聞き比べ

January 24 [Wed], 2018, 11:50
2日間で6曲のコンチェルトを聞き倒す!の巻@横浜→渋谷



まずは横山@みなとみらいでショパンの1、2番+ラフマのパガニーニと2番を。ショパン全曲を延々と(しかも暗譜で)弾き続けてギネス認定された彼なら、この程度ならちょろいプロなんでしょうが、いや〜聞く方も中々シンドいもんですな。それでも角席だったのでマシでした。両脇がっちり挟まれてたら、疲労感も倍増だったと思う。安定感は相変わらずで何処もかしこも危なくはないのだが、ん〜余りにもスル〜っと弾いてしまうので、高揚感には欠けるかも。いや、掛け値無しに巧いんだけどもね。翌日に備えて都内に移動し久々に投宿した「庭のホテル」だが、今回はUGなし。2食プランで泊まってるんだし、翌朝食の件も含めてもうちょいサービスしてくれてもなあ・・・以前もこのプランだったのだけど、予想より夕食は質量共にマシで、幾分救われた。しっかしここ、相変わらず外国人占有率がやたらと高いなあ!



週末や休日のみ、しかも数量限定の「和朝食」。これにしてもプラン利用者から優先受けしても良いのでは・・・確かに美味しかったし、わざわざ頑張って早起きして食べに行って悔いは無かったけどさ。アウト後渋谷周辺にある千疋屋(がはは)を検索して見つかった明治神宮近くの店舗へと向かう。いや〜こうしてテーブルに並ぶと壮観ですなあ〜(まあそこそこするけど、それは仕方なし。タ○ノよりは断然こっちを支持)。渋谷での辻井(先月の「ソロ」に続いて聞けるとは何とも嬉しいが、今後こんな風にチケットを確保するのはさぞや至難だろうなあ)は初披露となるらしいパガニーニに加えてグリーグ、特に前者は連日の師弟聞き比べとなり、大層面白かった。最終盤の跳躍をどうこなすのか興味津々だったが、ほぼ乱れ無しに弾き切ったのは圧巻であった。2日間満喫だったけど、いやはや疲れました〜

リベンジ達成

January 15 [Mon], 2018, 14:21
「先回」殆ど満たされなかったので、再び下呂の古巣へと向かう。



やはり、ここかしょうげつの露天付客室のいずれかだよなあ〜と思う。改めて、価格の差が料理の差にもまんま現れる。更に今回は平日泊に出来た(しかも何と離れの客は我々1組だけ、恐らく宿HPからの直予約ならば最安の料金が出ていた筈で、これは失態だった)ので、お値打ち感強し。先回の醜い料理に風呂(あの露天は恐らく温泉ではなかったし、電話での回答も何となくすっきりしなかった)、休日前料金で今回と殆ど同額・・・有り得ないと思う。ここは露天、内湯、それにシャワーまで源泉、湯質は他を圧倒している。



夜朝共に漬物ひと切れまで疎かにせず完食、無事リベンジ達成。強いてこの宿の改善点を挙げるなら・・・

女将

だな。今回で3回目のリピだが、相変わらず紋切り型の挨拶(アナタ、こっちの話聞く気、ハナからないでしょ?)、売店でも正直かなりの量を買い込んだ(しかも平日唯一来訪の!)リピ客に、手土産ひとつオマケする素振りもなし、翌朝チェックアウトも宿の玄関を出て元気に歩き出した我々にようやく「あらまあ、駅まで送迎しましょうか?」って、それまでに幾らでもオファーの機会はあったでしょうに?つまり女将の至らなさを周りがカバーしている宿なんですな。館内の動物マスコットは女将の手作りが自慢らしいが、その前に接客のイロハから、おさらいなさいませ。

やるじゃんチャイナエア!

January 10 [Wed], 2018, 9:31
激動?の1年だったが何とか年越しに、月並みだけどホント早かった・・・
本年も、どうぞお付き合いの程を。



おせちで和食漬けになる前に洋食をと、2日連続ランチでシェ松尾→キハチ、前者は初めてで様子見だったが、昔の栄華はまだそこそこ健在といった所か、悪くなかった。個室利用プランでゆったり出来たのも影響したかも、これなら再訪しても良いな。キハチは以前訪問の折の印象が良かったのでリピートしたが、やはり快適。どのスタッフも動きがはしこく、相当混み合っているのだがどんどん要求を捌いて行く、それでいてサービスもフランク且つ的確、比較的廉価で美味しい、人気が出るのも分かる。晦日は1年振りにピアノ恩師を訪ねたり、おせちを喰らいぐ〜たらしたり、至って平凡な年越し。



