Jリーグ開幕\(^^)/ 

2012年03月11日(日) 13時46分


Jリーグ開幕しました(^▽^)
第一節ダイジェスト(^_^ )



3/10(土) J1リーグ戦 第1節:試合結果 ]
決着は全て1点差。予断を許さぬ展開を感じさせる開幕戦


待望のJ1リーグ戦がついに開幕。3月10日(土)は第1節の9試合のうち8試合が開催され、決着のついた試合はいずれも1点差と早くも熾烈な戦いが展開されている。神戸はG大阪に3−2と勝利し、仙台は鹿島に1−0の白星広島は浦和を、名古屋は清水を、ともに1−0で下した。川崎Fは新潟を1−0で振り切り、F東京は大宮を1−0で下した。鳥栖 vs C大阪、札幌 vs 磐田は、いずれも0−0の引き分けに終わった。なお、東日本大震災から1年を迎え、各スタジアムではキックオフ前に犠牲者を追悼する黙とうが行われた。

神戸はFW大久保嘉人が先制点など2得点を挙げた。新加入選手も活躍し、昨シーズンまでG大阪に所属していたMF橋本英郎が1−1のスコアで迎えた59分、古巣を相手に勝ち越し点。鹿島から移籍したMF野沢拓也もセットプレーなどで全得点に絡んだ。試合後、和田昌裕監督はチーム一丸で粘り強く戦ったことに触れて、「全員で勝ち取った勝利」と選手たちを称えた。G大阪はFWのパウリーニョ、ラフィーニャという期待の2トップが得点するも、ホームでの開幕戦を飾ることができなかった。仙台の決勝点が生まれたのは62分。「勝敗を分けるのはセットプレーだと感じていた」という手倉森誠監督の言葉通り、CKのチャンスを生かして新加入のDF上本大海がヘディングで決めた。鹿島はFWジュニーニョらが得点チャンスをつくるも、GK林卓人の好守に阻まれた。

広島は49分に均衡を破った。MFミキッチのクロスから、最後はエースストライカーのFW佐藤寿人が蹴り込んだ。監督として初陣となった森保一監督は「全員が規律を守り、(相手に)大きなチャンスを与えなかった」と安定した戦いぶりに手応え。昨シーズンまで広島の指揮を執ったペトロヴィッチ監督が率いる浦和は、DF阿部勇樹らが守備で健闘するも、5年連続して開幕戦に無得点で敗れた。名古屋と清水による東海勢の対戦は名古屋に軍配が上がった。2シーズン連続得点王のFWケネディが32分に決めたPKが勝敗を分けた。川崎Fは11分、DF實藤友紀が決めた1点で、新潟戦の連敗を3で止めた。

昇格した3チームはいずれも勝点を手にした。開幕戦を勝利で飾ったのは、昨シーズンのJ2リーグ戦を制したF東京。61分にFWルーカスの強烈なシュートがゴールネットを揺らし、GK権田修一が気迫あふれる守りで大宮に得点を許さなかった。記念すべきJ1初戦を迎えた鳥栖は後半、C大阪の攻勢で防戦に回るも、GK赤星拓の好守などでしのぎ切った。札幌はシュート数で7−14と劣勢も、FW前田俊介らが鋭い攻撃を仕掛けつつ、持ち前の堅守を生かして引き分けに持ち込んだ。

第1節の残り1試合、柏 vs 横浜FMは3月11日(日)に行われ3-3のドローだった



参照 Jリーグ公式サイト



感想
今年も 名古屋が上位にくいこみそう
神戸は G大阪相手に 勝利し好スタート 台風の目?
仙台は ホームでは 強いな


柏ドローかww残念ww
千葉 がんばれww



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ACMILAN
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる