ザ・クイズショウ 2008 ORIGIN /THE QUIZ SHOW 2008 ORIGIN

July 06 [Mon], 2009, 0:15
【企画・原案:森谷雄 監督:及川拓郎/高橋秀明 脚本:及川拓郎/蓬莱竜太/戸次重幸 出演:片桐仁/戸次重行/中村靖日 2008年放送】

 7問正解すれば、ドリームチャンスが得られる――ドリームチャンスを獲得すれば、回答者は己の夢を実現できる。たとえそれが途方もない、あるいは無理だとあきらめたようなものだとしても……
 銀河テレビが企画するクイズバラエティ、『ザ・クイズショウ』。
 一見夢と希望に満ちているこの番組にはしかし、思わぬ意図が隠されていた。
 記憶喪失の司会者、誰にも暴かれたくない秘密をクイズによって曝け出されていく解答者、そして笑うプロデューサーの行きつく場所とは……

 かつて限られた地域でのみ深夜に放送された番組であり、ゴールデンタイムに全国放送された『ザ・クイズショウ』にとっては『二年前の事件』として位置する作品でもある。
 その構成は非常に緻密であり、30分という時間枠の中に詰め込まれた緊迫感は、解答者が正解するごとに己の内側に封じられてきた罪と強引に向き合わざるを得なくなる過程を見事なまでに演出してみせる。
 一見関連性の見えない、ワケありの解答者たち。
 白い部屋に住まい、番組のためだけに連れ出されてくる謎のMC。
 そして、招待状を携えてやってくる謎の案内人と、多くを語らないプロデューサー山野辺。
 番組内番組の体裁が徹底されており、場合によっては『本物のクイズ番組』として見えてくるのだが、エピソードが重ねられていくうちに浮かび上がってくる『謎』、見えてくる『関係図』、そうして『動機』や『意図』の構図は驚くほど美しい。
 連作短編のミステリーといった印象だろう。
 謎があり、解明された後に直解体される真相がある。
 最後の最後にまでこだわった捻りが心地よい。
 メインとなる登場人物はかなりシンプルだが、それがシャープさとなり、片桐氏演じるMC田崎の記憶と解答者たちのやり取りへの鋭さや厚みに変換されていく。
 すべてを見透かされ、すべてを把握され、すべてを晒される恐怖が、田崎の瞳と言葉によって与えられる様に肌が粟立つ。
 追い詰められていく解答者たちの演技もまた、苦しくなるほど胸に来る。
 誰にも明かしたくない過去、秘密があって、それを抉られながら『夢』を掴もうと足掻く姿はなかなかに強烈の一言に尽きるだろう。
 意味深でブラックで、一見バラエティなのに毒を持った作品世界を構築する時、そこに立つ片桐仁と戸次重行の存在は大きい。
 また、物語を支えるモチーフとしてメイキングにて明かされるのは、7つのエピソードに対応する7つの大罪について、だ。
 罪には罰を。
 しかし、その罰は正当なものなのか、そして罰する側にその資格はあるのか。
 興味深く印象深い、上質のミステリーとして堪能し、同時に、深すぎるほど深く強い愛情と孤独と関係性を描く人間ドラマとしても堪能できる作品だった。
  • URL:http://yaplog.jp/takatsuki/archive/563
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
最新コメント
アイコン画像ひかる
» ポツネン氏の庭 〜The spot garden of Mr.Potsunen〜 (2011年02月23日)
アイコン画像とんぼがえり
» ポツネン氏の庭 〜The spot garden of Mr.Potsunen〜 (2011年02月06日)
アイコン画像ひかる
» フィッシュストーリー (2010年01月03日)
アイコン画像51
» フィッシュストーリー (2010年01月03日)
アイコン画像ひかる
» ダークナイト/THE DARK KNIGHT (2008年08月30日)
アイコン画像ちきん
» ダークナイト/THE DARK KNIGHT (2008年08月26日)
アイコン画像日本インターネット映画大賞事務局
» 日本インターネット映画大賞・外国映画部門 (2008年02月09日)
アイコン画像ひかる
» 朱色の研究 (2008年01月25日)
アイコン画像らぶほん
» 朱色の研究 (2008年01月16日)
アイコン画像日本インターネット映画大賞
» バイオハザードV/BIO HAZARD V (2007年12月29日)