西表島ダイビング 晴れ 気温31℃ 水温28℃ 

2017年06月24日(土) 11時13分
1本目

港近くのポイントへ。

コブシメがいましたー
まだ30cm弱の若いコブシメでした。
近づいていくと
脚を上にあげて、模様を変えて、
威嚇してきました




そして動きはじめると
真っ白に
同じ個体とは思えませんね〜




海草には
触角がネジネジでかわいい
ナギサノツユがいましたよ〜




またまたオオモンカエルアンコウさん
ずっと同じ場所にいてくれてます。
口が半開きでかわいい(笑)
鰭でヨチヨチ歩いていました〜




最後に黄色のジョーフィッシュにも
会ってきましたよ〜
くるくる回って
周りの様子を伺っていました。





2本目

バラス島近くの潮通しの良いポイントへ。

透明度抜群
流れもちょうど良く、
ベストコンディションの海でした
根の上にたくさーん群れている、
アカネハナゴイたちに癒されました〜




大きなエンマゴチがいました。
周囲に溶け込むのが上手
よーく見ると
目にも金ピカ模様があるんですよ〜




一つのイソバナにイソバナガニが
大中小と3匹もついていましたよ〜
脚のシマシマはポリプにそっくり




サンゴの隙間を覗くと
パンダダルマハゼが卵を守っていました
卵を守っているときは
なかなか逃げないので
写真も取りやすかったです。




珍しいアデヤッコも見れました


3本目

バラス島近くのドロップのポイントへ。

まるで大きな木のような、
巨大ウチワヒラヤギ
もう100年以上生きていると思われます。
たくさんのガラスハゼや
ヤマブキスズメダイygの住みかに
なっていました。




がれ場ではハゼをじっくり観察
ヤマブキハゼは山吹色の点々と
サッカーボールのような目が
かわいいですね〜




ホシゾラワラエビに会ってきました
足長グモみたいな体は
ガヤの中にうまく溶け込んでいます。
点々模様が綺麗でした




ミゾレウミウシも発見〜
鰓と触角の白い粒々模様は
ライトを当てるとキラキラ輝いて
宝石みたいでした







西表島ダイビング 晴れ 気温32℃ 水温28℃ 

2017年06月23日(金) 20時57分
1本目

砂地のポイントへ。

透明度抜群
太陽が青い海にサンサンと降り注いで
水面近くを泳ぐキビナゴの群れが
キラキラ輝いていました
それを狙うカツオも見れました

遠くから見ると
ハマサンゴのようにどっしりしたサンゴに見えますが…
全部サカナ
キンメモドキの数が、ものすごいです。
何度見ても、感動します。
リュウキュウハタンポのチビや
カマスのチビも混ざっていました。




クロオビアトヒキテンジクダイは
口内保育中でした。 
卵で口がパンパン
ハッチアウトまでの10日ほど、
イクメンパパは、飲まず食わずで
卵を守ります。




ホシテンスの幼魚がいました。
見た目も枯れ葉にしか見えませんが、
泳ぎ方も枯れ葉
体を左右にバタンバタン倒して
ヒラヒラと流れるように
泳いでいきました〜




ゴマモンガラのチビ発見
正面から見ると平ぺったくておもしろいですね〜





2本目

地形のポイントへ。

細い通路を通って
地形探検してきました〜
真上から差し込む太陽が
オーロラみたいで本当に綺麗でした




人気のモンツキカエルウオに会ってきました
赤い点々模様と目の上のアンテナが
チャームポイント
今日は全然引っ込まなかったので
近くで観察できました〜




テンテンウミウシが
交接していました〜
ウミウシはオスメスがないので
交接のあとはどちらも産卵します。




キイロウミウシも見れました。
フリルみたいでかわいいですね





3本目

バラス島近くの潮通しの良いポイントへ。

アカネハナゴイが乱舞していました
青い海がバックでとっても綺麗




カスミチョウチョウウオの群れも 
綺麗でした〜
勢いよく泳いで行くと
一斉に下に集まってきてくれました。




大きなドクウツボが
ホンソメワケベラに掃除されていました。
口や鰓も開いて
気持ち良さそうでした〜




ムチカラマツには
ムチカラマツエビが住んでいました。
擬態が上手ですね〜
まだ小さくてかわいかったです






西表島ダイビング 晴れ 気温31℃ 水温28℃ 

2017年06月22日(木) 23時06分
1本目

港近くのポイントへ。

今日もじーっくり
マクロ生物を楽しんできました
海草にヒメイカ
おとなでも大きさはわずか1.5cmほど。
世界で一番小さなイカです。
吸盤でピトッと海草にくっついて過ごします。




そしてコブシメのチビもいました
こちらは3〜4cmほど。
色や模様や突起を自在に操って
周囲に上手に溶け込んでいました。




昨日見つけたオオモンカエルアンコウの
白チビちゃん
今日も会えました〜
茶色っぽい模様がヘッドフォンみたい(笑)



トゲトゲのカイメンを被った
カイカムリもいました。
後ろ脚でしっかりカイメンをつかんでいます。
目が白っぽくてかわいい





2本目

バラス島近くの潮通しの良いポイントへ。

今日もクマザサハナムロやウメイロモドキが
すごかったですー
群れに突っ込むと一斉に集まり
周りを取り囲まれて幸せでした…




根の上には無数のアカネハナゴイ
茜空のような色がとても美しいです




ウミシダを覗くと
ウミシダウバウオさんがいましたー
体のラインのおかげで
ウミシダにうまく溶け込んでいます。
やんちゃな顔がとっても可愛らしいです




真っ黄色のウミシダに
真っ黄色のホソウミシダヤドリエビが
ついていました。
擬態が上手ですね〜
みんなそれぞれ工夫して
ウミシダに身を隠しているんですね





3本目

サンゴのポイントへ。

ヒラリュウキュウキッカサンゴの群落を
見てきました〜
上から見ると段々畑みたいで
おもしろい光景です




浅場の枝サンゴには
デバスズメダイがぶわーっと
群れていました。
ちょうど産卵行動をしていて
がれ場に卵を生み付けていましたよ〜




大きなエンマゴチ発見
大きいのに周りにうまく溶け込んでいるので
見過ごしそうになります。




水色に黄色の点々模様がオシャレな
テングカワハギもいましたよ〜






西表島ダイビング 晴れ 気温31℃ 水温28℃ 

2017年06月21日(水) 20時34分
1本目

港近くのマクロポイントへ。

白いカエルアンコウちゃんがでましたー
もう3cmほどに成長していました。
小さなエスカを一生懸命ピロピロ振っていて
超かわいかったです
チャツボボヤそっくりですね




ハゼ科の1種-14(ホムラダマシ)がいました
まだ1cmほどの幼魚でした。
胸鰭と背鰭が連動していて
一緒にピコピコパタパタ
見た目も動きも可愛すぎでした




ナギサノツユもいました。
洒落た和名ですね〜
触角の青と白の模様がとっても綺麗でした




小さなモンハナシャコが
全身出ていました。
なぜこんなに美しい色をしているのでしょう…
あまりのカラフルさに目を奪われました





2本目

おもしろすぎて、
同じポイントでもう一本
次は浅場コースです。

コナユキツバメガイ発見
卵を産んでいるようでした。




パイナップルウミウシもいましたよ〜
個体差が大きいですが
この子は模様が細かかったです




ユカタハタがミカヅキコモンエビに
クリーニングされていました。
気持ち良すぎたのか、
近づいてもお構いなしでした(笑)




目がピンク色のアカメハゼ。
枝サンゴの上にピタッととまるのが
かわいかったです







西表島ダイビング 晴れ 気温30℃ 水温28℃ 

2017年06月20日(火) 22時39分
1本目

バラス島近くの潮通しの良いポイントへ。

ちょうど良い流れで
グルグンがたくさーん集まっていました
丸々太ったウメイロモドキ
近くで見ると青と黄色がよりきれい




エンタクイソギンチャクには
イソギンチャクエビがいました〜




珍しいアデヤッコも発見
青い顔が特徴で
英名はブルーフェイスです。
間近で観察できました。




サンゴの隙間を覗くと
ダンゴオコゼがいました。
サンゴに挟まってるみたいですね(笑)
あごがもじゃもじゃしてて
かわいかったです





2本目

港近くのポイントへ。

じっくり小物探しを楽しんできました
珍しいシマヒメヤマノカミ
まだ5〜6cmのこどもです。
小魚を一生懸命追い込んでいて
かわいかったー




海草にオオアリモウミウシの仲間が
たくさん
おとなでも5mmほどですが
もっとチビちゃんたちが
続々と出てきてます




海草そっくりのセダカカワハギもいました。
鰭は目立たないように
透明になっています。
目がハートに見えます




ゴクラクミドリガイの仲間もいました。
みんな海草そっくりの色ですね〜
砂が付いた感じまで
忠実に再現されていてすごい




そして珍しいセミホウボウ幼魚も
見れましたー
かわいかったー



2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TAKE DivingSchool
  • アイコン画像 現住所:沖縄県
読者になる
その日潜った海の様子や出会った 魚達のこと等お伝えします