冬・雪・白 

November 27 [Mon], 2006, 13:39
寒ぃ…


とにかく寒い!

寒さは敵だ( ̄□ ̄;)!!




お家帰りたい(;_;)




†最悪† 

November 22 [Wed], 2006, 23:03



愛するあの子は何処を見てる?






少なくとも私を見てはぃなぃだろぅ…








嫌だなぁ。本当に。






私など死んでしまえばイイのに。。。





手に入らないものほど欲しくなる。





損な性分だ。








†なにを† 

November 21 [Tue], 2006, 20:59
何の為に生きているんだろう

自分で自分が分からなくなる




私はなんだ。





私は一体何の為に生きている?






分からない。



何も。














誰か知っているだろうか。



私の生きる意味を。








††血 -ケツボウ- 望†† (R18トカ?笑 

January 15 [Sun], 2006, 10:21
嗚呼。血ガ欲シイ。

…真紅ナ血………愛しき貴方を流レル紅キ血潮…………


血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血…………………………




嗚呼。狂いそうな程に





嗚呼。こんなにも貴方を求めているというのに












  貴方はドコニイルノ?
















嗚呼。貴方の躯ニ牙ヲ突キタテ流レルソノ紅キ血ヲ啜リタイ








疵に接吻テ


疵ヲ舐メ上ゲテ




溢れるソレを飲み干したい。











ソノ躯ニ牙ヲ立テ爪ヲ立テ
疵ヲ舐メ溢レルソレヲ飲ミ干シテ






アナタトヒトツニナリタイノ

ソンナ狂ッタアナタモ愛シテル♪






キット永遠ニワタシノナカデイキツヅケルノ






甘いあまい血の薫に包まれて優しい夢にてお待ちします







貴方の薫に包まれて堕ちながら



















美味なる血肉の宴を催します







嗚呼。貴方も狂気に濡れて下さい







狂気に濡れた貴方の躯ニ心ニ









『咲かせたい』と渇望致します





愛しき貴方は
   血華に濡れて






甘い薫を漂わせ
薫で私を酔わせる



血華の香に酔い乍。私とひとつになりましょう?








躯から溢れる血を舐めて私の胎内で





 貴方が生きていると






 この躯総てで感じたい。






嗚呼 貴方


貴方も堕ちて下さいな


愛しいものを渇望し続ける愛しいものを血望し続ける



私という存在と同等になって下さいな


私という矮小な者と同じに

血の戯曲を奏でましょう

   私と永遠の刻を共に















【*なんかヤバ気…エロイっつーかグロイっつーか…………とにかく狂ってる。カニバリズムっぽぃ感じ。そんな趣味なぃのになぁ……あぁ、でも自分狂っちゃってるから書いたのかもなぁ……最近はちょっと狂ったくらいの人もスキだなぁ。ぁんましキテるとイライラして殺しちゃうかもだからヤだケド……(笑】

††紅椿†† 

January 15 [Sun], 2006, 0:21







…あかい…赤い…紅い……






………真赤な椿。


…潔く…清く……美しく…










………散るは………生命…



花弁のみ散るのではなく、花ごと、堕ちる、美学。






他のどんなものにも劣らぬ 美しさ





はかなくも美しき芸術の如き花の死






椿に想いを託して



眠りましょう…









自ら望んで堕ちてくるまで





……待ちませう……

…………待ちませう……





…貴方の堕ちるその刻を…






美しき花の薫に埋もれて



貴方の夢にまいりましょう



















………深紅の椿を携えて、






……華を咲かせませう……



真白き貴方に



真紅の華を


携帯電話 

December 30 [Fri], 2005, 12:49




携帯ぶっ壊れちった!




ってな感じで買い替えました〜






ゃっぱ替えたばっかだかん使い易いとは言えないね






めんどくせぇ





打間違ぃしすぎ!!!!!

††Xmas†† 

December 25 [Sun], 2005, 19:01



……Xmasですねぇ………








一人寂しく過ごしてますけどねぇ…………






てか勉強とかしてて楽しくも何ともない一日なんですが!






いやーほっんとに





クソつまんないですねぇ





夜中に散歩でもしますかねぇ






教会は開いてますかねぇ………



ピエタが見たいけど

あるんですかねぇ






変なのに遭遇したら不幸に拍車がかかるんで行かないですけどねぇ 笑







ふふっ…ふふふっ……(怖






近所散歩するくらいなら遭遇しなくてすむかしら…?






……まぁ………遭遇したらしたで地面に沈めてやりますがねぇ………… 笑











それでは皆様。
 メリークリスマス☆

良い夜をお過ごしください

日記?! 

December 23 [Fri], 2005, 23:44
今日はボクの数少ない友達の一人と遊びました。

マフラーとか貰って何げにご満悦♪


でも帰るの遅くなっちゃって寒かったょ!(`Д´)!!!!!!




小腹がすいてリンゴ剥いたら一個目は芯がダメになってて食えなかったょ!
最低だょ!
なんで腐ってんだょっこのばかっ






二個目はシャリってしてておいしかった☆






……………こんな感じ?

†親愛なるキミへ† 

December 21 [Wed], 2005, 0:11




ありのままを曝け出すことは難しい


それは、誰にとっても同じ事…





私はもちろん、キミもまたそうであるように…





仕方のないこと。






人には、時に、逃げる場所が必要になる







私はキミのその逃げ場でありたいと想う





なんと傲慢なことか!





キミは嗤うでしょうけれど

まぁ、私も嗤ったが…





キミの中にある全てはキミ自身なのだから弱き所であっても目を向けて…






しかと前を見据えていきましょう?






キミの本質は私よりも脆い一面を有しているのだから…







たまには何も考えず



他人に寄り掛かっても良いとは想いませんか?





私はそう想うけれど…キミはこれを見てまた嗤うのだろうね…………たまには泣いてよ…………










その上
私はずっとキミが寄り掛かって来るのを待っていたんだけれど、きっとキミは気付いていないのだろうね















私はこれでも一応、いつ寄り掛かってきても、キミが安心できるように両手を開いて待っていたつもりだったんだけれどね…











キミは気付かないから



ほんとにどうしようもないなぁ
















































いつか、優しい私に感謝してくれよ?
下心なんぞ一片もないんだからな




これはこれで珍しいんだからな?

花屑 

December 15 [Thu], 2005, 10:54

生命の華 散る 降る



今この刻も


華は散り、枯れた葉を、花びらを降らせている







華は散り、降りつもる








それはまるで、整然とした











究極の美








生命の散り様は人の生き様であり



また




散り終えた生命の降りつもる様はあたかもたった今散り落ちたものが甦る様








それは 生命の不思議








華は散れども 降れども








汚れを知らぬ艶やかな色を湛える









たった 今 散った 華


たった 今 開いた 華



根本は同じ



散り落ちてすぐに咲く華々









違う国で 違う外見で




違う華として…









今一度 生命の華
散る 降る
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像
» 携帯電話 (2005年12月30日)
アイコン画像マフラーの人
» 日記?! (2005年12月24日)
アイコン画像●山○美
» 寒… (2005年12月08日)
アイコン画像タカツキ
» はぁ〓 (2005年10月23日)
アイコン画像ミツヤマ
» はぁ〓 (2005年10月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:takatuki_0729
読者になる
Yapme!一覧
読者になる