【 更新情報 】

スポンサードリンク

形成外科高須クリニック

美容外科や美容整形、美肌や形成外科のジャンルでは非常に有名な高須クリニックですが、そもそも、院長の高須克弥氏(たかすかつや 1945年1月22日生)が高須クリニックを開設したのは、1976年愛知県名古屋市が初めてです。その後、1979年に大阪市北区へ。1981年には東京都赤坂へと進出し、今では日本各地、ならびに海外へも活動の拠点を広げています。
高須氏の略歴をご紹介しておきますと、東海高校を卒業後、昭和大学の医学部へと進み、その後、同大学の大学院を修了。医学博士を取得し、大学在学中から、イタリアやドイツへと研修に出向き、最新の美容外科手術を学ばれたそうです。
そして院長の高須克弥氏の業績についてですが、更に興味深いのは、今では常識となった、一重まぶたを二重まぶたにする手術も高須克弥氏が開発したものです。当初は結構な値段をしていた、まぶたの埋没法ですが、現在では5万円から10万円と、かなり手頃な価格になってきたようですね。