みが激しく見づらいですが‥

ブチコハケーン!!(・∀・) 

2006年05月02日(火) 18時50分
昨日は暑かったヶド今日はポヵポヵ気持ちいい気候ですねぇ
14時過ぎと18時半頃ブチコがエサ食べに来ました

18時半頃Movie撮ってみました

ブチコ遊びに来る! 

2006年04月19日(水) 18時57分
今日は、17時頃ボスブチの娘ブチコが塀の上に座っていました
この子はメチャクチャ人懐っこくてヵヮィィんです
今、捕獲器を使って捕獲しようとしてるんですが、ブチコだけ捕まらないんです
他の猫は1回捕まっても続けて2・3度捕まるのですがねぇ〜
ブチコは賢すぎるんです


こっち見てます++ 写真1 ++

塀の裏から回りこんで‥++ 写真2 ++

食事タイム(大好物の白身魚食べてます)++ 写真3 ++

もぉ直ぐペロリと平らげます‥++ 写真4 ++

‥とその時犬の散歩したオバちゃんがその頃、最後の一口を食べ終えようとしていたブチ子は急いで何処かへ逃げて行ってしまいました‥++ 写真5 ++     

ボスブチ遊びに来る‥ 

2006年04月18日(火) 19時09分
18時50分頃ボスブチが裏の塀に座っていました
しかも我家のリビングの中を覗いてたんです
こんなこと初めてなので感激しました
デジカメだと綺麗に撮れるんですが、なかなかシャッターチャンスが取れません
写真見にくくてすみません‥

こっち見てます
++ 写真1 ++
竹やぶの方を見ています++ 写真2 ++
竹やぶ++ 写真3 ++
そろそろ僕のねぐらへ帰ろうかな‥++ 写真4 ++
丈夫な後ろ足です++ 写真5 ++     

ぼすぶち =^I^= 

2006年04月14日(金) 19時02分
18時半頃、お外を見るとボスブチがエサを食べにきていました
から水とフードとマグロの缶詰(今日ゎ特別に)をあげました
だいぶん毛づやもよくなっていて、怪我もほとんど治っていました

ランキング只今240位ですポチお願い致しますにほんブログ村 猫ブログへ
メチャ×A写り悪いですが…エサ食べてます++ 写真1 ++
横顔公開キレィなブチ柄なんです ++ 写真2 ++

● 虹の橋 ● 

2006年04月14日(金) 11時48分
虹の橋    


 天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく快適に過ごしているのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

 それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。

著者不詳

三毛ちゃん今までありがとう… 

2006年04月14日(金) 10時48分
今朝、おばあさんから電話がかかってきましたo
今まで1度も電話してきたこともなかったのに…
何か嫌な予感…
恐る恐る電話に出ると…
おばあさんちの半野良猫(多分…)の三毛ちゃんが、昨日の昼間までいつものように元気だったみたいなのですが夕方になってから急に容態が急変してぐったりしてしまったらしいんですoo
おばあさんが抱きかかえて家の中へ連れて入って看病していてくれてたみたいですo
寝る時も一緒に布団の中へ…そしたら三毛ちゃんはゴロゴロ甘えていたそうですo
深夜1時頃おばあさんの腕の中で抱きかかえられながら三毛ちゃんは亡くなったそうですoo
2006年4月14日(金)深夜1時過ぎ他界メス猫三毛(享年13歳・推定)
しばらくショックで涙が溢れ出て止まらなかった
мiκдがはじめて三毛ちゃんと出会ったのは、2年半くらい前です
凄くキレィな三毛柄でビックリするほど魅力的な猫ちゃんでした
元気な時(2・3ヶ月前まで)は、いつも家の裏庭のエサを食べにきたり裏庭の塀の上にチョコンと座って顔出ししてくれた事もありました
思い出すと余計に涙が込上げてきて止まらなかった
おばあさんちに行って三毛ちゃんの顔を見たら幸せそうに少し牙を出してまるで笑っているかの様に安らかに眠っていました
三毛ちゃん、あなたは凄く頭のいい賢い子だったね
今度、生まれ変わったら絶対人間だね
三毛ちゃん今まで沢山の思い出を残してくれてありがとうね
いつか…絶対虹の橋で会おうね  約束だよ
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
PROFILE
名前 ボスブチ
誕生日 2003年生まれ
性別 元ボス・男の子
特徴 パンダ模様

PROFILE
名前 ブチコ
誕生日 2004年生まれ
性別 オテンバ女の子
特徴 ボスブチの娘
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taketora7237
読者になる
Yapme!一覧
読者になる