一眼レフ 夜景 手持ち

September 21 [Wed], 2016, 13:13
簡単な技術をいくつか実践するだけで写真の中に世界観を封じ込められるようになる高崎勉さんの一眼レフ上達講座1〜3弾セットを実際に試した人たちの体験談を紹介します。


絞り、焦点距離、ぼかしなど具体的には何もわかっていなかったことが理解できました。

写真教室では教えてもらえないこともたくさんあって勉強になります。

いつもとはひと味もふた味も違う写真が撮れて、とても感動しました!

とくに感動したのは、逆光でも少し設定を変えるだけで、 印象的な写真が撮れたことです。


こうした声にある通り、プロの写真を見たときに、何を意図して撮影したものなのか?その背景や世界観を考えながら楽しめるようになります。
プロの写真家が何気なく駆使している撮影技術を学ぶと、プロの写真がなぜきれいなのか?というのを理屈的に理解できるようになります

つまり写真の上手な人がどうやって撮影しているのか?が良くわかるので、色んな写真を見れば見るほど勉強になり、自分のレベルアップにつなげることができます。
写真雑誌やカメラ愛好家のブログを見てみると、どんな設定でその写真を撮影したのか?設定値も書き添えられていることがありますが、設定の意味が分かるのとさらに楽しく写真を鑑賞できるようになるものです。

高崎勉さんの一眼レフ上達講座1〜3弾セットで写真撮影の腕を磨いていけば、アルバムにお気に入りの写真ばかりがならぶようになります。
どの写真をどんな意図で撮影したのか?が良くわかるので、写真に添えるコメントも考えやすくなるので、より充実したアルバムを仕上げられるようになります。

絞りとかISO感度とか、確かにとっちきにくい仕組みではあるんですが、そういう設定を変えることでどんな効果があるのか?どんな写真が撮れるようになるのか?がわかってくるとカメラはもっともっと楽しくなります。
オート機能だとどうしても無難な写真しか撮れないせいでテーマがぼんやりしがちになるものの、設定を使いこなせると、写真だからこそ生み出せる世界観を表現できるようになりますよ。

何を撮影したのかさえわからない写真を撮り続けるは今日で終わりにして、沢山の人に感動してもらえる写真を撮るにはこちら






HumorAlchemist
アスカ鍼灸治療院
起業

一眼レフ風景撮り方

September 21 [Wed], 2016, 13:11
高崎勉さんの一眼レフ上達講座1〜3弾セットを試してみるに当たって、ぜひ心がけてもらいたい点が二つあります。一つは設定を探しておくことです。なんの準備もせずに、いきなり色んな設定を調整して撮影するのは、素人には難し過ぎます。
確実にもたついてしまい、せっかくのシャッターチャンスを逃すことになります。それならば、オート機能を使って撮影する方がマシになってしまうわけですが、対応方法はもちろんあります。

事前に準備をしておくことです。あらかじめ。どんなシチュエーションでどんな写真が撮りたいのか?を予想しておいて、設定の予習をしておくんです。そうすればシャッターチャンスを逃してしまう失敗を可能な限り減らすことができます。
プロのカメラマンだって、準備はしっかりとしているものなんです。例えば、スポーツ写真を撮る時には、どの位置にどの選手が来てどんなプレーをするのか?事前にシチュエーションをいくつも考えておいて、チャンスに備えているというわけです。

設定の準備をしておくことがカメラ上達に欠かせないわけですが、それともう一つはやはり数をこなすことです。何白枚・何千枚と撮影するからこそカメラは上手くなるんです。
シャッターチャンスをとらえる際にも、一瞬のチャンスを1回の撮影でとらえるのは難しすぎます。プロでさえ連射撮影を使って、良い写真を後で選別しているんです。

こうやってさまざまな設定で練習を繰り返していけば、嫌でも写真は上手く撮影できるようになります。高崎勉さんの一眼レフ上達講座1〜3弾セットがあれば、他d際胃方向に向かって努力できるので、余計な回り道をさせられることはありません。
あなたも最低限のカメラの知識を覚えて、プロが実践しているようなコツをわずかでも使えるようになれば、下のような結果を手に入れることができますよ。

感動がよみがえる写真が撮れる

逆光でも顔が暗くならない

人に贈ると喜ばれる写真が撮れる

どんな条件でも撮りたい写真が撮れる


納得いかない写真を撮るのは今日で終わりにして、オート機能に頼らずカメラの本来の機能を120%引き出せるようになるにはこちら





教士八段
腱鞘炎
澁川良幸

暗い場所での撮影 一眼レフ

September 21 [Wed], 2016, 13:11
写真撮影が趣味になればと始めてみたものの、覚えることが多くて挫折しかかっていたとしても、
写真のテーマや構図を考えて撮影できるようになり、思い通りの写真を仕上げられるようになります。


撮影がうまい人にアドバイスしてもらったものの、言われたことを上手く再現できない自分にいらだちを感じていたとしても、
状況に応じたレンズの使い分けもできるようになり、プロ顔負けのクリエイティブな写真を撮影できるようになります。



素人とプロの写真の大きな違いの一つとしてはテーマがはっきり伝わるかどうか?です。素人の写真は、とりあえずピントがぼけたりぶれたりしていないけれど、雰囲気が全く伝わってきません。
雰囲気を出すには少なくともテーマが伝わらなければいけないわけですが、そのためには被写体を絞ることです。全体を大雑把に記録する写真では、しあがりも大雑把で雑になるだけです。



被写体を決めて、被写体を際立たせるものは加え、逆にテーマにブレが生じるような要素を引き算するように構図を工夫すれば、写真の味わいがうんと深まります。
高崎勉さんの一眼レフ上達講座1〜3弾セットで撮影を学んでいけば、そういった発想が瞬間的にできるようになります。



最初のうちはもちろん、考えることが多すぎてあたふたしてしまうかもしれませんが、1つずつできることを増やしていけばよいんです。
欲張っていろんなものを詰め込もうとするのもしろうの悪い癖だったりしますから、まずはバランスの良い構図を意識するだけでもOKです。



構図の工夫だけであれば、とりあえずオート設定だけでも足ります。ピントの調整などはカメラに任せて構図の練習に集中して取り組んで、息を吸って吐くようにできるようになることも大切です。
バランスの良い写真を撮れるようになってから、それから光の取り込み具合や、明るさをクフできるようになるのも、カメラ上達に適した練習手順になりますよ。



センスのないありきたりな構図で撮影するのは今日で卒業して、シャッターチャンスをもれなく写しきれるようになるにはこちら





暗い場所での撮影 一眼レフ

September 12 [Mon], 2016, 14:44
カメラ撮影はオートモードに頼りきりで、一眼レフの良さを全く引き出すことができずにいたとしても、
味のある構図をぱっと見つけられるようになり、目の前の素晴らしい風景を写真に残せる方法がこちら



あなたも、下のような悩みでじれったい思いをするのはさっさと終わりにして、もっと迫力のある写真を撮りたいと思いませんか?


カメラを手にすることが少なくなっている

撮りたい箇所にピントが合わない

シャッターチャンスをいつも逃す

写真を撮るのがだんだんとつまらなくなっている



同じシーンを撮影するにしても技術のある人とない人では写真の雰囲気がまるで違います。雰囲気のある写真を撮れる人もいれば、単なる記録写真しか撮れない人もいるわけですが、その違いは意外と簡単な差だったりします。

たとえば構図のバランスです。上下に2分割するようなイメージを持つだけでも雰囲気が出しやすくなります。山と空、川と森など、風景写真は2分割を意識するだけでも見ごたえのある写真が撮れるようになります。



他にも縦に2分割して、左右で人物と植物、人物と構造物を配置するだけでも、写真に奥行きが生まれます。きれいだと思う写真を構図という視点で見てみると、バランスをすごく意識していることがわかります。

構図を意識することは誰にだってできるし、コンデジにもできてしまうわけですが、一眼レフであればさらに、光の量を調節したりボケを加えることができます。



写真で表現できる幅がうんと広がるのが一眼レフです。たしかに、できることが多すぎてとっつきにくきところはありますが、覚えることはそんなに難しいことはありません。

プロのような高度な技術を覚えなくたって、素人にも簡単に覚えてすぐに使えるノウハウを覚えるだけでも、みんなに「写真撮るのが上手だよね。」と言ってもらえるようになります。



高崎勉さんの一眼レフ上達講座1〜3弾セットは、絞りやシャッタースピード、ISO感度なども直感的にわかりやすく教えてくれます。

見た人に対して何がテーマ(主題)なのか?が伝わる写真が撮れるようになるんですが、テーマを決めるということは、撮影ミスも増えることを意味しています。



テーマも何もなくてぼんやりと写真を撮るのであれば、とりあえずピントが激しくぼけていなければ、見れる写真に仕上がるものの、テーマ(被写体)を決めると、被写体を撮り逃すことが良くあります。

それに被写体をバランスの良い構図で撮影できなかったり、被写体にピントが合わなくてぼけてしまうようなことも起こってしまいます。



練習を始めたばかりのころは、こういったミスに頭を悩まされることになりますが、ただ、数をこなせば失敗は減らせます。何度も撮影していけば、自然と上達するものです。

さらにシャッターチャンスをものにするコツとしては連射機能を活用することです。撮りたい!と思った瞬間の前後から写真を撮るようにすれば、1枚くらいは良い写真が撮れるようになるものです。



撮影枚数が増えるとその後の整理はちょっと大変にはなりますが、少なくともデジタル一眼レフであればフィルム代はかかりません。練習するにはもってこいです。

たんなる記録を残すためだけの写真であれば、わざわざ重くてかさばる一眼レフを使う必要はありません。スマホカメラでも十分です。



スマホカメラだって、練習をすれば良い写真が撮れるようになるわけですから、一眼レフならもっともっと良い写真が撮れます。

高崎勉さんの一眼レフ上達講座1〜3弾セットなら、写真の引き算、足し算という考え方、背景、脇役の使い方など、素人にもわかりやすくプロの技術を教えてくれます。

あなたもプロが何気なく使っている簡単なコツをちょっと使うだけで、印象深い写真を撮れるようになりますよ。

→→コンセプトが伝わる写真が撮れるようになる高崎勉さんの一眼レフ上達講座1〜3弾セットで、物を撮るときの大切なポイントとは??





英語
24DaysEnglish
英会話

一眼レフ 朝日撮影

September 12 [Mon], 2016, 14:41
上手に写真が撮れるようになりたいと思ったら、やはり自分の腕を磨いたほうが良いです。良いカメラを使えば、写真のレベルが一気に上がるわけではありません。

価格が高くなればなるほど確かに映像素子の性能がアップして「きれいな」写真が撮りやすいものの、さまざまな機能を持て余すのは正直、非常にもったいないです。



高いカメラになるとシャッター速度を極めて速くすることもできて、動きの速い被写体もぶれずに撮影しやすいものの、そもそも、手振れが激しければ、シャッター速度の恩恵は相殺されます。

動く被写体を撮影するには三脚を使ったり、建築物にカメラを置いたりすべきです。そういうものが見当たらない場合、誰かの肩にカメラをおかしてもらっても良いわけです。



カメラの撮影テクニックは、難しそうに見えますが、覚えてしまえば本当に簡単です。マニュアル車の運転のように、慣れてしまえば感覚で操作できるレベルです。

良い写真が撮れるかどうかは光の使い方にかかっていると言っても良いんですが、撮影テクニックを身に着けると、光を味方につけることができます。



今までは暗くなってしまった写真もたとえばISO感度を高くしたり、シャッター速度を遅くしたり、角度をちょっと工夫するだけで、光をうまく取り入れられるようになります。

カメラは使い方次第で、まるで生き物のように写真の表情を変えることができます。同じ場所を同じように撮影しても、そこにこめられた感動のレベルがうんと変わるんです。



高崎勉さんの一眼レフ上達講座1〜3弾セットでは、一眼レフカメラの機能の勉強ができるだけじゃなくて、実際にどんな風に使えるのか?どんな写真が撮れるようになるのか?を覚えることができます。

つまり、どんな写真を撮るときにどんな設定をすると良いのか?というのがわかるので、シチュエーションや自分のイメージに合った撮影がしやすくなります。



ただ最初のうちは絶対に設定が間に合わずにシャッターチャンスを逃してしまうことがあります。上達の過程では絶対に避けられないことではありますが、予防策はあります。

撮影したいシーンをあらかじめいくつか予想しておいて、そのシーンを撮影するための良い設定を探っておくんです。そうすれば、いざというときにすぐに設定を変えられますよね。



プロの写真家でも設定の準備をしているものです。暗いところや明るいところで何度も試し撮りをして、どの設定であればきれいな写真が撮れるのか?をあらかじめ探っているんです。

どの角度だと逆光になるのか?というのも事前に把握しておけば、撮影するときに素早く逆光対策を施して、被写体が暗くせずに済みます。



あなたも、中途半端な性能のオート機能のせいで、せっかくの写真を台無しにしてしまう前に、
被写体の引き算、足し算の仕方を覚えて、苦手だった場面でもきれいな写真が撮れるようになりませんか?


速いものを止まっているように写せる

雰囲気のある写真を撮れるようになる

風景が活き活きとした写真が撮れる

自分が撮りたかったものが伝わる写真が撮れる


絶好のシャッターチャンスを逃すのは今日で終わりにして、撮りたいものを自在に撮るカメラの本当の楽しさを味わうにはこちら




ゴルフスイング
英語
ヒップホップ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高崎勉
読者になる
2016年09月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる