6月19日 桜桃忌

June 23 [Sun], 2013, 17:30
6月19日は太宰治をしのぶ会としての桜桃忌が有名です。デモ、私にとっては全く別の意味で心に深く刻まれた日です。

1945年6月19日。44年春から文部省の通達で中学2年以上は一斉に授業を停止して、工場そのたに勤労動員することになっていました。正直に工場に行っていた学校もありましたが、私たちの修猷館は時々飛行場創り、今の福岡空港もその一つですが、捕虜のオーストラリア兵がロードローラーヲ操り、私たちはシャベルともっこで田んぼをつぶしたりしていましたが10月からは、大宰府の近くの白木原の福岡製工所でかいぐんの水上偵察機のフロート作りに動員されました。アメリカなどと違って土木機械が無い日本は南方で飛行場が足りないので、海岸ならどこでも使える水上偵察機を重宝していました。ゼロ戦にまでフローとをつけて使っていましたが、あれで空中戦が出来たかどうか、アメリカの物笑いのねたになったのでしょう。間もなくフロート作りは中止,工場の大部分は東の山すその谷間の掘っ立て小屋に疎開し、私たち40人ほどは、がらんとした工場の隅の年代物の旋盤ゃフライス盤などで働くことになりました。3月末に卒業式がありましたが、三交代勤務の夜勤のものが出席したようでした。
卒業してもお上の命令で、6月まで進学せずに,原職にとどまるように命令が出て、6月19日が最後の勤務で、しかも私たちの班は夜勤で夜が明けたらおさらばという日でした。
個々で中断.

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:takaiwashin
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像みどり&あきのぶ
» 小平平和美術展 今日から (2012年09月19日)
Yapme!一覧
読者になる