パーティの続き

August 21 [Mon], 2017, 4:58
みなもと先生のパーティで久しぶりに元「ヤングコミック」の筧さんに会った。高信太郎さんの話になった。この前電話したばかり。「アックス」に登場していた話。弥生美術館のひとを紹介してくれた。
元講談社の由利さん、新田たつおさんとも話していた。由利さんは大阪芸大で教えていると。精華大で最初にお会いした。新田さんとは「怪人アッカーマン」の話。
夏目房之介さんは、すがやみつるさんを紹介してくれた。精華大の話。
女優の西塔さんのマネージャー?が西塔紅美さんと一緒に写真をときたので、少し驚いた。
呉智英さんは、わたしの健康を心配してくれた。
藤原カムイさんと今くんと、「聖ミカエラ学園漂流記」の話。

続き

August 21 [Mon], 2017, 1:15
中野晴行さんは、マンガ批評家のなんとかさんとかかんとかさんとか、頭のいいひと苦手と(笑)その二人、頭いいですかねえ、とわたし。中条省平はそう思うというと、あのひとは別格でしょうと(笑)。
四方田犬彦さんは?というから、あのひとはバランスとれてるし、頭もいいかと、とわたし。
中野さんは、わたし、アホだから、というが、アホではないと思う。大阪のひとは、そういういい方をするのだが。まあ、わたしはドアホゥかな(笑)

アッカーマン

August 21 [Mon], 2017, 1:05
新田たつおさんの「凡人組vs.怪人アッカーマン」が「アサヒ芸能」に掲載。なつかしの怪人アッカーマン!てなこと
ツイッターに書くと、村上知彦さんが、「もともとゆる〜いのが取り柄だった分、破壊力は衰えてない。傑作だと思う」と返信してきた。

「ええ〜、怪人アッカーマンに勝ってほしかったなあ。勝ち負けじゃないか(笑)あんな奴ですよね」と返すと「そう、勝ち負けやないねん!あの、ドン・ガバチョか山守組長みたいな、自分勝手なせこ〜い博愛主義がええねん!憎むな殺すな許しましょ、自分を。やねん!」と。さすが、わかってらっしゃる。

けいこ

August 20 [Sun], 2017, 23:17
「ピーターパン月蝕版」後半のクライマックス。「怪人二十面相 黒蜥蜴復活篇ーガス人間第二号とフランケンシュタインー」の後半のクライマックスをけいこした。現在、二つとも六割完成くらいかな。
岬花音菜、大阪弁に苦労しているかも(笑)明智役の江花実里、ラスプーチンほかの川合瑞恵、ピーターパンの白永歩美、完成が近い。田村信も。
なお、月蝕歌劇団は、さることで困ってる。果たして、解決するか。前もあったな。
終わり、白永、椿綺、横山とお茶。
酒場にいくと、店主はノートパソコンでテレビ番組をユーチューブでずっと見ている。わたしは、これを書いている。テレビの音がやかましいから、アイホンでイヤホンで音楽を聞きながら(笑)。

中野晴行さん

August 20 [Sun], 2017, 3:18
中野晴行さんは、堺の泉陽高校出身でとても居心地のよかった高校とよくいう。かわいいこが多いとも。それは、そうかも。沢口靖子がいた。沢口靖子がつきあっていたのは隣の三国丘高校の奴と(笑)
三国丘は秀才高校といわれてる。泉陽の女子にちょっかい出してくるのをやっつけていたと(笑)
和歌山大学では、協会派の教授に学んだと。マルクス経済学。
永山薫さんも大阪だが、大東市と。永山さんは、堺は大阪じゃないという(笑)まあ、堺県時代もあったしな。しかし、大東市なんかよう知らん(笑)(笑)
私と中野さんは堺で連帯する。私は堺市生まれ。
中野さんは、小3のとき、東京から大阪にきた、というと、永山さんは、それじゃ、大阪人じゃない、という(笑)
中野さんは、私が浜寺生まれというと、堺じゃないという(笑)(笑)ハズレだからと。
なんなんだ(笑)(笑)(笑)

みなもと太郎さんの

August 20 [Sun], 2017, 1:38
みなもと先生の画業50周年のパーティだった。ちばてつや先生にこの前、梶原一騎先生のステージ見てましたというと、握手。梶原先生は、上から目線というのが面白かった、というと、そんなこといいましたか、と。
新田たつおさん、呉智英さん、夏目房之介さん、元少年画報の筧さん、元エロトピアの小原さん、藤原カムイさん、元ふゅーじょんぷろだくとの今さん、永山薫さん、堀内満里子さん、飯田耕一郎さんなど。元講談社の由利さんも。バロン吉元先生、井沢元彦さんも。印口崇さん、米澤夫人、中野晴行さんも。加藤礼次朗さん、高室弓生さん、すがやみつるさんも。女優の西塔紅美さんとそのマネージャーも。弥生美術館のひとも。
スピーチして、祝辞を。みなもと先生と握手。
その後、中野晴行さんと酒場に。

映画 あゝ、荒野

August 19 [Sat], 2017, 7:35
「あゝ、荒野」の前篇を見た。始まるや、この映画は面白いかもと思った。タイトルが出る前に。そのとおりだった。
脚本がいい。寺山修司の原作をうまく膨らませている。
新次、バリカン、ヒロインの幼少期と、その後を描いたのがいいのだ。
そのことで、もう一つの「あしたのジョー」になっている。

新宿新次も、バリカンも、ボクシングジム代表も、トレーナーも俳優がいい。ヒロインも新次を捨てた母も。母は、ジムのスポンサーの愛人として再び新次と出会う。ボクシングの試合を見にきて。
監督 脚本は岸善幸。テレビのひとらしく、顔のアップが多いが、そんなことはいい。面白いのだ。
映画評を書かなくてはならないから、ここにはあまり書くことはひかえる。
とにかく、始まるやいなや、飛ばしていく。暴力、セックス。こんなに最初から飛ばして持つのかと思ったが、快調に展開していく。
この脚本監督の才能はかなりのもの。

浅草21世紀

August 16 [Wed], 2017, 3:21
浅草21世紀を見た。こち亀のパロディというか。終わり、大上こうじ座長に元気そうですね、というと、元気じゃないすよ、カラ元気です、と。ん?
久保新二さんらとお茶。しかし、台本書かなくてはならないから、早く失礼した。しのはら実加は、秋本カトリーヌ麗子風だった。わたしは、17歳ギャグをやっていた。台本にないこといわないで下さい、が面白かったかなあ。17歳じゃ、警官になれないでしょうが、と座長がつっこむ。わたしは、17歳.なんか、文句ある?と客にいう。

完成

August 16 [Wed], 2017, 3:13
台本は完成した。「怪人二十面相 黒蜥蜴復活篇ーガス人間第二号とフランケンシュタインー」。この間のNHK特番とシンクロしていたなあ。この意味は、見たひとがわかる。http://gessyokukagekidanhome.web.fc2.com/

樺太

August 15 [Tue], 2017, 5:24
「8月15日の無条件降伏後も軍司令部の「南樺太を死守せよ」の命令で戦争を続けさせられた住民の悲劇を見るにつけ、国は決して国民を守らないし、戦争は国民を守る為のモノではない事がよく判る。★NHKスペシャル|樺太地上戦終戦後7日間の悲劇」とツイッターに書いているひとがいた。
終戦なのに、戦えと命を受けた第五方面軍の軍人が、義勇隊をつくり、一般人を竹ヤリで戦争におもむかせる。なんたる愚作。竹ヤリ!とは。全員死ぬまで戦えと言われたと。ソ連の北海道北半分占領を阻止するための命だったと。
終戦の後だから戦う理由はない。停電していて玉音放送を聞けなかったとも。もちろん軍人は知っていた。
熊撃ちの銃で16歳で参加した老人が当時を語つていた。
一般人はやがて帰る船を目指し歩くが、歩くことが出来ず、幼い子供をガケから捨てた母親もいたと。

月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Takatori Ei
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 職業:
読者になる
Yapme!一覧
P R