2日夜に移動を開始し、3日チャイナエアに搭乗。日本発便以外はダメダメだった食事だが、何と改善されている!アプリから事前に機内食メニューをチェックしていた折、あれ?前より選択肢が増えてないかと気になっていたのだが、量のみならず質もかなり良くなり(コストカットの結果この水準なら何の問題もない。特に台北以遠は美味しくなかったが、今回初めて完食)感心しきり。



復路の2区間、これも良かった!台北発の和食は以前は日本発に比べるとどうしても見劣りしたが(ま、仕方ないか)、今回は素晴らしい、やれば出来る子なんじゃないかチャイナ!現地ラウンジも移転(改装?)されてたし、キャセイは(特に機内食に関しては)完全に置いていかれていますよ、もっと頑張れよ・・・

引き続き、定点観測

December 20 [Wed], 2017, 10:12
「9月」以来の虎白にて、旧友との忘年会を兼ねて引き続き定点観測中(今年も「ちょくちょくお邪魔」したなあ、記念すべき「10回目」の訪問もありました。足跡を辿ると「初訪問」が2015年か、素晴らしいハード&ソフトにすっかりお気に入りとなり、こうして季節を変えて再訪を重ねるようになった。先日のミシュラン発表で3年連続の3つ星防衛となり、小泉氏にお祝いを述べる。ニュースで拝見しました!と伝えるも、まだ(報道の)写真を見てないんですよ・・・と至極あっさりしたもの、何だかぐっと貫禄が増した感じ。



そう、「トリュフ」の使い方が絶妙なんだよなあと改めて。上質の素材を使っていると直ぐに分かる、何しろ香りの立ち上がりが凄い。



冒険心の旺盛な数々の皿に感嘆の後で、最後はきちんと和に戻ってくる不思議。
3時間を満喫して上機嫌にホテルに戻ったけど、ここ例の富岡八幡宮の隣、というかホント至近なんだよね・・・ま、いいか

ただいま!

December 11 [Mon], 2017, 14:21
定宿なんておこがましいのだが、一応「1年振り」に俵屋へ。昨年はやや小ぶりの新館2階招月(更に「富士」「桂およびそれ以前」と遡ると、諸々懐かしいもんです、初訪問からじき12年かあ、早いなあ〜)だったが、今回は本館1階、俵屋を代表する1部屋と評しても良い栄、6年振り!



見事なベッド付の部屋に改装を終え、大きく様変わり。水周りもすっかり見違えて、風呂もピカピカ!流石である。新しい出会いとなったお部屋係も終始気持ちの良い方で一安心。正直食事は品数がやや減った?気もするのだが、今迄が寧ろ多過ぎたので、これで相応。今回同行者に鴨が苦手なのが居り、しまった〜伝え忘れた〜まあいいか!?と夕食を迎えたのだが、先回の記録から再確認の上で変更しましたと、きっちり鮟鱇鍋となっていた、この辺の気配りは申し分なし。



相変わらず、朝の切り身も凄い。厚みも絶妙の塩加減にも感心・・・というか、こんなの他の宿で見たことないし、やはりここは特別。もっと(悪い意味で)楽な方へ、まあ簡素化というのか?そんなの他所でもやってるし、幾らでも可能だと思うのだが。静けさと重厚さを満喫し、来年は泉の間を・・・と忘れずリクエストもして、部屋を確保。



毎度、京都に着いたらさてランチをどうするかもあれこれと試行錯誤の連続なのだが、去年の駅横至近、センチュリーHでの鉄板焼が良かったので、今年も駅前のライバル?リーガロイヤルHで再挑戦。これも見事に成功であった!シェフの誠実な仕事や応対マナーはとても気分の良いものだったし、正直お安くて(ホントに)助かりました!最近行った2つのリサイタルも素晴らしくてわくわくしたし(期せずして両方で水の戯れが聴けたのは、曲想や弾き方の違いが如実に分かって大層面白かった。小菅は初台、辻井は刈谷だったんだが、懐かしの金山にまだあったよコンパル!サンドイッチ旨し)、突然ホットカーペット壊れて買ったし、あ!iPhoneも機種変したんでした〜!何だかんだ、気忙しい師走

ちゃんと食ってます

November 27 [Mon], 2017, 14:31
一応それなりに働いて、それ以上に遊んでます。



昨年の花山椒(先月は「芝パーク」で、ここ汐留よか幾分お値打ち)以来久々の「汐留パーク」へ。ロビーラウンジは初めてだが、小振りなのでそれ程混み合わず見通しもすっきりしており、悪くない感じ。しかし案の定同行者は間違って隣のロイパに行ってた・・・あの〜今25階に居るんだけど、たん熊じゃ、ないよね!?と問われ隣だし!と、ありがち。



どうしても今年の内に再訪したかった「ロオジエ」。これまでの感動の通り、やはり素晴らしかった!メインは蝦夷鹿、牛に差し替えようか迷ったが、代えなくて正解、支配人+シェフに見送られるという豪華なエンディング、グランメゾンってすげ〜!勿論また行きたい〜(ディナーは怖いので当面はランチで)夜はまたガラリと趣向を変えて両国へ、夜景を眺めつつお値打ちプラン、良かったです。



翌日は京都へ。友人の計らいで住友関係者のみ入れる某庭園で紅葉、と思ったら、我々の後に来るらしきVIPが「この方」だってさ、時間差で退園を余儀なくされ残念、しかし蹴上のウエスティンでぜんざいとケーキ食って機嫌直る。



名古屋で途中下車し、予防接種→寿司→甘味→同級生らと鉄板焼。たまにはちょ〜っと高級志向?で美味しいもん食おうと「八事」へ再訪、半年在外研修を済ませた同級生のお帰り会でかしましいったら!でも同級生ってやっぱおもろいねえ〜



やっすいのに、これといって売りもないのに、美味しいのは何故だろう・・・ということで、見事なおうちご飯で締め、しっかし食ったなあ〜!

肉→肉

November 09 [Thu], 2017, 19:37
「1年振り」に肉の聖地へと向かう。



寿き焼と網焼きを単品1.5人前ずつ+牛まぶし、これが1番満足度の高い食べ方かと思うんだけどな。問題は松竹梅でこれは以前の「仲居の説明」で概ねシステムは理解は出来たんだが、やはり迷う・・・ということで、どれ折角なら食べ比べしてみますか、遥々来たんだしと、松をベースに寿き焼の追加肉を竹にして様子を見ようと決定。



で、これが竹の肉なんだが・・・違いが分かります?食べてみると確かに松の方が引っ掛かりが薄く、竹の方が寧ろ肉感が強かった。勿論どっちも文句無く美味しいし、会計時に判明したのだが、竹の肉ですら1枚○千円の追加料金とは・・・唖然とした次第。締めの牛まぶしは変わらず美味しい!ということで、何だかんだ楽しかったです。

追伸。
さて、その2日前・・・



まさかのしゃぶしゃぶ祭り、最終日に参戦@木曽路。いや〜安さには変えられないもんです。こちらでもしっかり肉(鹿児島産霜降だそうな)を追加し大満足!こうして見比べると、やはり松阪のは別格なんかな・・・正直見分けられる自信はないのだが

イカないかん!

October 23 [Mon], 2017, 15:03
初めて函館へ。よりによって台風接近中、むしろ直撃ならきっぱりキャンセルしても良かったんだが、どうやらそこまでは酷くない雰囲気故にフライトは通常運行にて、半ばヤケっぱち。1泊の慌しい旅だが、前夜はソウルから甥と来日した旧友と久々の再会、前にも使った花山椒(汐留ではなく芝パークHの方、ややお値打ち)で食事、しかし思春期の男の子には立ち寄った店でのたこ焼やフライドポテトの方がお気に召した様子、う〜む。



殆ど予備知識を持たず現地に着いたんだが、まあ何とかなるもんだ。やはりまずはラーメンでしょうと「ホテル」近くの「店」で塩チャーシュー、散策の後で何だか「面白そうな店」を見つけたので入ってみる。なるほど、確かに安くてボリュームあって、中々居心地も良い。天気のせいもあるが、正直町全体はやや寂しい感じもしたので、こういうカンフル剤も地元には有効なのかもなあ。



楽しみにしていた「いか清」、流石にここは予約してあったのだが、期待を裏切られず美味しかった。ゲソは唐揚げにして貰ったが、これがまた美味いのだね・・・店前でタクシーを拾いそのまま帰るつもりが、親切なドライバーだったので夜景にチャレンジして貰う。この天気だと2合目なら何とかなるかな〜と走って貰い、この眺めとなった。地元の英雄グレイの話等を面白く聞きつつ、まあこの天気にしてはそれなりの雰囲気は味わえたので感謝。



確かに前評判通り、ホテルの朝食は凄かった。まあ日本一かどうか?はさておき、種類の豊富さと味はレベルが高い。部屋やサービスの仕様がドーミーインっぽいなあと思ったら、後から同系列と知った次第。ただホテルのキャパがこの混雑を捌けていないのかなとは感じた。1人旅なら支障は無い(客室最上階の角部屋を貰えて静かで快適)だが、エレベーターは大概混んでるし(外国人一行も多く、こうなるとどうなるかは想像が付くので、悔しいが温泉はパスした)時間を外した朝食もそれでもそこそこの列だし、出来れば週末は外したいなあという所。五稜郭は綺麗に見られたし、半周だけど散策も楽しめたし、何とか台風が来る前に帰れたし(往復共に非常口席貰えてラッキーだった)、終わり良ければ、まあいいかなと。

