【 更新情報 】

スポンサードリンク

宝塚歌劇団って?

ほとんどの方は知ってると思いますが、一応知らない人の為に

宝塚歌劇団(たからづかかげきだん)とは、未婚の女性のみからなる歌劇団です。阪急電鉄の社内部署「創遊事業本部歌劇事業部」というところが事業運営を行っているそうです。しかし、歌劇団自体は阪急電鉄の直轄組織となっているため、劇団員は阪急電鉄の社員扱いとなるんだそうです。

理事長は小林公一氏(創始者小林一三氏のひ孫にあたる方です。現阪急阪神ホールディングス取締役2009/1現在)

生徒は、5つの組(花、月、雪、星、宙)と、専科に分けられています。各組がそれぞれ公演を行い、必要に応じて専科に所属する生徒がこれに参加します。各組には組長・副組長がいます。

創設の当初から「老若男女誰もが楽しめる国民劇」を目指しました。そして現在一躍有名になった宝塚であるため、演目は健全かつ、どの世代の人が見ても楽しめるものであります。芝居やショーのテーマは古今東西にわたっており、歴史劇、ファンタジー、そしてSFまで多岐にわたります。誰でも楽しめるという事ですね。
主な専用劇場というと、宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)と、東京宝塚劇場(東京都千代田区)です。この2つを主体に公演を行っています。また、中劇場の宝塚バウホール(宝塚市)も所有してます。

舞台に出演するのは宝塚音楽学校の生徒と卒業生です。未婚女性の女性だけの劇団であるため、男性役も女性が演じるのが有名ですよね。女性の役を「娘役」、男性の役を「男役」と言うんだそうです。入学時にどちらかを優先的に希望することになっているそうですが、厳密ではないそうです。創設当初の頃は娘役に人気が集まったそうなんです。ですが、現在は男役の方がファンの人気が高いです。そのためか、舞台構成なども男役を中心に作られるようです。団員は全て芸名で活動し本名を芸名には出来ない決まりです。例に、現在女優の毬谷友子さんは本名の矢代友子で活動しようとしたんですが、認められずに洗礼名を名字とする芸名としたんだそうです。

一般には「宝塚歌劇」を「タカラヅカ」や「ヅカ」、宝塚歌劇の団員を「タカラジェンヌ」(パリジェンヌのもじり)と呼ぶ事が多いです。彼女等のプロフィールに誕生日は公開されますが、生年は公開されないそうです。宝塚音楽学校と一体だった時のなごりで団員は「生徒」、稽古場は「教室」、演出家は「先生」と今でも呼ぶそうです。

月組 (宝塚歌劇)

月組(つきぐみ)は、宝塚歌劇団2番目の組である。イメージカラーは黄色。

1921年(大正10年)公演数の増加に伴い劇団編成を一班・二班に分割。その際『雪月花』にちなみ、一班=花組、二班=月組としたことが組誕生の由来。(花組とは同時誕生といえるが、班名の由来より花組=最古、月組=2番目に誕生…とされる。)
主演男役・娘役はじめ芸達者の脇役が多い傾向があり舞台のすみずみまで楽しめる。また専科で活動中の月組出身者や、退団後女優として活動する出身者が多いことも特徴の一つ。

主演男役は瀬奈じゅん。主演娘役は2008年7月より不在とし、公演ごとに異なる生徒を主役に当てている。

組長は越乃リュウ、副組長は花瀬みずか。

2番手男役は霧矢大夢。他に遼河はるひ、城咲あい、龍真咲、明日海りお、羽桜しずくらが在籍している。



在籍中の月組生徒一覧

・男役
瀬奈じゅん
越乃リュウ
霧矢大夢
一色瑠加
遼河はるひ
良基天音
研ルイス
桐生園加
青樹泉
星条海斗
朝桐紫乃(退団予定)
龍真咲
麻月れんか
榎登也
綾月せり
光月るう
彩央寿音
華央あみり
鼓英夏
明日海りお
美翔かずき
五十鈴ひかり
沢希理寿
響れおな
宇月颯
海桐望
瑞羽奏都
朝凪麻名
紫門ゆりや
貴千碧
篁祐希
有瀬そう
千海華蘭
煌月爽矢
貴澄隼人
鳳月杏
輝城みつる
星輝つばさ
星那由貴
翔我つばき
天翔りいら
隼海惺
珠城りょう
煌海ルイセ
紫乃加りあ

・娘役
花瀬みずか
美鳳あや
涼城まりな(退団予定)
音姫すなお
天野ほたる
城咲あい
憧花ゆりの
妃鳳こころ
美夢ひまり
萌花ゆりあ
羽咲まな
夏月都
紗蘭えりか
妃乃あんじ
羽桜しずく
玲実くれあ
琴音和葉
彩星りおん
夏鳳しおり
白雪さち花
麗百愛
咲希あかね
華那みかり
蘭乃はな
舞乃ゆか
真愛涼歌
風凛水花
愛那結梨
花陽みら
紗那ゆずは
真凜カンナ
都月みあ
美宙果恋
凜華もえ
愛風ゆめ
香咲蘭
夢羽美友
美泉儷

※2009/1現在のデータです
※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E7%B5%84_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)

宙組 (宝塚歌劇)

宙組(そらぐみ)は、宝塚歌劇団第5番目の組。イメージカラーは紫。

東京における宝塚歌劇団の本拠劇場である東京宝塚劇場は老朽化のため建て替えることになったが、新劇場は歌劇団の専用劇場にする予定であった。新劇場開場までの仮設劇場であるTAKARAZUKA1000days劇場開場の時点から東京でも宝塚歌劇の通年公演を実施することになり、これに対応するために組の増設が必要になった。既存4組からメンバーを選抜し、同時にかなりの組替えを行って、1998年(平成10年)1月1日に新設された。

組子の平均身長の高さは劇団随一。コーラス・ダンスの強いパワフルな組、との定評がある。

主演男役は大和悠河。主演娘役は陽月華。

組長は寿つかさ、副組長は鈴奈沙也。

2番手男役は蘭寿とむ。他には悠未ひろ、北翔海莉、十輝いりす、七帆ひかる、美羽あさひ、早霧せいな、花影アリスらが在籍している。



在籍中の宙組生徒一覧

・男役
寿つかさ
大和悠河(退団予定)
蘭寿とむ
天羽珠紀
悠未ひろ
珠洲春希
北翔海莉
風莉じん
十輝いりす
七帆ひかる
早霧せいな
美牧冴京
春風弥里
鳳翔大
蓮水ゆうや
凪七瑠海
香翔なおと
七海ひろき
雅桜歌
鳳樹いち
風羽玲亜
光海舞人
天風いぶき
咲真たかね
天玲美音
澄輝さやと
颯舞音桜(退団予定)
天輝トニカ
松風輝
月映樹茉
安里舞生
蒼羽りく
愛月ひかる
星吹彩翔
風海恵斗
風馬翔
美月悠
星月梨旺
春瀬央季
輝海せいや

・娘役
鈴奈沙也
彩苑ゆき
美風舞良
美羽あさひ
大海亜呼
陽月華
華凜もゆる
花影アリス
花露すみか
綾音らいら
純矢ちとせ
妃宮さくら
舞姫あゆみ
愛花ちさき
萌野りりあ
花音舞
美影凜
千鈴まゆ
琴羽桜子
藤咲えり
花里まな
綾瀬あきな
笹良える
舞花くるみ
百千糸
すみれ乃麗
天咲千華
紗羽優那
夢莉みこ
千紗れいな
結乃かなり
瀬音リサ
七瀬りりこ
愛白もあ
雪乃心美
夢涼りあん
愛咲まりあ
桜音れい
花咲あいり
咲花莉帆

※2009/1現在のデータです
※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%99%E7%B5%84_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)

花組 (宝塚歌劇)

花組(はなぐみ)は宝塚歌劇団第1番目の組である。イメージカラーは赤〜ピンク。

1921年(大正10年)に公演数と生徒の増加によって月組と2つに分かれて誕生。
その際一班を『花組』、二班を『月組』とした事が、花組が「宝塚で最も歴史の古い組」とされる所以である。組名称は『雪月花』にちなんで、名づけられた。生徒自身も「伝統ある花組」と呼び、誇りにしている。
『ダンスの花組』と呼ばれ、数多くのダンサー型スターが在籍。また歴代の主演男役・娘役ともダンサー型スターの就任が多い傾向にある組歴史をもつ。また「男役の宝庫」とも呼ばれ、数多くのスターを輩出した。
主演男役および娘役に組生え抜きのスターが就任する例が多い一方、他組の歴代主演男役・娘役にも花組在籍歴あるものも多い。

在籍中の花組生徒一覧

・男役
夏美よう
高翔みず希
眉月凰
大空祐飛
悠真倫
真飛聖
壮一帆
愛音羽麗
未涼亜希
華形ひかる
真野すがた
紫峰七海
望月理世(退団予定)
日向燦
白鳥かすが
紫陽レネ
扇めぐむ
夕霧らい
祐澄しゅん
朝夏まなと
月央和沙
望海風斗
嶺乃一真
浦輝ひろと
彩城レア
煌雅あさひ
冴月瑠那
瀬戸かずや
夏城らんか
鳳真由
輝良まさと
花峰千春
真瀬はるか
天真みちる
銀華水
日高大地
神房佳希
真輝いづみ
大河凜
航琉ひびき
鳳龍あや
和海しょう
羽立光来
舞月なぎさ
冴華りおな
朝陽みらい

・娘役
絵莉千晶
桜一花
花野じゅりあ
初姫さあや
桜乃彩音
愛純もえり
聖花まい
華耀きらり
雫花ちな
白華れみ
天宮菜生
華月由舞
湖々マリア
芽吹幸奈
遼かぐら
梅咲衣舞
瞳ゆゆ
野々すみ花
白姫あかり
花蝶しほ
春花きらら
彩咲めい
鞠花ゆめ
初花美咲
月野姫花
花織千桜
花輝真帆
菜那くらら
桜帆ゆかり
凪咲星南
桜咲彩花
花奈澪
美花梨乃
仙名彩世
新菜かほ
夢花らん
紗愛せいら

※2009/1現在のデータです
※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E7%B5%84_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)

雪組 (宝塚歌劇)

雪組(ゆきぐみ)は、宝塚歌劇団第3番目の組である。イメージカラーは緑。

1924年(大正13年)に新設された。

日本舞踊及び所作の美しさ・歌唱力・演技力に定評があるが、これは歴代の男役・娘役のトップスターや組長・副組長にそれらに秀でた者が多かったことによる(特に男役トップに限っても春日野・汀・杜・一路・轟がいる)。『エリザベート』を日本に最初に紹介したのも、当時のトップスター・一路真輝率いる雪組の歌唱力、演技力によるところが大きい。 ただし近年は3代連続してダンサー型男役(絵麻緒・朝海・水)がトップ就任しており若干組のカラーに変容がみられる。

在籍中の雪組生徒一覧

・男役
飛鳥裕
未来優希
水夏希
彩吹真央
音月桂
奏乃はると
彩那音
谷みずせ
凰稀かなめ
真波そら
緒月遠麻
沙央くらま
大凪真生
大湖せしる
彩夏涼
葵吹雪 (退団予定)
紫友みれい
祐輝千寿
蓮城まこと
愛輝ゆま
香音有希
涼瀬みうと
香綾しずる
梓晴輝
朝風れい
寿々音綾
凰華れの
透真かずき
冴輝ちはや
詩風翠
央雅光希
凛城きら
彩凪翔
真那春人
大澄れい
彩風咲奈
帆風成海
亜聖樹
琉動真瑳
千瀬聖
煌羽レオ
悠斗イリヤ
久城あす
大樹りょう
貴穂しゅう

・娘役
ゆり香紫保
天勢いづる
麻樹ゆめみ
白羽ゆり(退団予定)
舞咲りん
森咲かぐや
花帆杏奈
神麗華
涼花リサ
穂月はるな
晴華みどり
鞠輝とわ
早花まこ
大月さゆ
花夏ゆりん
沙月愛奈
千風カレン
悠月れな
愛原実花
美乃ほのか
此花いの莉
愛加あゆ
白渚すず
雛月乙葉
希世みらの
透水さらさ
桃花ひな
笙乃茅桜
花城舞
舞園るり
舞羽美海
華吹乃愛
鈴蘭まあや
寿春花果
天舞音さら
杏野このみ
芽華らら

※2009/1現在のデータです
※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E7%B5%84_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)

星組 (宝塚歌劇)

星組(ほしぐみ)は、宝塚歌劇団第4番目の組。イメージカラーは青。

1933年(昭和8年)に創設された。1939年(昭和14年)に、時局悪化のためにいったん廃止され(星組廃止後は花・月・雪の三組体制であった)たが終戦後の1948年(昭和23年)に労働基準法に対応するため復活し現在に至る。

他の4組に比べ「熱い」「濃い」などと評されることが多く、コスチューム・プレイを得意とする。男役スターにはダンスと、演技面における包容力・ロマン性の表現に定評がある者が多い。また1951年(昭和26年)、宝塚歌劇団初の一本立て作品『虞美人』の初演をはじめ、本公演での一本立て作品の上演が他の組に比べ多い。

在籍中の星組生徒一覧

・男役
英真なおき
にしき愛
安蘭けい(退団予定)
紫蘭ますみ(退団予定)
美稀千種
立樹遥(退団予定)
涼紫央
美城れん
柚希礼音
天霧真世
和涼華(退団予定)
彩海早矢
天緒圭花
一輝慎(退団予定)
鶴美舞夕
夢乃聖夏
麻尋しゅん(退団予定)
水輝涼
紅ゆずる
碧海りま
壱城あずさ
美弥るりか
如月蓮
直樹じゅん
海隼人
汐月しゅう
朝都まお
天寿光希
大輝真琴
真月咲
千寿はる
真吹みのり
真風涼帆
瀬稀ゆりと
輝咲玲央
本城くれは
十碧れいや
夏樹れい
芹香斗亜
凰姿有羽
漣レイラ
麻央侑希
翔馬樹音
飛河蘭

・娘役
万里柚美
朝峰ひかり(退団予定)
百花沙里
毬乃ゆい
涼乃かつき(退団予定)
星風エレナ(退団予定)
琴まりえ
遠野あすか(退団予定)
梅園紗千
花愛瑞穂
華美ゆうか
音花ゆり
純花まりい
妃咲せあら
華苑みゆう
夢咲ねね
白妙なつ
蒼乃夕妃
南風里名
稀鳥まりや
優香りこ
音波みのり
愛水せれ奈
琴城まなか
美春あやか
妃白ゆあ
紫月音寧
白百合ひめ
若夏あやめ
水瀬千秋
夢妃杏瑠
夢城えれん
珠華ゆふ
空乃みゆ
彩歌しおん
雅華りりか
毬愛まゆ
早乙女わかば
ひなたの花梨

※2009/1現在のデータです
※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E7%B5%84_(%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87)