平成29年4月17日月曜日の修法記

April 28 [Fri], 2017, 0:01


 本日は始め少年部に混じり鎮魂行の後に基本修練を行い、その後一般拳士の修練を開始する時間になるとそちらで基本修練をしたのちに昇級考試に向けての修練を行いました。  先ず組演武の復習を行い、その後に法形について先輩拳士より以下のように指導して頂きました。
  「巻小手(諸手)〜天秤固(裏)」  科目表には固めが三種類ありますが相手の体勢によって使い分けることを念頭に置いて、巻小手から崩す際に自分の体捌きの相手への影響を研究しながら意図した形に倒れるように意識して行いました。
 「切小手(片手)」  極める際に左手がうまく使えていなかったので意識するように指導して頂きました。
 「振天二」  体捌きをしっかりすること。二撃目の上振突に対する打落受の時に、相手の手に当てようとして受け手が前に伸びていたので顔を守る意識をもち追いかけないように受けることを指導して頂きました。
 次に柔法運用法の修練を行い、その後に後輩拳士の復習科目及び新科目の法形修練を行いました。
 「合掌抜」「三角抜」  鈎手を作る際に相手が握りにくい形になるように意識し、抜く際も相手の親指を伸ばさせるように意識して行いました。
 〈考察〉  本日は一級昇級考試に向けて復習を行いました。柔法を中心にかかりにくい法形を修練しました。特に苦手意識がある技については、手順を活字で覚えているだけでイメージ出来ていないのではないかと感じました。自分がどう動けば相手がどのように影響されるのかという実感がなく技を行っています。とにかく倒すという気持ちで行っていると、踏ん張ったり掛け手を握り締めてしまいます。思考ではなくて身体感覚を意識するように注意していきたいです。イメージにしても自信にしても、事前の準備不足を考えさせられました。常に先に氣を出していけるように意識していきたいです。以上です、有り難うございました。

(柴田 千博 記)
  • URL:http://yaplog.jp/takatsuki-m/archive/359
2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:金剛禅総本山少林寺 高槻南道院
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
高槻南道院について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。
高槻南道院ホームページ
ヤプミー!一覧
読者になる