風格

October 09 [Mon], 2017, 10:08
「久々」にブレハッチを聞く@大阪。



東京公演でチケットを取れなくもなかったんだが、気分転換に大阪も悪くないし、初めてのシンフォニーホールも楽しみだし・・・と前夜から乗り込む。お蔭でモダン焼→たこ焼へのハシゴも叶ったし、これはこれで良かった。それ程良席とも思われず期待せず向かったが、位置は思いの外悪くなく、音も真っ直ぐ飛んで来るし、弾き方も良く見えるし、しかも何故か前列がかなりのスペースでポッコリ空いていた(恐らくはこの辺りがA/B席の区分だったのではないか、A席ならわざわざこんな後方でなく、もっと前寄りに行きたがるだろうし?)お蔭で視界良好、大層居心地が良かった。

何処かのブログで(やや批判的な論調、中々面白く読んだが)読み齧った通り、確かに鍵盤に近く椅子を寄せて座るので、弾き進める内に自然と上体がやや後方に仰け反る形になる、これは先回も気が付いた点だった。特に強音でど〜んと鳴らすと同時に重心を後ろに開放している感もあったが、それにしても安定しているなあ〜。慎重なバッハで始まり、ベートーベンで構成力を見せ、後半のショパン(ソナタ2番他)では破綻の無い所をしっかり聞かせる。唯一というか一瞬ソナタの2楽章(この跳躍は本当に難しい!)ではっきり外した以外は、思わず唸る程に巧い!高貴というか、キャラが立ってるよな〜と改めて。アンコールもブラームスのインテルメッツオとは、何とまあ渋い事よ。



マチネーだったので、公演前の昼食をどうするか?という事で、至近の「ホテル」で軽目のコースとしたが、正解であった。実は初めて買った551(しっかし皆買うもんだね、何処も行列が)、復路名古屋で途中下車して頂いたが、確かに美味いもんだと感心

ん〜・・・微妙

September 22 [Fri], 2017, 23:10
良くも悪くも、ほぼ想定通りだったということか@下呂観光ホテル本館。



諸般の事情で渋々休前日(しかも3連休にかかるので、早目に押さえてはあったのだが)の宿泊となり、しっかり割増料金を取られている。これまでの「しょうげつ」(この滞在に気を良くして、今年2月に再訪済)や「月のあかり」とそもそも比較する意味がない事は百も承知の上で、果たしてどの程度差が付くものか?と出掛けたが、ん〜〜〜。一応本館ではピンとされる、最上階に2部屋しかないと謳われる露天付スイートにしたのだが、確かに部屋は広いけど障子破れてるし、何だかテラスも小汚くて冴えないし、あ〜あやっちまったかこりゃ



食事はまあまあ(何だかんだで完食)なのだが、正直プレミア感は皆無。運ばれたお造り、余りに貧弱でビックリしたなあ・・・今回支払った代金には見合ってません、やはり平日泊に拘るんだったと後悔。いちいち大浴場に降りて行くのも億劫で部屋露天しか入ってないが、同行者曰く「全然湯質が違〜う!大浴場の方が下呂の湯らしい〜!!」って、何の為に奮発してこの部屋を取ったんだか、とほほ・・・



夜半は台風の通過でえらい騒がしさ、何とか直撃は免れ台風一過の晴天の中とぼとぼと帰路に、悔しいから名古屋で途中下車しよしだきしめん、満足也。時間変更した筈の特急が(こちらの不備で)何と乗り遅れ扱い、2重払い必至かと事情を説明したらお咎め無し、心優しい車掌で救われた・・・果ては帰宅後発熱までするイケてなさ、つまりは厄日だったんだろうか?やれやれですわ
P R
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像そっちも
» 満腹じゃ! (2014年08月21日)
アイコン画像りんぼう
» 満腹じゃ! (2014年08月20日)
アイコン画像TB
» 本家の強み (2012年11月04日)
アイコン画像一夜
» 本家の強み (2012年11月04日)
アイコン画像takebig
» 恥ずかしいですが (2012年02月21日)
アイコン画像mark and midori
» 恥ずかしいですが (2012年02月19日)
アイコン画像やっぱり
» どっちが正解? (2012年01月14日)
アイコン画像なお
» どっちが正解? (2012年01月14日)
アイコン画像残念だけど
» あちこち (2011年04月13日)
アイコン画像なお
» あちこち (2011年04月13日)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:takebig
読者になる