竹炭とお魚
2009.06.08 [Mon] 23:19

漁獲量を増やす方法
http://gigax.jp/blog/vajra/8420/


「鉄橋の下はアサリが大きい」

鉄の粉を植物性プランクトンに吸収させやすい形にして海にまいている人が居た。
ジョンマーティンさんと言う方らしい。
これは、実験段階であったらしいのだが、これを日本でやっている人が居る。

山口県宇部市の杉本みきおさんという方だそうだ。

竹炭に鉄粉を混ぜて団子を作り、これを海の中に入れる。

竹炭の炭素と鉄を混ぜることで電位差が生じて、植物が吸収しやすい鉄分になる。
これを沿岸の魚場に投げ込むと明らかに海が変わるそうだ。

たいらがい、カレイ、あいなめ、蛸、わたりがいが物凄い勢いで増え始めているそうだ。
このほかにもいいことばかりで、河口の竹炭団子をまくとゴカイが増加して浄化するそうだ。

竹炭団子を川辺に置くと、翌年、その川には蛍が飛んだそうだ・・・。



竹炭情報収集開始早々すごい情報を発見。
竹炭に関係がある部分を引用させていただいた。

この調子で竹炭の魅力を発見するぞ!