ブログのお引っ越し 

2015年12月15日(火) 0時41分

これから色々変わっていくにあたって、新しくブログを開設いたしました。

ひじりの日記
http://ameblo.jp/hijirinosuke/

基本的にアメンバー限定なので、もし読んでくださる方がいらしたら是非申請して頂きたいと思います。

殆ど性同一性障害、いわゆるGIDの治療日記と化して居ますが、普段の事も書くと思います。

理解のある、当事者である方の認証はしていきたいと思っています。

アメンバー限定で写真も載せて行こうかと。


では、皆さんのお越しをお待ちしていますね( ´∀`)bグッ!

GID 最初の検査 

2015年11月08日(日) 1時53分
某クリニックで血液検査と尿検査してきました。

これで異常無しで通れば、ホルモン注射に進めます。

どうか通りますように。

初診料併せて7320円!

まあ安い方。

友人と一緒に行ったので心強かった。

次は来週。

通ってればいいな。通りますように。

これからはGIDに関する事を呟いて行きます。
よろしくお願いします!

*GID*大学病院 

2007年10月30日(火) 21時57分

今日は大学病院でござんした。

染色体検査まだ結果出てないって…
忘れとるんじゃまいか?
全くたるんどる!!

そんで
来月の通院の日にセカンドオピニオンとお話して、12月後半に診断書が降りる様です。

性同一性障害の診断書。

長かった様な短かった様な。

なんだかね

『そんなに診断されたいの?』

『そんなに病気だって証明したいの?』

って言う人もいると思うのですが

僕らGID(ガイドライン派)にとっては通行手形みたいな物なんです。

まして僕の様な地方のGIDにとっては、この先の治療(ホルモン注射、手術等)に無くてはならない大切な書類なのです。

何故なら、地方にはオープンにホルモン注射をしてくれる婦人科、もしくは泌尿器科がありません。

ですからしらみ潰しに片っ端から電話して聞くしかないのです。

そこで診断書が有るのと無いのとではとても対応が違います。

有れば、多少大きな病院であれば打って貰える確率が上がるしアフターケアもしてもらえるでしょう。

無ければまず打ってもらえません。

出来たとしても、アフターケアはありません。
僕は某婦人科院長に脅されました。

打つだけは打ってやる
その代わりどうなっても知らない

当たり前ですね。
ちょっとゾッとしました。

そんな訳で、GIDの診断書と言うものは大切な身分証明書なのです。

ホルモン治療。

とにかく、安く。
そしてアフターケアも多少でいいです、していただけるような病院を探す旅がはじまります。

来年にはホルモン治療開始しているかな。

どうなっているかな。


正直
少し、怖いです

そんなんだったらやめればぁ?

男らしくねーな

なーんて。
簡単に何回も言われてきた。
しかも同類の人間に。
僕はそんな事言えない。
ましてや同じ境遇であればあるほど。

何度も傷ついたさ。

数え切れないほど泣いた。

本当に諦めて死のうかとも思った。


でもね、諦めない

全ては、

本当の自分に成るために

僕は頑張る

もっと

…もっと

ま、先の事はわからんな。
うむ。

良くなる事を祈るだけさー(゜∀゜)←




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zero
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:12月24日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
読者になる
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる